投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
2月28日 上昇トップ3銘柄
☆4583 (株)カイオム・バイオサイエンス
 本日は共同研究先で医薬品開発を手掛けるTrans Chromosomicsが
 独自の抗体作製技術などを活用し、
 新型コロナウイルスの治療用の抗体医薬(ヒト型モノクローナル抗体)の
 作製に着手すると発表したことがきっかけとなり買われています。
 250円辺りも期待できるでしょう。

☆2345 アイスタディ(株)
 本日は新型コロナウイルス感染拡大をうけ、
 萩生田文科相が本日の閣議後の記者会見で、
 地域で感染者が出た際に、
 市町村全体で臨時休校とすることも選択肢に入れてほしいと述べたことで、
 eラーニング学習ソフトウエアなどを扱うここが
 4日連続でストップ高まで買われています。
 1000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆4720 (株)城南進学研究社
 2月7日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期通期連結業績予想の修正及び
 特別損失計上に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.2%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想と下方修正していました。
 2月28日に「城南予備校」がAI教材「atama+」を導入して
 「城南予備校DUO」に全面移行いたします。と、
 在宅学習WEB学習システムの提供についてのリリースがでてました。
 新型コロナの影響で学校で勉強できない子供のためとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円以上も期待できるでしょう。

2月28日 下降トップ3銘柄
★2134 燦キャピタルマネージメント(株)
 2月14日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高51.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 昨年11月ごろから右肩上がりに買われ、130円を超えていましたが、
 新型コロナの影響から右肩下がりに売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9867 ソレキア(株)
 2月7日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高18.2%増、
 営業利益226.6%増、経常利益197.5%増、
 四半期純利益270.5%増となっていました。
 業績の良さや値動きの軽さから買われており、
 8日連続でストップ高まで買われ、翌日も大きく買われ25100円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 下げ止まり、また買われだし20900円を超えていました。
 本日は地合いが悪い事もあり、利確売りに押されているのでしょう。

★8256 (株)プロルート丸光
 1月31日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高38.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナの影響で地合いが悪い事もあり、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月27日 上昇トップ3銘柄
☆2345 アイスタディ(株)
 本日は新型コロナウイルス感染拡大をうけ、
 萩生田文科相が本日の閣議後の記者会見で、
 地域で感染者が出た際に、
 市町村全体で臨時休校とすることも選択肢に入れてほしいと述べたことで、
 eラーニング学習ソフトウエアなどを扱うここが
 3日連続でストップ高まで買われています。
 1000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆8746 第一商品(株)
 2月7日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高27.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、
 安全資産として金を買う動きが加速しており、
 金を扱うここが買われているのでしょう。
 450円辺りも期待できるでしょう。

☆2323 (株)fonfun
 2月13日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、
 政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針でも
 「テレワークや時差出勤の推進などを強力に呼びかける」としており、
 テレワーク関連銘柄が買われており、
 2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 550円辺りも期待できるでしょう。

2月27日 下降トップ3銘柄
★3691 (株)リアルワールド
 2月14日に2020年9月期(令和2年)第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高78.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型コロナの拡大を受け、
 クラウドソーシング事業を展開しているここが注目され、
 2日連続でストップ高まで買われていました。
 2月26日に子会社の事業譲渡等に関する
 基本合意書締結に関するお知らせのIRがでてました。
 子会社である株式会社リアルXが運営する「Gendama」の譲渡を進めるにあたり、
 サイブリッジグループ株式会社との間で
 基本合意書を締結することを決議いたしましたとのことです。
 これが評価され寄りは高かったものの、
 700円円ほどだった株価が1490円を超えていたこともあり、
 利確売りに押されているのでしょう。

