投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
7月19日 上昇トップ3銘柄
☆4564 オンコセラピー・サイエンス(株)
 5月10日に2024年3月期決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高46.2%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は拡大していました。
 2025年通期の業績予想は出ていませんでした。
 5月22日に第三者割当による
 第36回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRが出ていました。
 97000個の新株予約権を行使されたとのことです。
 低位株が買われていることもあり、
 これが評価されたのか2日連続で大きく買われ、
 15円ほどだった株価が36円を付けていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 6月13日8時半に神経線維腫症2型に対する免疫療法に関する
 慶應義塾大学医学部からのプレス発表のお知らせのIRが出ていました。
 この度、当社グループが、
 神経線維腫症2型に対する免疫療法における
 免疫学的な解析を目的とする共同研究等を実施していた
 慶應義塾大学医学部よりプレスリリースがありましたとのことです。
 慶應義塾大学医学部の研究グループ(脳神経外科学教室戸田正博教授ら)は、
 神経線維腫症2型に対する免疫療法(ペプチドワクチン)の
 第I / II相臨床試験において、
 ペプチドワクチンの投与が終了した16例の解析を行い、
 その安全性、有効性に関するデータが
 2024年5月23日(木)(日本時間)に
 米科学誌『Journal of Clinical Oncology』(オンライン版)で
 公表されましたとのことで、
 これが評価され大きく買われて、
 15円ほどだった株価が40円を超えていました。
 7月19日の8時半に当社連結子会社における、
 株式会社WOLVES HANDとの獣医療分野における
 リキッドバイオプシーによるがんの早期発見に関する
 共同研究契約締結のお知らせのIRが出ていました。
 この度、当社連結子会社である
 株式会社Cancer Precision Medicineは、
 株式会社WOLVES HANDと、
 獣医療分野におけるリキッドバイオプシーによる
 がんの早期発見に係る共同研究契約を締結いたしましたとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 45〜50円辺りも期待できるでしょう。

☆6046 (株)リンクバル
 7月17日に当社連結子会社である
 株式会社 MIDATA と東京大学マーケットデザインセンターとの
 共同研究開始のお知らせのIRが出ていました。
 株式会社リンクバルの連結子会社である
 株式会社MiDATAは、
 国立大学法人東京大学大学院経済学研究科東京大学マーケットデザインセンターと、
 データを活用し対象者双方の嗜好性を考慮した
 「two-sided recommendation」のアルゴリズム改良と、
 データに基づく新技術の性能検証についての共同研究を開始し、
 少子化問題や企業における人材不足といった
 社会課題の解決を目指しますとのことです。
 本日はFNNプライムオンラインが18日、
 「政府が少子化対策の一環として、
  『若者のライフデザインや出会いの支援』、
  いわゆる婚活支援に乗り出す方針であることが
  FNNの取材で新たに分かった」と報じたことから、
 思惑買いでストップ高まで買われているようです。
 250円辺りも期待できるでしょう。

☆4935 (株)リベルタ
 5月21日の12時に当社、住友化学株式会社、
 株式会社ユタックスの3社による
 「氷撃α(アルファ)」共同開発に関する
 記者発表会実施のお知らせのIRが出ていました。
 当社は、世界初の個体ポリマー型温度調節材料
 「コンフォーマ」を開発した住友化学株式会社、
 世界トップレベルの冷感プリント技術を持つ
 株式会社ユタックスとの3社共同による「氷撃α」の開発を行い、
 「世界の酷暑に日本発の冷感技術で挑む!」
 記者発表会を2024年5月21日(火)午前11時に実施いたしましたとのことで、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われていました。
 7月12日に「FREEZE TECH(フリーズテック) 衣類用冷感ミスト」
 累計販売本数32万本突破のお知らせが出ていました。
 32万本を突破し、売上高前期比150%とのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

7月19日 下降トップ3銘柄
★7776 (株)セルシード
 5月13日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高11.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 5月27日に5/15に開催されたJBA主催セミナーでの
 弊社橋本せつ子の講演の動画が公開されましたとニュース出ていました。
 2024年5月15日(水)に開催されました
 一般財団法人バイオインダストリー協会(JBA)主催の
 Cutting-edge Bio-seminar 7「再生医療のネクストステージ」の動画が、
 JBAのYouTubeチャンネルにて公開されましたとのことで、
 この動画が評価され大きく買われていました。
 27日はアメリカでの特許の情報から買われていました。
 28日の後場終了後に移植用「軟骨再生シート」に関する
 米国出願の特許査定についてのお知らせのIRが出ていました。
 当社開発中の軟骨細胞シートに関する下記米国特許出願が、
 この度、特許査定となりましたとのことで、
 これが再度評価され右肩上がりに買われ、
 350円ほどだった株価が1160円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★5246 (株)ELEMENTS
 6月18日に代表取締役社長に対する
 ロングタームコミットメントプランとしての
 目標連動型有償ストック・オプション(新株予約権)の
 発行内容確定に関するお知らせのIRが出ていました。
 代表取締役社長に対して8330個の新株予約権を発行したとのことです。
 7月2日に生成AIでファッションEC画像の
 色調整作業を一括で処理する機能を開発のIRが出ていました。
 生体認証や画像認識サービスを展開する
 株式会社ELEMENTSは、この度、
 ファッションEC企業向け画像生成AIツール「SugeKae(スゲカエ)」に、
 生成AIで商品画像の色味を一括調整する色温度調整機能を搭載します。
 これにより人手で1枚あたり3分程度かかっていた作業時間を
 約5秒に短縮可能とのことです。
 7月12日に2024年11月期第2四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正、
 並びに営業外費用に関するお知らせのIRが出ていました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高54.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0〜19.5%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益は赤字幅縮小〜黒字転換の予想へと、
 上方修正していました。
 7月18日に第三者割当による新株式、
 第2回無担保転換社債型新株予約権付社債及び
 第25回新株予約権の発行に係る
 資金使途の変更に関するお知らせのIRと、
 資金の借入に関するお知らせのIRが出ていました。
 日本政策金融公庫から3億7500万円、
 三菱UFJ銀行から2億5000万円を借入するとのことです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

