投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
1月31日 上昇トップ3銘柄
☆3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、2日連続でストップ高まで買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆9791 (株)ビケンテクノ
 11月8日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.6%減、
 営業利益28.8%減、経常利益30.2%減、
 四半期純利益32.7%減となっていました。
 1月30日に瞬間除菌消臭水「プロトクリン・アクア」のご紹介がでてました。
 「プロトクリン・アクア」は次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を希釈反応させ、
 もっとも除菌効果が大きく、
 もっとも安全な領域にpH(ペーハー) 値を調整した除菌・消臭水とのことで、
 これに注目が集まりストップ高手前まで買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4558 (株)中京医薬品
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 8日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、一気に株価が上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

1月31日 下降トップ3銘柄
★6080 M&Aキャピタルパートナーズ(株)
 1月30日に2020年9月期 第1四半期決算短信のIRが出てました。
 前年同期と比べ、売上高66.7%減、
 営業利益94.2%減、経常利益94.1%減、
 四半期純利益99.0%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★2127 (株)日本M&Aセンター
 1月30日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.1%増、
 営業利益18.7%増、経常利益20.1%増、
 四半期純利益18.2%増となっていました。
 ただ、決算に向かって右肩上がりに買われていただけに、
 大きく売られているのでしょう。
 ただ、業績は悪くないですし、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

★3904 (株)カヤック
 12月24日に通期業績予想及び配当予想の修正並びに
 役員報酬の減額に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高8.6%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 「ハイパーカジュアルゲーム」である
 『Park Master』が米国のApp Store無料ランキングで
 首位となったことを公式Twitter上で明らかにしたことがきっかけとなり、
 29日、30日に大幅に買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月30日 上昇トップ3銘柄
☆3202 ダイトウボウ(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.1%増、
 営業利益32.2%増、経常利益38.2%増、
 四半期純利益3.2%増となっていました。
 マスクの素材として注目を集め、ストップ高まで買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆4990 昭和化学工業(株)
 11月13日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益16.2%減、経常利益22.9%減、
 四半期純利益35.4%減となっていました。
 新型コロナウイルス関連として、
 除菌と消毒液を扱うここにも資金が集まっており、
 450円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆7963 興研(株)
 11月1日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.1%減、
 営業利益13.2%減、経常利益12.3%減、
 四半期純利益27.3%減となっていました。
 新型コロナウイルス関連として、
 防塵・防毒マスク2大メーカーのここに資金が集まっており、
 1350円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 4000円以上も期待できるでしょう。

1月30日 下降トップ3銘柄
★7735 (株)SCREENホールディングス
 1月29日に2020年3月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高10.4%減、
 営業利益60.8%減、経常利益61.5%減、
 当期純利益53.4%減となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益48.0%減、経常利益48.9%減、
 当期純利益50.0%減と下方修正していました。
 さらに配当予想も修正しており、
 前回予想97円より、51円減配し、46円の予想になっていました。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7612 (株)Nuts
 11月8日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高732.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 1月27日に事業譲渡契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
 アミューズメント事業の全部 及びコンテンツ事業の一部を
 株式会社メイクイーストへ譲渡するとのことです。
 譲渡価額 2000万円とのことです。
 1月29日に中国におけるウイルス感染症対策事業の開始に関するお知らせがでてました。
 連結子会社であるAdjuvant・Immunity Probes Laboratory株式会社が
 中国・香港で進めていた経鼻アジュバント不活化インフルエンザワクチン事業開発において、
 途上に新たに出現した新型コロナウイルス感染症にも、
 中国と共同で対応することを決定いたしましたとのことで、
 これが評価され前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6635 (株)大日光・エンジニアリング
 11月12日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益6.8%減、経常利益31.7%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 1月16日にマニュトロニクス社、双日ベトナム社、及び弊社
 3社間での戦略的パートナー契約締結のお知らせがでてました。
 Manutronics Vietnam JSC.,社ならびに
 SojitzVietnum Company Limitedとの間で、
 戦略的パートナー契約を締結いたしましたとのことで、
 これが評価され650円ほどだった株価が1900円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

1月29日 上昇トップ3銘柄
☆7612 (株)Nuts
 11月8日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高732.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 1月27日に事業譲渡契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
 アミューズメント事業の全部 及びコンテンツ事業の一部を
 株式会社メイクイーストへ譲渡するとのことです。
 譲渡価額 2000万円とのことです。
 1月29日に中国におけるウイルス感染症対策事業の開始に関するお知らせがでてました。
 連結子会社であるAdjuvant・Immunity Probes Laboratory株式会社が
 中国・香港で進めていた経鼻アジュバント不活化インフルエンザワクチン事業開発において、
 途上に新たに出現した新型コロナウイルス感染症にも、
 中国と共同で対応することを決定いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 150円辺りも期待できるでしょう。

☆3125 新内外綿(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 マスク素材として注目されているようで、ストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4120 スガイ化学工業(株)
 11月6日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%増、
 営業利益86.3%減、経常利益90.8%減、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 新型コロナウイルス対策関連としてストップ高まで買われているのでしょう。
 1700〜2000円辺りも期待できるでしょう。

