投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
7月29日 上昇トップ3銘柄
☆7878 (株)光・彩
 6月10日に2023年1月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高9.2%増、
 営業利益79.5%減、経常利益61.8%減、
 四半期純利益58.7%減となっていました。
 特に材料は出ていないものの、
 7月27日辺りから動き出し、
 28、29日と2日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7046 TDSE(株)
 7月29日の11時30分に2023年3月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高59.9%増、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益は0になっていました。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆5035 HOUSEI(株)
 7月28日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2022年通期の業績予想は前年と比べ、売上高9.1%増、
 営業利益85.9%増、経常利益37.7%増、
 当期純利益0.6%増の予想でした。
 ここは7月28日に上場し、
 公開価格400円の1.45倍となる580円で初値をつけました。
 その後は500円あたりまで売られることもありましたが、
 本日はストップ高まで買われています。
 800?1000円辺りも期待できるでしょう。

7月29日 下降トップ3銘柄
★7727 (株)オーバル
 7月20日に当社の株券等を対象とする
 大規模買付行為等が行われていることに基づく
 基本方針及び対応方針の導入に関するお知らせのIRと、
 Anton Paar GmbHに対する
 当社が導入した対応方針の遵守及び
 大規模買付行為等趣旨説明書の提出の要請に関するお知らせのIRがでていました。
 これによる思惑から2日連続でストップ高まで買われ、
 940円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4199 ワンダープラネット(株)
 7月13日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 7月13日にワンダープラネット、シンガポール子会社WPBCが
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.とグローバルエリアにおける
 ブロックチェーンゲームの共同事業に関する
 基本合意書を締結とニュースがでていました。
 シンガポール子会社WPBC Pte. Ltd.が
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.と、
 グローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの
 共同事業に関する基本合意書を締結したとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 2300円ほどだった株価が3900円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4784 GMOアドパートナーズ(株)
 7月27日にGMO NIKKO、Web3時代の
 メタバース関連ビジネスをサポートする
 「GMOメタバース ラボ」を発足
 ?3D空間制作プランニングや
  メタバースにおけるビジネスモデル構築を支援?と、
 特許取得済みCM動画検証ツール
 「PlayAds(プレイアズ) byGMO」が
 『コメントディスカバリーAI』を提供開始
 ?AIテキストマイニングで調査パネルのコメントを分析。
  CM制作の効率を改善?とニュースがでており、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月28日 上昇トップ3銘柄
☆7477 ムラキ(株)
 7月27日に2023年3月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%増、
 営業利益68.9%増、経常利益63.0%増、
 四半期純利益66.0%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800?2000円辺りも期待できるでしょう。

☆2323 (株)fonfun
 7月22日にクラブネッツ、
 SMS配信サービスを提供するFunFusionと業務提携
 ?到達率99.9%のSMS配信サービスを活用?とニュースがでていました。
 株式会社クラブネッツは、店舗企業の販促活動における、
 更なるモバイルプロモーションの強化を目的に、
 「 SMS(ショートメッセージサービス)」に強みを持つ
 株式会社FunFusionの「fonfunSMS」( https://ssl.r-sms.jp/ )と
 業務提携しましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われています。
 500円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆7066 (株)ピアズ
 7月27日にSuishow株式会社との業務提携に関するお知らせがでていました。
 株式会社ピアズは、Suishow 株式会社と、
 メタバース領域における包括的なパートナーシップによる
 事業推進を目的として業務提携契約を締結しましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円以上も期待できるでしょう。

7月28日 下降トップ3銘柄
★3010 ポラリス・ホールディングス(株)
 7月26日にフィリピン共和国の
 大手宿泊特化型ホテル保有運営企業グループの
 株式の取得(子会社化)に関するお知らせのIRがでていました。
 フィリピン共和国において「Red Planet」ブランドで
 13棟(合計2208室)の宿泊特化型ホテルを
 オーナー・オペレーターとして保有・運営し、
 2つの潜在的ホテル開発用地を有する、
 12社を子会社に有する持ち株会社の全株式を取得するための
 株式売買契約を締結し、
 本フィリピン買収対象企業グループを子会社化することについて、
 取締役会にて決議いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3497 (株)LeTech
 7月22日に資本業務提携契約の解消、
 第三者割当による普通株式及び種類株式の発行等の中止、
 臨時株主総会の開催中止並びに
 基準日の取消しに関するお知らせのIRがでていました。
 このIRではそこまで株価に変動はありませんでしたが、
 優待の権利獲得目的で買われていた事もあり、
 本日は優待落日のため売られているのでしょう。
 ただ、一気に売られていますので、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★6027 弁護士ドットコム(株)
 7月27日に2023年3月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高27.4%増、
 営業利益36.1%減、経常利益36.8%減、
 四半期純利益34.1%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月27日 上昇トップ3銘柄
☆3010 ポラリス・ホールディングス(株)
 7月26日にフィリピン共和国の
 大手宿泊特化型ホテル保有運営企業グループの
 株式の取得(子会社化)に関するお知らせのIRがでていました。
 フィリピン共和国において「Red Planet」ブランドで
 13棟(合計2208室)の宿泊特化型ホテルを
 オーナー・オペレーターとして保有・運営し、
 2つの潜在的ホテル開発用地を有する、
 12社を子会社に有する持ち株会社の全株式を取得するための
 株式売買契約を締結し、
 本フィリピン買収対象企業グループを子会社化することについて、
 取締役会にて決議いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円辺りも期待できるでしょう。

☆5212 不二硝子(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益26.5%増、経常利益24.1%減、
 当期純利益16.5%減となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益33.6%増、経常利益13.5%増、
 当期純利益23.3%増の予想でした。
 世界保健機関(WHO)が23日に、緊急事態宣言した「サル痘」に関して、
 25日に国内でも初めての感染者が確認されたことを受け、
 ワクチン関連であるここが買われ、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 1800?2000円辺りも期待できるでしょう。

☆2323 (株)fonfun
 7月22日にクラブネッツ、
 SMS配信サービスを提供するFunFusionと業務提携
 ?到達率99.9%のSMS配信サービスを活用?とニュースがでていました。
 株式会社クラブネッツは、店舗企業の販促活動における、
 更なるモバイルプロモーションの強化を目的に、
 「 SMS(ショートメッセージサービス)」に強みを持つ
 株式会社FunFusionの「fonfunSMS」( https://ssl.r-sms.jp/ )と
 業務提携しましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われています。
 450?500円辺りも期待できるでしょう。