★9969 (株)ショクブン
 1月30日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高6.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.9%増、
 営業利益83.3%増、経常利益91.3%増、
 当期純利益91.3%増と上方修正していました。
 これが評価され220円ほどだった株価が340円を超えていました。
 現在は地合いが悪い事もあり、売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★7083 AHCグループ(株)
 2月25日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでていました。
 2020年通期の業績予想は前年と比べ、売上高12.7%増、
 営業利益24.5%増、経常利益21.0%増、
 当期純利益15.5%増の予想でした。
 ここは2月25日に上場し、
 公開価格2200円の1.64倍となる3550円で初値をつけました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月26日 上昇トップ3銘柄
☆3691 (株)リアルワールド
 2月14日に2020年9月期(令和2年)第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高78.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型コロナの拡大を受け、
 クラウドソーシング事業を展開しているここが注目され、
 2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆7068 (株)フィードフォース
 1月10日の11時半に2020年5月期第2四半期決算短信のIRと、
 子会社の異動を伴う株式取得
 (アナグラム株式会社の連結子会社化)
 に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は売上高4億4400万円、
 営業利益7700万円、経常利益6900万円、
 四半期純利益4000万円となっていました。
 アナグラム株式会社の株式を取得し、同社を連結子会社化するとのことです。
 本日は四季報が評価されたようで買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2323 (株)fonfun
 2月13日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、
 政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針でも
 「テレワークや時差出勤の推進などを強力に呼びかける」としており、
 テレワーク関連銘柄が買われているようです。
 450〜500円辺りも期待できるでしょう。

2月26日 下降トップ3銘柄
★8740 (株)フジトミ
 2月6日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 投資資金が金等に流入していることから、
 金などの貴金属に強いここが買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4558 (株)中京医薬品
 2月5日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益60.7%増、経常利益45.6%増、
 四半期純利益67.2%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 8日連続でストップ高まで買われ、
 220円ほどだった株価が1590円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度新型肺炎の拡大で大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★8746 第一商品(株)
 2月7日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高27.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、
 安全資産として金を買う動きが加速しており、
 金を扱うここが買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月25日 上昇トップ3銘柄
☆2345 アイスタディ(株)
 本日は新型コロナウイルス感染拡大をうけ、
 萩生田文科相が本日の閣議後の記者会見で、
 地域で感染者が出た際に、
 市町村全体で臨時休校とすることも選択肢に入れてほしいと述べたことで、
 eラーニング学習ソフトウエアなどを扱うここが
 ストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

☆6734 (株)ニューテック
 1月9日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.3%増、
 営業利益73.3%増、経常利益73.8%増、
 四半期純利益81.2%増と良いものでした。
 さらに2月13日に配当予想の修正(増配)に関するお知らせのIRがでてました。
 20円だった配当予想を5円増配し、25円の予想でした。
 ハードとソフトが一体化したオールイン型の深層学習環境
 「Deep Station」が収益への貢献が期待されているようで、
 AI関連の有力株として買われているようです。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

☆8740 (株)フジトミ
 2月6日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 投資資金が金等に流入していることから、
 金などの貴金属に強いここが買われているのでしょう。
 500円辺りも期待できるでしょう。

2月25日 下降トップ3銘柄
★3772 ウェルス・マネジメント(株)
 2月10日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高411.9%増、
 営業利益229.5%増、経常利益249.0%増、
 四半期純利益196.9%増と良いものでした。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、
 景気後退懸念から市場全体が売られており、
 ここも大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★5983 イワブチ(株)
 1月31日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%増、
 営業利益352.6%増、経常利益152.0%増、
 四半期純利益479.2%増と良いものでした。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、
 景気後退懸念から市場全体が売られており、
 ここも大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★7074 (株)トゥエンティーフォーセブン
 1月10日に2019年11月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高13.2%増、
 営業利益10.5%減、経常利益12.3%減、
 当期純利益22.7%減となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益83.6%減、経常利益83.2%増、
 当期純利益93.1%減の予想でした。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、
 景気後退懸念から市場全体が売られており、
 ここも大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月21日 上昇トップ3銘柄
☆9867 ソレキア(株)
 2月7日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高18.2%増、
 営業利益226.6%増、経常利益197.5%増、
 四半期純利益270.5%増となっていました。
 業績の良さや値動きの軽さから買われており、
 8日連続でストップ高まで買われ、翌日も大きく買われ25100円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 下げ止まり、また買われだしたのでしょう。
 15000円以上も期待できるでしょう。

☆8746 第一商品(株)
 2月7日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高27.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、
 安全資産として金を買う動きが加速しており、
 金を扱うここが買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆9647 (株)協和コンサルタンツ
 1月17日に2019年11月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高9.1%増、
 営業利益17.8%増、経常利益15.5%増、
 当期純利益9.9%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高0.7%増、
 営業利益4.2%減、経常利益6.4%減、
 当期純利益15.7%減の予想でした。
 通期の業績への期待からか、
 年明けから買われ、3300円ほどだった株価が7100円を超えていました。
 しばらくは利確売り等に押されていましたが、
 下げ止まり、また買われだしたのでしょう。
 4000円以上も期待できるでしょう。

