投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
8月31日 上昇トップ3銘柄
☆6029 アトラ(株)
 8月28日に特別利益の計上及び
 連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 投資有価証券売却益6300万円を計上するとのことで、
 通期の業績予想を修正していました。
 売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
 当期純利益484.6%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益113.8%増、経常利益127.4%増、
 四半期純利益3.2%減となっていました。
 さらに未定だった配当予想を発表しており、
 中間配当8円、期末配当8円の予想でした。
 8月19日に最新鋭エンジンUEC42LSH型機関を連続受注と
 プレスリリースがでていました。
 現在開発の最終段階にある最新鋭エンジン
 6UEC42LSH-Eco-D3/6UEC42LSH-Eco-D3-EGR型機関を、
 国内造船所ご建造のハンディサイズバルクキャリア、
 中小型ケミカル船向け主機として、
 初号機から連続して6台受注いたしましたとのことで、
 これが評価され5日連続でストップ高まで買われていました。
 前日、前々日は利確売りに押されていましたが、
 引き続き買われだしたのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆9425 日本テレホン(株)
 6月12日に2020年4月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高18.7%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 安倍晋三首相辞任に伴う自由民主党の次期総裁選挙に、
 菅義偉官房長官が出馬の意向を固めたと伝わっており、
 これにより、携帯通信料金引き下げへの思惑からストップ高まで買われています。
 450〜500円辺りも期待できるでしょう。

8月31日 下降トップ3銘柄
★7707 プレシジョン・システム・サイエンス(株)
 8月28日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 2020年6月期の連結業績予想と実績の差異に関するお知らせのIR等がでてました。
 令和2年通期の業績は予想値と実績値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高10.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 令和3年通期の業績予想は令和2年と比べ、売上高52.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★1730 麻生フオームクリート(株)
 8月3日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.3%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は0になっていました。
 安倍総理が辞任したことで、
 次の総理が麻生財務相ではとの思惑から、
 前日にストップ高まで買われていました。
 本日は麻生財務相が総裁選に出馬しない方針と伝わったことで、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★2721 (株)ジェイホールディングス
 6月16日に債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
 2019年12月期において債務超過となったことから、
 本日の株式会社東京証券取引所の発表の通り、
 有価証券上場規程第604条の2第1項第3号の規定に基づき、
 上場廃止にかかる猶予期間入り銘柄となりましたとのことです。
 これが原因で大きく売られていました。
 8月27日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高122.6%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月28日 上昇トップ3銘柄
☆3326 (株)ランシステム
 8月14日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高16.0%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 8月25日に複合カフェ「自遊空間」のランシステム、
 テレワーク推進企業へ向けた リモートデスクトップソリューション
 「ConnectWise Control Access」の販売を開始とPRがでてました。
 これが評価され3日連続ストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ、株価が倍以上になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2721 (株)ジェイホールディングス
 6月16日に債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
 2019年12月期において債務超過となったことから、
 本日の株式会社東京証券取引所の発表の通り、
 有価証券上場規程第604条の2第1項第3号の規定に基づき、
 上場廃止にかかる猶予期間入り銘柄となりましたとのことです。
 これが原因で大きく売られていました。
 8月27日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高122.6%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆5337 ダントーホールディングス(株)
 7月13日に特別利益(投資有価証券売却益)の計上に関するお知らせのIRと、
 SRE Mortgage Alliance Inc.の
 第三者割当増資引受(連結子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 投資有価証券売却益2億5000万円を第3四半期に計上するとのことS。
 さらに連結子会社Danto Investment Management,Inc.が
 米国SRE Mortgage Alliance Inc.の第三者割当増資を引き受け、
 同社を連結子会社化するとのことです。
 これ等が評価され3日連続でストップ高まで買われ、
 90円ほどだった株価が290円を超えていました。
 8月7日に2020年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 営業外費用(為替差損)の発生、
 第2四半期連結累計期間業績予想値と実績値との差異及び
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.5%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.3%増、
 営業利益は変わらず、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 大建エンタープライズが同社株式を
 純投資目的で一貫して買い増ししていることもあり、
 引き続き買われているのでしょう。
 250円以上も期待できるでしょう。

8月28日 下降トップ3銘柄
★4055 ティアンドエス(株)
 8月7日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2020年11月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益11.4%増、経常利益11.3%増、
 当期純利益26.2%増の予想でした。
 ここは8月7日に上場し、
 公開価格2800円の2.5倍となる7010円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 公開価格の10倍以上となる、29200円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益113.8%増、経常利益127.4%増、
 四半期純利益3.2%減となっていました。
 さらに未定だった配当予想を発表しており、
 中間配当8円、期末配当8円の予想でした。
 8月19日に最新鋭エンジンUEC42LSH型機関を連続受注と
 プレスリリースがでていました。
 現在開発の最終段階にある最新鋭エンジン
 6UEC42LSH-Eco-D3/6UEC42LSH-Eco-D3-EGR型機関を、
 国内造船所ご建造のハンディサイズバルクキャリア、
 中小型ケミカル船向け主機として、
 初号機から連続して6台受注いたしましたとのことで、
 これが評価され5日連続でストップ高まで買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7067 ブランディングテクノロジー(株)
 8月7日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.6%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 8月26日にブランディングテクノロジー、スカラと
 行政・自治体のDX推進を目的とした合弁会社
 「株式会社ソーシャルスタジオ」を設立とニュースがでてました。
 株式会社スカラと合弁会社、
 株式会社ソーシャルスタジオの設立を決定したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月27日 上昇トップ3銘柄
☆5212 不二硝子(株)
 8月7日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%減、
 営業利益12.9%減、経常利益10.1%減、
 四半期純利益9.1%減となっていました。
 東洋経済オンラインが20日、中国系メディア財新の提供として、
 「新型コロナのワクチン『ガラス容器』に供給の壁」と
 題する記事を掲載したことで、4日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ、株価が4倍になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3474 G-FACTORY(株)
 8月13日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日は8月31日から始まる
 Go To Eatキャンペーンへの期待から買われているようです。
 450円辺りも期待できるでしょう。