★2934 ジェイフロンティア(株)
 7月18日に特別調査委員会の設置に関するお知らせのIRが出ていました。
 本日開催の取締役会において、
 特別調査委員会の設置について決議いたしましたとのことです。
 2024年5月期の一部の広告売上取引について
 取引内容の精査が必要になることが判明し、
 会計監査人から一部の広告売上取引における
 売上高及び原価の計上について、
 不適切な会計処理がある旨の疑義が生じているとの
 指摘を受けたとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月18日 上昇トップ3銘柄
☆4893 ノイルイミューン・バイオテック(株)
 5月14日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高68.0%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 6月4日に当社PRIME技術を搭載した
 CAR-T療法(NIB102)の第T相臨床試験に関する
 米国臨床腫瘍学会(ASCO)における発表についてと、
 免疫機能制御因子を発現する免疫担当細胞の発明(特許第6561372号)
 令和6年度全国発明表彰において
 「未来創造発明奨励賞」を受賞のニュース出ていました。
 当社パイプライン NIB102 は、
 当社の保有する PRIME 技術
 (Proliferation-Inducing MigrationEnhancing)を搭載した
 自家 CAR-T 細胞療法で、
 Glypican-3(GPC3)を標的として固形がんを対象に開発を進めています。
 NIB102 は、2018 年に武田薬品工業株式会社に対し、
 その開発及び商業化の独占的ライセンスを付与し、
 同社が TAK-102 として第T相臨床試験を実施してきました。
 今般、当該臨床試験の結果が
 2024年5月31日から米国シカゴにおいて開催されている
 米国臨床腫瘍学会年次総会において報告されました。
 なお、2023年12月15日付でお知らせしましたように、
 当社は武田薬品よりNIB102 の開発と商業化に関する
 権利の返還を受けることとなり、
 今後は当社主導にて開発が進められる予定とのことです。
 「免疫機能制御因子を発現する
  免疫担当細胞の発明(特許第6561372号)」について、
 「未来創造発明奨励賞」を受賞したとのことです。
 これが評価され140円ほどだった株価が270円を超えていました。
 本日は特に材料は出ていないものの、
 セルシードやシンバイオが買われていることから、
 バイオ関連が買われているようで、
 ストップ高まで買われているようです。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2330 (株)フォーサイド
 5月14日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高6.1%減、
 営業利益、経常利益、の赤字幅は拡大、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 7月18日に生成AIを活用した
 退院サマリーシステム開発の開始のお知らせが出ていました。
 当社連結子会社の株式会社 AI Tech Solutionsは、
 社会医療法人財団 石心会 川ア幸病院様より、
 生成AIを活用した「退院サマリーシステム」の
 開発を受託いたしましたとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 300円辺りも期待できるでしょう。

☆7707 プレシジョン・システム・サイエンス(株)
 5月15日に2024年6月期第3四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高30.1%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は微増していました。
 本日はコロナ患者が9週連続増加と報道されたことから、
 ストップ高まで買われているようです。
 280〜300円辺りも期待できるでしょう。

7月18日 下降トップ3銘柄
★3739 コムシード(株)
 本日は子会社である株式会社HashLink運営する
 GameFiプロジェクト「UNIVERSAL STALLION」の公式Xにおいて
 生配信でゲームバランス調整についてのご説明をしており、
 その中でクリスタルの排出量が現在のペースにて
 当面継続したと仮定した場合、
 ゲーム自体の運営が
 立ちいかなくなってしまう可能性があるということを説明しており、
 これが原因で大きく売られているようです。
 後場終了後には当社子会社プロジェクトにおける
 不明瞭な情報の拡散についての注意喚起のIRがでており、
 さらに売られることも考えられますので、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

★6769 ザインエレクトロニクス(株)
 7月16日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでており、
 第2四半期の実績は、
 前回予想と比べ、売上高10.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9159 (株)W TOKYO
 5月15日に2024年6月期 第3四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高0.9%減、
 営業利益28.0%減、経常利益28.3%減、
 四半期純利益23.2%減となっていました。
 7月5日に10月12日(土)西日本総合展示場新館にて
 「CREATEs presents TGC 北九州 2024」開催決定!とニュースが出ており、
 これが評価され2日連続で大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月17日 上昇トップ3銘柄
☆3350 (株)メタプラネット
 7月16日に(開示事項の経過)
 ビットコインの購入に関するお知らせのIRが出ていました。
 追加で2億円相当のビットコインを購入いたしましたとのことで、
 ビットコイン保有枚数 225.611ビットコイン
 平均購入価格 997万2933円/1ビットコインとのことです。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、一気に買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆190A Chordia Therapeutics(株)
 6月14日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRが出ていました。
 2024年通期の業績予想は前年と比べ、事業収益はなくなっており、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 ここは6月14日に上場し、
 公開価格153円の1.66倍となる255円で初値を付けました。
 その後は140円辺りまで売られていましたが、
 売られすぎからの反発からストップ高まで買われ230円を超えていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 再度買われ、右肩上がりに買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4582 シンバイオ製薬(株)
 7月12日にペンシルべニア州立大学医学部が研究成果による知見を発表
 ポリオーマウイルスの感染性ウイルス産生を
 抗ウイルス薬ブリンシドフォビルが抑制のIRが出ていました。
 シンバイオ製薬株式会社は、この度、
 ポリオーマウイルスに対する抗ウイルス薬ブリンシドフォビルの
 非臨床試験を実施している米国ペンシルベニア州立大学医学部が、
 研究成果を論文発表したとのことで、
 これが評価され大きく買われ、
 2か連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

