投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
9月29日 上昇トップ3銘柄
☆6658 シライ電子工業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.2%増、
 営業利益21.2%減、経常利益27.7%減、
 四半期純利益35.5%減となっていました。
 トヨタ自動車、マツダ、デンソーによる
 EV共同開発の報道で思惑買いが入っているようです。
 450円〜500円辺りも期待できるでしょう。

☆5271 (株)トーヨーアサノ
 7月7日の13時に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.2%増、
 営業利益981.7%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 9月29日の13時に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高8.1%増、
 営業利益304.7%増、経常利益471.8%増、
 四半期純利益622.6%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 3000円以上も期待できるでしょう。

☆2776 (株)クリムゾン
 9月12日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高1億7600万円、
 営業利益-1億500万円、経常利益-9300万円、
 四半期純利益-9400万円となっていました。
 9月28日に当社に対する訴訟の提起に関するお知らせのIRがでてました。
 売掛金支払請求の訴訟を起こされたとのことです。
 本日は訴訟からの最後の逃げ場として上げられている可能性と、
 RIZAP辺りの思惑から買われている可能性とがあるようです。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

9月29日 下降トップ3銘柄
★3419 アートグリーン(株)
 9月7日に平成29年10月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.6%増、
 営業利益22.8%増、経常利益63.9%増、
 四半期純利益51.3%増となっていました。
 さらに通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益39.6%増、経常利益39.3%増、
 当期純利益34.3%増と上方修正していました。
 胡蝶蘭を主力とする生花卸であることから、
 選挙関連の一角として買われているようで、
 2000円ほどだった株価が3200円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2901 石垣食品(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 9月11日に第三者割当による行使価額修正条項付
 第1回新株予約権の発行に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社アドバンテッジアドバイザーズを割当予定先とする
 第三者割当による第1回新株予約権の発行を決議したとのことです。
 発行新株予約権数33663で、
 潜在株式数336万6300株とのことです。
 9月27日に第三者割当による
 行使価額修正条項付第1回新株予約権の発行に係る
 払込完了に関するお知らせのIRがでてました。
 第三者割当による
 行使価額修正条項付第1回新株予約権の
 払込みが完了したとのことです。
 当初行使価額260円とのこともあり、
 その価格に向かって買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6955 FDK(株)
 7月26日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 トヨタ自動車、マツダ、デンソーによるEV共同開発の報道が刺激材料になり、
 前日にここも大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

9月28日 上昇トップ3銘柄
☆6955 FDK(株)
 7月26日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 トヨタ自動車、マツダ、デンソーによるEV共同開発の報道が刺激材料になり、
 ここも大きく買われています。
 350円辺りも期待できるでしょう。

☆2901 石垣食品(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 9月11日に第三者割当による行使価額修正条項付
 第1回新株予約権の発行に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社アドバンテッジアドバイザーズを割当予定先とする
 第三者割当による第1回新株予約権の発行を決議したとのことです。
 発行新株予約権数33663で、
 潜在株式数336万6300株とのことです。
 9月27日に第三者割当による
 行使価額修正条項付第1回新株予約権の発行に係る
 払込完了に関するお知らせのIRがでてました。
 第三者割当による
 行使価額修正条項付第1回新株予約権の
 払込みが完了したとのことです。
 当初行使価額260円とのこともあり、
 その価格に向かって買われているのでしょう。

☆3600 (株)フジックス
 9月27日に固定資産の譲渡および
 特別利益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 固定資産の譲渡に伴う譲渡益約13億2500万円を
 平成30年3月期連結決算において
 「固定資産売却益」として特別利益に計上するとの事です。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

9月28日 下降トップ3銘柄
★4763 (株)クリーク・アンド・リバー社
 9月28日の12時に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前回予想と比べ、売上高8.8%増、
 営業利益24.0%増、経常利益31.6%減、
 四半期純利益39.0%増と上方修正していました。
 上方修正したことで材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3536 アクサスホールディングス(株)
 7月13日に平成29年8月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.1%増、
 営業利益96.8%増、経常利益116.9%増、
 四半期純利益61.6%減となっていました。
 8月25日に配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 配当予想の修正をしており、
 記念配当を加え2円の配当予想となっていました。
 これ等が評価され株価が右肩上がりに上がっていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見しているほうが良いでしょう。

★7185 ヒロセ通商(株)
 7月27日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.6%減、
 営業利益21.6%減、経常利益21.6%減、
 四半期純利益20.3%減となっていました。
 前日株主優待の権利落で売られており、
 本日も引き続き売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見しているほうが良いでしょう。

