投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
2月26日 上昇トップ3銘柄
☆3662 (株)エイチーム
 12月22日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
 当期純利益260.0%増と上方修正していました。
 2月26日にエイチーム、スマートデバイス向けゲーム
 『FINAL FANTASYZ THE FIRST SOLDIER』を
 スクウェア・エニックスと共同開発とIRニュースが出てました。
 株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による、
 グローバル市場を対象にしたスマートデバイス向けゲームアプリ
 『FINAL FANTASYZ THE FIRST SOLDIER』が本日発表されましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆3474 G-FACTORY(株)
 2月12日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高0.3%、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2021年通期の業績予想は売上高6.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 2月26日のお昼に【名代 宇奈とと】タイ・バンコクにて
 海外ライセンス店舗が4月上旬にOPEN予定とニュースがでてました。
 この度、国内16店舗、海外7店舗を展開し、
 一般的に高価なイメージのある鰻料理を
 備長炭で焼き上げてリーズナブルな価格で提供している
 鰻のファストフード店「名代 宇奈とと」の
 ライセンス店舗「名代 宇奈とと サイアムパラゴン店(Unatoto @ Siam Paragon)」が
 4月上旬、タイ・バンコクにOPENする予定とのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 550〜600円辺りも期待できるでしょう。

☆9271 (株)和心
 2月12日に2020年12月期決算短信のIRが出てました。
 2020年通期の業績は売上高12億8800万円、
 営業利益-9億9600万円、経常利益-9億9300万円、
 当期純利益-12億5500万円となっていました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 アフターコロナ関連との思惑から買われているようです。
 ただ、3日連続でストップ高まで買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

2月26日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 ワンアジア証券株式会社との
 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワンアジア証券株式会社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結するとの事です。
 これ等が評価され2日連続で大きく買われ、
 2日ほど横ばいでしたが、また大きく買われ本日も大きく買われています。
 株価が3倍以上になっていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3777 (株)FHTホールディングス
 11月12日に2020年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.4%減、
 営業利益の赤字幅は微増、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10円近くまで下がった株価が40円近くまで買われていた事もあり、
 緩やかに売られていました。
 現在、CAICA、アジア開発キャピタル等の低位株が買われており、
 ここも買われていました。
 2月25日の17時25分に第18回新株予約権
 (行使価額修正条項付)の大量行使に関するお知らせのIRがでており、
 株価が高かったことや、大量行使のIRで売られているのでしょう。

★3825 (株)リミックスポイント
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月15日に株式会社リミックスポイント 本社移転のお知らせがでてました。
 2021年8月下旬から本社を移転するとのことです。
 ビットコインが値上がりしていることや、
 本社移転が評価され前日に大きく買われ、
 100円ほどだった株価が260円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

2月25日 上昇トップ3銘柄
☆8918 (株)ランド
 1月7日に2021年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高83.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 現在、CAICA、アジア開発キャピタル等の低位株が買われており、
 本日はここが買われたのでしょう。
 大きく買われているだけにここから手をだすなら注意が必要でしょう。

☆3777 (株)FHTホールディングス
 11月12日に2020年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.4%減、
 営業利益の赤字幅は微増、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10円近くまで下がった株価が40円近くまで買われていた事もあり、
 緩やかに売られていました。
 現在、CAICA、アジア開発キャピタル等の低位株が買われており、
 本日はここも買われているのでしょう。
 ただ、2月25日の17時25分に第18回新株予約権
 (行使価額修正条項付)の大量行使に関するお知らせのIRがでており、
 これの評価次第では売られることも考えられますので、
 ここから手を出すなら、注意が必要でしょう。

☆7254 (株)ユニバンス
 2月9日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上29.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高6.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 日本電産<6594>の永守重信会長が、
 1月25日に開いたオンライン決算説明会で
 電気自動車(EV)用駆動モーター事業の拡大に向け
 「M&A(合併・買収)も積極的に実施する」と
 述べたことがきっかけとなり大きく買われていました。
 2月9日のIR後も買われ、
 本日はそれらが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

2月25日 下降トップ3銘柄
★7043 アルー(株)
 1月21日に通期業績予想の上方修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小へ上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 2月12日に2020年12月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高27.5%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2021年通期の業績予想は売上高24.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これ等が評価され700円ほどだった株価が1980円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7078 INCLUSIVE(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 個人課金ビジネス展開 -SNSメルマガ社買収について-のIR、
 第三者割当による新株式の発行及び
 SNSメールマガジン株式会社の株式取得
 (子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.1%減、
 営業利益84.8%減、経常利益80.1%減、
 四半期純利益82.4%減となっていました。
 第三者割当による新株式の発行を行うこと及び
 SNSメールマガジン株式会社の全株式を取得し、
 子会社とすることについて決議したとのことです。
 これが評価され1000ほどだった株価が4400円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3384 (株)アークコア
 1月8日に2021年2月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20億3000万円、
 営業利益3000万円、経常利益3300万円、
 四半期純利益2200万円となっていました。
 本日は優待の落ち日で売られているのでしょう。
 ただ、売られすぎていますので、
 売りが落ち着けば多少の反発も期待できるでしょう。