7月17日 下降トップ3銘柄
★7177 GMOフィナンシャルホールディングス(株)
 7月16日に2024年12月期第2四半期末の配当予想に関するお知らせのIRと、
 連結子会社における貸倒引当金繰入額の追加計上及び
 2024年12月期第2四半期連結決算(速報)並びに
 役員報酬の一部返上に関するお知らせのIR等が出ていました。
 第2四半期連結決算速報値がでており、
 前年同期と比べ、売上高3.4%減、
 営業利益38.0%減、経常利益43.1%減、
 四半期純利益61.3%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★2936 ベースフード(株)
 7月16日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高2.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★21649 (株)地域新聞社第7回新株予約権
 2024年7月11日を株主確定日とし、
 その有する当社普通株式1株につき1個の割合で、
 ライツ・オファリングにより新株予約権を無償で割り当てされ上場しました。
 7月12日に上場し、9月5日に売買最終日、9月6日に上場廃止とのことです。
 行使価額283円とのことです。
 地域新聞社の株価が416円ですので、
 行使価額と含めてこの価格に向かって売られているのでしょう。

7月16日 上昇トップ3銘柄
☆4582 シンバイオ製薬(株)
 7月12日にペンシルべニア州立大学医学部が研究成果による知見を発表
 ポリオーマウイルスの感染性ウイルス産生を
 抗ウイルス薬ブリンシドフォビルが抑制のIRが出ていました。
 シンバイオ製薬株式会社は、この度、
 ポリオーマウイルスに対する抗ウイルス薬ブリンシドフォビルの
 非臨床試験を実施している米国ペンシルベニア州立大学医学部が、
 研究成果を論文発表したとのことで、
 これが評価され大きく買われ、
 本日もストップ高まで買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆1418 インターライフホールディングス(株)
 7月12日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRと、
 自己株式の消却に関するお知らせのIRが出ていました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高42.2%増、
 営業利益455.3%増、経常利益419.1%増、
 四半期純利益515.1%増と良いものでした。
 さらに300万株の自己株式の消却を発表しており、
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆4586 (株)メドレックス
 5月10日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高100.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日に第三者割当により発行された
 第29回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRが出ていました。
 7000個の新株予約権が行使され、
 170円で70万株発行したとのことです。
 7月12日の8時30分にMRX-5LBT 審査完了報告通知受領のお知らせのIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRが出ていました。
 当社グループと株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所が
 米国で共同開発している、帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBTについて、
 2024年1月31日付「MRX-5LBT:米国FDAによる承認申請受理について」で、
 米国食品医薬品局(Food & Drug Administration, FDA)に
 新薬承認申請書が受理されたことをお知らせしていました。
 このたび、FDAより審査完了報告通知
 (Complete Response Letter, CRL)を
 受領したことをお知らせいたしますとのことです。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高44.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られていました。
 7月16日の8時30分にMRX-5LBT 再申請に向けた方針についてのIRが出ていました。
 受領したCRLにおいて、再申請したデータの一部について
 更に追加データの提出をするようFDAから求められました。
 DWTIとともに指示内容を精査して協議した結果、
 追加解析を実施して再申請を目指す方針としましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円辺りも期待できるでしょう。