9月27日 上昇トップ3銘柄
☆7746 岡本硝子(株)
 8月10日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高21.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 本日は経済産業省及びJOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が、
 海底約1600mの海底熱水鉱床を掘削・集鉱し、
 水中ポンプで海水とともに連続的に洋上に揚げる
 世界初の採鉱・揚鉱パイロット試験を沖縄近海で実施、
 これを成功させたと発表したことにより、
 JOGMECより据え置き型深海探査機を受注したと
 16年2月に発表した岡本硝子に思惑買いが入っているようです。
 350円辺りも期待できるでしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および
 中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが再度評価され買われているのでしょう。
 ただ、大きく上がっているだけに利確売りには注意が必要でしょう。

☆2693 YKT(株)
 8月4日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.4%減、
 営業利益51.6%減、経常利益49.4%減、
 四半期純利益44.0%減となっていました。
 本日は東京大学の古沢明教授と武田俊太郎助教が
 量子コンピューターを1つの回路で作れる手法を開発したと
 一部メディアで報じたことにより、
 量子コンピューター関連に資金が集まっており、
 3日連続でストップ高まで買われています。
 さらなる高値も期待できるでしょう。

9月27日 下降トップ3銘柄
★7185 ヒロセ通商(株)
 7月27日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.6%減、
 営業利益21.6%減、経常利益21.6%減、
 四半期純利益20.3%減となっていました。
 本日は株主優待の権利落で売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見しているほうが良いでしょう。

★4918 (株)アイビー化粧品
 9月25日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高52.9〜55%減、
 営業利益80.0〜83.3%減、経常利益80.0〜83.3%減、
 四半期純利益77.8〜80.0%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高30.0〜38.%減、
 営業利益46.7〜60.0%減、経常利益46.7〜60.0%減、
 当期純利益36.7〜60.0%減と下方修正していました。
 これが原因で2日連続で大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★2487 (株)CDG
 9月15日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高13.5%減、
 営業利益50.0%減、経常利益45.0%減、
 四半期純利益34.8%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高5.8%減、
 営業利益12.5%減、経常利益12.5%減、
 当期純利益12.1%減と下方修正していました。
 本日は株主優待の権利落で売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見しているほうが良いでしょう。

9月26日 上昇トップ3銘柄
☆2693 YKT(株)
 8月4日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.4%減、
 営業利益51.6%減、経常利益49.4%減、
 四半期純利益44.0%減となっていました。
 本日は東京大学の古沢明教授と武田俊太郎助教が
 量子コンピューターを1つの回路で作れる手法を開発したと
 一部メディアで報じたことにより、
 量子コンピューター関連に資金が集まっており、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 350円以上も期待できるでしょう。

☆3663 アートスパークホールディングス(株)
 7月28日に平成29年12月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.7%減、
 営業利益44.5%減、経常利益43.5%減、
 四半期純利益40.1%減となっていました。
 本日はZMPが25日、昨年11月に判明した
 顧客情報の一部が流出した件について、
 再発防止策を実施したと発表したことにより、
 再上場への思惑から買われています。
 再上場となれば2000円以上も期待できるでしょう。

☆6734 (株)ニューテック
 9月25日に連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.5%減、
 営業利益120.1%増、経常利益148.4%増、
 四半期純利益230.9%増と上方修正していました。
 これが評価され1200円辺りも期待できるでしょう。

9月26日 下降トップ3銘柄
★4918 (株)アイビー化粧品
 9月25日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高52.9〜55%減、
 営業利益80.0〜83.3%減、経常利益80.0〜83.3%減、
 四半期純利益77.8〜80.0%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高30.0〜38.%減、
 営業利益46.7〜60.0%減、経常利益46.7〜60.0%減、
 当期純利益36.7〜60.0%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3955 (株)イムラ封筒
 9月8日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益12.7%減、経常利益7.5%減、
 四半期純利益9.0%減となっていました。
 安倍晋三首相が衆議院を解散する意向を固めたと報じられたことで、
 2日連続で大きく買われていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 25日に安倍晋三首相が、
 今週召集される臨時国会冒頭での衆議院の解散・総選挙を表明したことにより、
 前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6172 (株)メタップス
 7月14日に平成29年8月期 第3四半期決算短信のIRと、
 Smartcon社における持分比率の増加及び
 その他の収益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高82.8%増、
 営業利益、税引前利益、四半期利益は黒字転換していました。
 前日に仮想通貨関連として大きく買われており、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