2月24日 上昇トップ3銘柄
☆6628 オンキヨーホームエンターテイメント(株)
 2月19日の9時に主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 EVO FUNDが保有割合を13.53から9.68%へ減らしていたことで、
 大きく売られていました。
 本日は低位株が買われていることもあり、ここも大きく買われています。
 ただ、大きく買われているだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 ワンアジア証券株式会社との
 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワンアジア証券株式会社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結するとの事です。
 これ等が評価され2日連続で大きく買われ、
 2日ほど横ばいでしたが、また大きく買われ本日も大きく買われています。
 株価が3倍以上になっていますので、
 ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

☆2656 (株)ベクター
 1月22日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高8億4900万円、営業利益-8600万円、
 経常利益-7600万円、当期純利益-7700万円の予想でした。
 2月16日に月額固定料金0円の電子署名サービス
 「みんなの電子署名」提供開始のお知らせがでてました。
 月額固定料金0円、文書送信料金0円で、
 手軽に導入できる電子署名サービス
 「みんなの電子署名」の提供を2月16日(火)より開始いたしますとのことで、
 これが評価され5日連続でストップ高まで買われています。
 最初の株価の3倍になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

2月24日 下降トップ3銘柄
★2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ88円を付けていました。
 2日ほど利確売りに押されれていましたが、
 また買われていましたが、現在は利確売りに押されています。
 乱高下しているだけに手を出すなら注意が必要でしょう。

★6699 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(株)
 2月12日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.3%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高4.5%増、
 営業利益293.9%増、経常利益は大幅増、
 当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 これが評価され2000円ほどだった株価が4800円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4477 BASE(株)
 2月10日に2020年12月期決算短信のIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高115.3%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2021年通期の牛業績予想は2020年と比べ、売上高17.6%〜27.1%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 ただ、このIRと共に、岩手銀行と業務提携のプレスリリースも出しており、
 IRの翌日から買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月22日 上昇トップ3銘柄
☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 ワンアジア証券株式会社との
 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワンアジア証券株式会社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結するとの事です。
 これ等が評価され2日連続で大きく買われ、
 2日ほど横ばいでしたが、また大きく買われています。
 20円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆7068 (株)フィードフォース
 2月19日に連結業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 持株会社体制への移行の検討開始に関するお知らせのIRがでてました。
 会社分割を行い、持株会社体制へ移行するとのことです。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益23.2%増、経常利益30.3%増、
 当期純利益31.1%増と上方修正していました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆9399 ビート・ホールディングス・リミテッド
 2月12日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高52.7%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高127.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換の予想でした。
 2月18日に第三者割当による行使価額修正条項付新株予約権の
 大量行使に関するお知らせのIRがでてました。
 1万2282個の新株予約権が行使されたとのことです。
 低位株が買われていることや、
 行使が進んでいる事で右肩上がりに買われています。
 120〜150円辺りも期待できるでしょう。

2月22日 下降トップ3銘柄
★6347 (株)プラコー
 2月10日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高17.3%減、
 営業利益78.9%増、経常利益79.8%増、
 四半期純利益81.4%減となっていました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高26億7000万円、営業利益1億4000万円、
 経常利益1億4000万円、当期純利益8000万円の予想でした。
 配当予想を修正しており、
 前年と比べ、5円減配の10円の予想でした。
 前日の日経平均の下げであまり下がらなかったこともあり、
 本日は大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9663 (株)ナガワ
 1月25日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益25.1%増、経常利益25.4%増、
 四半期純利益31.8%増となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.1%増、
 営業利益25.0%増、経常利益23.7%増、
 当期純利益20.0%増と上方修正していました。
 これが評価され10000円ほどだった株価が12300円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★5273 三谷セキサン(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期 決算短信のIRと、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高7.0%減、
 営業利益3.8%減、経常利益2.3%減、
 四半期純利益1.8%減となっていました。
 さらに配当予想を修正しており、
 前回予想と比べ、9円増配の26.5円の予想でした。
 これが評価され右肩上がりに買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月19日 上昇トップ3銘柄
☆2656 (株)ベクター
 1月22日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高8億4900万円、営業利益-8600万円、
 経常利益-7600万円、当期純利益-7700万円の予想でした。
 2月16日に月額固定料金0円の電子署名サービス
 「みんなの電子署名」提供開始のお知らせがでてました。
 月額固定料金0円、文書送信料金0円で、
 手軽に導入できる電子署名サービス
 「みんなの電子署名」の提供を2月16日(火)より開始いたしますとのことで、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 300円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ88円を付けていました。
 2日ほど利確売りに押されれていましたが、
 また買われだしたのでしょう。
 乱高下しているだけに手を出すなら注意が必要でしょう。