☆4299 (株)ハイマックス
 8月26日に株式分割、定款の一部変更及び配当予想の修正並びに
 株主優待制度の実質拡充に関するお知らせのIRと、
 2021年3月期第2四半期連結業績予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想を発表しており、
 第2四半期の業績は売上高75億円、
 営業利益5億4000万円、経常利益5億4000万円、
 四半期純利益3億6000万円の予想でした。
 さらに9月30日を基準日とし、2分割するとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

8月27日 下降トップ3銘柄
★4393 (株)バンク・オブ・イノベーション
 8月26日に中国本土配信にかかる配信開始時期変更に関するお知らせのIRがでてました。
 “Re:アクションなりきりRPG”『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』と
 王道ファンタジーRPG『幻獣契約クリプトラクト』の配信開始時期を
 中国本土向け配信に関して、
 2020年9月期中から2021年第1四半期中、上半期中へ変更するとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4055 ティアンドエス(株)
 8月7日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2020年11月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益11.4%増、経常利益11.3%増、
 当期純利益26.2%増の予想でした。
 ここは8月7日に上場し、
 公開価格2800円の2.5倍となる7010円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 公開価格の10倍以上となる、29200円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6403 水道機工(株)
 8月26日に2020年3月期 決算短信のIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高15.0%増、
 営業利益21.3%増、経常利益94.1%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月26日 上昇トップ3銘柄
☆6558 クックビズ(株)
 7月14日に2020年11月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高35.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想は未定へ変更されていました。
 本日は8月31日から始まる
 Go To Eatキャンペーンへの期待から買われているようです。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆7625 (株)グローバルダイニング
 7月31日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高47.6%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日は8月31日から始まる
 Go To Eatキャンペーンへの期待から買われているようです。
 250円以上も期待できるでしょう。

☆6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益113.8%増、経常利益127.4%増、
 四半期純利益3.2%減となっていました。
 さらに未定だった配当予想を発表しており、
 中間配当8円、期末配当8円の予想でした。
 8月19日に最新鋭エンジンUEC42LSH型機関を連続受注と
 プレスリリースがでていました。
 現在開発の最終段階にある最新鋭エンジン
 6UEC42LSH-Eco-D3/6UEC42LSH-Eco-D3-EGR型機関を、
 国内造船所ご建造のハンディサイズバルクキャリア、
 中小型ケミカル船向け主機として、
 初号機から連続して6台受注いたしましたとのことで、
 これが評価され5日連続でストップ高まで買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

8月26日 下降トップ3銘柄
★3824 メディアファイブ(株)
 7月10日に2020年5月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 7月21日に業績予想及び配当予想の公表に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を公表しており、
 通期の業績予想は売上高16億1500万円、
 営業利益―4000万円、経常利益-3800万円、
 当期純利益-4000万円となっていました。
 材料不明のまま2日連続ストップ高まで買われ、
 前日も大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8918 (株)ランド
 7月10日に2021年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ここは現在9〜10円で推移しており、
 本日は9円で終わったのでしょう。

★4772 (株)ストリームメディアコーポレーション
 5月29日に株式会社ストリームメディアコーポレーションと
 株式会社SMEJの合併契約締結及び定款の一部変更に関するお知らせのIRと、
 「合併等による実質的存続性の喪失」に係る
 猶予期間入りの見込みに関するお知らせのIR、
 親会社及び主要株主である筆頭株主の異動(予定)に関するお知らせのIRがでてました。
 当社を吸収合併存続会社、株式会社SMEJ を吸収合併消滅会社とする
 吸収合併を行うことを決議し、同日付で吸収合併契約を締結いたしましたとのことです。
 本合併により、KEYEAST Co., Ltd.は当社の親会社及び
 主要株主である筆頭株主ではなくなり、
 株式会社SMEJの株主である株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパンが
 新たに当社の親会社及び主要株主である筆頭株主となることが見込まれますとのことです。
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 7月23日に世界初のオンライン専用コンサート
 『 Beyond LIVE 』8月9日”TWICE“を皮切りに、
 グローバルアーティストの公演続々とプレスリリースがでてました。
 世界初のオンライン専用コンサート『Beyond LIVE』
 (https://channels.vlive.tv/A15BBB/home)で、
 ガールズグループ・TWICEを皮切りに、
 様々なグローバルアーティストの公演を続々と開催予定とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 8月13日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 2020年12月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高45.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想はすべて未定に変更されていました。
 オンライン専用コンサート等に期待され、
 右肩上がりに買われているただけに、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