1月29日 下降トップ3銘柄
★2172 (株)インサイト
 11月14日に2020年6月期 第1四半期決算のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型コロナウイルスの感染者が北海道で確認されたとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。

★3496 (株)アズーム
 1月28日に2020年9月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高8億4200万円、
 営業利益100万円、経常利益0円、四半期純利益-200万円となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。

★7685 (株)BuySell Technologies
 12月18日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2019年通期の業績予想は前年と比べ、売上高27.4%増、
 営業利益71.0%増、経常利益70.0%増、
 当期純利益55.5%増の予想でした。
 ここは12月18日に上場し、
 公開価格1930円の1.92倍となる3720円で初値をつけました。
 その後は4300円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月28日 上昇トップ3銘柄
☆4558 (株)中京医薬品
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 5日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、一気に株価が上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょ。

☆4978 (株)リプロセル
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日はいろいろなメディアが「大阪大学の澤芳樹教授らは27日、
 iPS細胞から育てた心臓の細胞をシート状にし、
 重症心不全患者に移植する世界初の手術をしたと発表した」などと報じたことで、
 iPS細胞関連銘柄のここが買われているのでしょう。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆3138 (株)富士山マガジンサービス
 1月27日に連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通気の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.1%増、
 営業利益73.8%増、経常利益76.5%増、
 当期純利益71.7%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

1月28日 下降トップ3銘柄
★6027 弁護士ドットコム(株)
 1月27日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.6%増、
 営業利益35.2%減、経常利益34.8%減、
 四半期純利益34.4%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3161 アゼアス(株)
 12月11日に2020年4月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益137.1%増、経常利益80.9%増、
 当期純利益77.4%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも買われ、
 770円ほどだった株価が1560円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4570 (株)免疫生物研究所
 11月8日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高40.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高32.4%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 一部メディアが「中国の保健当局は、
 世界で新型コロナウイルスによる
 肺炎の治療方法を見つける取り組みが行われている間の措置として、
 米バイオ医薬品会社アッヴィの抗HIV薬
 『カレトラ』を治療に使用する」と報じ、
 思惑買いから前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月27日 上昇トップ3銘柄
☆4556 (株)カイノス
 1月24日に2020年3月期第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高3.4%減、
 営業利益0.5%減、経常利益2.9%減、
 四半期純利益2.4%減となっていました。
 通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益18.2%増、経常利益18.2%増、
 当期純利益18.4%増と上方修正していました。
 これが評価されたのと、新型コロナウイルスによる
 肺炎対策関連としてストップ高まで買われてるのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3417 大木ヘルスケアホールディングス(株)
 11月6日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.0%増、
 営業利益1.3%減、経常利益0.7%増、
 四半期純利益5.6%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 医薬品を扱うここも買われ、
 1000円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 2日ほど利確売りに押されていましたが、
 また新型肺炎対策関連銘柄として買われているのでしょう。
 2020円を超えられれば2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆6946 日本アビオニクス(株)
 12月25日に無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証
 ―故障や悪天候などの緊急事態に対応―とニュースリリースがでてました。
 NEDO、(株)SUBARU、日本無線(株)、
 日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、
 愛知県、豊川市、田原市の協力のもと、
 12月16日から24日に、豊川市御津および田原市白浜を結ぶ三河湾海上で、
 無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証する飛行試験を実施しましたとのことです。
 12月27日に拠点集約に関するお知らせがでてました。
 本社、横浜事業所および新横浜事業所の3ヵ所に分散している拠点を
 2ヵ所に集約し、部門間の更なる連携強化により経営効率向上を図るとのことです。
 1月27日にNAJホールディングス株式会社による当社普通株式に対する
 公開買付けの結果並びに親会社及び主要株主である
 筆頭株主の異動のお知らせとニュースがでてました。
 NAJホールディングス株式会社が2019年12月2 日より実施しておりました
 当社の普通株式に対する公開買付けが2020年1月24日をもって終了いたしましたとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2200円辺りも期待できるでしょう。

1月27日 下降トップ3銘柄
★7518 ネットワンシステムズ(株)
 本日、東芝子会社の200億円循環取引、
 ネットワンシステムズと日鉄子会社が関与かと報道されており、
 これが原因で前日に大きく売られ、
 本日もストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8202 ラオックス(株)
 1月21日の11時20分に当社業績等に関する一部報道についてのIRがでてました。
 日本経済新聞より、
 「ラオックス社長、今期は3年ぶりの黒字贈答品子会社が改善」
 との記事が掲載されたとのことです。
 これが評価され270円ほどだった株価が350円を超えていました。
 本日は地合いが悪い事もあり、
 利確売りに押されているのでしょう。

★4336 (株)クリエアナブキ
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.8%減、
 営業利益41.5%増、経常利益14.1%増、
 四半期純利益21.2%増となっていました。
 12月の終わりから買われ、
 470円ほどだった株価が930円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月24日 上昇トップ3銘柄
☆7886 ヤマト・インダストリー(株)
 11月11日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 前日、本日と値動きの軽さから買われているようで、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、株価が大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4364 マナック(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益71.0%増、経常利益53.5%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 12月10日に「新機能性材料展2020」に出展と最新情報がでていました。
 これが1月29日〜31日に行われるとのことです。
 インフルエンザ関連として買われ、
 600円ほどだった株価が1430円を超えていました。
 前日は利確売りに押されていましたが、また買われだしたのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3604 川本産業(株)
 11月6日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも4日連続でストップ高まで買われています。
 1500〜2000円辺りも期待できるでしょう。