7月27日 下降トップ3銘柄
★6337 (株)テセック
 7月26日に2023年3月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高11.7%減、
 営業利益25.2%減、経常利益19.5%増、
 当期純利益29.8%増となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5820 (株)三ッ星
 7月11日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分の決定に対する
 保全異議の申立ての結果に関するお知らせのIRがでていました。
 1回A新株予約権の無償割当てについて、
 大阪地方裁判所において差止仮処分の決定がなされておりましたが、
 本決定に対する保全異議の申立てを行っており、
 その結果、仮処分決定を認可するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 7000円ほどだった株価が14600円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 7月25日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分に係る
 許可抗告の申立ての許可決定に関するお知らせのIRが出ていました。
 大阪高等裁判所から、本許可抗告に関して、
 本抗告棄却決定について、
 民事訴訟法第337条第2項所定の事項を含むと認められるとして、
 抗告許可決定に係る決定書を受領しましたとのことで、
 これが評価され再度買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6619 ダブル・スコープ(株)
 7月25日に業績予想の修正および
 営業外損益の計上に関するお知らせのIRがでていました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正していました。
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高17.6%増、
 営業利益40.5%増、経常利益169.2%増、
 四半期純利益344.4%増と良いものでした。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高15.7%増、
 営業利益10.0%増、経常利益50.0%増、
 当期純利益114.2%増と良いものでした。
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月26日 上昇トップ3銘柄
☆5199 不二ラテックス(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は売上高81億4700万円、
 営業利益5億2900万円、経常利益4億8600万円、
 当期純利益-1億4200万円となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益5.5%減、経常利益5.4%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 世界保健機関(WHO)が23日に、緊急事態宣言した「サル痘」に関して、
 25日に国内でも初めての感染者が確認されたことを受けて、
 コンドームを手掛けるここが2日連続で大きく買われています。
 3000円以上も期待できるでしょう。

☆5820 (株)三ッ星
 7月11日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分の決定に対する
 保全異議の申立ての結果に関するお知らせのIRがでていました。
 1回A新株予約権の無償割当てについて、
 大阪地方裁判所において差止仮処分の決定がなされておりましたが、
 本決定に対する保全異議の申立てを行っており、
 その結果、仮処分決定を認可するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 7000円ほどだった株価が14600円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 7月25日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分に係る
 許可抗告の申立ての許可決定に関するお知らせのIRが出ていました。
 大阪高等裁判所から、本許可抗告に関して、
 本抗告棄却決定について、
 民事訴訟法第337条第2項所定の事項を含むと認められるとして、
 抗告許可決定に係る決定書を受領しましたとのことで、
 これが評価され再度買われているのでしょう。
 前回の高値辺りも期待できるでしょう。

☆8139 (株)ナガホリ
 5月13日に令和4年3月期 決算短信のIRがでていました。
 令和4年通期の業績は売上高169億2700万円、
 営業利益2億8800万円、経常利益2億5300万円、
 当期純利益1億6300万円となっていました。
 令和5年通期の業績予想は令和4年と比べ、売上高0.4%増、
 営業利益38.8%増、経常利益38.3%増、
 当期純利益22.0%増の予想でした。
 リ・ジェネレーション株式会社に対する思惑から買われているようで、
 ストップ高手前まで買われているのでしょう。
 思惑次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

7月26日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は5円で終わったのでしょう。

★6731 (株)ピクセラ
 5月13日に2022年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高39.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 7月21日にピクセラ、Realtek Semiconductor Corporation、
 TCL MOKA International Limitedの共同開発により、
 日本向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビの開発コストを最小化する
 革新的なターンキーソリューションを開発
 ?大手家電メーカー複数社向けに7月下旬から順次出荷開始?とニュースがでていました。
 株式会社ピクセラと、Realtek Semiconductor Corporationと、
 TCL MOKA International Limitedは、
 日本市場向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビの開発を
 圧倒的な低コストで実現するための
 ターンキーソリューションの開発に成功したとのことです。
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★1787 (株)ナカボーテック
 5月9日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高0.8%減、
 営業利益16.6%減、経常利益16.3%減、
 当期純利益15.3%減となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高8.6%減、
 営業利益59.5%減、経常利益58.0%減、
 当期純利益58.1%減の予想でした。
 特に材料が見当たらない中7月中旬から買われ、
 4000円ほどだった株価が6600円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月25日 上昇トップ3銘柄
☆7727 (株)オーバル
 7月20日に当社の株券等を対象とする
 大規模買付行為等が行われていることに基づく
 基本方針及び対応方針の導入に関するお知らせのIRと、
 Anton Paar GmbHに対する
 当社が導入した対応方針の遵守及び
 大規模買付行為等趣旨説明書の提出の要請に関するお知らせのIRがでていました。
 これによる思惑から2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われているのでしょう。
 ただ、940円を超えてからは売られているため、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2370 (株)メディネット
 5月12日に2022年9月期 第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高15.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 5月24日に(開示事項の経過)国立大学法人九州大学が
 慢性心不全の治療を目的とした
 再生医療等製品の医師主導第IIb相臨床試験を開始のIRがでていました。
 株式会社メディネットが国立大学法人九州大学と
 実用化に向けた共同研究iiiを進めている
 慢性心不全の治療を目的とした再生医療等製品に関し、
 その有効性及び安全性を確認する医師主導第IIb相臨床試験が、
 九州大学において開始されましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 50円以下だった株価が100円手前まで買われていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 本日は「ヤンセンファーマのCAR-T療法・カービクティの承認可否審議へ
 8月3日の薬食審・再生医療等製品部会で」とニュースが出ており、
 これに期待され大きく買われているようです。
 8月3日の結果次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆4270 (株)BeeX
 7月15日に2023年2月期第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高12億5000万円、
 営業利益9300万円、経常利益9000万円、
 四半期純利益6200万円となっていました。
 上場から右肩下がりに売られていることもあり、
 自律反発から大きく買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

7月25日 下降トップ3銘柄
★4592 サンバイオ(株)
 7月22日に国内SB623慢性期外傷性脳損傷プログラム
 製造販売承認取得の状況についてのIRがでていました。
 9月までの承認取得はないものと判断しておりますとのことで、
 これが原因で大きく売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4434 (株)サーバーワークス
 7月15日に2023年2月期第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高33億4500万円、
 営業利益1億4800万円、経常利益1億3900万円、
 四半期純利益1億1000万円となっていました。
 7月22日に譲渡制限付株式報酬としての
 新株式発行の払込完了に関するお知らせのIRがでていました。
 1株2062円で8262株発行するとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。

