投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
11月14日 上昇トップ3銘柄
☆1724 シンクレイヤ(株)
 11月13日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は売上高81億800万円、
 営業利益8億4300万円、経常利益8億6500万円、
 四半期純利益5億7300万円となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高8.2%増、
 営業利益30.0%増、経常利益33.3%増、
 当期純利益21.7%増となっていました。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆3397 (株)トリドールホールディングス
 11月13日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 連結子会社の会社分割(吸収分割)に伴う子会社設立に関するお知らせのIRが出てました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上収益11.2%増、
 事業利益32.9%増、営業利益23.3%増、
 税引前利益0.7%減、四半期利益11.0%減となっていました。
 2019年11月中旬 (予定)に当社が100%出資する子会社を設立することおよび
 2020年4月1日(予定)を効力発生日として会社分割(吸収分割)の方式により、
 当社の連結子会社である「株式会社トリドールジャパン」の事業の一部を
 「株式会社トリドールジャパン分割準備会社」、
 「株式会社コナズ珈琲分割準備会社」、
 「株式会社肉のヤマキ商店分割準備会社」に
 承継することを決議いたしましたとのことです。
 これ等が評価され大きく買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

☆3135 (株)マーケットエンタープライズ
 11月13日に2020年6月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高50.1%増、
 営業利益683.9%増、経常利益699.4%増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3500〜4000円辺りも期待できるでしょう。

11月14日 下降トップ3銘柄
★5704 (株)JMC
 11月13日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は売上高12.9%増、
 営業利益5.7%減、経常利益9.6%減、
 四半期純利益14.8%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高14.0%減、
 経常利益36.4%減、経常利益34.6%減、
 当期純利益35.2%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3814 (株)アルファクス・フード・システム
 11月13日に2019年9月期 決算短信のIRと、
 札幌営業所開設に関するお知らせのIR、
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高10.5%増、
 営業利益181.3%増、経常利益208.4%増、
 当期純利益205.0%増と良いものでした。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高11.0%減、
 営業利益40.0%減、経常利益42.6%減、
 当期純利益43.1%減の予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6591 西芝電機(株)
 11月11日に本日の当社に関する一部報道についてのIRがでてました。
 共同通信社において、株式会社東芝が上場している子会社の完全子会社化を進め、
 親子上場の解消に乗り出す方向で検討に入り、
 当社がその候補の1社である旨に関する報道があったとのことで、
 これが評価され2日連続ストップ高まで買われていました。
 11月13日に支配株主である東芝インフラシステムズ株式会社による
 当社株券等に対する公開買付けに係る意見表明及び
 応募推奨に関するお知らせのIRと、
 2020 年3月期の期末配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIRがでてました。
 東芝インフラシステムズ株式会社による当社の普通株式を対象とする
 公開買付けに関して、賛同の意見を表明するとともに、
 当社の株主の皆様に対して本公開買付けへの応募を推奨する旨の決議したとのことです。
 公開買付価格240円とのことで、
 期待から株価が上がりすぎていただけに、240円に向かって売られているのでしょう。

11月13日 上昇トップ3銘柄
☆6591 西芝電機(株)
 11月11日に本日の当社に関する一部報道についてのIRがでてました。
 共同通信社において、株式会社東芝が上場している子会社の完全子会社化を進め、
 親子上場の解消に乗り出す方向で検討に入り、
 当社がその候補の1社である旨に関する報道があったとのことで、
 これが評価され2日連続ストップ高まで買われているのでしょう。
 300円も超えましたし、さらなる高値も期待できるでしょう。

☆6239 (株)ナガオカ
 11月8日に2020年6月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIR、
 大口受注に関するお知らせのIRがでてました。
 プラスチックの原料であるプロピレンの需要増加が見込まれており、
 北米で新設のプロピレン・プラントの建設計画があり、
 当社製品が採用されましたとのことです。
 受注製品がスクリーン・インターナルで、
 受注金額6億4200万円とのことです。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高89.8%増、
 営業利益282.7%増、経常利益346.8%増、
 四半期純利益583.0%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高19.6%増、
 営業利益91.1%増、経常利益97.6%増、
 当期純利益97.8%増と上方修正していました。
 これ等が評価され3日連続でストップ高まで買われています。
 1500〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆9625 (株)セレスポ
 11月11日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高53.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