7月16日 下降トップ3銘柄
★7725 (株)インターアクション
 7月12日に2024年5月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高13.1%増、
 営業利益8.9%増、経常利益8.9%増、
 当期純利益15.4%増となっていました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高16.3%減、
 営業利益46.5%減、経常利益47.0%減、
 当期純利益50.6%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7599 (株)IDOM
 7月12日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高18.3%増、
 営業利益60.5%増、経常利益60.0%増、
 四半期純利益55.3%増となっていました。
 業績は悪くないものの、
 通期への進捗率がそこまで良くない事から売られているようです。
 ただ、そこまで悪い決算ではないですし、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★4250 (株)フロンティア
 7月12日に2024年11月期第2四半期決算短信のIRと、
 剰余金の配当(中間配当無配)及び
 期末配当予想の修正(減配)に関するお知らせのIR、
 2024年11月期第2四半期連結業績予想と実績値との差異および
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRが出ていました。
 第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高13.7%減、
 営業利益97.5%減、経常利益72.8%減、
 四半期純利益55.6%減となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高26.6%減、
 営業利益96.1%減、経常利益87.5%減、
 当期純利益83.1%減と下方修正していました。
 さらに中間配当は無配となり、
 期末の配当予想は5円減配し10円の予想でした。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月12日 上昇トップ3銘柄
☆5250 プライム・ストラテジー(株)
 7月11日に2024年11月期 第2四半期決算短信のIRと、
 戦略AI Davidに関する特許査定のお知らせのIR等が出ていました。
 第2四半期業績は前年同期と比べ、売上高5.2%減、
 営業利益38.9%減、経常利益29.2%減、
 四半期純利益27.1%減となっていました。
 当社が米国において出願中の戦略AI 「David」
 (発明の名称:AUTOMATIC HIGH-SPEED DISPLAY
        CONTROL METHOD FOR WEB CONTENT)について、
 米国特許商標庁より特許査定の通知があった旨、
 当社代理人より連絡を受けたとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆4443 Sansan(株)
 7月11日に2024年5月期 決算短信のIRと、
 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR等が出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高32.8%増、
 営業利益571.2%増、経常利益903.3%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高27.0〜30.0%増、
 調整後営業利益76.2%増〜157.6%増の予想でした。
 さらに自己株式の取得を発表しており、
 20万株を上限とし、3億円(上限)で取得するとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆4582 シンバイオ製薬(株)
 7月12日にペンシルべニア州立大学医学部が研究成果による知見を発表
 ポリオーマウイルスの感染性ウイルス産生を
 抗ウイルス薬ブリンシドフォビルが抑制のIRが出ていました。
 シンバイオ製薬株式会社は、この度、
 ポリオーマウイルスに対する抗ウイルス薬ブリンシドフォビルの
 非臨床試験を実施している米国ペンシルベニア州立大学医学部が、
 研究成果を論文発表したとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、ストップ高を付けた後は売られているため、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月12日 下降トップ3銘柄
★4586 (株)メドレックス
 5月10日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高100.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日に第三者割当により発行された
 第29回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRが出ていました。
 7000個の新株予約権が行使され、
 170円で70万株発行したとのことです。
 7月12日の8時30分にMRX-5LBT 審査完了報告通知受領のお知らせのIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRが出ていました。
 当社グループと株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所が
 米国で共同開発している、帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBTについて、
 2024年1月31日付「MRX-5LBT:米国FDAによる承認申請受理について」で、
 米国食品医薬品局(Food & Drug Administration, FDA)に
 新薬承認申請書が受理されたことをお知らせしていました。
 このたび、FDAより審査完了報告通知
 (Complete Response Letter, CRL)を
 受領したことをお知らせいたしますとのことです。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高44.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7138 (株)TORICO
 5月13日に2024年3月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高22.1%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高17.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 前日に猛暑巣篭り関連として買われているようで、
 ストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3252 地主(株)
 7月11日に新株式発行及び自己株式の処分並びに
 株式売出しに関するお知らせのIRが出ていました。
 公募による新株式発行により286万5300株発行、
 公募による自己株式の処分により70万株処分、
 オーバーアロットメントによる売出しにて53万4700株売り出すとのことで、
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月11日 上昇トップ3銘柄
☆8166 (株)タカキュー
 7月10日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIR等が出ていました。
 前年同期と比べ、売上高9.6%減、
 営業利益44.3%増、経常利益45.0%増、
 当期純利益は大幅増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 180〜200円辺りも期待できるでしょう。

☆7138 (株)TORICO
 5月13日に2024年3月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高22.1%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高17.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 本日は猛暑巣篭り関連として買われているようで、
 ストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
 さらに値幅4倍の状態で大きく売られ、
 520円あった株価が180円以下まで売られていました。
 7月9日の19:30に、
 2023年12月期有価証券報告書の提出完了に関するお知らせのIR、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでており、
 これが評価され2日連続ストップ高まで買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

7月11日 下降トップ3銘柄
★3697 (株)SHIFT
 7月10日に2024年8月期 第3四半期決算短信のIRと、
 特別損失(投資有価証券評価損)の
 計上に関するお知らせのIR等が出ていました。
 第3四半期の業績で14億3700万円の
 投資有価証券評価損を計上するとのことで、
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高28.1%増、
 営業利益14.2%減、経常利益15.9%減、
 四半期純利益17.2%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9974 (株)ベルク
 7月10日に2025年2月期第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高12.7%増、
 営業利益11.3%減、経常利益12.9%減、
 四半期純利益13.1%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4175 (株)coly
 6月13日に2025年1月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高4.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 6月20日に人気女性向けゲーム『ブレイクマイケース』で
 新イベントシリーズ“Prequel”が開幕!
 「パーソナルソング」のアルバムCD販売ものIRが出ていました。
 『ブレイクマイケース』の新イベントシリーズ
 “Prequel“(読み:プリクエル)の情報を解禁と、
 豪華声優陣の歌唱する『パーソナルソング』を収録した
 アルバムCDの情報も公開したとのことです。
 6月21日に『魔法使いの約束』中文版のリリースに向け
 iSWEETY社と提携のIRが出ていました。
 『魔法使いの約束』の中文版タイトル『魔法使的約束』をリリースに向けて、
 台湾のiSWEETY社とライセンス契約を締結したとのことで、
 これ等が評価され1270円ほどだった株価が1780円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月10日 上昇トップ3銘柄
☆4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
 さらに値幅4倍の状態で大きく売られ、
 520円あった株価が180円以下まで売られていました。
 7月9日の19:30に、
 2023年12月期有価証券報告書の提出完了に関するお知らせのIR、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでており、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 300〜350円辺りも期待できるでしょう。

☆4890 (株)坪田ラボ
 7月9日に「パーキンソン病」を対象とした
 TLG-005の特定臨床研究結果の速報についてのIRと、
 「うつ病」を対象とした
 TLG-005の特定臨床研究結果の速報についてのIRが出ていました。
 本研究において機器の安全性が確認され、
 「パーキンソン病」の一部の症状に対して
 効果を示唆する結果が得られましたとのことです。
 本研究において重篤な有害事象は認められず、
 「大うつ病性障害」に対する
 有効性を示す結果が得られましたとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円以上も期待できるでしょう。