1月24日 下降トップ3銘柄
★7878 (株)光・彩
 12月6日に2020年1月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.0%増、
 営業利益14.3%増、経常利益13.5%増、
 四半期純利益8.2%増となっていました。
 値動きの軽さや優待に向け2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6030 (株)アドベンチャー
 1月23日に当社子会社従業員における不正行為に関する調査委員会の設置のお知らせのIRがでてました。
 連結子会社である株式会社ギャラリーレアにおきまして、
 従業員による不正行為が2020年1月16日に判明し、
 当社は2020年1月22日に株式会社ギャラリーレアが実施した
 社内調査による報告書入手したとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8894 (株)REVOLUTION
 11月1日に新たな事業の開始及び
 ファンドへの投資に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として「投資事業」を開始するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われていました。
 12月11日に2019年10月期決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高4.1%減、
 営業利益31.0%減、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高2.4%、
 営業利益128.3%増、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 前日に新たな投資事業への期待からか大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月23日 上昇トップ3銘柄
☆8894 (株)REVOLUTION
 11月1日に新たな事業の開始及び
 ファンドへの投資に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として「投資事業」を開始するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われていました。
 12月11日に2019年10月期決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高4.1%減、
 営業利益31.0%減、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高2.4%、
 営業利益128.3%増、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 新たな投資事業への期待からか大きく買われています。
 ただ、大きく買われているだけに利確売りには注意が必要でしょう。

☆4558 (株)中京医薬品
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 350円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆7878 (株)光・彩
 12月6日に2020年1月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.0%増、
 営業利益14.3%増、経常利益13.5%増、
 四半期純利益8.2%増となっていました。
 値動きの軽さや優待に向け2日連続でストップ高まで買われています。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

1月23日 下降トップ3銘柄
★4364 マナック(株)
 11月1日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益71.0%増、経常利益53.5%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 12月10日に「新機能性材料展2020」に出展と最新情報がでていました。
 これが1月29日〜31日に行われるとのことです。
 インフルエンザ関連として買われ、
 600円ほどだった株価が1430円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7037 (株)テノ.ホールディングス
 11月11日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
 2019年12月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.2%増、
 営業利益132.9%増、経常利益184.6%増、
 四半期純利益194.1%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を発表しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益10.0%増、経常利益8.7%増、
 当期純利益11.1%増と上方修正していました。
 12月25日に当社連結子会社による
 介護(デイサービス)事業の開始に関するお知らせのIRがでてました。
 これ等が評価され850円ほどだった株価が1380円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9685 KYCOMホールディングス(株)
 11月7日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.2%減、
 営業利益1.4%増、経常利益5.1%増、
 四半期純利益39.1%増となっていました。
 値動きの軽さ等から買われ、
 600円ほどだった株価が850円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月22日 上昇トップ3銘柄
☆4558 (株)中京医薬品
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する
 二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開しているここも
 ストップ高まで買われているのでしょう。
 350円辺りも期待できるでしょう。

☆3161 アゼアス(株)
 12月11日に2020年4月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益137.1%増、経常利益80.9%増、
 当期純利益77.4%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 防護服を扱うここも前日にストップ高まで買われ、
 本日も大きく買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆3417 大木ヘルスケアホールディングス(株)
 11月6日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.0%増、
 営業利益1.3%減、経常利益0.7%増、
 四半期純利益5.6%増となっていました。
 新型コロナウイルスによる肺炎対策関連に注目が集まっており、
 医薬品を扱うここも2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

1月22日 下降トップ3銘柄
★6408 小倉クラッチ(株)
 11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想値と実績値との差異及び
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高0.6%増、
 営業利益33.2%増、経常利益39.6%増、
 四半期純利益52.5%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.7%減、
 営業利益34.0%減、経常利益36.1%減、
 当期純利益19.7%減と下方修正していました。
 12月23日に2019国際ロボット展に出展のニュースリリースがでてました。
 今回初披露となる超小形ルーツ式ポンプと
 超小形無励磁作動ブレーキを搭載した
 デンソーウェーブ様の協働ロボット“COBOTTA”の実演展示を行ったとのことです。
 1月13日にTOKYO AUTO SALON 2020に出展のニュースリリースがでてました。
 これ等が評価され、3300円ほどだった株価が8900円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7518 ネットワンシステムズ(株)
 本日、東芝子会社の200億円循環取引、
 ネットワンシステムズと日鉄子会社が関与かと報道されており、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6837 (株)京写
 10月31日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 第2四半期業績予想と実績値との差異及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益72.3%減、経常利益75.5%減、
 四半期純利益73.4%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益70.0%減、経常利益72.9%減、
 当期純利益66.7%減と下方修正していました。
 1月15日に世界初!ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な※
 「部品搬送用キャリア」を開発
 また、繰り返し使える高耐熱両面粘着シートに
 「静電対策タイプ」がラインナップに追加とIR情報が出ていました。
 従来から開発を続けていた
 『スクリーン印刷法による治具製造技術』をベースに、
 高温工程で部品搬送が可能なノンシリコーン粘着インクを使った
 部品搬送用キャリアを開発しましたとのことで、
 これが評価され300円ほどだった株価が510円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