2月21日 下降トップ3銘柄
★4875 メディシノバ
 2月18日に日本におけるMN-001(Tipelkast)及び
 MN-002の肝線維化を認める進行型NASHを適応とする特許承認のお知らせのIRがでてました。
 MN-001(Tipelkast)及びMN-002(MN-001の主要な代謝体)に関して、
 肝線維化を認める進行型NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)を適応として
 出願中の特許に対し、日本国特許庁より
 承認の通知がありましたとのことです。
 ただ、あまり評価されず、
 右肩下がりに売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★2338 (株)ビットワングループ
 1月10日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高26.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月19日に5Gネットワークサービス事業の
 戦略的合弁事業立ち上げに向けた
 覚書締結についてのお知らせのIRがでてました。
 IBO Technology Company Limitedの香港を拠点とする子会社である
 IBO Telecom Company Limitedと、
 5Gネットワークサービス事業を立ち上げるための
 合弁契約を締結する交渉を開始するにあたっての覚書を本日付で締結したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9973 (株)小僧寿し
 2月19日に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 特別利益、特別損失の発生及び
 通期業績予想と実績値との差異並びに当社連結純資産に関するお知らせのIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高5.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上だあ19.6%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価され前日に40円近くまで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月20日 上昇トップ3銘柄
☆2338 (株)ビットワングループ
 1月10日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高26.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2月19日に5Gネットワークサービス事業の
 戦略的合弁事業立ち上げに向けた
 覚書締結についてのお知らせのIRがでてました。
 IBO Technology Company Limitedの香港を拠点とする子会社である
 IBO Telecom Company Limitedと、
 5Gネットワークサービス事業を立ち上げるための
 合弁契約を締結する交渉を開始するにあたっての覚書を本日付で締結したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆4531 有機合成薬品工業(株)
 2月18日に特別損失及び特別利益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 受領済みの委託加工費等に相当する金員の支払請求を受けておりましたところ、
 今般、諸般の状況を踏まえて、一定額の支払を行うことに合意したとのことで、
 2億5600万円の特別損失を計上する見込みとのことです。
 製品に係る保険金の受給金額として、当年度中に約6000万円を計上するとのことです。
 さらに保有の上場有価証券の一部を売却することを決定しており、
 当年度中にその投資有価証券売却益を約9000万円計上する見込みとのことで、
 これ等が評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 350円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆2706 (株)ブロッコリー
 2月19日に通期業績予想の修正と次期の通期業績予想に関するお知らせのIRと、
 配当方針の変更及び配当予定の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高3.3%増、
 営業利益42.9%減、経常利益41.1%減、
 当期儒r荷役43.4%減と下方修正していました。
 ただ、来期予想は良い予想を出しており、
 配当も24円だった配当予想を2円増配し、26円の予想になっていました。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 2000円以上も期待できるでしょう。

2月20日 下降トップ3銘柄
★4120 スガイ化学工業(株)
 2月5日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.4%減、
 営業利益52.5%減、経常利益48.1%減、
 四半期純利益64.5%減となっていました。
 新型コロナウイルス対策関連として右肩上がりに買われ、
 1100円ほどだった株価が2800円円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました、
 新型肺炎拡大により、
 再度買われ、3日連続で大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4336 (株)クリエアナブキ
 2月13日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.5%減、
 営業利益13.3%増、経常利益2.0%増、
 四半期純利益1.9%増となっていました。
 12月の終わりから買われ、
 470円ほどだった株価が930円を超えていました。
 しばらく売りに押されていましたが、
 売られすぎからの反発でストップ高まで買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6319 (株)シンニッタン
 2月20日の12時20分に主要株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 コーンウォール・キャピタル・マネジメント・エルピーが、
 保有割合を減らしており、24.75%だった保有割合が4.22%になったとのことです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

2月19日 上昇トップ3銘柄
☆4531 有機合成薬品工業(株)
 2月18日に特別損失及び特別利益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 受領済みの委託加工費等に相当する金員の支払請求を受けておりましたところ、
 今般、諸般の状況を踏まえて、一定額の支払を行うことに合意したとのことで、
 2億5600万円の特別損失を計上する見込みとのことです。
 製品に係る保険金の受給金額として、当年度中に約6000万円を計上するとのことです。
 さらに保有の上場有価証券の一部を売却することを決定しており、
 当年度中にその投資有価証券売却益を約9000万円計上する見込みとのことで、
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 350円以上も期待できるでしょう。