☆7078 INCLUSIVE(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 個人課金ビジネス展開 -SNSメルマガ社買収について-のIR、
 第三者割当による新株式の発行及び
 SNSメールマガジン株式会社の株式取得
 (子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.1%減、
 営業利益84.8%減、経常利益80.1%減、
 四半期純利益82.4%減となっていました。
 第三者割当による新株式の発行を行うこと及び
 SNSメールマガジン株式会社の全株式を取得し、
 子会社とすることについて決議したとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 前日も大きく買われ、本日もストップ高まで買われています。
 3300円辺りも期待できるでしょう。
 ただ、3300円を超えられなかった場合は注意が必要でしょう。

2月19日 下降トップ3銘柄
★3825 (株)リミックスポイント
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月15日に株式会社リミックスポイント 本社移転のお知らせがでてました。
 2021年8月下旬から本社を移転するとのことです。
 ビットコインが値上がりしていることや、
 本社移転が評価され前日に大きく買われ、
 100円ほどだった株価が240円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4936 (株)アクシージア
 2月18日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2021年通期の業績予想は前年と比べ、売上高20.5%増、
 営業利益19.3%増、経常利益21.6%増、
 当期純利益23.2%増の予想でした。
 ここは2月18日に上場し、
 公開価格1450円の1.4倍となる2051円で初値をつけました。
 その後は2400円を超えていましたが、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6628 オンキヨーホームエンターテイメント(株)
 2月19日の9時に主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 EVO FUNDが保有割合を13.53から9.68%へ減らしていたことで、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらく手を出さないほうが良いでしょう。

2月18日 上昇トップ3銘柄
☆7078 INCLUSIVE(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 個人課金ビジネス展開 -SNSメルマガ社買収について-のIR、
 第三者割当による新株式の発行及び
 SNSメールマガジン株式会社の株式取得
 (子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.1%減、
 営業利益84.8%減、経常利益80.1%減、
 四半期純利益82.4%減となっていました。
 第三者割当による新株式の発行を行うこと及び
 SNSメールマガジン株式会社の全株式を取得し、
 子会社とすることについて決議したとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ、3300円手前から売られていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7992 セーラー万年筆(株)
 10月30日に2020 年12 月期第3四半期決算短信IRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高13.8%減、
 営業利益、経常利益。四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 NHKが15日、アメリカの製薬大手・ファイザーが開発した
 新型コロナウイルスのワクチンについて、
 1つの容器で想定していた6回の接種が、
 用意した注射器では5回しか接種できないことが明らかになり、
 ニプロ<8086>が6回の接種ができる
 特殊な注射器の増産に向けて体制の整備を急いでいると報じたことで、
 ニプロの注射器の製造について、
 セーラー万年筆の射出成形自動取出ロボットが
 使われているのではとの思惑から2日連続で大きく買われています。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆2656 (株)ベクター
 1月22日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高8億4900万円、営業利益-8600万円、
 経常利益-7600万円、当期純利益-7700万円の予想でした。
 2月16日に月額固定料金0円の電子署名サービス
 「みんなの電子署名」提供開始のお知らせがでてました。
 月額固定料金0円、文書送信料金0円で、
 手軽に導入できる電子署名サービス
 「みんなの電子署名」の提供を2月16日(火)より開始いたしますとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 300円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

2月18日 下降トップ3銘柄
★2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われ88円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6613 (株)QDレーザ
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 第3四半期の業績は売上高6億500万円、
 営業利益-4億9300万円、経常利益-5億3700万円、
 四半期純利益-6億9900万円となっていました。
 ここは2月5日に上場し、
 公開価格340円の2.3倍となる797円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われており、
 第3四半期の業績も出た事でさらに買われ2000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2330 (株)フォーサイド
 2月12日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益の赤字幅は微増、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高4.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 ビットコインの値段が上がっていることから、
 仮想通貨マイニング事業を営んでいるここが買われているようで、
 100円ほどだった株価が140円近くまで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月17日 上昇トップ3銘柄
☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 ワンアジア証券株式会社との
 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワンアジア証券株式会社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結するとの事です。
 これ等が評価され2日連続で大きく買われているのでしょう。
 ただ、18円を付けた後売られていることから、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2656 (株)ベクター
 1月22日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高8億4900万円、営業利益-8600万円、
 経常利益-7600万円、当期純利益-7700万円の予想でした。
 2月16日に月額固定料金0円の電子署名サービス
 「みんなの電子署名」提供開始のお知らせがでてました。
 月額固定料金0円、文書送信料金0円で、
 手軽に導入できる電子署名サービス
 「みんなの電子署名」の提供を2月16日(火)より開始いたしますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆3825 (株)リミックスポイント
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月15日に株式会社リミックスポイント 本社移転のお知らせがでてました。
 2021年8月下旬から本社を移転するとのことです。
 ビットコインが値上がりしていることや、
 本社移転が評価され前日に大きく買われ、
 本日はストップ高まで買われています。
 150円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