☆4735 (株)京進
 7月9日に2024年5月期連結累計期間の業績予想と実績値との差異及び
 剰余金配当に関するお知らせのIRと、
 2024年5月期 決算短信のIR等が出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高2.7%増、
 営業利益85.4%増、経常利益119.1%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高0.2%増、
 営業利益3.7%増、経常利益3.6%増、
 当期純利益3.5%増の予想でした。
 今期の配当金の決定額は7.72円から増配し19.46円になっていました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 550〜600円辺りも期待できるでしょう。

7月10日 下降トップ3銘柄
★9552 (株)M&A総研ホールディングス
 4月30日に2024年9月期_第2四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高120.1%増、
 営業利益115.9%増、経常利益116.1%増、
 四半期純利益102.5%増となっていました。
 7月10日の6時に東洋経済オンラインが、
 「詐欺同様の買収案件まで手がけるM&A仲介の真実
   ルシアンHD事件で問われる仲介会社の倫理観」と報じており、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4173 (株)WACUL
 7月9日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRと、
 株式会社100の第三者割当増資引受及び
 資本業務提携契約締結に関するお知らせのIR等が出ていました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.4%増、
 営業利益91.7%減、経常利益92.7%減、
 四半期純利益は0になっていました。
 本日開催の取締役会において、
 株式会社100が実施する第三者割当増資の引受を行うとともに、
 100社と資本業務提携に係る契約を締結することについて
 決議しましたとのことです。
 第1四半期があまり良くない事から、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4763 (株)クリーク・アンド・リバー社
 7月9日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRと、
 自己株式の取得に係る事項の決定に関するお知らせのIRが出ていました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.8%増、
 営業利益20.2%減、経常利益19.9%減、
 四半期純利益17.7%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 ただ、自己株式の取得を発表しており、
 35万株を上限とし5億円(上限)で取得するとのことで、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

7月9日 上昇トップ3銘柄
☆4427 (株)EduLab
 5月15日に2024年9月期 第2四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高12.5%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 前日に学力テスト、全面オンライン化へと報道されており、
 文部科学省は8日の有識者会議で、
 小学6年と中学3年の全員を対象とした
 「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)について、
 2027年度から紙の問題冊子を廃止し、
 パソコン端末を活用してオンラインで出題・解答する新方式(CBT)に
 全面移行する方針案を示したとのことです。
 これが材料となりストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4424 (株)Amazia
 5月13日に2024年9月期 第2四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高23.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日は猛暑巣篭り関連として買われているようで、
 ストップ高まで買われているようです。
 500円辺りも期待できるでしょう。

☆206A (株)PRISM BioLab
 7月2日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRが出ていました。
 2024年通期の業績予想は前年と比べ、売上高267.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 ここは7月2日に上場し、
 公開価格450円を上回る489円で初値を付け、
 2日連続でストップ高まで買われていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度買われだしたのでしょう。
 650円〜700円辺りも期待できるでしょう。

7月9日 下降トップ3銘柄
★4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
 さらに値幅4倍の状態で大きく売られていました。
 前日に大きく買われていたこともあり、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。
 ただ、本日の19:30に、
 2023年12月期有価証券報告書の提出完了に関するお知らせのIR、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでており、
 これの評価次第では反発も期待できるでしょう。

★4288 (株)アズジェント
 5月13日に2024年3月期決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高16.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高26.6%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)などによる
 サイバー攻撃事案が相次いでいることから
 サイバーセキュリティ関連銘柄が買われており、
 550円ほどだった株価が1100円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8918 (株)ランド
 4月11日に2024年2月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高48.8%減、
 営業利益82.2%減、経常利益81.3%減、
 当期純利益81.2%減となっていました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高176.0%増、
 営業利益334.3%増、経常利益295.0%増、
 当期純利益274.9%増の予想でした。
 ここは現在8〜9円で推移しており、
 本日は8円で終わったのでしょう。

7月8日 上昇トップ3銘柄
☆6803 ティアック(株)
 7月8日に印Forthcode社と航空機用の
 統合リテールシステムで業務提携のIRが出ていました。
 ティアック株式会社は、機内デジタルプラットフォームの
 強化に向けたパートナーとして、Forthcode社と
 業務提携を行いますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円以上も期待できるでしょう。

☆3024 クリエイト(株)
 5月14日に2024年3月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高2.8%増、
 営業利益39.2%減、経常利益39.3%減、
 当期純利益65.9%減となっていました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高3.2%増、
 営業利益117.7%増、経常利益119.2%増、
 当期純利益276.8%増の予想でした。
 前週末5日夜、政府が避難所となる全国の
 重要施設などの水道管の耐震化について、
 緊急点検を行う方針を固めたことが分かったと、
 テレビ東京が報じたことから水道管関連銘柄が買われており、
 ここもストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆5612 日本鋳鉄管(株)
 4月26日に2024年3月期決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高2.5%減、
 営業利益65.0%増、経常利益55.6%増、
 当期純利益31.1%増となっていました。
 2025年通期の業績予想は出ていませんでした。
 前週末5日夜、政府が避難所となる全国の
 重要施設などの水道管の耐震化について、
 緊急点検を行う方針を固めたことが分かったと、
 テレビ東京が報じたことから水道管関連銘柄が買われており、
 ここもストップ高まで買われています。
 2200〜2500辺りも期待できるでしょう。