11月13日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 4月18日に当社子会社による
 バイオマス発電燃料長期供給契約締結に関するお知らせのIRがでてました。
 子会社であるCleath Energy Malaysia Sdn. Bhd.および
 Fuji Biomass Energy Sdn. Bhd.が、
 日本国内の事業会社との間で、
 バイオマス発電燃料の長期供給契約を締結することを決定したとのことで、
 これが評価され7〜8円で推移していた株価が10円を付けていました。
 8月14日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高22.5%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 低位株である原弘産の株価が数倍になっていることから低位株が買われており、
 低位株であるここも買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6579 ログリー(株)
 10月29日にログリー、MicroAd Taiwan, Ltd.と業務提携し
 海外に向けた広告配信領域を拡大
 ―LOGLY liftを通して大手台湾メディアへの広告配信が可能に―と
 プレスリリースがでてました。
 これが評価され2000円ほどだった株価が3300円を超えていました。
 11月12日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益76.4%減、経常利益74.5%減、
 四半期純利益75.0%減となっていました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高15.2%減、
 営業利益76.5%減、経常利益80.2%減、
 当期純利益77.8%減となっていました。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8836 (株)RISE
 8月14日に令和2年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 低位株である原弘産の株価が数倍になっていることから低位株が買われており、
 低位株であるここも買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

11月12日 上昇トップ3銘柄
☆8836 (株)RISE
 8月14日に令和2年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 低位株である原弘産の株価が数倍になっていることから低位株が買われており、
 低位株であるここも買われているのでしょう。
 ただ、低位株の株価が大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6591 西芝電機(株)
 11月11日に本日の当社に関する一部報道についてのIRがでてました。
 共同通信社において、株式会社東芝が上場している子会社の完全子会社化を進め、
 親子上場の解消に乗り出す方向で検討に入り、
 当社がその候補の1社である旨に関する報道があったとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 250円以上も期待できるでしょう。

☆8562 (株)福島銀行
 11月11日の12時30分に 資本業務提携契約の締結、第三者割当による普通株式の発行、
 主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせのIRと、
 2020年3月期 第2四半期(中間期)決算短信のIRが出てました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、経常収益0.2%減、
 経常利益69.6%増、中間純利益71.8%増となっていました。
 SBIホールディングス株式会社との間において資本業務提携契約を締結すること、
 また、本資本業務提携契約に基づき、
 第三者割当の方法により、SBIホールディングスに対して、
 普通株式を発行することを決議したとのことで、
 これが評価され前日大きく買われ、
 本日はストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

11月12日 下降トップ3銘柄
★4880 セルソース(株)
 10月28日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 2019年通期の業績予想は前年と比べ、売上高28.3%増、
 営業利益4.9%減、経常利益11.6%減、
 当期純利益5.2%減となっていました。
 ここは10月28日に上場し、
 29日に公開価格2280円の2.6倍となる6020円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、
 11000円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3672 (株)オルトプラス
 9月24日のお昼にアイディアファクリー社との
 資本業務提携 第一弾
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の開発に参画とニュースがでていました。
 アイディアファクトリー株式会社と
 2019年6月6日付で締結した資本業務提携契約に基づき、
 2019年12月にアイディアファクトリーが配信予定の
 キングレコード株式会社が原作の
 『ヒプノシスマイク』のゲームアプリである
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の開発に
 参加していることを正式に発表いたしますとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 260円ほどだった株価が1090円を付けていました。
 11月8日に『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』
 リリース日の延期に関するお知らせがでてました。
 開発に参画しているアイディアファクトリー株式会社が配信予定の
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』のリリース日が
 2019年12月から2020年3月下旬に延期決定された事で前日にストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5706 三井金属
 11月11日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益42.2%減、経常利益55.0%減、
 四半期純利益59.9%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、前回予想と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益36.5%減、経常利益46.2%減、
 当期純利益70.6%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