☆3135 (株)マーケットエンタープライズ
 2月14日に2020年6月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高35.1%増、
 営業利益105.1%増、経常利益106.1%増、
 四半期純利益151.4%増と良いものでした。
 ただ、第1四半期の業績がさらに良かったことや、
 上方修正が出なかったことから2日連続で大きく売られていました。
 本日は地合いが良かった事もあり、
 売られすぎからの反発でストップ高まで買われています。
 2500円以上も期待できるでしょう。

☆8143 (株)ラピーヌ
 1月10日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日は地合いが良かったことや、
 値動きの軽さから大きく買われているのでしょう。
 900円以上も期待できるでしょう。

2月19日 下降トップ3銘柄
★3604 川本産業(株)
 2月10日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.2%増、
 営業利益は黒字転換、経常利益は大幅増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも買われ、600円ほどだった株価が4000円を付けていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度新型肺炎の拡大で大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4558 (株)中京医薬品
 2月5日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益60.7%増、経常利益45.6%増、
 四半期純利益67.2%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 8日連続でストップ高まで買われ、
 220円ほどだった株価が1590円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度新型肺炎の拡大で大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7963 興研(株)
 2月12日に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高3.3%増、
 営業利益21.7%増、経常利益25.7%増、
 当期純利益3.5%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高3.4%増、
 営業利益3.9%増、経常利益2.1%増、
 当期純利益4.9%増の予想でした。
 新型コロナウイルス関連として、
 防塵・防毒マスク2大メーカーのここに資金が集まっており、
 1350円ほどだった株価が右肩上がりに買われ4300円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度新型肺炎の拡大で大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

2月18日 上昇トップ3銘柄
☆5142 アキレス(株)
 2月10日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益2.5%増、経常利益5.1%減、
 四半期純利益335.3%増となっていました。
 2月18日に「ワールドビジネスサテライト」で
 「アキレスウイルセーフ」が紹介されましたと製品情報がでてました。
 テレビ東京ニュース番組 「ワールドビジネスサテライト(WBS)にて、
 化成品事業部の「アキレスウイルセーフ」が紹介されましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆4120 スガイ化学工業(株)
 2月5日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.4%減、
 営業利益52.5%減、経常利益48.1%減、
 四半期純利益64.5%減となっていました。
 新型コロナウイルス対策関連として右肩上がりに買われ、
 1100円ほどだった株価が2800円円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました、
 新型肺炎拡大により、
 再度買われ、2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆4336 (株)クリエアナブキ
 2月13日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.5%減、
 営業利益13.3%増、経常利益2.0%増、
 四半期純利益1.9%増となっていました。
 12月の終わりから買われ、
 470円ほどだった株価が930円を超えていました。
 しばらく売りに押されていましたが、
 売られすぎからの反発でストップ高まで買われているのでしょう。
 650〜700円辺りも期待できるでしょう。

2月18日 下降トップ3銘柄
★2334 (株)イオレ
 2月14日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.7%増、
 営業利益83.2%減、経常利益83.3%減、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高25.9%減、
 営業利益94.5%減、経常利益94.7%減、
 当期純利益95.6%減と下方修正していました。
 これが原因で2日連続でストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4563 アンジェス(株)
 2月17日に第37回新株予約権(第三者割当て)
 (行使価額修正条項付)の募集に関するお知らせのIRと、
 新株予約権発行に係る資金使途の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 第三者割当による第 37 回新株予約権
 (第三者割当て)(行使価額修正条項付)の発行を決議しましたとのことです。
 新株予約権の総数が16万個で、
 これによる潜在株式株式数は1600万株とのことで、
 これによる希薄化懸念からストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7681 (株)レオクラン
 2月14日に2020年9月期 第1四半期決算短信のIRと、
 2020年9月期第2四半期連結累計期間及び
 通期連結業績予想の修正並びに役員報酬の減額に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高62億800万円、
 営業利益2300万円、経常利益2200万円、
 四半期純利益600万円となっていました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、売上高1.4%減、
 営業利益77.0%減、経常利益77.2%減、
 四半期純利益87.6%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高9.5%減、
 営業利益78.9%減、経常利益78.8%減、
 当期純利益86.2%減と下方修正していました。
 これが原因で2日連続で大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月17日 上昇トップ3銘柄
☆3125 新内外綿(株)
 2月4日に2020年3月期 第3四半期決算短のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高13.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 マスク素材として注目され、
 700円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 新型肺炎拡大により、
 再度買われ、ストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆7980 (株)重松製作所
 2月6日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型肺炎の原因となるコロナウイルスへの懸念から、
 防毒マスクを扱うここも右肩上がりに買われ、
 700円ほどだった株価が2790円を超えていました。
 新型肺炎拡大により、
 再度買われ、ストップ高まで買われているのでしょう。
 2200円〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆4120 スガイ化学工業(株)
 2月5日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.4%減、
 営業利益52.5%減、経常利益48.1%減、
 四半期純利益64.5%減となっていました。
 新型コロナウイルス対策関連として右肩上がりに買われ、
 1100円ほどだった株価が2800円円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていました、
 新型肺炎拡大により、
 再度買われ、ストップ高まで買われているのでしょう。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