1月21日 上昇トップ3銘柄
☆8202 ラオックス(株)
 1月21日の11時20分に当社業績等に関する一部報道についてのIRがでてました。
 日本経済新聞より、
 「ラオックス社長、今期は3年ぶりの黒字贈答品子会社が改善」
 との記事が掲載されたとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆7980 (株)重松製作所
 11月1日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 新型肺炎の原因となるコロナウイルスへの懸念から、
 防毒マスクを扱うここもストップ高まで買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆3417 大木ヘルスケアホールディングス(株)
 11月6日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.0%増、
 営業利益1.3%減、経常利益0.7%増、
 四半期純利益5.6%増となっていました。
 新型肺炎の原因となるコロナウイルスへの懸念から、
 医薬品を扱うここもストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

1月21日 下降トップ3銘柄
★7434 (株)オータケ
 1月16日に固定資産の譲渡、特別利益の計上及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 固定資産を譲渡することにより、特別利益を計上するとのことです。
 これにより、譲渡益が6億6300万発生するとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 4月18日に当社子会社による
 バイオマス発電燃料長期供給契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
 子会社であるCleath Energy Malaysia Sdn. Bhd.および
 Fuji Biomass Energy Sdn. Bhd.が、
 日本国内の事業会社との間で、
 バイオマス発電燃料の長期供給契約を締結することを決定したとのことで、
 これが評価され7〜8円で推移していた株価が10円を付けていました。
 11月14日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高26.1%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 ここは超低位株で7から8円で推移しており、
 本日は7円で終わったのでしょう。

★8740 (株)フジトミ
 11月7日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高29.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 1月14日に(開示事項の変更及び経過)
 連結子会社の異動に関するお知らせの一部変更及び
 特別利益額の確定のお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるふくろう少額短期保険株式会社の当社保有株式の全てを、
 株式会社くふうカンパニー等に譲渡することで、
 6100万円の特別利益を計上するとのことです。
 金が上がったことで、
 前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月20日 上昇トップ3銘柄
☆7434 (株)オータケ
 1月16日に固定資産の譲渡、特別利益の計上及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 固定資産を譲渡することにより、特別利益を計上するとのことです。
 これにより、譲渡益が6億6300万発生するとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 ただ、ここは普段の出来高の少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆2164 (株)地域新聞社
 1月10日に2020年8月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.5%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益99.9%減、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日は特に材料は見当たりませんが、ストップ高まで買われています。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3161 アゼアス(株)
 12月11日に2020年4月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益137.1%増、経常利益80.9%増、
 当期純利益77.4%増となっていました。
 中国の新型肺炎による死者が3人にまで増えたことで、
 感染症の対策関連株が買われており、
 防護服を扱うここもストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円以上も期待できるでしょう。

1月20日 下降トップ3銘柄
★3739 コムシード(株)
 11月8日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高19.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落してました。
 さらに通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高12.5%減、
 営業利益20.0%減、経常利益22.4%減、
 当期純利益73.0%減と下方修正していました。
 1月10日から右肩上がりに買われており、
 850円ほどだった株価が1630円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3816 (株)大和コンピューター
 11月29日に2020年7月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.9%増、
 営業利益55.6%増、経常利益53.5%増、
 四半期純利益52.1%増となっていました。
 農林水産省のスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに参画するなど
 農業ICT関連やAI関連として買われ、
 1350円ほどだった株価が2500円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3750 FRACTALE(株)
 12月25日に男性腹圧性尿失禁治療に関する
 医療機器の国内承認申請のお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるサイトリ・セラピューティクス株式会社で、
 男性腹圧性尿失禁治療に関する医療機器の国内承認申請について、
 プレスリリースをしたとのことで、
 これが評価され、1000円ほどだった株価が1540円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

1月17日 上昇トップ3銘柄
☆4564 オンコセラピー・サイエンス(株)
 1月16日にがん特異的ペプチドワクチンS-588410第III相臨床試験進捗に伴う
 マイルストーン受領のお知らせのIRがでてました。
 塩野義製薬株式会社にライセンスアウトしている
 がん特異的ペプチドワクチンS-588410の
 食道がん患者さんを対象とした
 第III相臨床試験につきまして、
 このたび覚書に定める試験進捗に伴うマイルストーンが発生しましたとのことで、
 これが評価され買われているのでしょう。
 120〜150円辺りも期待できるでしょう。

☆7434 (株)オータケ
 1月16日に固定資産の譲渡、特別利益の計上及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 固定資産を譲渡することにより、特別利益を計上するとのことです。
 これにより、譲渡益が6億6300万発生するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 ただ、ここは普段の出来高の少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆5983 イワブチ(株)
 11月1日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.0%増、
 営業利益は黒字転換、経常利益大幅増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 4日付けの日本経済新聞朝刊で
 「政府・与党が検討する13兆円規模の経済対策の内訳がわかった」と報じられ、
 なかで「無電柱化や送電網の整備支援に1700億円を計上する」とあることから、
 電線地中化の関連銘柄として5500円ほどだった株価が8000円近くまで買われていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 また買われだしたのでしょう。
 10000円辺りも期待できるでしょう。