8月25日 上昇トップ3銘柄
☆6531 リファインバース(株)
 8月20日に第三者割当による新株式発行のお知らせのIRがでてました。
 第三者割当の方法により三菱ケミカル株式会社に25万株割当てるとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ、2300円を超えた後は利確売りに押されているため、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6567 (株)SERIOホールディングス
 8月24日に株式分割及び株式分割に伴う
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 9月30日を基準日とし、2分割するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆5212 不二硝子(株)
 8月7日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%減、
 営業利益12.9%減、経常利益10.1%減、
 四半期純利益9.1%減となっていました。
 東洋経済オンラインが20日、中国系メディア財新の提供として、
 「新型コロナのワクチン『ガラス容器』に供給の壁」と
 題する記事を掲載したことで、3日連続でストップ高まで買われています。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

8月25日 下降トップ3銘柄
★3306 日本製麻(株)
 8月12日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 これが遅れて評価されたのか、
 300円ほどだった株価が470円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4772 (株)ストリームメディアコーポレーション
 5月29日に株式会社ストリームメディアコーポレーションと
 株式会社SMEJの合併契約締結及び定款の一部変更に関するお知らせのIRと、
 「合併等による実質的存続性の喪失」に係る
 猶予期間入りの見込みに関するお知らせのIR、
 親会社及び主要株主である筆頭株主の異動(予定)に関するお知らせのIRがでてました。
 当社を吸収合併存続会社、株式会社SMEJ を吸収合併消滅会社とする
 吸収合併を行うことを決議し、同日付で吸収合併契約を締結いたしましたとのことです。
 本合併により、KEYEAST Co., Ltd.は当社の親会社及び
 主要株主である筆頭株主ではなくなり、
 株式会社SMEJの株主である株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパンが
 新たに当社の親会社及び主要株主である筆頭株主となることが見込まれますとのことです。
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 7月23日に世界初のオンライン専用コンサート
 『 Beyond LIVE 』8月9日”TWICE“を皮切りに、
 グローバルアーティストの公演続々とプレスリリースがでてました。
 世界初のオンライン専用コンサート『Beyond LIVE』
 (https://channels.vlive.tv/A15BBB/home)で、
 ガールズグループ・TWICEを皮切りに、
 様々なグローバルアーティストの公演を続々と開催予定とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 8月13日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 2020年12月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高45.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想はすべて未定に変更されていました。
 オンライン専用コンサート等に期待され、
 右肩上がりに買われているだけに、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3845 (株)アイフリークモバイル
 8月7日に2021年3月期第1四半期決算発表の延期に関するお知らせのIRがでてました。
 延期後の2021年3月期第1四半期連結決算発表日は、
 2020年8月26日を予定しているとのことです。
 8月21日に新株予約権の行使に関するお知らせのIRがでてました。
 1株あたり284円で行使したとのことです。
 8月中盤から右肩上がりに買われていることもあり、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月24日 上昇トップ3銘柄
☆4247 ポバール興業(株)
 8月21日に株式分割および株式分割に伴う
 定款の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 9月30日を基準日とし、2分割を行うとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆3985 テモナ(株)
 8月7日に2020年9月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想と実績値との差異に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は予想値と実績値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高5.4%増、
 営業利益58.8%増、経常利益58.1%増、
 四半期純利益46.3%増となっていました。
 8月20日にテモナ、サブスクリプション支援サービス
 「サブスクストア」の決済サービスを拡充とプレスリリースがでてました。
 サブスクリプション支援サービス「サブスクストア」に
 新たに3つの決済サービスを導入したとのことで、
 これが遅れて評価されたのか右肩上がりに買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆2160 (株)ジーエヌアイグループ
 8月17日にF351の第2相臨床試験の完了報告ならびに
 良好な試験結果の概要についてのIRがでてました。
 肝線維症治療候補薬として
 第2相臨床試験を実施していたF351について、
 試験の完了と試験結果の初期段階分析が開示されましたとのことです。
 統計的に有意な改善結果が得られているとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 引き続きこれが評価され買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

8月24日 下降トップ3銘柄
★9702 (株)アイ・エス・ビー
 8月21日に新株式発行及び株式売出しに関するお知らせのIRがでてました。
 公募による新株式発行にて47万9000株発行、
 オーバーアロットメントによる売出しにて7万1000株売出し、
 第三者割当による新株式発行にて7万1000株発行するとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7172 (株)ジャパンインベストメントアドバイザー
 7月31日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高74.4%増、
 営業利益41.0%増、経常利益47.7%増、
 四半期純利益53.7%増となっていました。
 本日は23日の日本経済新聞に、
 「眠る飛行機8600機 リースや製造へ危機連鎖警戒」と記事がでており、
 これが原因で航空機リースを主力とするここが売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7091 (株)リビングプラットフォーム
 8月14日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高20億6700万円、
 営業利益-2900万円、経常利益-6400万円、
 四半期純利益-8000万円となっていました。
 8月17日辺りから買われ、
 2700円ほどだった株価が4070円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月21日 上昇トップ3銘柄
☆4055 ティアンドエス(株)
 8月7日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2020年11月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益11.4%増、経常利益11.3%増、
 当期純利益26.2%増の予想でした。
 ここは8月7日に上場し、
 公開価格2800円の2.5倍となる7010円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 本日もストップ高まで買われています。
 20000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。
 ただ、公開価格の10倍となる
 28000円辺りでの利確売りには注意が必要でしょう。

☆9966 藤久(株)
 8月20日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 「継続企業の前提に関する重要事象等」の
 記載解消に関するお知らせのIR、
 株式分割ならびに株式分割に伴う
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等が出てました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高18.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高5.3%減、
 営業利益3.2%増、経常利益20.0%増、
 当期純利益112.7%増の予想でした。
 「継続企業の前提に関する重要な疑義」の記載は解消したとのことです。
 さらに9月30日を基準日とし、2分割するとのことです。
 これ等が評価され2500円以上も期待できるでしょう。