2月17日 下降トップ3銘柄
★3928 (株)マイネット
 2月14日に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.0%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6786 (株)RVH
 2月14日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高5.9%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.1%減、
 営業利益72.8%減、経常利益59.2%減、
 当期純利益は赤字転落予想と下方修正していました。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5381 Mipox(株)
 2月14日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期 通期業績予想および
 配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.6%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.3%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 当期純利益80.6%減と下方修正していました。
 さらに配当予想を修正しており、無配転落していました。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月14日 上昇トップ3銘柄
☆9273 コーア商事ホールディングス(株)
 2月12日に2020年6月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.2%増、
 営業利益152.9%増、経常利益140.9%増、
 四半期純利益323.1%増と良いものでした。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3689 (株)イグニス
 2月13日に2020年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.4%増、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆4990 昭和化学工業(株)
 2月13日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、1.9%減、
 営業利益25.9%減、経常利益25.2%減、
 四半期純利益33.0%減となっていました。
 新型コロナウイルス関連として、
 除菌と消毒液を扱うここにも資金が集まっており、
 450円ほどだった株価が右肩上がりに買われ2040円を超えていました。
 本日は中国の湖北省が行った新型肺炎の感染認定基準変更に伴い、
 感染者数が新たに1万5000人程度増加したことで、
 新型コロナウイルス関連銘柄が買われているのでしょう。
 1000円以上も期待できるでしょう。

2月14日 下降トップ3銘柄
★3649 (株)ファインデックス
 2月13日に2019年12月期 決算短信のIRと、
 募集新株予約権(業績連動型有償ストック・オプション)の
 発行に関するお知らせのIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年同期と比べ、売上高18.8%増、
 営業利益25.3%増、経常利益25.7%増、
 当期純利益25.4%増となっていました。
 株式会社ファインデックス第5回新株予約権を発行するとのことです。
 2830個の新株予約権を発行し、
 潜在株式数は28万3000株、行使価額1258円とのことです。
 これによる希薄化懸念からストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6557 (株)global bridge HOLDINGS
 2月13日に2019年12月期業績予想並びに
 2020年12月期業績計画の修正に関するお知らせのIRと、
 株式会社ウェルクスとの資本提携に関するお知らせのIRがでてました。
 2019年通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、経常利益98.4%減、
 当期純利益の赤字幅は拡大予想と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3040 (株)ソリトンシステムズ
 2月13日に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益21.0%減、経常理衣っ気15.2%減、
 当期純利益100.2%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高2.9%増、
 営業利益1.7%増、経常利益1.1%減、
 当期純利益9.1&%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月13日 上昇トップ3銘柄
☆5103 昭和ホールディングス(株)
 シンガポールにおけるJTrust Asia Pte.Ltd.による
 Group Lease Holdings PTE.LTD.に対する民事訴訟の判決(勝訴)についてのIRがでてました。
 JTrust Asia Pte.Ltd.がGroup Lease Holdings PTE.LTD.に対して
 提訴していた賠償請求申し立てにつきまして、
 本日シンガポールの裁判所が棄却し、
 Group Lease Holdings PTE.LTD.が勝訴いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 100円辺りも期待できるでしょう。