1月17日 下降トップ3銘柄
★3739 コムシード(株)
 11月8日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高19.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落してました。
 さらに通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高12.5%減、
 営業利益20.0%減、経常利益22.4%減、
 当期純利益73.0%減と下方修正していました。
 1月10日から右肩上がりに買われており、
 850円ほどだった株価が1630円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8208 (株)エンチョー
 10月29日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 第2四半期連結累計期間業績予想数値と実績値との差異及び
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.0%増、
 営業利益10.8%減、経常利益17.5%減、
 四半期純利益31.3%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.4%減、
 営業利益15.0%減、経常利益25.0%減、
 当期純利益50.0%減と下方修正していました。
 前日に特に材料は見当たらないものの、ストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3661 (株)エムアップ
 1月14日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高162.0%増、
 営業利益129.9%増、経常利益97.9%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 1月10日から右肩上がりに買われており、
 2850円ほどだった株価が3300円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月16日 上昇トップ3銘柄
☆8208 (株)エンチョー
 10月29日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 第2四半期連結累計期間業績予想数値と実績値との差異及び
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.0%増、
 営業利益10.8%減、経常利益17.5%減、
 四半期純利益31.3%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.4%減、
 営業利益15.0%減、経常利益25.0%減、
 当期純利益50.0%減と下方修正していました。
 本日は特に材料は見当たらないものの、ストップ高まで買われています。
 ただ、材料が見当たらないだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆6579 ログリー(株)
 10月29日にログリー、MicroAd Taiwan, Ltd.と業務提携し
 海外に向けた広告配信領域を拡大
 ―LOGLY liftを通して大手台湾メディアへの広告配信が可能に―と
 プレスリリースがでてました。
 これが評価され2000円ほどだった株価が3300円を超えていました。
 11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益76.4%減、経常利益74.5%減、
 四半期純利益75.0%減となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高15.2%減、
 営業利益76.5%減、経常利益80.2%減、
 当期純利益77.8%減となっていました。
 米グーグルが「今後2年以内に同社のブラウザ『クローム』で
 ターゲティング広告のためのクッキー利用を規制する計画」などと
 複数のメディアで報じられ
 Cookieを使用せずに
 ユーザー属性を推定する技術を確立し、
 特許を取得している同社に思惑買いが入ったようです。
 3000円以上も期待できるでしょう。

☆5817 JMACS(株)
 1月14日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 700辺りも期待できるでしょう。

1月16日 下降トップ3銘柄
★6064 (株)アクトコール
 1月15日に2019年11月期 決算短信のIRと、
 配当方針の変更および配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIR等がでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高24.3%減、
 営業利益95.9%、営業利益163.6%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は10が月の変則決算となるため、
 売上高40億円、営業利益7億7500万円、
 経常利益7億3100万円、当期純利益4億3900万円の予想でした。
 さらに未定だった配当予想を無配と決定していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4673 川崎地質(株)
 1月15日に2019年11月期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.0%増、
 営業利益22.5%減、経常利益26.5%減、
 当期純利益8.7%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高1.4%増、
 営業理経27.8%増、経常利益13.5%増、
 当期純利益22.0%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4381 ビープラッツ(株)
 1月15日に通期連結業績予想及び
 通期個別業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高40.2%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

1月15日 上昇トップ3銘柄
☆3266 (株)ファンドクリエーショングループ
 1月14日に2019年11月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年11月の業績は前年同期と比べ、売上高36.7%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換してました。
 2020年通期の業績予想は売上高95.8%増、
 営業利益83.3%増、経常利益108.7%増、
 当期純利益93.4%増の予想でした。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 150〜180円辺りも期待できるでしょう。

☆6837 (株)京写
 10月31日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 第2四半期業績予想と実績値との差異及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高9.1%減、
 営業利益72.3%減、経常利益75.5%減、
 四半期純利益73.4%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益70.0%減、経常利益72.9%減、
 当期純利益66.7%減と下方修正していました。
 1月15日に世界初!ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な※
 「部品搬送用キャリア」を開発
 また、繰り返し使える高耐熱両面粘着シートに
 「静電対策タイプ」がラインナップに追加とIR情報が出ていました。
 従来から開発を続けていた
 『スクリーン印刷法による治具製造技術』をベースに、
 高温工程で部品搬送が可能なノンシリコーン粘着インクを使った
 部品搬送用キャリアを開発しましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400〜500円辺りも期待できるでしょう。

☆3810 サイバーステップ(株)
 1月14日に2020年5月期 第2四半期決算短信のIRと、
 2020年5月期 配当予想の修正(初配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高23.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに無配だった配当予想を10円へ復配を発表していました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円以上も期待できるでしょう。