11月11日 上昇トップ3銘柄
☆8894 (株)REVOLUTION
 11月1日に新たな事業の開始及び
 ファンドへの投資に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として「投資事業」を開始するとのことです。
 これが評価され右肩上がりに買われています。
 本日は臨時株主総会への期待から大きく買われているようです。
 ただ、超低位株が大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆8562 (株)福島銀行
 11月11日の12時30分に 資本業務提携契約の締結、第三者割当による普通株式の発行、
 主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせのIRと、
 2020年3月期 第2四半期(中間期)決算短信のIRが出てました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、経常収益0.2%減、
 経常利益69.6%増、中間純利益71.8%増となっていました。
 SBIホールディングス株式会社との間において資本業務提携契約を締結すること、
 また、本資本業務提携契約に基づき、
 第三者割当の方法により、SBIホールディングスに対して、
 普通株式を発行することを決議したとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 350〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆8740 (株)フジトミ
 11月7日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高29.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 これが評価され2日連続で大きく買われているのでしょう。
 300円辺りも期待できるでしょう。

11月11日 下降トップ3銘柄
★3672 (株)オルトプラス
 9月24日のお昼にアイディアファクリー社との
 資本業務提携 第一弾
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の開発に参画とニュースがでていました。
 アイディアファクトリー株式会社と
 2019年6月6日付で締結した資本業務提携契約に基づき、
 2019年12月にアイディアファクトリーが配信予定の
 キングレコード株式会社が原作の
 『ヒプノシスマイク』のゲームアプリである
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の開発に
 参加していることを正式に発表いたしますとのことで、
 これが評価され右肩上がりに買われ、
 260円ほどだった株価が1090円を付けていました。
 11月8日に『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』
 リリース日の延期に関するお知らせがでてました。
 開発に参画しているアイディアファクトリー株式会社が配信予定の
 『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』のリリース日が
 2019年12月から2020年3月下旬に延期決定された事でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3984 (株)ユーザーローカル
 11月8日に東京証券取引所における上場市場の変更に関するお知らせのIRと、
 新株式発行及び株式売出しに関するお知らせのIR、
 2020年6月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.7%増、
 営業利益15.7%増、経常利益15.7%増、
 四半期純利益14.4%増となっていました。
 公募による新株式発行にて31万4600株発行、
 式の売出しにて51万8100株売出し、
 オーバーアロットメントによる売出しにて12万4900株売り出すとのことで、
 これによる需給関係悪化懸念により大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7915 NISSHA(株)
 11月8日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRと、
 第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせのIR等がでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高11.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 第三者割当にて35万2000株を処分するとのことです。
 処分価格1243円とのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

11月8日 上昇トップ3銘柄
☆8746 第一商品(株)
 11月7日に令和2年3月期 第2四半期の業績見通しに関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の個別業績見通しは前年同期と比べ、売上高33.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 250円以上も期待できるでしょう。

☆3849 日本テクノ・ラボ(株)
 10月31日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRが出てました。
 前年同期と比べ、売上高10.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 2Q減収なものの、
 イメージング&プリンタコントローラ事業
 受注残高前年同期比3倍弱で受注好調とのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆7748 (株)ホロン
 11月7日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高44.3%増、
 営業利益74.5%増、経常利益71.6%増、
 四半期純利益60.5%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高23.4%増、
 営業利益31.8%増、経常利益31.2%増、
 当期純利益27.7%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 4200〜4500円辺りも期待できるでしょう。

11月8日 下降トップ3銘柄
★4385 (株)メルカリ
 11月7日に2020年6月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高37.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7674 (株)NATTY SWANKY
 11月7日に2020年6月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高12億600万円、
 営業利益8600万円、経常利益8300万円、
 四半期純利益5700万円となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 ただ、一気に売られすぎていますので、
 売りが落ち着けば多少の反発も期待できるでしょう。

★8844 (株)コスモスイニシア
 11月7日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.8%増、
 営業利益28.3%増、経常利益33.2%増、
 四半期純利益5.0%増となっていました。
 ただ、第1四半期が良かっただけに、
 第2四半期だけではあまり良くなかった事から大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