★5820 (株)三ッ星
 7月11日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分の決定に対する
 保全異議の申立ての結果に関するお知らせのIRがでていました。
 1回A新株予約権の無償割当てについて、
 大阪地方裁判所において差止仮処分の決定がなされておりましたが、
 本決定に対する保全異議の申立てを行っており、
 その結果、仮処分決定を認可するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 7000円ほどだった株価が14600円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月22日 上昇トップ3銘柄
☆6731 (株)ピクセラ
 5月13日に2022年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高39.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 7月21日にピクセラ、Realtek Semiconductor Corporation、
 TCL MOKA International Limitedの共同開発により、
 日本向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビの開発コストを最小化する
 革新的なターンキーソリューションを開発
 ?大手家電メーカー複数社向けに7月下旬から順次出荷開始?とニュースがでていました。
 株式会社ピクセラと、Realtek Semiconductor Corporationと、
 TCL MOKA International Limitedは、
 日本市場向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビの開発を
 圧倒的な低コストで実現するための
 ターンキーソリューションの開発に成功したとのことです。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆9363 (株)大運
 5月12日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高17.3%増、
 営業利益225.4%増、経常利益124.3%増、
 当期純利益98.9%増となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高5.3%減、
 営業利益35.5%減、経常利益36.6%減、
 当期純利益41.9%減の予想でした。
 本日は海運大手3社が前日21日にそろって今期の上方修正を発表しており、
 思惑から大きく買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3607 (株)クラウディアホールディングス
 7月22日の14時に配当予想の修正(復配)及び
 株主優待制度の一部変更(再開)に関するお知らせのIRがでていました。
 未定だった配当予想が3円へ復配していました。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 300円以上も期待できるでしょう。

7月22日 下降トップ3銘柄
★8462 フューチャーベンチャーキャピタル(株)
 5月12日に2022年3月期決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高36.5%減、
 営業利益は黒字転換、経常利益75.0%増、
 当期純利益591.7%増となっていました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 6月中旬から買われ、600円ほどだった株価が1000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4733 (株)オービックビジネスコンサルタント
 7月21日に2023年3月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高8.5%増、
 営業利益14.1%増、経常利益14.1%増、
 当期純利益14.0%増となっていました。
 業績は悪くないものの、
 市場予想よりは悪いことから売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9501 東京電力ホールディングス(株)
 東京電力、9月の電気料金3割高
 燃料費転嫁の制度に綻びと日本経済新聞に報じられ、
 東京電力ホールディングスや中部電力の
 家庭向け電気料金が9月まで13カ月連続で上がることが21日、分かったとのことです。
 東電の一部の契約では燃料高を自動で料金に転嫁できなくなり、
 引き上げには国の認可が必要とのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月21日 上昇トップ3銘柄
☆7080 (株)スポーツフィールド
 5月13日に2022年12月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高7億7400万円、
 営業利益2億3200万円、経常利益2億3100万円、
 四半期純利益1億4800万円となっていました。
 すでに通期の業績予想を上振れしており、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 5月24日に株式分割及び定款の一部変更に関するお知らせのIRがでていました。
 6月30日を基準日とし、2分割するとのことです。
 7月20日に通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.5%増、
 営業利益555.3%増、経常利益599.4%増、
 当期純利益412.1%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆2370 (株)メディネット
 5月12日に2022年9月期 第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高15.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 5月24日に(開示事項の経過)国立大学法人九州大学が
 慢性心不全の治療を目的とした
 再生医療等製品の医師主導第IIb相臨床試験を開始のIRがでていました。
 株式会社メディネットが国立大学法人九州大学と
 実用化に向けた共同研究iiiを進めている
 慢性心不全の治療を目的とした再生医療等製品に関し、
 その有効性及び安全性を確認する医師主導第IIb相臨床試験が、
 九州大学において開始されましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 50円以下だった株価が100円手前まで買われていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 本日は「ヤンセンファーマのCAR-T療法・カービクティの承認可否審議へ
 8月3日の薬食審・再生医療等製品部会で」とニュースが出ており、
 これに期待され大きく買われているようです。
 8月3日の結果次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆6846 (株)中央製作所
 5月13日に2022年3月期決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高22.1%増、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益777.6%増、当期純利益は黒字転換予想でした。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄ですが、
 2日連続で大きく買われています。
 2000円以上も期待できるでしょう。

7月21日 下降トップ3銘柄
★5820 (株)三ッ星
 7月11日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分の決定に対する
 保全異議の申立ての結果に関するお知らせのIRがでていました。
 1回A新株予約権の無償割当てについて、
 大阪地方裁判所において差止仮処分の決定がなされておりましたが、
 本決定に対する保全異議の申立てを行っており、
 その結果、仮処分決定を認可するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 7000円ほどだった株価が14600円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3664 (株)モブキャストホールディングス
 5月13日に2022年12月期第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高9億4400万円、
 営業利益-8500万円、経常利益-9200万円、
 四半期純利益-8500万円となっていました。
 5月17日に『炎炎ノ消防隊』完全新作オリジナルゲーム化決定!
 Mrs. GREEN APPLE書き下ろしの新曲
 「延々」がテーマソングに!とニュースがでていました。
 子会社である株式会社モブキャストゲームスと
 extra mile株式会社は、人気TVアニメ『炎炎ノ消防隊』を題材とした
 スマートフォン向け新作ゲーム『炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章』を
 開発中であることをお知らせいたしますとのことです。、
 これが評価され大きく買われていました。
 7月20日に子会社のモブキャストゲームスが、
 スマートフォン向けゲーム
 『英雄伝説 暁の軌跡M(モバイル)』 韓国版が事前登録30万人突破!
 さらにゲーム配信日が決定!とプレスリリースを出しており、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4199 ワンダープラネット(株)
 7月13日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 7月13日にワンダープラネット、シンガポール子会社WPBCが
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.とグローバルエリアにおける
 ブロックチェーンゲームの共同事業に関する
 基本合意書を締結とニュースがでていました。
 シンガポール子会社WPBC Pte. Ltd.が
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.と、
 グローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの
 共同事業に関する基本合意書を締結したとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 2300円ほどだった株価が3900円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月20日 上昇トップ3銘柄
☆3664 (株)モブキャストホールディングス
 5月13日に2022年12月期第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高9億4400万円、
 営業利益-8500万円、経常利益-9200万円、
 四半期純利益-8500万円となっていました。
 5月17日に『炎炎ノ消防隊』完全新作オリジナルゲーム化決定!
 Mrs. GREEN APPLE書き下ろしの新曲
 「延々」がテーマソングに!とニュースがでていました。
 子会社である株式会社モブキャストゲームスと
 extra mile株式会社は、人気TVアニメ『炎炎ノ消防隊』を題材とした
 スマートフォン向け新作ゲーム『炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章』を
 開発中であることをお知らせいたしますとのことです。、
 これが評価され大きく買われていました。
 7月20日に子会社のモブキャストゲームスが、
 スマートフォン向けゲーム
 『英雄伝説 暁の軌跡M(モバイル)』 韓国版が事前登録30万人突破!
 さらにゲーム配信日が決定!とプレスリリースを出しており、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 100円以上も期待できるでしょう。

☆6846 (株)中央製作所
 5月13日に2022年3月期決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高22.1%増、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益777.6%増、当期純利益は黒字転換予想でした。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄で、
 本日は誰かが一気に買ったのでしょう。
 本日の出来高は8単元800株だけでした。