☆3824 メディアファイブ(株)
 7月10日に2020年5月期決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 7月21日に業績予想及び配当予想の公表に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を公表しており、
 通期の業績予想は売上高16億1500万円、
 営業利益―4000万円、経常利益-3800万円、
 当期純利益-4000万円となっていました。
 本日は材料不明のままストップ高まで買われています。
 材料がないだけに利確売りには注意が必要でしょう。

8月21日 下降トップ3銘柄
★2151 (株)タケエイ
 8月20日に2021年3月期(第45期)
 配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIRと、
 新株式発行及び自己株式の処分並びに
 株式売出しに関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の配当予想を修正しており、
 前回予想より、5円ずつ増配し、
 中間配当15円、期末配当15円の予想になっていました。
 公募による新株式発行にて350万株、
 公募による自己株式の処分にて50万株、
 第三者割上げによる新株式発行にて56万6300株を売り出すとのことで、
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3632 グリー(株)
 8月20日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 資本金の額の減少(減資)に関するお知らせのIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高11.7%減、
 営業利益42.3%減、経常利益26.3%減、
 当期純利益22.3%減となっていました。
 2021年通期の業績予想はでていませんでした。
 資本金の額23億6724万9250円を
 22億6724万9250円減少して、1億円とするとのことで、
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4465 (株)ニイタカ
 7月10日に2020年5月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高1.3%増、
 営業利益39.3%増、経常利益30.3%増、
 当期純利益28.6%増となっていました。
 来期予想は2020年と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益19.6%減、経常利益15.4%減、
 当期純利益15.0%減も予想でした。
 3100円辺りから300円ほど買われていたこともあり、
 利確売りに押されているのでしょう。

8月20日 上昇トップ3銘柄
☆4052 フィーチャ(株)
 8月14日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高48.6%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高8.2%増、
 営業利益2.2%増、経常利益10.9%増、
 当期純利益5.9%増となっていました。
 直近IPO銘柄が買われており、
 ここも大きく買われているのでしょう。
 4000円以上も期待できるでしょう。

☆4496 (株)コマースOneホールディングス
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高5億8600万円、
 営業利益1億3100万円、経常利益1億2300万円、
 四半期純利益7700万円となっていました。
 直近IPO銘柄が買われており、
 ここもストップ高まで買われているのでしょう。
 7000円辺りも期待できるでしょう。

☆6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益113.8%増、経常利益127.4%増、
 四半期純利益3.2%減となっていました。
 さらに未定だった配当予想を発表しており、
 中間配当8円、期末配当8円の予想でした。
 8月19日に最新鋭エンジンUEC42LSH型機関を連続受注と
 プレスリリースがでていました。
 現在開発の最終段階にある最新鋭エンジン
 6UEC42LSH-Eco-D3/6UEC42LSH-Eco-D3-EGR型機関を、
 国内造船所ご建造のハンディサイズバルクキャリア、
 中小型ケミカル船向け主機として、
 初号機から連続して6台受注いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 800円辺りも期待できるでしょう。

8月20日 下降トップ3銘柄
★3803 イメージ情報開発(株)
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.3%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は
 黒字転換予想と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は
 黒字転換予想と上方修正していました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ1000円を超え利確売りに押されていますので、
 本日も利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6069 トレンダーズ(株)
 8月14日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高34.0%減、
 営業利益779.4%増、経常利益862.2%増、
 四半期純利益は大幅増となっていました。
 さらに自己株式の取得を発表しており、
 25万株を上限とし10億円(上限)で取得するとの事です。
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 前日も買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3688 (株)CARTA HOLDINGS
 8月12日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高111億1300万円、
 営業利益19億9200万円、経常利益18億7400万円、
 四半期純利益9億9600万円となっていました。
 これが評価され1150円円ほどだった株価が1380円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月19日 上昇トップ3銘柄
☆4779 ソフトブレーン(株)
 8月14日にシー・ファイブ・エイト・ホールディングス株式会社による
 当社株券に対する公開買付けの開始予定に関する
 意見表明のお知らせのIRがでてました。
 シー・ファイブ・エイト・ホールディングス株式会社による
 当社の普通株式に対する公開買付けに関して、
 賛同の意見を表明するとのことです。
 公開買付価格871円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

☆3985 テモナ(株)
 8月7日に2020年9月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想と実績値との差異に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は予想値と実績値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高5.4%増、
 営業利益58.8%増、経常利益58.1%増、
 四半期純利益46.3%増となっていました。
 これが評価されたことや、
 サブスク関連として買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆2160 (株)ジーエヌアイグループ
 8月17日にF351の第2相臨床試験の完了報告ならびに
 良好な試験結果の概要についてのIRがでてました。
 肝線維症治療候補薬として
 第2相臨床試験を実施していたF351について、
 試験の完了と試験結果の初期段階分析が開示されましたとのことです。
 統計的に有意な改善結果が得られているとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 2500〜3000円辺りも期待できるでしょう。

8月19日 下降トップ3銘柄
★8918 (株)ランド
 7月10日に2021年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ここは現在9〜10円で推移しており、
 本日は9円で終わったのでしょう。