☆2388 (株)ウェッジホールディングス
 2月12日にシンガポールにおける
 JTrust Asia Pte.Ltd.によるGroup Lease Holdings PTE.LTD.に対する
 民事訴訟の判決(勝訴)についてのIRがでてました。
 JTrust Asia Pte.Ltd.がGroup Lease HoldingsPTE.LTD.に対して
 提訴していた賠償請求申し立てにつきまして、
 本日シンガポールの裁判所が棄却し、
 Group Lease HoldingsPTE.LTD.が勝訴いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆6837 (株)京写
 1月31日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、11.4%減、
 営業利益84.1%減、経常利益85.5%減、
 四半期純利益76.9%減となっていました。
 2月11日に弊社中国子会社の稼働状況についてがでてました。
 京写香港上海事務所等が営業再開しているとのことです。
 本日は特に材料は見当たらないものの、
 しばらく売られていた事から買われているのでしょう。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

2月13日 下降トップ3銘柄
★3138 (株)富士山マガジンサービス
 2月12日に2019年12月期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高27.9%増、
 営業利益29.6%増、経常利益31.3%増、
 当期純利益5.0%減となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高12.7%増、
 営業利益17.3%減、経常利益18.6%減、
 当期純利益0.2%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6194 (株)アトラエ
 2月12日に2020年9月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.4%増、
 営業利益13.2%減、経常利益12.6%減、
 四半期純利益12.2%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7037 (株)テノ.ホールディングス
 2月12日に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.9%増、
 営業利益42.6%増、経常利益56.6%増、
 当期純利益76.0%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高7.1%増、
 営業利益2.9%減、経常利益3.1%減、
 当期純利益0.1%増の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月12日 上昇トップ3銘柄
☆3911 (株)Aiming
 2月5日にスマートフォン向けゲーム
 『ドラゴンクエストタクト』スクウェア・エニックスと共同開発のIRがでてました。
 株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による、
 スマートフォン向けゲーム『ドラゴンクエストタクト』が、本日発表されたとのことです。
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われ、本日も大きく買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7183 あんしん保証(株)
 2月10日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.5%増、
 営業利益51.4%増、経常利益46.7%増、
 四半期純利益69.2%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高手前まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆2429 (株)ワールドホールディングス
 2月10日に2019年12月期 決算短信のIRと、
 通期連結業績予想値と実績値との差異及び
 剰余金の配当に関するお知らせのIRが出てました。
 2019年通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想都と比べ、売上高12.3%減、
 営業利益21.8%減、経常利益18.7%減、
 当期純利益19.5%減となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高17.1%増、
 営業利益66.0%増、経常利益73.5%増、
 当期純利益89.5%増と良い予想でした。
 これが評価されストップ高手前まで売られているのでしょう。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

2月12日 下降トップ3銘柄
★6677 (株)エスケーエレクトロニクス
 2月10日に2020年9月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高21.3%減、
 営業利益35.8%減、経常利益85.7%減、
 経常利益93.4%減となっていました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、売上高10.2%減、
 営業利益50.0%減、経常利益56.3%減、
 四半期純利益54.5%減と下方修正していました。
 通期の業績予想修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益25.6%減、経常利益28.2%減、
 当期純利益29.6%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安手前まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★1994 高橋カーテンウォール工業(株)
 2月12日の11時半に2019年12月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年の業績は前年と比べ、売上高155.2%増、
 営業利益209.1%増、経常利益189.4%増、
 当期純利益73.7%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高55.3%減、
 営業利益90.9%減、経常利益90.4%減、
 当期純利益80.7%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6553 ソウルドアウト(株)
 2月10日に2019年12月期 決算短信のIRと、
 2019年12月期 配当予想の修正に関するお知らせのIR、
 2019年12月期 通期連結業績予想と実績値との差異についてのIRがでてました。
 2019年通期の業績予想は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高1.5%減、
 営業利益14.9%減、経常利益17.2%減、
 当期純利益35.3%減となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高16.7%増、
 営業利益10.6%増、経常利益、当期純利益の予想はでていませんでした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月10日 上昇トップ3銘柄
☆2586 (株)フルッタフルッタ
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 本日はここのアサイーが免疫力UPと言われ、
 新型コロナウイルス関連としてストップ高まで買われているようです。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆3202 ダイトウボウ(株)
 2月6日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.1%増、
 営業利益38.9%増、経常利益41.7%増、
 四半期純利益13.0%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、4日連続でストップ高まで買われていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 新型コロナウイルスの拡大をうけ、
 再度買われているのでしょう。
 250〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆4364 マナック(株)
 2月7日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.4%増、
 営業利益95.4%増、経常利益84.7%増、
 四半期純利益250.9%増と良いものでした。
 新型コロナウイルス関連として買われ、
 600円ほどだった株価が2300円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 業績が評価されたことや、新型コロナウイルス感染拡大をうけ、
 ストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