☆7036 (株)イーエムネットジャパン
 5月11日に2022年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2022年12月期 配当予想(増配)の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高3億8600万円、
 営業利益1億400万円、経常利益1億700万円、
 四半期純利益7300万円となっていました。
 未定だった配当予想を修正しており、
 第2四半期期末配当15円、期末配当12円の予想でした。
 本日は特に材料は見当たらない中一時ストップ高まで買われていました。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月20日 下降トップ3銘柄
★4571 ナノキャリア(株)
 7月20日の7時30分にVB-111 の国際共同第III相臨床試験の結果についてのIRがでていました。
 国内開発を担当する遺伝子治療用製品「VB-111」について、
 プラチナ製剤抵抗性再発卵巣がんを対象とした
 国際共同第III相臨床試験(OVAL 試験)における
 トップラインデータを受領しました。
 結果、無増悪生存期間(PFS)および全生存期間(OS)の
 統計的に有意な改善という主要評価項目を達成できなかったとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4575 (株)キャンバス
 6月1日にCBP501臨床第2相試験 月間進捗状況の公表についてのIRがでていました。
 5月の被験者登録進捗状況 新規被験者登録数5増加、
 5月の臨床試験実施施設数の推移は2増加していました。
 臨床試験開始から組入開始までに生じた遅延を挽回し、
 さらに前倒しのペースとのことです。
 6月15日にCBP501臨床第2相試験
 3剤併用投与群で奏効(がんの縮小)が確認されました《速報》のIRがでていました。
 本日、当社が膵臓がん3次治療を対象として米国で実施している
 CBP501臨床第2相試験ステージ1の3剤併用投与群
 (CBP501+シスプラチン+ニボルマブ(オプジーボ))において、
 部分奏効(治療前に比べて標的病変の長径の合計が
 30%以上縮小した状態が一定期間継続すること)1例が確認されましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 180円ほどだった株価が1050円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★7707 プレシジョン・システム・サイエンス(株)
 5月13日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高20.4%減、
 営業利益82.2%減、経常利益80.6%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高17.0%減、
 営業利益90.6%減、経常利益92.6%減、
 当期純利益は赤字転落予想でした。
 6月24日にサル痘ウイルスDNAリアルタイムPCR検査キットを
 7月1日寄り販売開始とお知らせがでており、
 サル痘が世界でも増えていることもあり、
 これが評価され380円ほどだった株価が890円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月19日 上昇トップ3銘柄
☆3808 (株)オウケイウェイヴ
 6月27日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRと、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでていました。
 第3四半期の業績は売上高81.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日、名古屋証券取引所より 2022年6月27日付で、
 監理銘柄(確認中)を解除する旨の通知がありましたとのことで、
 これ等が評価され2日連続で大きく買われていました。
 7月13日に臨時株主総会の株主提案に対する
 当社取締役会の意見に関するお知らせのIRがでていました。
 本請求書及び各議案について慎重に検討した結果、
 取締役全員の意見の一致により、全議案に反対いたしますとのことです。
 これによる思惑からストップ高まで買われ、
 120円ほどだった株価が210円を超えていました。
 後場終了前に利確売りに押されていましたが、
 また本日から買われだしたのでしょう。

☆2437 Shinwa Wise Holdings(株)
 4月13日に2022年5月期第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高14.6%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 外国人観光客の入国再会に期待され、
 株価右肩上がりに買われていました。
 6月22日にEdoverse Foundationが
 日本円で土地NFTを購入する方法を発表!とニュースがでていました。
 当社の100%子会社であるEdoverse株式会社がコンサルティングしている
 Edoverse Foundation(登記申請中)が、
 7月7日に販売する土地NFTの
 日本円で購入する場合の方法を、詳細に発表しましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 970円ほどだった株価が1820円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 また買われだしたのでしょう。
 1500円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆4429 リックソフト(株)
 7月15日に2023年2月期第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高72.2%増、
 営業利益112.4%増、経常利益116.5%増、
 四半期純利益125.1%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800?2000円辺りも期待できるでしょう。

7月19日 下降トップ3銘柄
★7351 (株)グッドパッチ
 7月15日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高38.5%増、
 営業利益13.8%増、経常利益17.0%増、
 四半期純利益12.4%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 ただ、一気に売られすぎていますので、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★4370 モビルス(株)
 7月15日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高25.9%増、
 営業利益41.8%増、経常利益21.0%増、
 四半期純利益29.9%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.3%増、
 営業利益28.6%減、経常利益31.6%減、
 当期純利益39.2%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3094 (株)スーパーバリュー
 7月15日に22023年2月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでていました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高3.0%減、
 営業利益97.8%減、経常利益81.8%減、
 当期純利益82.4%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月15日 上昇トップ3銘柄
☆3929 ソーシャルワイヤー(株)
 5月11日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高1.4%増、
 営業利益30.9%増、経常利益25.8%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 2023年通期の業績予想は前年と比べ、売上高7.9%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 7月15日に【グループ企業 トランスマート】
 翻訳業務のインバウンド需要急増、
 前年比約6倍の売上を記録
  ?クラウド翻訳英語ネイティブチェックサービス開始?と
 ニュースがでていました。
 グループ会社でクラウド翻訳とAI翻訳事業を展開する、
 トランスマート株式会社は、
 外国人観光客に対する入国制限緩和の影響から、
 2022年6月、インバウンド関連翻訳業務の依頼が急増し、
 直近3か月の売上高が、前四半期比率で約4倍、
 前年比約6倍を記録しましたので報告します。
 併せて、昨今のニーズの高まりを受け、
 2022年7月15日より、ネイティブ翻訳者が英語文章の校正を行う
 「英語ネイティブチェックサービス」の提供を開始いたしますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆3479 (株)ティーケーピー
 7月14日に主要株主及び親会社以外の支配株主の異動並びに
 株式会社リバーフィールドによる
 当社株式の公開買付けに準ずる行為として
 政令で定める買集め行為に関するお知らせのIRと、
 2023年2月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高28.3%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 株式会社リバーフィールドが公開買付を発表しており、
 752万株を取得するとのことで、
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆6198 (株)キャリア
 5月16日に2022年9月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高6.9%増、
 営業利益50.0%増、経常利益50.0%増、
 当期純利益55.6%と上方修正していました。
 ここ数日でコロナが増えている事から大きく買われているのでしょう。
 コロナの状況次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

7月15日 下降トップ3銘柄
★3808 (株)オウケイウェイヴ
 6月27日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRと、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでていました。
 第3四半期の業績は売上高81.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日、名古屋証券取引所より 2022年6月27日付で、
 監理銘柄(確認中)を解除する旨の通知がありましたとのことで、
 これ等が評価され2日連続で大きく買われていました。
 7月13日に臨時株主総会の株主提案に対する
 当社取締役会の意見に関するお知らせのIRがでていました。
 本請求書及び各議案について慎重に検討した結果、
 取締役全員の意見の一致により、全議案に反対いたしますとのことです。
 これによる思惑からストップ高まで買われ、
 120円ほどだった株価が210円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7074 (株)トゥエンティーフォーセブン
 7月14日に2022年11月期 第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高20.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5026 (株)トリプルアイズ
 5月31日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2022年通期の業績予想は前年と比べ、売上高22.3%増、
 営業利益188.6%増、経常利益94.6%増、
 当期純利益264.5%増の予想でした。
 ここは5月31日に上場し、
 6月1日に公開価格880円の2.5倍となる2200円で初値をつけました。
 その後は2300円を超えましたが、
 しばらくは利確売りに押されていました。
 6月20日に顔認証決済の普及が一気に加速
 トリプルアイズがヤマダデンキと
 「ヤマダPay顔認証決済」のサービス拡大とお知らせがでていました。
 株式会社トリプルアイズは、
 株式会社ヤマダホールディングスおよび
 株式会社ヤマダデンキと共同で開発した
 顔認証決済アプリ「ヤマダPay顔認証決済」の
 サービス提供を拡大いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 7月14日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は売上高18億4000万円、
 営業利益1億3100万円、経常利益1億1500万円、
 四半期純利益9600万円となっていました。
 本日は材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