1月15日 下降トップ3銘柄
★3223 (株)エスエルディー
 11月29日にポケモンカフェ新業態店舗に関する追加情報のお知らせのIRがでてました。
 ポケモンセンターメガトウキョーに併設予定の
 新たなスタイルのポケモンカフェの開業支援及び運営業務を受託しましたとのことです。
 1月14日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高はほぼ変わらず、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は赤字転落してました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3246 (株)コーセーアールイー
 1月14日に2020年1月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高19.3%増、
 営業利益46.5%減、経常利益37.8%減、
 四半期純利益44.7%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高25.4%減、
 営業利益68.2%減、経常利益67.9%減、
 当期純利益67.7%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★7597 東京貴宝(株)
 11月6日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期第2四半期累計期間業績予想値と実績値との差異及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.4%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益37.4%増、四半期純利益71.8%増となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.9%減、
 営業利益34.1%増、経常利益16.8%減、
 当期純利益252.7%増と上方修正していました。
 特に材料は見当たらないものの、
 前日から大きく買われていましたので、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月14日 上昇トップ3銘柄
☆5216 (株)倉元製作所
 1月7日にCES2020へ出展しますとでていました。
 2020年1月7日(火)から10日(金)まで、
 アメリカ・ラスベガスの
 Las Vegas Convention and World Trade Centerで開催される
 CES(Consumer Electronics Show)2020展に初めて参加いたしますとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 再度評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 350円辺りも期待できるでしょう。

☆8226 (株)理経
 11月8日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日付けの朝日新聞朝刊で
 「荷物の配送などで利用の拡大が見込まれている
  小型無人飛行機『ドローン』について、
  政府は国内企業がサイバー攻撃に強い機体を開発したり、
  導入したりすることを後押しする方針を決めた」と報じられたことで、
 ドローン関連として大きく買われているのでしょう。
 350円辺りも期待できるでしょう。

☆7869 日本フォームサービス(株)
 1月10日に上場廃止に係る猶予期間入り
 (流通株式時価総額基準)に関するお知らせのIRがでてました。
 2019年9月30日時点の当社株式の流通株式時価総額が
 有価証券上場規程第604条の2第1項第3号
 (関連規則は同第601条第1項第2号b本文)に定める
 所要額(2.5億円)未満となり、
 当社株式が上場廃止に係る猶予期間入りしたとのことです。
 これがきっかけとなり、上場廃止回避に向け買われているのでしょう。
 40万2000株と少ないこともあり、
 動き出せば、大きく動くことも期待できるでしょう。

1月14日 下降トップ3銘柄
★7807 (株)幸和製作所
 1月10日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRと、
 特別損失の計上、業績予想および配当予想の修正ならびに
 役員報酬の減額に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高34.4%増、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高3.8%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 さらに通期の配当予想を0円と無配転落予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7453 (株)良品計画
 1月10日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.9%増、
 営業利益14.5%減、経常利益15.5%減、
 四半期純利益32.4%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4394 (株)エクスモーション
 1月10日に2019年11月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高17.0%増、
 営業利益28.5%増、経常利益30.0%増、
 当期純利益41.3%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高6.0%増、
 営業利益18.9%減、経常利益19.0%減、
 当期純利益30.9%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

1月10日 上昇トップ3銘柄
☆7068 (株)フィードフォース
 1月10日の11時半に2020年5月期第2四半期決算短信のIRと、
 子会社の異動を伴う株式取得
 (アナグラム株式会社の連結子会社化)
 に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は売上高4億4400万円、
 営業利益7700万円、経常利益6900万円、
 四半期純利益4000万円となっていました。
 アナグラム株式会社の株式を取得し、同社を連結子会社化するとのことで、
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

☆2303 (株)ドーン
 1月9日に2020年5月期第2四半期決算短信のIRと、
 2020年5月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高36.0%増、
 営業利益568.2%増、経常利益488.2%増、
 四半期純利益518.7%増と良いものでした。
 さらに通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.1%増、
 営業利益16.8%増、経常利益15.5%増、
 当期純利益15.6%増と上方修正していました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆6734 (株)ニューテック
 12月24日に連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益20.4%増、経常利益18.5%増、
 当期純利益11.8%増と上方修正していました。
 1月7日に第4回【関西】組込みシステム開発技術展出展のご案内がでてました。
 2020年1月29日(水)〜31日(金) インテックス大阪で開催される
 『第4回【関西】組込みシステム開発技術展』に出展するとのことです。
 これ等が評価され4日連続でストップ高まで買われていました。
 1月9日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.3%増、
 営業利益73.3%増、経常利益73.8%増、
 四半期純利益81.2%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 ただ、1300円だった株価が倍以上になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

1月10日 下降トップ3銘柄
★9867 ソレキア(株)
 11月8日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高15.8%増、
 営業利益222.6%増、経常利益193.9%増、
 四半期純利益240.2%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.6%増、
 営業利益44.1%増、経常利益43.3%増、
 当期純利益43.2%増と上方修正していました。
 業績の良さや値動きの軽さから買われており、
 8日連続でストップ高まで買われ、翌日も大きく買われ25100円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9647 (株)協和コンサルタンツ
 10月10日に2019年11月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.7%増、
 営業利益206.1%増、経常利益225.7%増、
 四半期純利益688.9%増と良いものでした。
 これが評価され、通期の業績への期待からか、
 年明けから買われ、3300円ほどだった株価が7100円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。
 本日の後場終了後、業績予想の修正に関するお知らせのIRがでており、
 上方修正していましたので、
 このIRの評価次第では5500円以上も期待できるでしょう。