★1491 中外鉱業(株)
 金が高騰していることや、
 鬼滅の刃関連として買われており、
 20円ほどだった株価が70円手前まで買われていました。
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高31.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 第2四半期と通期の業績予想を発表しており、
 第2四半期の業績予想は売上高28%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 通期の業績予想は前年と比べ、売上高14.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 これ等が原因で引き続き売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★7870 福島印刷(株)
 6月23日に2020年8月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.2%増、
 営業利益1.0%増、経常利益0.3%増、
 四半期純利益5.3%減となっていました。
 ここは8月20日に配当、優待の権利確定日で、
 本日は落日で売られているのでしょう。

8月18日 上昇トップ3銘柄
☆3803 イメージ情報開発(株)
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.3%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、売上高3.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は
 黒字転換予想と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は
 黒字転換予想と上方修正していました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 ただ1000円を超え利確売りに押されていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3306 日本製麻(株)
 8月12日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 これが遅れて評価されているようで、
 前日、本日と買われているのでしょう。
 450円辺りも期待できるでしょう。

☆3182 オイシックス・ラ・大地(株)
 8月14日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 株式会社大戸屋ホールディングスとの業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高42.2%増、
 営業利益282.3%増、経常利益220.3%増、
 四半期純利益337.9%増と良いものでした。
 株式会社大戸屋ホールディングスと、
 業務提携契約を締結しましたとのことで、
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 4000円以上も期待できるでしょう。

8月18日 下降トップ3銘柄
★6541 グレイステクノロジー(株)
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益21.9%増、経常利益22.9%増、
 四半期純利益29.7%増となっていました。
 8月17日に主要株主である筆頭株主及び
 主要株主の異動の予定に関するお知らせのIRがでてました。
 主要株主である筆頭株主の松村幸治氏、
 主要株主であるNMC株式会社より、
 保有株式をゴールドマン・サックス証券株式会社へ
 譲渡する予定である旨の連絡があったとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9416 (株)ビジョン
 8月17日に2020年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 特別損失(減損損失)の計上および
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は減損損失12億900万円を
 特別損失として計上したこともあり、
 前年同期と比べ、売上高25.6%減、
 営業利益は赤字転落、経常利益96.0%減、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 未定だった通期の業績予想を発表しており、
 前年と比べ、売上高39%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6192 ハイアス・アンド・カンパニー(株)
 8月17日に特別調査委員会による
 調査の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 過去の費用計上に関して
 不適切な会計処理が行われていた可能性があることが判明したため、
 特別調査委員会を設置して調査を開始し、
 特別調査委員会による調査が進んでおりますとのことです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月17日 上昇トップ3銘柄
☆5103 昭和ホールディングス(株)
 8月14日2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 営業外収益の発生に関するお知らせのIRがでてました。
 為替差益2億2000万円、
 持分法による投資利益9100万円計上するとのことです。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高15.2%減、
 営業利益42.3%減、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 75〜80円辺りも期待できるでしょう。

☆4055 ティアンドエス(株)
 8月7日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2020年11月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益11.4%増、経常利益11.3%増、
 当期純利益26.2%増の予想でした。
 ここは8月7日に上場し、
 公開価格2800円の2.5倍となる7010円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 本日もストップ高まで買われています。
 10000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆3628 (株)データホライゾン
 8月14日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 株式会社ディー・エヌ・エーとの
 資本業務提携に関するお知らせのIR等がでてました。
 2020年6月期の業績は前年と比べ、売上高23.3%増、
 営業利益619.1%増、経常利益602.2%増、
 当期純利益847.0%増と良いものでした。
 2021年通期の業績は2020年と比べ、売上高24.7%増、
 営業利益14.1%増、経常利益11.9%増、
 当期純利益5.8%減の予想でした。
 株式会社ディー・エヌ・エーとの間で資本業務提携を行うことを決議し、
 本日付で資本業務提携契約を締結いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

8月17日 下降トップ3銘柄
★3856 Abalance(株)
 8月14日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益40.5%減、経常利益46.0%減、
 当期純利益33.1%減となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高10.2%減、
 営業利益17.0%減、経常利益14.9%減、
 当期純利益9.6%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★1447 ITbookホールディングス(株)
 8月14日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9417 (株)スマートバリュー
 8月14日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高23.0%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 当期純利益83.0%減となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高19.9%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月14日 上昇トップ3銘柄
☆6549 ディーエムソリューションズ(株)
 8月11日の11時半に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.2%減、
 営業利益254.7%増、経常利益258.8%増、
 四半期純利益263.3%増と良いものでした。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 前日は利確売りに押されましたが、
 本日もストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆6579 ログリー(株)
 8月12日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高11億8400万円、
 営業利益1億600万円、経常利益1億100万円、
 四半期純利益6800万円となっていました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆7074 (株)トゥエンティーフォーセブン
 7月14日に2020年11月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高24億2300万円、
 営業利益-6億6200万円、経常利益-6億6000万円、
 四半期純利益-6億4700万円となっていました。
 低糖質食品販売サイト「24/7 DELI & SWEETS」に
 おにぎり&パンの新作が18日から出るとのことで、
 これに期待され大きく買われている可能性があります。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