7月14日 上昇トップ3銘柄
☆3808 (株)オウケイウェイヴ
 6月27日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRと、
 当社株式の監理銘柄(確認中)指定解除に関するお知らせのIR等がでていました。
 第3四半期の業績は売上高81.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日、名古屋証券取引所より 2022年6月27日付で、
 監理銘柄(確認中)を解除する旨の通知がありましたとのことで、
 これ等が評価され2日連続で大きく買われていました。
 7月13日に臨時株主総会の株主提案に対する
 当社取締役会の意見に関するお知らせのIRがでていました。
 本請求書及び各議案について慎重に検討した結果、
 取締役全員の意見の一致により、全議案に反対いたしますとのことです。
 これによる思惑からストップ高まで買われているのでしょう。
 200円以上も期待できるでしょう。

☆4199 ワンダープラネット(株)
 7月13日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 7月13日にワンダープラネット、シンガポール子会社WPBCが
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.とグローバルエリアにおける
 ブロックチェーンゲームの共同事業に関する
 基本合意書を締結とニュースがでていました。
 シンガポール子会社WPBC Pte. Ltd.が
 Game Changer (SGP) Pte. Ltd.と、
 グローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの
 共同事業に関する基本合意書を締結したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円以上も期待できるでしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

7月14日 下降トップ3銘柄
★6659 (株)メディアリンクス
 5月16日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想は出ていませんでした。
 7月12日にメディアリンクスのMD8000 Media over IP 伝送技術と
 LGU+ブロードキャストサービスにて
 韓国全土のKBS放送網の4Kコンテンツ配信をサポートとニュースがでていました。
 長年の顧客であるLG U+が提供する
 Korean Broadcasting Systemの放送ネットワークに、
 MD8000 Media over IP 伝送技術が採用されたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 86円ほどだった株価が160円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3046 (株)ジンズホールディングス
 7月13日に2022年8月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2022年8月期通期連結業績予想の修正及び
 期末配当予想の修正(無配)並びに
 特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益30.9%減、経常利益21.0%減、
 四半期純利益62.6%減となっていました。
 通期の業績予想修正しており、前回予想と比べ、売上高6.0%減、
 営業利益47.6%減、経常利益42.4%減、
 当期純利益77.0%減となっていました。
 さらに配当予想を修正しており、
 37円だった予想が0円へ無配転落していました。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3645 (株)メディカルネット
 7月13日に2022年5月期決算短信のIRと、
 株式会社ライトアップとの資本業務提携に関するお知らせのIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高29.0%増、
 営業利益35.8%増、経常利益35.1%増、
 当期純利益196.8%増と良いものでした。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高20.1%減、
 営業利益28.9%減、経常利益29.2%減、
 当期純利益50.7%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

7月13日 上昇トップ3銘柄
☆6659 (株)メディアリンクス
 5月16日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想は出ていませんでした。
 7月12日にメディアリンクスのMD8000 Media over IP 伝送技術と
 LGU+ブロードキャストサービスにて
 韓国全土のKBS放送網の4Kコンテンツ配信をサポートとニュースがでていました。
 長年の顧客であるLG U+が提供する
 Korean Broadcasting Systemの放送ネットワークに、
 MD8000 Media over IP 伝送技術が採用されたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 150円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆6198 (株)キャリア
 5月16日に2022年9月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高6.9%増、
 営業利益50.0%増、経常利益50.0%増、
 当期純利益55.6%と上方修正していました。
 ここ数日でコロナが増えている事から大きく買われているのでしょう。
 コロナの状況次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆9227 マイクロ波化学(株)
 6月24日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2023年通期の業績予想は前年と比べ、売上高31.7%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 ここは6月24日に上場し、
 公開価格605円の9.1%減となる550円で初値をつけました。
 7月13日にマイクロ波加熱を用いる
 省エネ・CO2削減精製技術で
 リチウム実鉱石の溶解に成功とPR情報がでていました。
 当社と国立研究開発法人
 量子科学技術研究開発機構量子エネルギー部門六ヶ所研究所は、
 マイクロ波加熱を用いたレアメタルの
 省エネ精製技術に関する共同研究契約を締結し、
 実証試験を進めてきましたが、
 この度、リチウム鉱山で採鉱し選別された
 実際のリチウム鉱石であるスポジュミン精鉱に
 省エネ精製技術を適用し、
 マイクロ波加熱温度 300℃で溶解することに成功したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

7月13日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は5円で終わったのでしょう。

★6083 ERIホールディングス(株)
 6月1日に当社グループ会社における
 石綿(アスベスト)対策関連業務の拡充についてとニュースがでていました。
 グループ会社である、
 株式会社ERIアカデミーは、
 厚生労働省 東京労働局の登録講習機関として
 「建築物石綿含有建材調査者講習」を開始しましたとのことです。
 これが評価されたのか1330円ほどだった株価が1530円を超えていました。
 7月12日に2022年5月期決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高12.2%増、
 営業利益377.8%増、経常利益318.7%増、
 当期純利益363.9%増と良いものでした。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.5%減、
 営業利益13.1%減、経常利益15.3%減、
 当期純利益9.9%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7187 ジェイリース(株)
 5月6日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高20.5%増、
 営業利益108.8%増、経常利益113.6%増、
 当期純利益142.5%増と良いものでした。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高14.0%増、
 営業利益11.6%増、経常利益11.5%増、
 当期純利益10.4%増の予想でした。
 これが評価されてか右肩上がりに買われ、
 1450円ほどだった株価が2100円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月12日 上昇トップ3銘柄
☆6659 (株)メディアリンクス
 5月16日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想は出ていませんでした。
 7月12日にメディアリンクスのMD8000 Media over IP 伝送技術と
 LGU+ブロードキャストサービスにて
 韓国全土のKBS放送網の4Kコンテンツ配信をサポートとニュースがでていました。
 長年の顧客であるLG U+が提供する
 Korean Broadcasting Systemの放送ネットワークに、
 MD8000 Media over IP 伝送技術が採用されたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円以上も期待できるでしょう。