2月17日 下降トップ3銘柄
★2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4169 ENECHANGE(株)
 ここは12月23日に上場し、
 公開価格600円の4倍となる2400円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 6700円を超えていました。
 2月12日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高35.1%増、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高34.3%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の予想はでていませんでした。
 これが評価され15日、16日に買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★5008 東亜石油(株)
 2月16日に2021年3月期配当予想の修正に関するお知らせのIRと、
 当社親会社である出光興産株式会社による
 当社株式に対する公開買付けの結果に関するお知らせのIRがでてました。
 2021年通期の配当予想を修正しており、
 0円だった配当予想が40円となっていました。
 親会社である出光興産株式会社による公開買付けの結果を発表しており、
 応募株券等の総数が買付予定数の下限(205万8875株)に満たなかったため、
 応募株券等の全部の買付け等を行いませんとのことで、
 TOBが失敗したようです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。

2月16日 上昇トップ3銘柄
☆3825 (株)リミックスポイント
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月15日に株式会社リミックスポイント 本社移転のお知らせがでてました。
 2021年8月下旬から本社を移転するとのことです。
 ビットコインが値上がりしていることや、
 本社移転が評価され大きく買われているのでしょう。
 150円以上も期待できるでしょう。

☆7078 INCLUSIVE(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 個人課金ビジネス展開 -SNSメルマガ社買収について-のIR、
 第三者割当による新株式の発行及び
 SNSメールマガジン株式会社の株式取得
 (子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.1%減、
 営業利益84.8%減、経常利益80.1%減、
 四半期純利益82.4%減となっていました。
 第三者割当による新株式の発行を行うこと及び
 SNSメールマガジン株式会社の全株式を取得し、
 子会社とすることについて決議したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500〜1800円辺りも期待できるでしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 ワンアジア証券株式会社との
 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高27.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワンアジア証券株式会社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結するとの事です。
 これ等が評価され買われているのでしょう。
 12〜15円辺りも期待できるでしょう。

2月16日 下降トップ3銘柄
★6619 ダブル・スコープ(株)
 2月15日に2020年12月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高40.3%増、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高51.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6721 ウインテスト(株)
 2月15日に2020年12月期 決算短信のIRと、
 業外収益の計上および為替差損の計上並びに
 2020年12月期通期業績予想と
 実績の差異に関するお知らせのIRがでてました。
 2020年通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高1.2%増、
 営業利益5.7%増、経常利益35.1%増、
 当期純利益29.2%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は売上高21億3900万円、
 営業利益1億2200万円、経常利益1億2200万円、
 当期純利益9700万円の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7918 (株)ヴィア・ホールディングス
 2月15日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 事業再生ADR手続きに関するお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高49.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 事業再生ADR手続を利用してお取引金融機関の合意のもとで、
 今後の事業再生に向けた強固な収益体質の確立と
 財務体質の抜本的な改善を目指すとのことです。
 これらが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月15日 上昇トップ3銘柄
☆8789 フィンテック グローバル(株)
 2月9日に2021年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.6%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月1日から東証2部へ上場市場変更していることや、
 第1四半期が評価され右肩上がりに買われているのでしょう。
 ただ、本日は大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6613 (株)QDレーザ
 2月12日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 第3四半期の業績は売上高6億500万円、
 営業利益-4億9300万円、経常利益-5億3700万円、
 四半期純利益-6億9900万円となっていました。
 ここは2月5日に上場し、
 公開価格340円の2.3倍となる797円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われており、
 第3四半期の業績も出た事でさらに買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われています。
 ただ、乱高下しているだけに、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

2月15日 下降トップ3銘柄
★3674 (株)オークファン
 2月12日に2021年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高88.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 通期への進捗率はかなり良いものの、
 業績の上方修正が出ていないことから売られているようです。
 機関投資家が12日に売っており、
 決算に関わらず売られていた可能性もあります。
 ただ業績は良いですので、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★6067 インパクトホールディングス(株)
 2月12日に2020年12月期決算短信のIRと、
 2020年12月期通期連結業績の予想値及び
 前期実績との差異に関するお知らせのIR、
 (連結)持分法による投資損失及び
 (個別)関係会社株式評価損の計上に関するお知らせがでてました。
 通期の業績は前年と比べ、売上高40.0%増、
 営業利益100.2%増、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 インドのコンビニエンスストアで、
 共同出資パートナー企業に問題有りだったとのことで、
 ACELへの貸付に流用されたCDCSPLへの出資金1675百万円については、
 故シッダールタ会長の妻であり現在CDELの取締役であるマラヴィカ氏と、
 その長男であるアマルティア氏に対して速やかに返済するよう交渉し、
 複数のパートナー候補とコンタクトを取っているとのことです。
 今後は、新型コロナウィルス感染拡大が収束するまでの当面の間は、
 コンビニエンスストアへの業態転換に係る投資を控え、
 業態転換前のコーヒー豆販売事業の継続による
 資金繰りの改善及び既存のコンビニエンスストアの収益改善を通じて黒字化を図り、
 一刻も早くMACEL及びCDGLへの貸付債権を回収することで
 新規出店に必要な資金を確保し、
 新しいパートナー企業の協力のもと
 コンビニエンスストア事業の収益改善と拡大を図る所存ですとのことです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4930 (株)グラフィコ
 2月12日に2021年6月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高22億2100万円、
 営業利益2億4500万円、経常利益2億2000万円、
 四半期純利益1億4200万円となっていました。
 通期の業績も上方修正しているものの、
 控えめな上方修正なこともあり、
 ストップ安まで売られているようです。
 ただ、そこまで売られる決算でもない事から、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