7月8日 下降トップ3銘柄
★4583 (株)カイオム・バイオサイエンス
 7月25日に第20回新株予約権の取得及び消却、
 並びに第21回新株予約権(行使価額修正条項付)、
 第22回新株予約権及び
 第1回無担保社債の発行に関するお知らせのIRが出ていました。
 第20回新株予約権の取得及び消却をするものの、
 7月22日を割当日とし、
 グロース・キャピタルを割当先とし、
 第21日新株予約権10万1700個、
 ネクスト・グロースを割当先とし、
 第22回新株予約権1万1000個を発行するとのことです。
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5892 (株)yutori
 7月5日に月次KPIに関するお知らせのIRが出ていました。
 全社の前年同月比130.2%となっており、
 4月や5月から伸び率鈍化しており、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4881 (株)ファンペップ
 7月5日に第11回新株予約権
 (行使価額修正条項付)の
 第三者割当てによる発行に関するお知らせのIRと、
 機能性ペプチド「SR-0379」の
 追加第3相臨床試験実施のお知らせのIR等が出ていました。
 7月22日を割当日とし、株式会社SBI証券を割当先とし、
 6万4000個の新株予約権を発行するとのことです。
 潜在株式数が640万株増加するとのことで、
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月5日 上昇トップ3銘柄
☆4594 ブライトパス・バイオ(株)
 7月5日の11時に第三者割当による
 第17回乃至第19回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 発行価額の払込完了に関するお知らせのIRが出ていました。
 7月5日にBP2201第T相臨床試験完了の
 プレスリリースがありましたとPR情報が出ていました。
 2024年7月5日、千葉大学医学部付属病院及び理化学研究所より、
 当社が共同研究等を通じ開発を支援している
 iPS-NKT細胞療法について、第T相医師主導治験が
 完了したとのプレスリリースがありましたとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、80円を付けてからは売られているため、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2962 (株)テクニスコ
 5月15日に2024年6月期 第3四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高10.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 7月5日に岡山大学にて、
 「超薄膜型白金水素センサ」の開発案件が、
 令和6年度Go-Tech事業の採択テーマに選ばれましたと発表されており、
 本学と株式会社テクニスコが共同で開発・商品化を進めている
 超薄膜型白金水素センサの開発案件が、
 令和6年度予算「成長型中小企業等研究開発支援事業」
 (Go-Tech事業)の採択テーマに選ばれましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 700円以上も期待できるでしょう。

☆3558 ジェイドグループ(株)
 7月4日に連結子会社である
 マガシーク株式会社の統合進捗に関して(速報値)のIRが出ていました。
 ジェイドグループ株式会社は、
 2024年2月29日付で開示いたしました
 「マガシーク株式会社の株式取得(子会社化)ならびに
  株式会社NTTドコモとの業務提携契約の締結、
  伊藤忠商事株式会社との業務提携の継続に関するお知らせ」の通り、
 2024年3月、マガシーク株式会社の株式を取得し、
 連結子会社化致しましたとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 2000円以上も期待できるでしょう。

7月5日 下降トップ3銘柄
★2437 Shinwa Wise Holdings(株)
 7月4日に2024年5月期決算発表の延期に関するお知らせのIRと、
 子会社における不適切な会計処理の疑いの判明及び
 第三者委員会設置に関するお知らせのIRが出ていました。
 当社の連結子会社であるShinwa Prive株式会社において、
 2021年5月期頃から2024年5月期までの
 プライベートセールに関する不適切な会計処理により、
 実態と相違がある売上計上の疑いがあることが判明いたしました。
 これを受け、本日、2024年7月4日開催の取締役会において、
 第三者委員会の設置につきまして決議いたしましたとのことで、
 これにより、決算発表が延期になったとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6993 大黒屋ホールディングス(株)
 7月3日の8時45分に当社連結子会社の株式会社大黒屋における
 「中期経営計画(2025〜2029)」策定のお知らせのIRが出ていました。
 2029年には売上高874億2100万円、
 営業利益110億4900万円を目指すとのことです。
 これが評価され大きく買われ、
 30円ほどだった株価が50円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9214 Recovery International(株)
 7月1日に東大 松尾研発スタートアップ
 株式会社Elithとの業務提携に関するお知らせのIRと、
 新規事務所開設のお知らせのIRが出ていました。
 株式会社Elithと、業務提携を行うこととなりましたとのことです。
 本提携により、ElithのAI技術を活用して、
 看護師等の事務業務負担を軽減することを目指しますとのことです。
 さらに訪問看護サービス事業を展開する当社は、
 練馬区へ新たに事務所を開設し、営業を開始したとのことです。
 これ等が評価され大きく買われ、
 1500円ほどだった株価が2530円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月4日 上昇トップ3銘柄
☆5721 (株)エス・サイエンス
 5月13日に2024年3月期 決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 本日は特に材料は見当たらないものの、
 前日に大黒屋ホールディングスが大きく買われたことから、
 低位株に資金が流れてきているのでしょう。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆9238 バリュークリエーション(株)
 7月3日に「メディアレーダー」運営の
 株式会社アイズとマーケティング分野の
 業務提携開始のIRが出ていました。
 バリュークリエーション株式会社と、
 国内 No.1の広告業界のプラットフォーム
 「メディアレーダー」を運営する株式会社アイズが
 マーケティング分野における業務提携の締結に至りましたとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、ストップ高を付けた後は売られているため、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆5242 (株)アイズ
 5月17日に株式会社アイズ、メディアレーダーにおける
 セグメント開示機能の技術について特許取得のIRが出ていました。
 2024年5月9日付けで提供する広告業界のプラットフォーム
 「メディアレーダー」に関する技術の
 特許(特許第7486195号)を取得したことをお知らせいたしますとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 1230円ほどだった株価が2500円を超えていました。
 7月3日に「メディアレーダー」運営の
 株式会社アイズ、マーケティングDX事業を展開する
 バリュークリエーション株式会社と業務提携開始のIRが出ていました。
 国内No.1*の広告業界のプラットフォーム
 「メディアレーダー」を運営する
 株式会社アイズと、バリュークリエーション株式会社が
 業務提携の締結に至りましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