2月10日 下降トップ3銘柄
★3830 (株)ギガプライズ
 2月7日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高34.2%増、
 営業利益36.1%増、経常利益33.7%増、
 四半期純利益74.0%増となっていました。
 ただ、通期への進捗率があまり良くない事から、
 ストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3625 テックファームホールディングス(株)
 2月7日に2020年6月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5981 東京製綱(株)
 2月7日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.4%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落していました。
 四半期純利益の赤字幅は変わらずでした。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高6.0%減、
 営業利益95.0%減、経常利益80.0%減、
 当期純利益86.7%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

2月7日 上昇トップ3銘柄
☆3911 (株)Aiming
 2月5日にスマートフォン向けゲーム
 『ドラゴンクエストタクト』スクウェア・エニックスと共同開発のIRがでてました。
 株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による、
 スマートフォン向けゲーム『ドラゴンクエストタクト』が、本日発表されたとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 400円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆6982 (株)リード
 2月6日に業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高3.7%増、
 営業利益は大幅増、経常利益366.7%増、
 当期純利益340.0%増と上方修正していました。
 さらに配当予想を修正しており、
 4円だった配当予想が6円増配し10円の予想になっていました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 500円以上も期待できるでしょう。

☆7891 日本ユピカ(株)
 2月5日の後場終了後に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 三菱瓦斯化学株式会社による当社株券に対する
 公開買付けの開始に関する意見表明のお知らせのIRがでてました。
 三菱瓦斯化学株式会社による公開買付に関する意見表明をだしており、
 この情報が漏れていたのか本日はストップ高まで買われています。
 公開買付価格3000円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

2月7日 下降トップ3銘柄
★1966 (株)高田工業所
 2月6日に令和2年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.7%増、
 営業利益1.7%増、経常利益1.2%減、
 四半期純利益1.8%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6569 日総工産(株)
 2月6日に2020年3月期 第3四半期 決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高8.8%増、
 営業利益3.0%減、経常利益1.6%減、
 四半期純利益1.6%増となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.1%減、
 営業利益30.8%減、経常利益31.3%減、
 当期純利益33.3%減と下方修正していました。
 これ等が原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★2156 セーラー広告(株)
 11月12日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 前々日から出来高が増え、
 前日に値動きの軽さからストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

2月6日 上昇トップ3銘柄
☆3911 (株)Aiming
 2月5日にスマートフォン向けゲーム
 『ドラゴンクエストタクト』スクウェア・エニックスと共同開発のIRがでてました。
 株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による、
 スマートフォン向けゲーム『ドラゴンクエストタクト』が、本日発表されたとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆3424 ミヤコ(株)
 2月4日に株式会社ツカダ興産によるミヤコ株式会社に対する
 公開買付けの開始に関するお知らせのIR等がでてました。
 公開買付価格1325円とのことですが、
 80万〜150万株集めるとのことで、
 売りが少ない事からこの価格以上に買われています。
 さらなる高値も期待できるでしょう。

☆2156 セーラー広告(株)
 11月12日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 前日から出来高が増え、
 本日は値動きの軽さからストップ高まで買われています。
 ただ特に材料も見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

2月6日 下降トップ3銘柄
★3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、4日連続でストップ高まで買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3739 コムシード(株)
 1月24日に株式分割及び定款の一部変更に関するお知らせのIRが出てました。
 3月31日を基準日とし、2分割するとのことです。
 2月6日にあなたの推しメンから秘密のメッセージが届く!
  『ボイメン 祭nine. BMK 〜Secret Message〜』本日より事前登録開始
 本日発売の「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』」との
 タイアップ決定とニュースがでてました。
 このアイドルアプリに期待されていただけに、
 失望売りからストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7404 昭和飛行機工業(株)
 1月31日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.4%増、
 営業利益51.7%増、経常利益52.0%増、
 四半期純利益67.1%増と良いものでした。
 ここは2020年2月7日を基準日として、
 631円の特別配当を予定しており、
 その落日が本日ですので大きく売られているのでしょう。