11月7日 上昇トップ3銘柄
☆3528 (株)プロスペクト
 8月9日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高82.5%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 11月6日に主要株主による臨時株主総会の招集請求に関するお知らせのIRがでてました。
 第1議案株価低迷の長期化が不適切な経営執行体制によるものであるか否かの
 調査を要望する決議採択の件等に期待され大きく買われているのでしょう。
 株価が大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6584 三桜工業(株)
 9月27日に当社連結子会社における固定資産の譲渡及び
 特別利益(固定資産売却益)の計上並びに
 2020年3月期第2四半期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社が保有する固定資産の売却により、
 2020年3月期第2四半期連結決算において固定資産売却益が発生し、
 第2四半期の業績予想を修正していました。
 前回予想と比べ、売上高2.8%増、
 営業利益133.3%増、経常利益120.0%増、
 当期純利益500.0%増と上方修正していました。
 ここは全固体電池の研究・開発を行っており、
 国際先進自動車用電池会議アジア大会が開催されていることもあり、
 思惑から買われ、1050円ほどだった株価が2050円を付けていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 また買われだしたのでしょう。
 2050円を超えられれば2200〜2500円辺りも期待できるでしょう。

☆2345 アイスタディ(株)
 8月9日に2019年10月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.0%減、
 営業利益87.9%減、経常利益89.3%減、
 四半期純利益91.8%減となっていました。
 11月1日に株式会社東京テックの株式の取得
 (完全子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社東京テックの株式を取得し、完全子会社化することを決議し、
 東京テックの株主との間で株式譲渡契約を締結いたしましたとのことです。
 11月5日に東京大学の松尾研究室と
 介護施設向けAI検知システム構築に関する共同研究を開始と発表したことにより、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 1000円以上も期待できるでしょう。

11月7日 下降トップ3銘柄
★6046 (株)リンクバル
 11月6日に2019年9月期 決算短信のIRがでてました。
 2019年通期の業績は前年と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益39.5%増、経常利益39.4%減、
 当期純利益37.8%増となっていました。
 2020年通期の業績予想は2019年と比べ、売上高3.1%増、
 営業利益48.5%減、経常利益48.7%減、
 当期純利益48.3%減の予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6969 松尾電機(株)
 11月6日に業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 特別損失の発生に関するお知らせのIRがでてました。
 集団訴訟に対応する為の弁護士報酬等として3100万円を計上するとのことです。
 さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高13.6%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高15.9%減、
 営業利益80.0%減、経常利益92.3%減、
 当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7927 ムトー精工(株)
 8月9日に2020年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.9%減、
 営業利益174.7%増、経常利益26.8%増、
 四半期純利益159.5%増となっていました。
 ここは10月の終わりから買われだし、
 470円ほどだった株価が770円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

11月6日 上昇トップ3銘柄
☆8894 (株)原弘産
 11月1日に新たな事業の開始及び
 ファンドへの投資に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として「投資事業」を開始するとのことで、
 これが評価され2日連続で大きく買われています。
 超低位株が大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6088 (株)シグマクシス
 11月5日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIR、
 株式給付信託(J-ESOP)への追加拠出に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高24.9%増、
 営業利益129.5%増、経常利益99.8%増、
 四半期純利益109.1%増と良いものでした。
 さらに自己株式の取得を発表しており、
 20万株を上限に2億円で取得するとのことです。
 これ等が評価され大きく買われています。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6634 (株)ネクスグループ
 11月5日にネクス製 LTE/3G USB データ通信端末
 「UX302NC-R」をドコモから販売開始とニュースがでてました。
 LTE/3G USB データ通信端末「UX302NCR」が、
 株式会社NTTドコモから販売開始するとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 250円辺りも期待できるでしょう。

11月6日 下降トップ3銘柄
★6927 ヘリオス テクノ ホールディング(株)
 11月5日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 2020年3月期第2四半期累計期間の連結業績予想との差異、
 通期連結業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高37.5%減、
 営業利益90.4%減、経常利益90.3%減、
 四半期純利益94.3%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高29.9%減、
 営業利益71.0%減、経常利益70.5%減、
 当期純利益72.1%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6579 ログリー(株)
 8月14日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.7%増、
 営業利益86.3%減、経常利益80.2%減、
 四半期純利益81.5%減となっていました。
 10月29日にログリー、MicroAd Taiwan, Ltd.と業務提携し
 海外に向けた広告配信領域を拡大
 ―LOGLY liftを通して大手台湾メディアへの広告配信が可能に―と
 プレスリリースがでてました。
 これが評価され2000円ほどだった株価が3300円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7575 日本ライフライン(株)
 11月5日に2020年3月期第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高8.6%増、
 営業利益0.2%減、経常利益4.9%減、
 四半期純利益2.3%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高3.0%減、
 営業利益0.9%増、経常利益3.4%減、
 当期純利益0.9%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