7月4日 下降トップ3銘柄
★4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
 さらに値幅4倍の状態で大きく売られ、
 本日も大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4586 (株)メドレックス
 5月10日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高100.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日に第三者割当により発行された
 第29回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRが出ていました。
 7000個の新株予約権が行使され、
 170円で70万株発行したとのことです。
 本日は特に悪材料は見当たらないものの、
 行使がまだまだ残っていることから売られている可能性があります。
 ただ、7月11日の結果次第ではどちらに動くかわかりませんので、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

★206A (株)PRISM BioLab
 7月2日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRが出ていました。
 2024年通期の業績予想は前年と比べ、売上高267.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 ここは7月2日に上場し、
 公開価格450円を上回る489円で初値を付けました。
 その後は2日連続でストップ高まで買われていた事もあり、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月3日 上昇トップ3銘柄
☆6993 大黒屋ホールディングス(株)
 7月3日の8時45分に当社連結子会社の株式会社大黒屋における
 「中期経営計画(2025〜2029)」策定のお知らせのIRが出ていました。
 2029年には売上高874億2100万円、
 営業利益110億4900万円を目指すとのことです。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、一気に買われてるだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3498 霞ヶ関キャピタル(株)
 7月2日に2024年8月期第3四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高82.0%増、
 営業利益249.2%増、経常利益324.7%増、
 四半期純利益381.3%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 18000〜20000円辺りも期待できるでしょう。

☆7776 (株)セルシード
 5月13日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高11.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 5月27日に5/15に開催されたJBA主催セミナーでの
 弊社橋本せつ子の講演の動画が公開されましたとニュース出ていました。
 2024年5月15日(水)に開催されました
 一般財団法人バイオインダストリー協会(JBA)主催の
 Cutting-edge Bio-seminar 7「再生医療のネクストステージ」の動画が、
 JBAのYouTubeチャンネルにて公開されましたとのことで、
 この動画が評価され大きく買われていました。
 27日はアメリカでの特許の情報から買われていました。
 28日の後場終了後に移植用「軟骨再生シート」に関する
 米国出願の特許査定についてのお知らせのIRが出ていました。
 当社開発中の軟骨細胞シートに関する下記米国特許出願が、
 この度、特許査定となりましたとのことで、
 これが再度評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円以上も期待できるでしょう。

7月3日 下降トップ3銘柄
★7090 (株)リグア
 6月27日に株式会社TBMとの業務提携に関するお知らせのIRが出ていました。
 株式会社TBMと業務提携を開始することについて
 合意いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われ、
 1300円ほどだった株価が2900円手前まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6469 (株)放電精密加工研究所
 7月2日に2025年2月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 決算への期待から買われていたこともあり、
 通期への進捗率がそこまで良くない事から売られているのでしょう。

★4564 オンコセラピー・サイエンス(株)
 5月10日に2024年3月期決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高46.2%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は拡大していました。
 2025年通期の業績予想は出ていませんでした。
 5月22日に第三者割当による
 第36回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRが出ていました。
 97000個の新株予約権を行使されたとのことです。
 低位株が買われていることもあり、
 これが評価されたのか2日連続で大きく買われ、
 15円ほどだった株価が36円を付けていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 6月13日8時半に神経線維腫症2型に対する免疫療法に関する
 慶應義塾大学医学部からのプレス発表のお知らせのIRが出ていました。
 この度、当社グループが、
 神経線維腫症2型に対する免疫療法における
 免疫学的な解析を目的とする共同研究等を実施していた
 慶應義塾大学医学部よりプレスリリースがありましたとのことです。
 慶應義塾大学医学部の研究グループ(脳神経外科学教室戸田正博教授ら)は、
 神経線維腫症2型に対する免疫療法(ペプチドワクチン)の
 第I / II相臨床試験において、
 ペプチドワクチンの投与が終了した16例の解析を行い、
 その安全性、有効性に関するデータが
 2024年5月23日(木)(日本時間)に
 米科学誌『Journal of Clinical Oncology』(オンライン版)で
 公表されましたとのことで、
 これが評価され大きく買われて、
 15円ほどだった株価が40円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月2日 上昇トップ3銘柄
☆190A Chordia Therapeutics(株)
 6月14日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRが出ていました。
 2024年通期の業績予想は前年と比べ、事業収益はなくなっており、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 ここは6月14日に上場し、
 公開価格153円の1.66倍となる255円で初値を付けました。
 その後は140円辺りまで売られていましたが、
 売られすぎからの反発からストップ高まで買われ230円を超えていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 再度買われストップ高まで買われているのでしょう。
 280円〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆9214 Recovery International(株)
 7月1日に東大 松尾研発スタートアップ
 株式会社Elithとの業務提携に関するお知らせのIRと、
 新規事務所開設のお知らせのIRが出ていました。
 株式会社Elithと、業務提携を行うこととなりましたとのことです。
 本提携により、ElithのAI技術を活用して、
 看護師等の事務業務負担を軽減することを目指しますとのことです。
 さらに訪問看護サービス事業を展開する当社は、
 練馬区へ新たに事務所を開設し、営業を開始したとのことです。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆3136 (株)エコノス
 6月28日に2024年3月期決算短信のIRが出ていました。
 2024年通期の業績は前年と比べ、売上高6.5%増、
 営業利益19.8%増、経常利益29.1%増、
 当期純利益39.5%減となっていました。
 2025年通期の業績予想は2024年と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益4.8%減、経常利益9.8%減、
 当期純利益15.8%増の予想でした。
 延期されていた決算が発表されたことから、
 ストップ高まで買われ、
 本日もストップ高手前まで買われているのでしょう。
 900〜1000円辺りも期待できるでしょう。