8月14日 下降トップ3銘柄
★2586 (株)フルッタフルッタ
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 第三者割当による第10回新株予約権(行使価格修正条項付)の発行及び
 新株予約権の買取契約の締結に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高26.7%減、
 営業利益、帰依上利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 株式会社REVOLUTIONを割当予定先とする
 第10回新株予約権の発行を行うとのことです。
 1044万2984個を発行し、潜在株式数が1044万2984株増加すると言うことで、
 これによる希薄化懸念からストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★1491 中外鉱業(株)
 金が高騰していることや、
 鬼滅の刃関連として買われており、
 20円ほどだった株価が70円手前まで買われていました。
 8月13日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高31.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 第2四半期と通期の業績予想を発表しており、
 第2四半期の業績予想は売上高28%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 通期の業績予想は前年と比べ、売上高14.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4391 ロジザード(株)
 8月13日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高5.6%増、
 営業利益5.0%増、経常利益6.9%増、
 当期純利益7.4%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高4.2%増、
 営業利益40.4%減、経常利益40.4%減、
 当期純利益41.2%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月13日 上昇トップ3銘柄
☆3536 アクサスホールディングス(株)
 8月12日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益39.7%増、経常利益57.1%増、
 当期純利益33.1%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆2788 アップルインターナショナル(株)
 8月12日に2020年12月期第2四半期連結累計期間の
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益は大幅増、
 四半期純利益は黒字転換へ上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 230〜250円辺りも期待できるでしょう。

☆6579 ログリー(株)
 8月12日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高11億8400万円、
 営業利益1億600万円、経常利益1億100万円、
 四半期純利益6800万円となっていました。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

8月13日 下降トップ3銘柄
★2981 (株)ランディックス
 8月12日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高7億7200万円、
 営業利益-8600万円、経常利益-9600万円、
 四半期純利益-5800万円となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6031 サイジニア(株)
 8月12日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 連結決算における特別損失の計上及び個別決算における
 関係会社株式評価損、貸倒引当金繰入額等の計上、
 並びに業績予想と実績との差異に関するお知らせのIRがでてました。
 2020年6月期の業績は売上高10億2900万円、
 営業利益-1億100万円、経常利益-9900万円、
 当期純利益-1億3700万円となっていました。
 2021年通期の業績予想は出ていませんでした。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7047 ポート(株)
 8月12日に2021年3月期第1四半期 決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.4%減、
 EBITDA97.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月12日 上昇トップ3銘柄
☆5337 ダントーホールディングス(株)
 7月13日に特別利益(投資有価証券売却益)の計上に関するお知らせのIRと、
 SRE Mortgage Alliance Inc.の
 第三者割当増資引受(連結子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 投資有価証券売却益2億5000万円を第3四半期に計上するとのことS。
 さらに連結子会社Danto Investment Management,Inc.が
 米国SRE Mortgage Alliance Inc.の第三者割当増資を引き受け、
 同社を連結子会社化するとのことです。
 これ等が評価され3日連続でストップ高まで買われ、
 90円ほどだった株価が290円を超えていました。
 8月7日に2020年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 営業外費用(為替差損)の発生、
 第2四半期連結累計期間業績予想値と実績値との差異及び
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.5%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.3%増、
 営業利益は変わらず、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 これ等が評価され前日に大きく買われ、
 本日もストップ高まで買われているのでしょう。
 200円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆5563 新日本電工(株)
 8月11日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の公表並びに剰余金の配当(中間配当)見送り及び
 期末配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高24.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 未定だった通期の業績予想を修正しており、
 売上高500億円、営業利益50億円、
 経常利益35億円、当期純利益15億円となっていました。
 通期の配当予想を発表しており、
 3円の復配となっていました。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆4055 ティアンドエス(株)
 8月7日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2020年11月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益11.4%増、経常利益11.3%増、
 当期純利益26.2%増の予想でした。
 ここは8月7日に上場し、
 公開価格2800円の2.5倍となる7010円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 本日もストップ高まで買われています。
 10000円以上も期待できるでしょう。

8月12日 下降トップ3銘柄
★3970 (株)イノベーション
 8月11日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高45.4%増、
 営業利益176.9%増、経常利益178.3%増、
 四半期純利益239.7%増と良いものでした。
 決算に向け買われていた事もあり、
 本日は材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4424 (株)Amazia
 8月11日に2020年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高133.8%増、
 営業利益144.2%増、経常利益156.5%増、
 四半期純利益135.3%増と良いものでした。
 決算に向け買われていた事もあり、
 本日は材料出尽くし感からストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3344 (株)ワンダーコーポレーション
 8月11日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%減、
 営業利益86.2%減、経常利益85.6%減、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月11日 上昇トップ3銘柄
☆5337 ダントーホールディングス(株)
 7月13日に特別利益(投資有価証券売却益)の計上に関するお知らせのIRと、
 SRE Mortgage Alliance Inc.の
 第三者割当増資引受(連結子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 投資有価証券売却益2億5000万円を第3四半期に計上するとのことS。
 さらに連結子会社Danto Investment Management,Inc.が
 米国SRE Mortgage Alliance Inc.の第三者割当増資を引き受け、
 同社を連結子会社化するとのことです。
 これ等が評価され3日連続でストップ高まで買われ、
 90円ほどだった株価が290円を超えていました。
 8月7日に2020年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 営業外費用(為替差損)の発生、
 第2四半期連結累計期間業績予想値と実績値との差異及び
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.5%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.3%増、
 営業利益は変わらず、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆7953 菊水化学工業(株)
 8月7日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高25.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 8月7日に 新製品「ラジカルバスターV1」のご案内がでていました。
 幸成商事株式会社と共同で、
 酸化チタンの光触媒作用を用いた
 クラスター対策用空気殺菌装置
 『ラジカルバスターV1』を、
 全国的に販売するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円辺りも期待できるでしょう。