2月12日 上昇トップ3銘柄
☆2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われています。
 ただ、乱高下しているだけに、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

☆2138 クルーズ(株)
 2月9日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆5644 メタルアート
 2月12日の13時半に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高18.3%減、
 営業利益9.3%増、経常利益37.7%増、
 四半期純利益34.1%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

2月12日 下降トップ3銘柄
★3776 (株)ブロードバンドタワー
 2月10日に2020年12月期 決算短信のIRと、
 特別損失の計上及び
 通期業績予想と実績との差異に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高0.1%減、
 営業利益249.9%増、経常利益278.8%増、
 当期純利益1041.7%増と良いものでした。
 2021年の業績予想は2020年と比べ、売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6579 ログリー(株)
 2月10日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高63.5%増、
 営業利益174.3%増、経常利益174.2%増、
 当期純利益162.9%増と良いものでした。
 ただ第1四半期、第2四半期と良かっただけに、
 四半期減益となりストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★7076 名南M&A(株)
 2月10日に2021年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高18.4%減、
 営業利益89.0%減、経常利益97.6%減、
 四半期純利益98.6%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月10日 上昇トップ3銘柄
☆9707 (株)ユニマット リタイアメント・コミュニティ
 2月9日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 株式会社ユニマットライフによる当社株式に対する
 公開買付けに係る賛同及び応募推奨に関するお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益42.9%減、経常利益48.7%減、
 四半期純利益79.8%減となっていました。
 株式会社ユニマットライフによる
 当社普通株式に対する公開買付けに関して、
 本公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、
 当社の株主の皆様に対して
 本公開買付けへの応募を推奨することを決議いたしましたとのことです。
 公開買付価格1400円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

☆4595 (株)ミズホメディー
 2月10日の12時に2020年12月期 決算短信のIRと、
 2020年12月期通期業績予想値と実績値との差異及び
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 2020年通期の業績は予想値と実績値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高1.2%減、
 営業利益76.9%増、経常利益77.1%増、
 当期純利益84.7%増と良いものでした。
 さらに期末の配当を修正しており、
 前回予想より、4円増配し10円の予想でした。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高80.6%増、
 営業利益394.5%、経常利益396.2%増、
 当期純利益392.6%増の予想でした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2200円以上も期待できるでしょう。

☆6899 ASTI(株)
 2月9日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.2%減、
 営業利益75.0%、経常利益66.6%、
 四半期純利益81.4%減となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.0%増、
 営業利益は変わらず、経常利益800%増、
 当期純利益は変わらずの予想でした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円以上も期待できるでしょう。

2月10日 下降トップ3銘柄
★6731 (株)ピクセラ
 11月13日に2020年9月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高26.4%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高72.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 2月9日にビジネス用途向けに仕様をカスタマイズした
 BIZmode搭載4Kチューナー内蔵液晶テレビを
 第49回国際ホテル・レストランショーに出展とプレスリリースがでてました。
 2021年2月16日(火)から19日(金)まで、
 東京ビッグサイトで開催される
 「第49回国際ホテル・レストランショー(ホテレス)」の
 株式会社ナバック ブースに、
 ビジネス向け4Kチューナー内蔵液晶テレビ(BIZmode)と
 スマホで操作を可能にしたデジタルサイネージ(参考出展)の
 デモ展示を行うとのことです。
 前日に低位株が買われており、
 ここも買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★1491 中外鉱業(株)
 2月10日の14時半に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高44.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 前日に低位株が買われていた事もあり、
 ここも大きく買われていました。
 決算が出た事もあり、利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4495 (株)アイキューブドシステムズ
 2月9日に2021年6月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高9億3600万円、
 営業利益2億5700万円、経常利益2億4700万円、
 四半期純利益1億7100万円となっていました。
 決算は悪くないものの、
 材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月9日 上昇トップ3銘柄
☆6731 (株)ピクセラ
 11月13日に2020年9月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高26.4%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高72.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 2月9日にビジネス用途向けに仕様をカスタマイズした
 BIZmode搭載4Kチューナー内蔵液晶テレビを
 第49回国際ホテル・レストランショーに出展とプレスリリースがでてました。
 2021年2月16日(火)から19日(金)まで、
 東京ビッグサイトで開催される
 「第49回国際ホテル・レストランショー(ホテレス)」の
 株式会社ナバック ブースに、
 ビジネス向け4Kチューナー内蔵液晶テレビ(BIZmode)と
 スマホで操作を可能にしたデジタルサイネージ(参考出展)の
 デモ展示を行うとのことです。
 本日は低位株が買われており、
 ここも買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 11月16日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高50.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月3日に連結子会社に対する
 債権の株式化(デット・エクイティ・スワップ)の
 実施に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるアジアビジネスファイナンス株式会社に対する
 貸付債権について、デット・エクイティ・スワップを
 実施することを決議いたしましたとのことです。
 本日は低位株が買われており、
 ここも買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3408 サカイオーベックス(株)
 2月9日にサカイ繊維株式会社による
 サカイオーベックス株式会社株式等に対する
 公開買付けの開始に関するお知らせのIRと、
 MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせのIR等がでてました。
 サカイ繊維株式会社が公開買付を開始するとのことです。
 公開買付価格2850円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