☆5820 (株)三ッ星
 7月11日に新株予約権無償割当て差止めの仮処分の決定に対する
 保全異議の申立ての結果に関するお知らせのIRがでていました。
 1回A新株予約権の無償割当てについて、
 大阪地方裁判所において差止仮処分の決定がなされておりましたが、
 本決定に対する保全異議の申立てを行っており、
 その結果、仮処分決定を認可するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 10000円以上も期待できるでしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

7月12日 下降トップ3銘柄
★9647 (株)協和コンサルタンツ
 7月8日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高4.8%増、
 営業利益25.3%増、経常利益26.5%増、
 四半期純霊気48.5%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2462 ライク(株)
 7月11日に2022年5月期決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高6.2%増、
 営業利益17.4%増、経常利益2.0%減、
 当期純利益0.2%増となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高6.9%増、
 営業利益2.6%増、経常利益1.3%増、
 当期純利益2.5%増の予想でした。
 株価が高い水準であることもあり、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6323 ローツェ(株)
 7月11日に2023年2月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高50.2%増、
 営業利益76.6%増、経常利益103.0%増、
 四半期純利益90.1%増となっていました。
 本日は材料出尽くし感から売られているようです。
 ただ、業績は悪くないですので、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

7月11日 上昇トップ3銘柄
☆7359 (株)東京通信
 5月31日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.2%減、
 営業利益49.9%減、経常利益97.9%減、
 当期純利益97.8%減と下方修正していました。
 6月16日にテレビ朝日の特別番組
 「仕事とお金のマジメな話 傑作選」(再放送)に、
 ヒットアプリを手がける
 当社アプリプロデューサーが出演とニュースがでており、
 6月19日に出演するとのことで、
 これに期待されストップ高まで買われていました。
 6月28日にArithmer株式会社及び
 株式会社NSCホールディングスとの
 メタバース事業創出を目的とした
 合弁会社設立予定に関するお知らせのIRがでていました。
 当社及び当社子会社の株式会社METAVERSEACLUBは、
 本日開催の取締役会において、
 Arithmer株式会社及び株式会社NSCホールディングスとの間で、
 スマートフォン上における新たなサービスとして、
 仮想空間で誰もが思い描く<街づくり>ができるプラットフォームの構築に向け、
 合弁契約締結を決議し、合弁会社を設立することになりましたとのことで、
 これが評価され1000円ほどだった株価が1500円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度これが評価され買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3995 (株)SKIYAKI
 6月13日に2023年1月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高18.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 7月8日にアーティスト・声優山崎エリイのオフィシャルファンクラブにて、
 国内初となるAR/VRを利用した
 3Dビデオによるリアルタイム配信の実施を決定!とニュースがでていました。
 クリエイターとファンをつなぐプラットフォームを創造する
 株式会社SKIYAKIは、ソフトバンク株式会社のグループ会社である
 リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社と
 株式会社ホリプロと共同で、
 アーティスト・声優山崎エリイのオフィシャルファンクラブにて、
 国内初となるAR/VRを利用した3Dビデオによる
 リアルタイム配信の実証実験を実施するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 450?500円辺りも期待できるでしょう。

☆9647 (株)協和コンサルタンツ
 7月8日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高4.8%増、
 営業利益25.3%増、経常利益26.5%増、
 四半期純霊気48.5%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 4000円以上も期待できるでしょう。

7月11日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は5円で終わったのでしょう。

★3739 コムシード(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は売上高19億1500万円、
 営業利益9200万円、経常利益7500万円、
 当期純利益8300万円となっていました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 6月20日に株式会社HashLinkによる
 新PFPプロジェクト『Tokyo Mongz Hills Club』
 今夏リリースとニュースがでていました。
 当社子会社である株式会社HashLinkは、
 日本国内におけるPFP事業の第一弾として、
 NFTプロジェクト『Tokyo Mongz Hills Club(東京モンズヒルズクラブ)』を、
 株式会社HashPaletteの提供する
 NFTマーケットプレイス「PLT Place」において、
 今夏リリースすることを決定いたしましたとのことです。
 これが評価され330円ほどだった株価が870円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7477 ムラキ(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高1.4%減、
 営業利益49.4%増、経常利益42.3%増、
 当期純利益51.6%増となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益25.1%減、経常利益24.3%減、
 当期純利益51.2%減となっていました。
 特に材料が見当たらないものの、
 2日連続でストップ高まで買われ
 1100円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月8日 上昇トップ3銘柄
☆3205 (株)ダイドーリミテッド
 7月7日に連結子会社における
 固定資産の譲渡に伴う特別利益の発生に関するお知らせのIRがでていました。
 連結子会社である株式会社ダイドーフォーワードが所有する
 固定資産を譲渡することを決議したとのことです。
 これにより、譲渡益約100億円を固定資産売却益として
 特別利益に計上する予定とのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 200円以上も期待できるでしょう。

☆7477 ムラキ(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高1.4%減、
 営業利益49.4%増、経常利益42.3%増、
 当期純利益51.6%増となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益25.1%減、経常利益24.3%減、
 当期純利益51.2%減となっていました。
 特に材料が見当たらないものの、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、ここは普段の出来高が少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4664 RSC
 本日安倍晋三元首相が選挙演説中の銃撃事件にあったことから、
 警備事業中堅のここが買われているのでしょう。
 ただ、一気に買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月8日 下降トップ3銘柄
★2388 (株)ウェッジホールディングス
 5月11日に令和4年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高89.8%減、
 営業利益83.3%減、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日にタイ特別捜査局が、Jトラストアジアによる
  Group Lease PCLおよび旧取締役に対する
 刑事告発を棄却とニュースがでていました。
 2022 年7月1日、当社グループの持分法適用関連会社である
 Group Lease PCLおよび同社の元取締役2名に対して、
 Jトラストアジアが行っていた刑事告発が棄却されたとのことで、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われ、
 80円ほどだった株価が220円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6416 桂川電機(株)
 5月20日に令和4年3月期 決算短信のIRがでていました。
 令和4年通期の業績は売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 令和5年通期の業績予想はでていませんでした。
 特に材料は見当たらないものの、
 3日連続でストップ高まで買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4011 (株)ヘッドウォータース
 5月20日にヘッドウォータース、
 「NVIDIA DXアクセラレーションプログラム」に参画し、
 NVIDIA社とエッジAI × DX推進で協業開始とニュースがでていました。
 アクセラレーテッド コンピューティングにおける
 世界的なリーディングカンパニーである米国NVIDIAの日本法人、
 エヌビディア合同会社が新たに設立した
 「NVIDIA DXアクセラレーションプログラム」に参画し、
 NVIDIA社とDX推進において協業を開始しますとのことです。
 7月6日に大成建設が提供する「LifeCycleOS」パートナーに認定、
 東京エレクトロンデバイスと協業し、
 建設DX × デジタルツインを推進とニュースがでていました。
 AIソリューション事業を手掛ける株式会社ヘッドウォータースは、
 大成建設株式会社が提供する
 「LifeCycleOS」パートナーに認定されましたとのことで、
 これが評価され前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