11月5日 上昇トップ3銘柄
☆8894 (株)原弘産
 11月1日に新たな事業の開始及び
 ファンドへの投資に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として「投資事業」を開始するとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 超低位株が大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6433 ヒーハイスト精工(株)
 8月9日に2020年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.6%減、
 営業利益24.2%減、経常利益24.0%減、
 四半期純利益20.7%減となっていました。
 本日は値動きの軽さからストップ高まで買われているようです。
 ただ、材料らしい材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4690 日本パレットプール(株)
 11月1日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.2%増、
 営業利益83.5%増、経常利益82.5%増、
 当期純利益82.7%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高手前まで買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

11月5日 下降トップ3銘柄
★7062 (株)フレアス
 11月1日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高1.4%減、
 営業利益50.2%減、経常利益47.5%減、
 四半期純利益57.7%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益99.8%減、経常利益87.4%減、
 当期純利益96.4%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7003 (株)三井E&Sホールディングス
 11月1日に連結決算及び個別決算における損失の計上並びに
 業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 代表取締役等の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 受注工事損失引当金を含む約713億円(売上原価)の損失を追加で計上するとのことで、
 通期の業績予想を修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高0.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6269 三井海洋開発(株)
 11月1日に受注工事損失引当金の計上及び
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 2019年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高31.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
  売上高が計画を下回る見通しであることや、
 第3四半期にて受注工事損失引当金繰入額(売上原価)として
 約80億円を追加計上したことにより、
 通期の業績予想を修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高8.6%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益、当期純利益は大幅減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

11月1日 上昇トップ3銘柄
☆9969 (株)ショクブン
 10月30日に2020年3月期 第2四半期決算短信のIRと、
 第2四半期累計期間業績予想との差異及び
 通期業績予想の修正と特別損失(減損損失)計上のお知らせのIRが出てました。
 第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高1.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.9%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 300円辺りも期待できるでしょう。

☆3810 サイバーステップ(株)
 11月1日にパチンコ・パチスロサービス
 『オンパチ』オープンβテスト開始のお知らせがでてました。
 オンラインで本物のパチンコ・パチスロを遊ぶことができるサービス
 『オンパチ』のオープンβテストを本日開始したとのことで、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4585 (株)UMNファーマ
 10月30日に塩野義製薬株式会社による
 当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせのIRがでてました。
 公開買付価格540円とのことで、
 この価格に向かって買われているのでしょう。

11月1日 下降トップ3銘柄
★7172 (株)ジャパンインベストメントアドバイザー
 10月31日に2019年12月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.6%減、
 営業利益38.0%減、経常利益49.9%減、
 四半期純利益49.7%減となっていました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6166 (株)中村超硬
 10月17日に科学技術振興機構による
 「ゼオライトナノ粒子の製造技術の確立」に関する成功認定のお知らせがでてました。
 産学共同実用化開発事業(A-STEP NexTEP-A)の開発課題である
 「ゼオライトナノ粒子の製造方法と粒径制御技術」が、
 JST において成功と認定されましたとのことで、
 これが評価され7日連続で大きく買われ、
 320円ほどだった株価が2000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6584 三桜工業(株)
 9月27日に当社連結子会社における固定資産の譲渡及び
 特別利益(固定資産売却益)の計上並びに
 2020年3月期第2四半期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社が保有する固定資産の売却により、
 2020年3月期第2四半期連結決算において固定資産売却益が発生し、
 第2四半期の業績予想を修正していました。
 前回予想と比べ、売上高2.8%増、
 営業利益133.3%増、経常利益120.0%増、
 当期純利益500.0%増と上方修正していました。
 ここは全固体電池の研究・開発を行っており、
 国際先進自動車用電池会議アジア大会が開催されていることもあり、
 思惑から買われ、1050円ほどだった株価が2050円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2019/1
2019/2
2019/3
2019/4
2019/5
2019/6
2019/7
2019/8
2019/9
2019/10
2019/11


Copyright ©2011-2019 まねきねこ。 All Rights Reserved.