2月9日 下降トップ3銘柄
★2160 (株)ジーエヌアイグループ
 11月13日に2020年12月期 第3四半期3決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上収益30.4%増、
 営業利益30.6%増、税引前利益44.8%増、
 営業利益21.9%増となっていました。
 2月9日の14時半辺りに第三者割当による
 第46回、第47回(行使価額修正条件付)及び
 第48回新株予約権の発行に関するお知らせのIRが出ており、
 46回、47回、48回合わせて、
 4万2407個の新株予約権を発行するとのことです。
 これにより、潜在株式数が424万700株増加するので、
 これが原因で急落しています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3131 シンデン・ハイテックス(株)
 2月8日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.1%増、
 営業利益53.8%増、経常利益233.4%増、
 四半期純利益254.8%増となっていました。
 決算は悪くないものの、材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3902 メディカル・データ・ビジョン(株)
 2月8日に2020年12月期 決算短信のIRと、
 剰余金の配当(増配)に関するお知らせのIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高13.7%増、
 営業利益41.6%増、経常利益42.7%増、
 当期純利益26.3%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は17.9%増、
 営業利益4.7%増、経常利益4.5%増、
 当期純利益14.2%増の予想でした。
 配当予想を修正しており、3円だった配当を0.6円増配し、
 3.6円の予想となっていました。
 来期予想が控えめな事で売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月8日 上昇トップ3銘柄
☆6803 ティアック(株)
 2月8日の12時に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上収益1.4%減、
 営業利益、税引前利益、四半期利益は黒字転換していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上収益は変わらず、
 営業利益60.0%増、税引前利益166.7%増、
 当期利益200.0%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円以上も期待できるでしょう。

☆4972 綜研化学(株)
 2月5日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益48.6%増、経常利益60.8%増、
 四半期純利益58.0%増となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.0%増、
 営業利益29.4%増、経常利益28.0%増、
 当期純利益26.3%増と上方修正していました。
 さらに通期の配当予想を修正しており、
 前回予想と比べ、20円増配し、75円の予想になっていました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

☆3914 JIG-SAW(株)
 2月5日に2020年12月期 決算短信のIRと、
 2020年12月期連結業績の前年同期実績との差異に関するお知らせのIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益0.4%減、経常利益26.5%減、
 当期純利益26.8%減となっていました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 売上高が前年同期比22.0%増となっており、
 それが評価されストップ高まで買われているようです。
 18000〜20000円辺りも期待できるでしょう。

2月8日 下降トップ3銘柄
★3998 (株)すららネット
 2月5日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高44.5%増、
 営業利益738.0%増、経常利益734.6%増、
 当期純利益764.2%増と良いものでした。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高16.4%増、
 営業利益40.1%減、経常利益34.3%減、
 当期純利益36.8%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 11月16日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高50.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月3日に連結子会社に対する
 債権の株式化(デット・エクイティ・スワップ)の
 実施に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるアジアビジネスファイナンス株式会社に対する
 貸付債権について、デット・エクイティ・スワップを
 実施することを決議いたしましたとのことです。
 ここは現在6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★5816 オーナンバ(株)
 2月5日に2020年12月期決算短信のIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高12.2%減、
 営業利益10.9%減、経常利益12.1%増、
 当期純利益3.7%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高5.1%増、
 営業利益11.6%増、経常利益13.5%減、
 当期純利益14.4%増の予想でした。
 通期の決算に期待され買われていただけに、
 利確売りに押されているのでしょう。

2月5日 上昇トップ3銘柄
☆3370 (株)フジタコーポレーション
 11月13日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 2月4日に第三者割当により発行された
 第4回新株予約権(行使価額修正条項付)の
 大量行使に関するお知らせのIRがでてました。
 EVO FUNDを割当先とする第4回新株予約権が大量行使されたとのことです。
 本日はこの行使や、第3四半期への期待から買われているのでしょう。
 後場終了後に行使完了のIRもでていますので、
 それが漏れていた可能性もあります。

☆4582 シンバイオ製薬(株)
 1月12日にトレアキシン液剤「RTD製剤」発売のお知らせのIRがでてました。
 トレアキシン点滴静注液100mg/4mLを、
 本日より発売するとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 400円ほどだった株価が890円を超えていました。
 2月4日に2020年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高5.3%、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高206.4%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円以上も期待できるでしょう。

☆5741 (株)UACJ
 2月4日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.0%減、
 営業利益45.4%減、
 経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.8%増、
 営業利益128.5%増、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅も縮小予想でした。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