7月7日 上昇トップ3銘柄
☆7477 ムラキ(株)
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高1.4%減、
 営業利益49.4%増、経常利益42.3%増、
 当期純利益51.6%増となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益25.1%減、経常利益24.3%減、
 当期純利益51.2%減となっていました。
 本日は特に材料が見当たらないものの、
 一気にストップ高まで買われています。
 ただ、ここは普段の出来高が少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7946 (株)光陽社
 5月19日の16時に2022年3月期決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高3.5%増、
 営業利益は黒字転換、経常利益189.7%増、
 当期純利益3.6%増の予想でした。
 この決算に期待されストップ高まで買われ、
 IRが評価され大きく買われ、
 1200円ほどだった株価が1780円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました。
 7月1日にカーボンニュートラルプリント
 (CARBON NEUTRAL PRINT)商標登録完了のお知らせがでていました。
 このたび当社が商標として出願しておりました
 「カーボンニュートラルプリント(CARBON NEUTRAL PRINT)」の
 サービス名とロゴマークについて、
 特許庁に登録商標として正式に登録されましたとのことで、
 これが遅れて評価されたのかストップ高まで買われています。
 1700?2000円辺りも期待できるでしょう。

☆2918 わらべや日洋ホールディングス(株)
 7月6日に2023年2月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高0.8%増、
 営業利益25.0%増、経常利益16.3%増、
 四半期純利益67.0%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

7月7日 下降トップ3銘柄
★6416 桂川電機(株)
 5月20日に令和4年3月期 決算短信のIRがでていました。
 令和4年通期の業績は売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 令和5年通期の業績予想はでていませんでした。
 特に材料は見当たらないものの、
 3日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2388 (株)ウェッジホールディングス
 5月11日に令和4年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高89.8%減、
 営業利益83.3%減、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日にタイ特別捜査局が、Jトラストアジアによる
  Group Lease PCLおよび旧取締役に対する
 刑事告発を棄却とニュースがでていました。
 2022 年7月1日、当社グループの持分法適用関連会社である
 Group Lease PCLおよび同社の元取締役2名に対して、
 Jトラストアジアが行っていた刑事告発が棄却されたとのことで、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われ、
 80円ほどだった株価が220円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★1382 (株)ホーブ
 5月6日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高7.1%減、
 営業利益76.2%増、経常利益72.8%増、
 四半期純利益55.2%増となっていました。
 6月29日に日本経済新聞電子版が
 「業務用イチゴ大手のホーブが事業の再構築を進めている」と報じた事もあり、
 4日連続でストップ高まで買われ、
 1000円ほどだった株価が4500円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月6日 上昇トップ3銘柄
☆2388 (株)ウェッジホールディングス
 5月11日に令和4年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高89.8%減、
 営業利益83.3%減、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日にタイ特別捜査局が、Jトラストアジアによる
  Group Lease PCLおよび旧取締役に対する
 刑事告発を棄却とニュースがでていました。
 2022 年7月1日、当社グループの持分法適用関連会社である
 Group Lease PCLおよび同社の元取締役2名に対して、
 Jトラストアジアが行っていた刑事告発が棄却されたとのことで、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
 200円も超えましたしさらなる高値もできるでしょう。

☆6494 (株)NFKホールディングス
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高15.7%減、
 営業利益47.0%減、経常利益32.4%減、
 当期純利益36.6%減となっていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高18.2%増、
 営業利益12.3%増、経常利益33.3%減、
 当期純利益29.6%減の予想でした。
 7月1日に当社子会社日本ファーネスが
 東邦ガスと新型の水素バーナを実用化とニュースがでていました。
 株式会社NFKホールディングスの連結子会社である
 日本ファーネス株式会社は、
 東邦ガス株式会社と共同で
 新型の水素バーナを実用化いたしましたとのことです。
 これが再評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 100円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆6416 桂川電機(株)
 5月20日に令和4年3月期 決算短信のIRがでていました。
 令和4年通期の業績は売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 令和5年通期の業績予想はでていませんでした。
 特に材料は見当たらないものの、
 3日連続でストップ高まで買われています。
 材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月6日 下降トップ3銘柄
★7901 (株)マツモト
 6月8日に2022年4月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は売上高3.5%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価され発行株式数の少なさもあり右肩上がりに買われ、
 3300円ほどだった株価が21400円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★1743 コーアツ工業(株)
 6月27日に株式分割および定款の一部変更、
 配当予想の修正、並びに株主優待制度に関するお知らせのIRがでていました。
 9月30日を基準日とし、3分割するとのことです。
 配当予想を修正しており、
 分割前50円だった配当予想が分割後25円(分割前75円)と増配していました。
 これが評価され3000円ほどだった株価が、
 5日連続でストップ高まで買われ、13000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2471 (株)エスプール
 7月5日に2022年11月期 第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高17.4%増、
 営業利益32.1%増、経常利益31.0%増、
 四半期純利益32.1%増となっていました。
 本日は材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 手を出さないほうが良いでしょう。

7月5日 上昇トップ3銘柄
☆2388 (株)ウェッジホールディングス
 5月11日に令和4年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高89.8%減、
 営業利益83.3%減、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日にタイ特別捜査局が、Jトラストアジアによる
  Group Lease PCLおよび旧取締役に対する刑事告発を棄却とニュースがでていました。
 2022 年7月1日、当社グループの持分法適用関連会社である
 Group Lease PCLおよび同社の元取締役2名に対して、
 Jトラストアジアが行っていた刑事告発が棄却されたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 150円も超えましたしさらなる高値もできるでしょう。

☆1382 (株)ホーブ
 5月6日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高7.1%減、
 営業利益76.2%増、経常利益72.8%増、
 四半期純利益55.2%増となっていました。
 6月29日に日本経済新聞電子版が
 「業務用イチゴ大手のホーブが事業の再構築を進めている」と報じた事もあり、
 4日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 ただ、株価が倍以上になっていますし、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4416 (株)True Data
 3月31日に株式会社プラネットとの業務提携に関するお知らせのIRがでていました。
 株式会社プラネットとの間で業務提携に関する
 基本契約を本日の決議により締結したとのことです。
 「POS データクレンジングサービス」を共同で開発し、
 データ整備のアウトソーシングサービスとして提供するとのことで、
 これが評価され660円ほどだった株価が1000円手前まで買われていました。
 5月13日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高12.7%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高11.9%増、
 営業利益57.5%増、経常利益44.9%増、
 当期純利益27.3%増の予想でした。
 本日は特に材料は見当たらないものの、
 浮動株の少なさから買われているようで、
 本日はストップ高まで買われています。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月5日 下降トップ3銘柄
★7901 (株)マツモト
 6月8日に2022年4月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は売上高3.5%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価され発行株式数の少なさもあり右肩上がりに買われ、
 3300円ほどだった株価が21400円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2437 Shinwa Wise Holdings(株)
 4月13日に2022年5月期第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高14.6%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 外国人観光客の入国再会に期待され、
 株価右肩上がりに買われていました。
 6月22日にEdoverse Foundationが
 日本円で土地NFTを購入する方法を発表!とニュースがでていました。
 当社の100%子会社であるEdoverse株式会社がコンサルティングしている
 Edoverse Foundation(登記申請中)が、
 7月7日に販売する土地NFTの
 日本円で購入する場合の方法を、詳細に発表しましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 970円ほどだった株価が1820円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月20日に2022年3月期 決算短信のIRがでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高52.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2023年通期の業績予想はでていませんでした。
 ここは5?6円で推移しており、
 本日は5円で終わったのでしょう。