7月2日 下降トップ3銘柄
★4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られ、
 本日は値幅4倍の状態で大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4784 GMOアドパートナーズ(株)
 6月25日にGMOインターネットグループの
 インターネットインフラ事業の再編に係る
 GMOインターネットグループ株式会社との
 吸収分割契約締結に関するお知らせのIRが出ていました。
 当社は本日開催の当社取締役会において、
 GMO インターネットグループ株式会社を中核とした
 企業グループのインターネットインフラ事業の更なる成長を企図して、
 当社の親会社であるGMO-IG(株)の
 インターネットインフラ事業
 (ドメイン事業、クラウド・ホスティング事業、アクセス事業)及び
 インターネット広告・メディア事業を、
 当社が承継することについて、決議いたしましたとのことです。
  具体的には、対象事業を吸収分割により
  GMO-IG(株)から当社に承継させる旨の
 吸収分割契約を締結することを決議し、
 本日付で締結しておりますとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 値幅4倍の中大きく買われていました。
 900円を超えてからは売られており、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★5246 (株)ELEMENTS
 4月12日に2024年11月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高15.4増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 6月18日に代表取締役社長に対する
 ロングタームコミットメントプランとしての
 目標連動型有償ストック・オプション(新株予約権)の
 発行内容確定に関するお知らせのIRが出ていました。
 代表取締役社長に対して8330個の新株予約権を発行したとのことです。
 7月2日に生成AIでファッションEC画像の
 色調整作業を一括で処理する機能を開発のIRが出ていました。
 生体認証や画像認識サービスを展開する
 株式会社ELEMENTSは、この度、
 ファッションEC企業向け画像生成AIツール「SugeKae(スゲカエ)」に、
 生成AIで商品画像の色味を一括調整する色温度調整機能を搭載します。
 これにより人手で1枚あたり3分程度かかっていた作業時間を
 約5秒に短縮可能とのことで、
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月1日 上昇トップ3銘柄
☆198A PostPrime(株)
 6月20日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRが出ていました。
 2024年通期の業績予想は前年と比べ、売上高18.9%増、
 営業利益39.1%増、経常利益40.8%増、
 当期純利益29.1%増の予想でした。
 ここは6月20日に上場し、
 公開価格450円と同じ450円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、1300円を超えていました。
 2日ほど利確売りに押されていましたが、
 再度買われだしたのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆7090 (株)リグア
 6月27日に株式会社TBMとの業務提携に関するお知らせのIRが出ていました。
 株式会社TBMと業務提携を開始することについて
 合意いたしましたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆7776 (株)セルシード
 5月13日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高11.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 5月27日に5/15に開催されたJBA主催セミナーでの
 弊社橋本せつ子の講演の動画が公開されましたとニュース出ていました。
 2024年5月15日(水)に開催されました
 一般財団法人バイオインダストリー協会(JBA)主催の
 Cutting-edge Bio-seminar 7「再生医療のネクストステージ」の動画が、
 JBAのYouTubeチャンネルにて公開されましたとのことで、
 この動画が評価され大きく買われていました。
 27日はアメリカでの特許の情報から買われていました。
 28日の後場終了後に移植用「軟骨再生シート」に関する
 米国出願の特許査定についてのお知らせのIRが出ていました。
 当社開発中の軟骨細胞シートに関する下記米国特許出願が、
 この度、特許査定となりましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円以上も期待できるでしょう。

7月1日 下降トップ3銘柄
★4169 ENECHANGE(株)
 6月27日に2023年12月期有価証券報告書提出遅延及び
 当社株式の監理銘柄(確認中)の
 指定の見込みに関するお知らせのIRが出ていました。
 2023年12月期有価証券報告書に関し、
 提出期限である2024 年6月28日までに提出できない見込みとなり、
 株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みになったとのことです。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7083 AHCグループ(株)
 5月16日に株式会社manabyとの資本業務提携に関するお知らせのIRが出ていました。
 株式会社manabyと資本業務提携を行うことを決議いたしましたとのことで、
 これが評価され650円ほどだった株価が、
 右肩上がりに買われ1640円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度買われ1000円ほどだった株価が1780円を付けていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度買われだし7日連続でストップ高まで買われ、
 650円ほどだった株価が6100円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4107 伊勢化学工業(株)
 4月25日に2024年12月期 第1四半期決算短信のIRが出ていました。
 前年同期と比べ、売上高33.4%増、
 営業利益35.7%増、経常利益34.6%増、
 四半期純利益29.6%増となっていました。
 本日は東京証券取引所が18日の売買分から、
 信用取引による新規の売りおよび買いに係る
 委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げたことから売られ、
 さらにフィリップ証券が投資判断を新規に「セル」、
 目標株価を14500円としていることも悪材料となり、
 2日連続でストップ安まで売られ、
 40000円あった株価が20000円以下になっていました。
 その後は反発から買われ、31000円超えていましたが、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2024/1
2024/2
2024/3
2024/4
2024/5
2024/6
2024/7


Copyright ©2011-2024 まねきねこ。 All Rights Reserved.