2月5日 下降トップ3銘柄
★6240 ヤマシンフィルタ(株)
 2月4日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.2%増、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益11.3%増となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益96.9%減、経常利益95.3%減、
 当期純利益63.0%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4120 スガイ化学工業(株)
 2月4日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益57.9%増、経常利益45.7%増、
 四半期純利益28.6%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6590 芝浦メカトロニクス(株)
 2月4日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.1%減、
 営業利益33.4%減、経常利益34.1%減、
 四半期純利益34.8%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月4日 上昇トップ3銘柄
☆7527 (株)システムソフト
 2月3日に通期連結業績予想の修正及び
 個別業績予想に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前年同期と比べ、売上高32.2%増、
 営業利益93.3%増、経常利益150.0%増、
 当期純利益233.3%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 150円辺りも期待できるでしょう。

☆6797 名古屋電機工業(株)
 2月2日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期連結業績予想及び
 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高18.1%増、
 営業利益は大幅増、経常利益774.7%増、
 四半期純利益628.3%増と良いものでした。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益158.0%増、経常利益146.3%増、
 当期純利益124.7%増と上方修正していました。
 さらに25円だった通期の配当予想を25円増配し、
 50円に変更していました。
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 2000円も超えましたしさらなる高値も期待できるでしょう。

☆9271 (株)和心
 11月13日に2020年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高55.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 1月28日に連結決算移行と子会社の増資に関するお知らせのIRがでてました。
 第4四半期より、連結決算に移行するとのことです。
 連結子会社のマイグレ株式会社が第三者割当増資を行いましたとのことです。
 これが遅れて評価されたのか、
 特に材料なくストップ高まで買われています。
 材料が不明なだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

2月4日 下降トップ3銘柄
★7863 (株)平賀
 11月13日に2021年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.7%、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 重田光時氏が保有割合を増やしたことにより、
 思惑から買われているようで、
 400円ほどだった株価が右肩上がりに買われ
 1330円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 11月16日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高50.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月3日に連結子会社に対する
 債権の株式化(デット・エクイティ・スワップ)の
 実施に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるアジアビジネスファイナンス株式会社に対する
 貸付債権について、デット・エクイティ・スワップを
 実施することを決議いたしましたとのことです。
 ここは現在6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★3633 GMOペパボ(株)
 2月3日に2020年12月期決算短信のIRと、
 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高23.2%増、
 営業利益18.3%増、経常利益17.7%増、
 当期純利益52.9%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益20.2%増、経常利益14.6%増、
 当期純利益4.2%減の予想でした。
 決算への期待から前日、前々日と買われていた事もあり、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月3日 上昇トップ3銘柄
☆7863 (株)平賀
 11月13日に2021年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.7%、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 重田光時氏が保有割合を増やしたことにより、
 思惑から買われているようで、
 400円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 1000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆8186 (株)大塚家具
 12月10日に2021年4月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高125億7400万円、
 営業利益-13億4800万円、経常利益-14億5900万円、
 四半期純利益-15億4400万円となっていました。
 3日付の日本経済新聞朝刊記事で、
 ヤマダホールディングス<9831>が
 1000億円投じて郊外や地方で
 家電や家具を扱う大型店を大量出店すると報じたことから、
 思惑買いが入っており、ストップ高まで買われています。
 250〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆6797 名古屋電機工業(株)
 2月2日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期連結業績予想及び
 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高18.1%増、
 営業利益は大幅増、経常利益774.7%増、
 四半期純利益628.3%増と良いものでした。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益158.0%増、経常利益146.3%増、
 当期純利益124.7%増と上方修正していました。
 さらに25円だった通期の配当予想を25円増配し、
 50円に変更していました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

2月3日 下降トップ3銘柄
★6907 ジオマテック(株)
 11月19日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 1月25日に三井金属鉱業株式会社と共創・協働で量産体制を整えている
 次世代半導体チップ実装用特殊ガラスキャリア
 「HRDP」の量産出荷開始に関するお知らせが出ていました。
 国内の複合チップモジュールデバイスメーカー向けに
 「HRDP」の量産出荷が始まったとのことで、
 これが評価され4連続で大きく買われており、
 500円ほどだった株価が、1570円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4080 (株)田中化学研究所
 2月2日に住友化学株式会社の2021年3月期第3四半期決算説明における
 当社ライセンス収益計上の言及に関するお知らせのIRがでてました。
 親会社である住友化学株式会社が
 1月29日に開催した2021年3月期第3四半期の
 決算説明の質疑応答において、
 第3四半期間(2020年10月〜12月)に
 当社に関連するライセンス収益計上があったとの説明がありました。
 当社においては、既に開示させていただいているとおり、
 第2四半期間(2020年7〜9月)に
 ノースボルト社との前駆体製造技術支援契約
 (2019年10月15日契約締結)に基づくラインセンス及び
 技術支援の進捗に応じた売上高として10億円を計上しておりますが、
 第3四半期間においては技術支援料の計上はございません。とのことで、
 これが原因で売られているのでしょう。
 ただ、EV関連として前日に買われていただけに、
 EV関連銘柄が下落する流れから売られている可能性もあります。