☆7647 (株)音通
 8月7日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 特別損失、連結業績予想及び
 配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高10.8%減、
 営業利益606.0%増、経常利益は大幅増、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型コロナウィルス関連損失として、
 特別損失に1億4600万円計上するとの事です。
 第2四半期と通期の業績予想を発表しており、
 第2四半期の業績予想は前年同期と比べ、売上高10.2%減、
 営業利益は大幅増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換予想でした。
 通期の業績予想は前年と比べ、売上高9.4%減、
 営業利益、経常利益は大幅増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 40円以上も期待できるでしょう。

8月11日 下降トップ3銘柄
★8747 豊商事(株)
 8月7日に2021年3月期第1四半期累計期間の
 連結業績見通しに関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期連結累計機関速報値は前年同期と比べ、営業収益35.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6239 (株)ナガオカ
 8月7日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高46.9%増、
 営業利益117.5%増、経常利益149.7%増、
 当期純利益93.9%増となっていました。
 2021年通期の業績は2020年と比べ、売上高9.9%減、
 営業利益35.0%減、経常利益33.0%減、
 当期純利益28.9%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6026 GMO TECH(株)
 8月7日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.6%増、
 営業利益98.9%減、経常利益84.0%減、
 四半期純利益97.7%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月7日 上昇トップ3銘柄
☆7187 ジェイリース(株)
 8月6日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.7%増、
 営業利益191.1%増、経常利益231.9%増、
 四半期純利益317.2%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4595 (株)ミズホメディー
 8月6日に『全自動遺伝子解析装置Smart Gene』を用いた
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)遺伝子
 POCT検査キットの発売に関するお知らせのIRがでてました。
 『スマートジーン新型コロナウイルス検出試薬』を
 研究用試薬として発売するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6855 日本電子材料(株)
 8月6日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高31.2%増、
 営業利益560.0%増、経常利益712.4%増、
 四半期純利益239.0%増と良いものでした。
 第2四半期と、通期の業績予想を発表しており、
 第2四半期の業績予想は売上高77億円、
 営業利益12億円、経常利益12億円、
 四半期純利益9億円の予想でした。
 通期の業績予想は売上高170億円、
 営業利益23億円、経常利益22億円、
 当期純利益17億円の予想でした。
 配当予想も修正しており、
 中間配当7円、期末配当7円の予想でした。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

8月7日 下降トップ3銘柄
★6557 (株)global bridge HOLDINGS
 8月6日に2020年12月期 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.9%減、
 営業利益は赤字転落、経常利益83.0%減、
 当期純利益82.9%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7813 (株)プラッツ
 8月6日に2020年6月期 決算短信のIRと、
 中期経営計画の取り下げ及び
 新中期経営計画の公表延期に関するお知らせのIR等がでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高2.7%増、
 営業利益136.6%増、経常利益63.9%増、
 当期純利益73.9%増と良いものでした。
 2021年通期の業績予想は出ていませんでした。
 本日は中期経営計画の取り下げや
 新中期経営計画の公表延期が原因で売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらく様子見している方が良いでしょう。

★6272 レオン自動機(株)
 8月6日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高36.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 第2四半期と通期の業績を発表しており、
 第2四半期の業績予想は前年同期と比べ、売上高26.5%減、
 営業利益86%減、経常利益85%減、
 四半期純利益37%減の予想でした。
 通期の業績予想は前年と比べ、売上高19%減、
 営業利益80%減、経常利益79%減、
 当期純利益47%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月6日 上昇トップ3銘柄
☆3624 アクセルマーク(株)
 8月6日のお昼に中小事業者EC支援サービス『EC MARK』、
 クロスシーと提携しSNSを活用した
 中国向け越境ECサービスの取り扱いを開始とお知らせがでてました。
 アクセルマーク株式会社の提供する『EC MARK』は、
 日中間のクロスボーダービジネスを行う
 株式会社クロスシーと提携し、
 月間12億人が利用する中国国内最大のSNSである
 WeChat内のECアプリ「WechatミニプログラムEC」の
 代理販売を開始したことを発表いたしますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円辺りも期待できるでしょう。

☆2432 (株)ディー・エヌ・エー
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.3%減、
 営業利益442.1%増、税引前利益274.4%増、
 四半期利益285.4%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6026 GMO TECH(株)
 5月1日に2020年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.3%増、
 営業利益109.2%増、経常利益149.1%増、
 四半期純利益77.9%減となっていました。
 第2四半期の期待からか買われているようです。
 ただ、一気に買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

8月6日 下降トップ3銘柄
★4323 日本システム技術(株)
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字は縮小していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6541 グレイステクノロジー(株)
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益21.9%増、経常利益22.9%増、
 四半期純利益29.7%増となっていました。
 5月辺りから株価が倍になっていたこともあり、
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4492 (株)ゼネテック
 8月5日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期連結業績予想及び配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高9億3300万円、
 営業利益-4000万円、経常利益-4000万円、
 四半期純利益-2700万円となっていました。
 さらに通期の業績予想を発表しており、
 前期実績と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は3分の一ほどの予想でした。
 ただし配当は4.5円増配の8円の予想になっていました。
 業績が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月5日 上昇トップ3銘柄
☆7703 川澄化学工業(株)
 7月31日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 住友ベークライト株式会社による
 当社株式に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせのIR等がでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.4%減、
 営業利益45.3%減、経常利益40.5%減、
 四半期純利益29.0%減となっていました。
 住友ベークライト株式会社による当社普通株式に対する
 公開買付けに関して、
 本公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、
 当社の株主の皆様に対し本公開買付けへの応募を推奨するとのことです。
 公開買付価格1700円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