★6343 フリージア・マクロス(株)
 11月14日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益26.9%増、経常利益35.9%増、
 四半期純利益16.5%となっていました。
 フリージア・マクロスが筆頭株主であるソレキア等が急騰していることから、
 フリージア・マクロス関連銘柄と共に買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

1月9日 上昇トップ3銘柄
☆9767 日建工学(株)
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.6%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 河川洪水対策に注目され買われているようです。
 ただ、これと言った材料は見当たりませんので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆9265 ヤマシタヘルスケアホールディングス(株)
 1月8日に2020年5月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.6%増、
 営業利益229.4%増、経常利益188.2%増、
 四半期純利益375.0%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益41.1%増、経常利益40.9%増、
 当期純利益58.6%増と上方修正していました。
 配当予想を修正しており、
 前回予想より、13円増配し45円の予想になっていました。
 これ等が評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆7602 (株)カーチスホールディングス
 12月18日の13時に合弁会社設立に関する合弁契約締結のお知らせのIRがでてました。
 山東新華錦の100%子会社である青島新華錦汽車貿易有限公司との
 合弁会社設立に関する合弁契約締結について決議致しましたとのことです。
 1月7日の13時に中国における
 合弁会社設立手続き完了のお知らせ(開示事項の経過)のIRが出てました。
 合弁会社設立の手続きが完了したとのことで、
 これが評価され買われているのでしょう。
 470円を超えられれば、500円以上も期待できるでしょう。

1月9日 下降トップ3銘柄
★4274 細谷火工(株)
 11月11日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益4.8%減、経常利益5.0%減、
 四半期純利益14.2%減となっていました。
 地政学リスクから買われ、1000以下だった株価が1480円を超えていました。
 トランプ大統領が8日の演説で
 「軍事力を行使したくない」と述べたことで、
 地政学リスクが後退との見方から売られているのでしょう。

★6208 (株)石川製作所
 11月11日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 地政学リスクから1800円ほどだった株価が2570円を超えていました。
 トランプ大統領が8日の演説で
 「軍事力を行使したくない」と述べたことで、
 地政学リスクが後退との見方から売られているのでしょう。

★8740 (株)フジトミ
 11月7日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高29.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 地政学的なリスクから金を扱うここも買われ、
 240円ほどだった株価が450円を超えていました。
 トランプ大統領が8日の演説で
 「軍事力を行使したくない」と述べたことで、
 地政学リスクが後退との見方から売られているのでしょう。

1月8日 上昇トップ3銘柄
☆7800 (株)アミファ
 11月14日に2019年9月期 決算短信のIRと、
 剰余金の配当(増配)に関するお知らせのIRがでてました。
 2019年9月期の業績は前年と比べ、売上高4.9%増、
 営業利益78.9%増、経常利益44.6%増、
 当期純利益33.3%減となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高4.4%増、
 営業利益17.5%減、経常利益5.8%減、
 当期純利益1.9%増となっていました。
 さらに3円の増配を発表していました。
 本日は値動きの軽さからストップ高まで買われているようです。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆1992 神田通信機(株)
 11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、経常利益474.5%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 1月6日に新年の御挨拶がでてました。
 いち早く5Gを利用し、
 異次元の景色を実現することを目指すとともに、
 “ネットワークに繋がる全ての機器を制御するエンジニアリング会社”になるべく、
 お客様へ多様なソリューションの企画・提案を行ってまいりますとのことで、
 これが評価され前日に買われ、
 本日はストップ高まで買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆6734 (株)ニューテック
 12月24日に連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益20.4%増、経常利益18.5%増、
 当期純利益11.8%増と上方修正していました。
 1月7日に第4回【関西】組込みシステム開発技術展出展のご案内がでてました。
 2020年1月29日(水)〜31日(金) インテックス大阪で開催される
 『第4回【関西】組込みシステム開発技術展』に出展するとのことで、
 これ等が評価され3日連続でストップ高まで買われています。
 3日で株価が倍になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

1月8日 下降トップ3銘柄
★1491 中外鉱業(株)
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.7%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大していました。
 四半期純利益の赤字幅はほぼ横ばいでした。
 本日は地政学リスクから売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 4月18日に当社子会社による
 バイオマス発電燃料長期供給契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
 子会社であるCleath Energy Malaysia Sdn. Bhd.および
 Fuji Biomass Energy Sdn. Bhd.が、
 日本国内の事業会社との間で、
 バイオマス発電燃料の長期供給契約を締結することを決定したとのことで、
 これが評価され7〜8円で推移していた株価が10円を付けていました。
 11月14日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高26.1%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 ここは超低位株で7から8円で推移しており、
 本日は7円で終わったのでしょう。

★2160 (株)ジーエヌアイグループ
 1月6日に(開示事項の変更・経過報告)香港子会社による
 香港証券所への上場申請に関するお知らせのIRが出てました。
 香港証券取引所への上場申請を撤回し、
 上海証券取引所の科創板に変更し、上場申請することを決定したとのことです。
 これが原因で2日連続で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