★8056 日本ユニシス(株)
 2月2日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.6%減、
 営業利益1.6%減、経常利益5.9%減、
 四半期純利益8.4%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月2日 上昇トップ3銘柄
☆2315 (株)CAICA
 1月29日にファンドの設立および
 出資(子会社の異動)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式(上場、未上場)、社債(上場、未上場)等への投資を行う
 CK戦略投資事業有限責任組合の設立および
 出資を決議いたしましたとのことです。
 これが評価され2日連続で大きく買われています。
 35円辺りも期待できるでしょう。

☆4098 チタン工業(株)
 11月13日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高34.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 日経ビジネス電子版が2日に
 アップルEV向けの電池を生産するメーカーの候補に
 東芝<6502>が浮上していると報じたことで、
 東芝と共同でリチウムイオン2次電池向けの
 チタン酸リチウム事業で共同出資会社を設立している
 チタン工業に思惑買いが入っているようです。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆3261 (株)グランディーズ
 12月25日に2020年12月期 連結業績予想の
 修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.0%増、
 営業利益30.0%増、経常利益30.0%増、
 当期純利益14.3%増と上方修正していました。
 本日は特に材料なく買われているようです。
 ただ、業績予想は上方修正していますし、
 通期への期待から買われている可能性もあります。
 500円辺りも期待できるでしょう。

2月2日 下降トップ3銘柄
★8699 澤田ホールディングス(株)
 1月26日に2021年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.5%減、
 営業利益18.9%減、経常利益22.6%減、
 四半期純利益51.6%減となっていました。
 2月1日にモンゴル銀行法の改正に関する法案可決に関するお知らせのIRがでてました。
 モンゴルにて銀行法の改正に関する法案、
 銀行法改正法の遵守に関する規制法案が承認可決されたとのことです。
 この法案は銀行の株式の集中を減らし、
 銀行監督の独立性を高めることを主な目的として、
 1人の株主である個人および法人は、
 単独で、または関連当事者とともに、
 銀行の発行済株式総数の20%を超えて、
 銀行の株式を保有することが禁止されるとのことで、
 これにより、ハーン銀行が連結から外れるのでは?との
 思惑から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9090 (株)丸和運輸機関
 2月1日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRが出てました。
 前年同期と比べ、売上高14.4%増、
 営業利益21.0%増、経常利益19.8%増、
 四半期純利益20.1%増と良いものでした。
 本日は材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 ただ業績は良く、通期への進捗率も良い事から、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★7461 (株)キムラ
 2月1日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%増、
 営業利益27.4%増、経常利益26.8%増、
 当期純利益23.0%増と良いものでした。
 業績は良いものの、
 前日に大きく買われていたこともあり、
 材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月1日 上昇トップ3銘柄
☆3956 国際チャート(株)
 1月29日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.6%減、
 営業利益19.0%増、経常利益30.4%増、
 四半期純利益32.6%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4389 プロパティデータバンク(株)
 1月29日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高19.0%増、
 営業利益92.5%増、経常利益92.0%増、
 四半期純利益99.9%増と良いものでした。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.3%増、
 営業利益24.7%増、経常利益25.8%増、
 当期純利益25.8%増と上方修正していました。
 さらに通期の配当予想を修正しており、
 前回予想と比べ、2円増配し11円となっていました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円以上も期待できるでしょう。

☆7863 (株)平賀
 11月13日に2021年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.7%、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 重田光時氏が保有割合を増やしたことにより、
 思惑から買われているようで、
 400円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

2月1日 下降トップ3銘柄
★6907 ジオマテック(株)
 11月19日に2021年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 1月25日に三井金属鉱業株式会社と共創・協働で量産体制を整えている
 次世代半導体チップ実装用特殊ガラスキャリア
 「HRDP」の量産出荷開始に関するお知らせが出ていました。
 国内の複合チップモジュールデバイスメーカー向けに
 「HRDP」の量産出荷が始まったとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ前々日も大きく買われており、
 前日はストップ高まで買われており、1570円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8143 (株)ラピーヌ
 1月14日に2021年2月期第3四半期報告書の
 提出期限延長に係る承認申請書提出のお知らせのIRがでてました。
 第3四半期報告書の提出を2月5日まで延期するとのことです。
 本日はフリージア・マクロスが日邦産業株に対し
 TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことにより、
 同じくフリージア・マクロスが
 32.5%の株式を保有しているラピーヌに
 思惑買いが入ったようで2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3542 (株)ベガコーポレーション
 1月29日に2021年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期 配当予想の修正(初配)に関するお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高44.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 さらに0円だった配当予想を修正しており、
 10円の初配を行うとのことです。
 業績は良いものの、第2四半期が良かったため、
 四半期減益となり、それが原因で大きく売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2021/1
2021/2
2021/3
2021/4
2021/5
2021/6
2021/7


Copyright ©2011-2021 まねきねこ。 All Rights Reserved.