☆3542 (株)ベガコーポレーション
 7月31日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高61.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高19.2〜32.5%増、
 営業利益261.7〜346.8%増、経常利益246.0%〜326.0%増、
 当期純利益243.3%〜323.3%増と上方修正していました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われています。
 4000円以上も期待できるでしょう。

☆2667 (株)イメージ ワン
 8月4日に「医薬品販売業許可」取得に関するお知らせのIRがでてました。
 薬品卸売販売業の許可を受けましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 550〜600円辺りも期待できるでしょう。

8月5日 下降トップ3銘柄
★6888 アクモス(株)
 8月4日に2020年6月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高3.9%増、
 営業利益46.3%増、経常利益49.0%増、
 当期純利益33.6%増となっていました。
 2021年通期の業績予想は2020年と比べ、売上高0.6%増、
 営業利益18.8%減、経常利益19.4%減、
 当期純利益19.4%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3744 サイオス(株)
 8月3日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.2%増、
 営業利益42.0%増、経常利益17.9%減、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 これが原因で前日にストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6897 ツインバード工業(株)
 7月9日に2021年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ワクチン輸送専用の保冷庫に注目され
 500円ほどだった株価が2400円手前まで買われていました。
 それが再度注目を集めたのか、前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月4日 上昇トップ3銘柄
☆3777 (株)FHTホールディングス
 8月3日に新株予約権の月間行使状況に関するお知らせのIRがでてました。
 行使数は0でした。
 中外鉱業が買われた事で低位株に注目が集まっており、
 ここも大きく買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに利確売りには注意が必要でしょう。

☆8101 (株)GSIクレオス
 8月3日に2021年3月期第1四半期決算短信のIRと、
 2021年3月期業績予想および配当予想、
 ならびに中期経営計画の数値目標の変更に関するお知らせのIR、
 株主優待制度の新設に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高4.1%増、
 営業利益507.0%増、経常利益410.3%増、
 四半期純利益118.8%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を発表しており、
 売上高1100億円、営業利益21億円、
 経常利益20億円、当期純利益13億円となっていました。
 さらに配当予想を発表しており、
 前年より5円増配の50円の予想でした。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1800円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6663 太洋工業(株)
 7月29日に2020年12月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 8月4日に全自動通電検査装置の開発に関するお知らせがでてました。
 全自動通電検査装置「TY-CHCKER DS401AT」を開発し、
 テストシステム事業において通電検査システムの主力製品である
 「TY-CHECKER DSシリーズ」の拡充を行いますとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 450〜500円辺りも期待できるでしょう。

8月4日 下降トップ3銘柄
★6088 (株)シグマクシス
 8月3日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR、
 業績予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.5%減、
 営業利益50.6%減、経常利益45.1%減、
 四半期純利益46.0%減となっていました。
 通期の業績予想がでており、売上高145億〜155億円、
 税金等調整前当期純利益17億5千万〜23億5千万円、
 当期純利益10億5千万〜15億2千万円の予想でした。
 第1四半期が良くない事から大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3901 マークラインズ(株)
 8月3日に2020年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.1%増、
 営業利益2.3%増、経常利益1.6%増、
 四半期純利益11.0%減となっていました。
 第2四半期に向けて買われていた事もあり、
 材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6924 岩崎電気(株)
 8月3日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想および配当予想に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想を発表しており、
 売上高520億円、営業利益12億円、
 経常利益13億円、当期純利益7億円の予想でした。
 これ等が原因で多きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月3日 上昇トップ3銘柄
☆1491 中外鉱業(株)
 5月15日に2020年3月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2021年通期の業績予想は出ていませんでした。
 金が高騰していることや、
 鬼滅の刃関連として買われているようです。
 鬼滅の刃の予告も出た事でさらに賑わっているのでしょう。
 40〜50円辺りも期待できるでしょう。

☆2459 アウンコンサルティング(株)
 7月14日に2020年5月期 決算短信のIRがでてました。
 2020年通期の業績は前年と比べ、売上高2.6%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2021年通期の業績予想は出ていませんでした。
 ここ数日で180円ほどだった株価が135円以下になっていましたので、
 一気に反発で買われたのでしょう。
 ただ、一気に買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6177 AppBank(株)
 5月13日に2020年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 2020年8月2日、ヒカキン氏(登録者数861万人)と
 マックスむらい氏(同151万人)がコラボ動画を公開したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 250〜300円辺りも期待できるでしょう。

8月3日 下降トップ3銘柄
★3796 (株)いい生活
 7月31日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 黒字転換はしているものの、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4760 (株)アルファ
 7月10日に2020年8月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 7月の終わりから買われ、
 1400円ほどだった株価が1950円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3844 コムチュア(株)
 7月31日に2021年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.1%増、
 営業利益9.8%減、経常利益10.4%減、
 四半期純利益20.6%減となっていました。
 これが原因でストップ安手前まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2020/1
2020/2
2020/3
2020/4
2020/5
2020/6
2020/7
2020/8
2020/9
2020/10
2020/11


Copyright ©2011-2019 まねきねこ。 All Rights Reserved.