2月5日 上昇トップ3銘柄
☆3161 アゼアス(株)
 12月11日に2020年4月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益137.1%増、経常利益80.9%増、
 当期純利益77.4%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも買われ、
 770円ほどだった株価が1990円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 また買われだしたのでしょう。

☆7891 日本ユピカ(株)
 2月5日の後場終了後に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 三菱瓦斯化学株式会社による当社株券に対する
 公開買付けの開始に関する意見表明のお知らせのIRがでてました。
 三菱瓦斯化学株式会社による公開買付に関する意見表明をだしており、
 この情報が漏れていたのか本日はストップ高まで買われています。
 公開買付価格3000円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

☆7899 MICS化学(株)
 12月13日に2020年4月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%増、
 営業利益4.0%減、経常利益22.4%減、
 四半期純利益45.9%減となっていました。
 アイマスク等に注目され1月の終わりから買われ、
 前日に大きく売られていた反動から、
 本日は大きく買われているのでしょう。

2月5日 下降トップ3銘柄
★3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、4日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2176 (株)イナリサーチ
 11月13日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高37.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 医薬品の非臨床試験受託が主軸のここも、
 新型コロナウィルス関連として2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3604 川本産業(株)
 11月6日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも買われ、600円ほどだった株価が4000円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

2月4日 上昇トップ3銘柄
☆3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、4日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、大きく買われているだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆7671 (株)AmidAホールディングス
 1月31日に2020年6月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益53.1%増、経常利益102.2%増、
 四半期純利益194.3%増となっていました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆6635 (株)大日光・エンジニアリング
 11月12日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益6.8%減、経常利益31.7%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 1月16日にマニュトロニクス社、双日ベトナム社、及び弊社
 3社間での戦略的パートナー契約締結のお知らせがでてました。
 Manutronics Vietnam JSC.,社ならびに
 SojitzVietnum Company Limitedとの間で、
 戦略的パートナー契約を締結いたしましたとのことで、
 これが評価され650円ほどだった株価が1900円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 1100をきらなかった事からまた上に向かって買われだしたのでしょう。
 1500〜2000円辺りも期待できるでしょう。

2月4日 下降トップ3銘柄
★4558 (株)中京医薬品
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 8日連続でストップ高まで買われ、
 220円ほどだった株価が1590円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3125 新内外綿(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 マスク素材として注目され、
 700円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4364 マナック(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益71.0%増、経常利益53.5%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 12月10日に「新機能性材料展2020」に出展と最新情報がでていました。
 これが1月29日〜31日に行われるとのことです。
 インフルエンザ関連として買われ、
 600円ほどだった株価が2300円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

2月3日 上昇トップ3銘柄
☆3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、3日連続でストップ高まで買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆3070 (株)アマガサ
 1月31日に第三者割当による新株予約権発行のお知らせのIRがでてました。
 三者割当の方法により、本新株予約権を、
 マイルストーン・キャピタル・マネジメント株式会社に130万0000個、
 株式会社ストライダーズに220万個(2,200,000株分)それぞれ割り当てるとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆9826 (株)JEUGIA
 1月31日にMBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせのIR等が出てました。
 cross road株式会社による公開買付けに賛同の意見を表明するとのことです。
 公開買付価格が1720円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

2月3日 下降トップ3銘柄
★3125 新内外綿(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 マスク素材として注目され、
 700円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4364 マナック(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益71.0%増、経常利益53.5%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 12月10日に「新機能性材料展2020」に出展と最新情報がでていました。
 これが1月29日〜31日に行われるとのことです。
 インフルエンザ関連として買われ、
 600円ほどだった株価が2300を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4990 昭和化学工業(株)
 11月13日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益16.2%減、経常利益22.9%減、
 四半期純利益35.4%減となっていました。
 新型コロナウイルス関連として、
 除菌と消毒液を扱うここにも資金が集まっており、
 450円ほどだった株価が右肩上がりに買われ2040円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2020/1
2020/2
2020/3
2020/4
2020/5
2020/6
2020/7
2020/8
2020/9
2020/10
2020/11


Copyright ©2011-2019 まねきねこ。 All Rights Reserved.