1月7日 上昇トップ3銘柄
☆8740 (株)フジトミ
 11月7日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高29.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 地政学的なリスクから金を扱うここも買われているようで、
 前日に大きく買われ、本日はストップ高まで買われています。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆5216 (株)倉元製作所
 CES2020へ出展しますとでていました。
 2020年1月7日(火)から10日(金)まで、
 アメリカ・ラスベガスの
 Las Vegas Convention and World Trade Centerで開催される
 CES(Consumer Electronics Show)2020展に初めて参加いたしますとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 200円も超えましたしさらなる高値も期待できるでしょう。

☆9867 ソレキア(株)
 11月8日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高15.8%増、
 営業利益222.6%増、経常利益193.9%増、
 四半期純利益240.2%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.6%増、
 営業利益44.1%増、経常利益43.3%増、
 当期純利益43.2%増と上方修正していました。
 業績の良さや値動きの軽さから買われており、
 8日連続でストップ高まで買われています。
 20000円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

1月7日 下降トップ3銘柄
★6946 日本アビオニクス(株)
 12月25日に無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証
 ―故障や悪天候などの緊急事態に対応―とニュースリリースがでてました。
 NEDO、(株)SUBARU、日本無線(株)、
 日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、
 愛知県、豊川市、田原市の協力のもと、
 12月16日から24日に、豊川市御津および田原市白浜を結ぶ三河湾海上で、
 無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証する飛行試験を実施しましたとのことです。
 12月27日に拠点集約に関するお知らせがでてました。
 本社、横浜事業所および新横浜事業所の3ヵ所に分散している拠点を
 2ヵ所に集約し、部門間の更なる連携強化により経営効率向上を図るとのことです。
 これ等が評価され30日に大きく買われ、前日にはストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9027 (株)ロジネット ジャパン
 11月13日に令和2年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.7%増、
 営業利益28.5%増、経常利益28.9%増、
 四半期純利益31.5%増となっていました。
 これが評価された事や、値動きの軽さもあり、
 2500円ほどだった株価が3600円を付けていました。
 現在利確売りに押されているのでしょう。

★9263 (株)ビジョナリーホールディングス
 12月13日に2020年4月期第2四半期決算短信のIRと、
 エムスリーとの資本業務提携,第三者割当,新株式発行、
 その他の関係会社及び主要株主である
 筆頭株主の異動(予定),資本金及び
 資本準備金の減少に関するお知らせのIR、
 子会社の設立及び当社子会社である
 株式会社メガネスーパーによる会社分割(簡易吸収分割)並びに
 エムスリー株式会社との合弁事業開始に関するお知らせのIRが出てました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高9.2%増、
 営業利益17.4%減、経常利益75.9%減、
 四半期純利益95.5%減となっていました。
 さらにエムスリー株式会社との間で資本業務提携を発表しており、
 これが評価され、330円ほどだった株価が、
 右肩上がりに買われ620円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

1月6日 上昇トップ3銘柄
☆5216 (株)倉元製作所
 CES2020へ出展しますとでていました。  2020年1月7日(火)から10日(金)まで、
 アメリカ・ラスベガスの
 Las Vegas Convention and World Trade Centerで開催される
 CES(Consumer Electronics Show)2020展に初めて参加いたしますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆6946 日本アビオニクス(株)
 12月25日に無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証
 ―故障や悪天候などの緊急事態に対応―とニュースリリースがでてました。
 NEDO、(株)SUBARU、日本無線(株)、
 日本アビオニクス(株)、三菱電機(株)、(株)自律制御システム研究所は、
 愛知県、豊川市、田原市の協力のもと、
 12月16日から24日に、豊川市御津および田原市白浜を結ぶ三河湾海上で、
 無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避できる技術を実証する飛行試験を実施しましたとのことです。
 12月27日に拠点集約に関するお知らせがでてました。
 本社、横浜事業所および新横浜事業所の3ヵ所に分散している拠点を
 2ヵ所に集約し、部門間の更なる連携強化により経営効率向上を図るとのことです。
 これ等が評価され30日に大きく買われ、本日はストップ高まで買われています。
 1800〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆8746 第一商品(株)
 1月6日の10時に特別損益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 800万円の特別利益と、1400万円の特別損失を計上するとのことです。
 本日は不穏な世界情勢により、金を扱うここに資金が集まったのでしょう。
 300円辺りも期待できるでしょう。

1月6日 下降トップ3銘柄
★9976 (株)セキチュー
 12月26日に2020年2月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.4%増、
 営業利益121.6%増、経常利益89.6%増、
 四半期純利益90.0%増と良いものでした。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6551 (株)ツナググループ・ホールディングス
 12月25日に株式会社ZENKIGENの株式購入に関するお知らせのIRがでてました。
 B種優先株式を購入するとのことです。
 これが評価され、750円ほどだった株価が860円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6195 (株)ホープ
 11月6日に2020年6月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高366.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 ここは27日から4分割しており、
 これが評価されストップ高まで買われ、前日も大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2020/1
2020/2
2020/3
2020/4
2020/5
2020/6
2020/7
2020/8
2020/9
2020/10
2020/11


Copyright ©2011-2019 まねきねこ。 All Rights Reserved.