7月4日 上昇トップ3銘柄
☆1743 コーアツ工業(株)
 6月27日に株式分割および定款の一部変更、
 配当予想の修正、並びに株主優待制度に関するお知らせのIRがでていました。
 9月30日を基準日とし、3分割するとのことです。
 配当予想を修正しており、
 分割前50円だった配当予想が分割後25円(分割前75円)と増配していました。
 これが評価され3000円ほどだった株価が5日連続でストップ高まで買われています。
 10000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆2388 (株)ウェッジホールディングス
 5月11日に令和4年9月期第2四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高89.8%減、
 営業利益83.3%減、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 7月1日にタイ特別捜査局が、Jトラストアジアによる
  Group Lease PCLおよび旧取締役に対する刑事告発を棄却とニュースがでていました。
 2022 年7月1日、当社グループの持分法適用関連会社である
 Group Lease PCLおよび同社の元取締役2名に対して、
 Jトラストアジアが行っていた刑事告発が棄却されたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 120?150円辺りも期待できるでしょう。

☆1382 (株)ホーブ
 5月6日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高7.1%減、
 営業利益76.2%増、経常利益72.8%増、
 四半期純利益55.2%増となっていました。
 6月29日に日本経済新聞電子版が
 「業務用イチゴ大手のホーブが事業の再構築を進めている」と報じた事もあり、
 3日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 ただ、株価が倍になっていますし、
 利確売りには注意が必要でしょう。

7月4日 下降トップ3銘柄
★7794 (株)イーディーピー
 6月27日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2023年通期の業績予想は2022年と比べ、売上高54.6%増、
 営業利益46.6%増、経常利益39.8%増、
 当期純利益29.7%増の予想でした。
 ここは6月27日に上場し、
 公開価格5000円の1.64倍となる8200円で初値をつけました。
 その後は12300円を超えていましたが、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2437 Shinwa Wise Holdings(株)
 4月13日に2022年5月期第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高14.6%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 外国人観光客の入国再会に期待され、
 株価右肩上がりに買われていました。
 6月22日にEdoverse Foundationが
 日本円で土地NFTを購入する方法を発表!とニュースがでていました。
 当社の100%子会社であるEdoverse株式会社がコンサルティングしている
 Edoverse Foundation(登記申請中)が、
 7月7日に販売する土地NFTの
 日本円で購入する場合の方法を、詳細に発表しましたとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 970円ほどだった株価が1820円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9552 (株)M&A総合研究所
 6月28日に東京証券取引所グロース市場への上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2022年通期の業績予想は前年と比べ、売上高125.7%増、
 営業利益125.7%増、経常利益123.4%増、
 当期純利益139.6%増の予想でした。
 ここは6月28日に上場し、
 公開価格1330円の1.88倍となる2510円で初値をつけました。
 その後は2740円を超えていましたが、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

7月1日 上昇トップ3銘柄
☆7093 アディッシュ(株)
 5月13日に2022年12月期 第1四半期決算短信のIRがでていました。
 前年同期と比べ、売上高6.2%増、
 営業利益14%減、経常利益22%減、
 四半期純利益14.3%減となっていました。
 6月30日にアディッシュ、TikTok公認MCNである
 総フォロワー数3000万人のstudio15と
 事業連携を開始のプレスリリースがでていました。
 デジタルエコノミー特化のカスタマーサクセスソリューション・プロバイダーである
 アディッシュ株式会社は、
 TikTok公認MCN(マルチチャンネルネットワーク)であり、
 TikTokを中心に短尺動画の企画・制作からプロモーションまでを
 ワンストップで提供している株式会社セレス100%子会社である
 studio15株式会社と、2022年6月30日より事業連携を開始するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3686 (株)ディー・エル・イー
 5月16日に2022年3月期 決算短信のIRと、
 株式の取得(子会社化)に関するお知らせのIR等がでていました。
 2022年通期の業績は前年と比べ、売上高46.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2023年通期の業績予想は売上高76.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 米国で「TikTok」の規制強化の動きが出ていることから、
 同社の出資先のTriller社のアプリが
 その代替需要の恩恵を受けるのではとの思惑から、
 ストップ高まで買われているのでしょう。
 「TikTok」の規制強化の動き次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆7375 (株)リファインバースグループ
 5月13日に2022年6月期 第3四半期決算短信のIRがでていました。
 第3四半期の業績は売上高27億4900万円、
 営業利益1億7300万円、経常利益1億3500万円、
 四半期純利益1億2400万円となっていました。
 5月30日に株式取得(子会社化) の基本合意に 関するお知らせのIRがでていました。
 株式会社コネクションの全株式を取得し、
 子会社化することに関する基本合意書を締結することを決議したとのことです。
 6月30日に豊田通商株式会社への
 エアバッグリサイクル技術のライセンス供与による海外展開ついてとPRがでていました。
 リファインバース株式会社は、
 豊田通商株式会社に対して、当社が独自開発した
 エアバッグリサイクル技術のベトナムにおけるライセンスを
 供与することに基本合意いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800?2000円辺りも期待できるでしょう。

7月1日 下降トップ3銘柄
★9793 (株)ダイセキ
 6月30日に2023年2月期第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでていました。
 第1四半期の業績は売上高2.0%減、
 営業利益0.6%増、経常利益4.3%、
 四半期純利益10.4%増となっていました。
 第2四半期と通期の業績予想修正していました。
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.5%減、
 営業利益8.6%減、経常利益8.5%減、
 四半期純利益9.2%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高3.2%減、
 営業利益2.8%減、経常利益2.8%減、
 当期純利益3.4%減と下方修正していました。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8018 三共生興(株)
 6月29日に自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIRがでていました。
 300万株を上限とし、18億5000万円(上限)で取得するとのことです。
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 6月30日に取得が終わったため、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8848 (株)レオパレス21
 6月29日に債務超過解消による猶予期間の解除に関するお知らせのIRがでていました。
 2022年3月期の有価証券報告書を関東財務局に提出した結果、
 同期において債務超過が解消されたことにより、
 株式会社東京証券取引所より猶予期間入り銘柄を解除されましたとのことで、
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2022/1
2022/2
2022/3
2022/4
2022/5
2022/6
2022/7
2022/8


Copyright ©2011-2022 まねきねこ。 All Rights Reserved.