9月25日 上昇トップ3銘柄
☆3577 東海染工(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.0%減、
 営業利益7.6%減、経常利益14.8%減、
 四半期純利益47.8%減となっていました。
 本日は次期衆院選で安倍首相が
 幼児教育の無償化の早期実現を公約に盛り込むとの見方から資金が集まっており、
 ストップ高まで買われています。
 200円以上も期待できるでしょう。

☆2693 YKT(株)
 8月4日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.4%減、
 営業利益51.6%減、経常利益49.4%減、
 四半期純利益44.0%減となっていました。
 本日は東京大学の古沢明教授と武田俊太郎助教が
 量子コンピューターを1つの回路で作れる手法を開発したと
 一部メディアで報じたことにより、
 量子コンピューター関連に資金が集まっており、
 ここもストップ高まで買われています。
 250円〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆3747 (株)インタートレード
 8月14日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日にパシフィコ横浜で開催される
 『Yogafest Yokohama 2017』に出展しますとニュースがでてました。
 9月16日〜18日の3日間ハナビラタケを出展するとのことで、
 これがRIZAPでも使われるかも?との思惑から買われていました。
 本日はRIZAPグループが今後展開する
 栄養学に基づき開発した惣菜を提供する新業態「zapDELI」のメニューに、
 同社の「ITはなびらたけ」が採用されたと発表したことにより、
 ストップ高まで買われています。
 450円〜500円辺りも期待できるでしょう。

9月25日 下降トップ3銘柄
★3390 INEST(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.4%減、
 営業利益93.8%減、経常利益97.2%減、
 四半期純利益85.1%減となっていました。
 9月22日に当社元役員による不正行為の疑いに関するお知らせのIRと、
 代表取締役の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 代表取締役であった元役員より、
 平成24年頃から断続的に当社および
 当社子会社が取引先に支払った金銭の一部について、
 不正に金銭を受領していたとの自己申告がありました。
 申告によれば、不正行為の合計金額は約1億円とのことです。
 これが原因でストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および
 中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9967 堺商事(株)
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.7%増、
 営業利益43.4%増、経常利益144.7%増、
 四半期純利益181.0増となっていました。
 本日は科学情報サービス会社の米クラリベイト・アナリティクスが
 20日にノーベル賞候補者を発表し、
 日本人では化学賞に桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授を挙げたとのことです。
 「ペロブスカイト型」と呼ぶ
 薄くて軽い太陽電池を考案したことが評価されたようで、
 MLCC(積層セラミックコンデンサー)や燃料電池向けに
 ペロブスカイト化合物を取り扱う堺商事も
 関連銘柄として買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

9月22日 上昇トップ3銘柄
☆9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 200円ほどだった株価が5日連続で大きく買われ600円を超えていました。
 しばらくは利確売りに押されていましたが、
 北朝鮮の太平洋上での水爆実験の可能性が報じられtことで、
 EMP(核電磁パルス)関連のここに資金が集まっています。
 550円辺りも期待できるでしょう。

☆9428 (株)クロップス
 9月21日に連結子会社(株式会社テンポイノベーション)の
 上場承認に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社である株式会社テンポイノベーション(コード番号3484)の
 東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されたとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1200〜1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4237 フジプレアム(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高19.4%増、
 営業利益22.3%減、経常利益6.1%減、
 四半期純利益3.5%となっていました。
 ノーベル賞候補のペロブスカイト太陽電池関連として買われているようです。
 450円辺りも期待できるでしょう。

9月22日 下降トップ3銘柄
★3907 シリコンスタジオ(株)
 7月7日に平成29年11月期第2四半期決算短信のIRと、
 特別利益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年と比べ、売上高7.4%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ミストウォーカーとの共同開発タイトルである
 『テラバトル2』が9月21日に配信開始し、
 材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9421 (株)エヌジェイホールディングス
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRが出てました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高19.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高4.2%増、
 営業利益66.7%増、経常利益69.6%増、
 当期純利益87.5%増と上方修正していました。
 本日は東京ゲームショウでグループ会社のシェードが
 DMMのブースで檀上したものの特に発表がなかったことが原因で売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★2397 (株)DNAチップ研究所
 7月20かに平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高97.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 9月21日に第二種医療機器製造販売業許可取得のお知らせとニュースがでており、
 遺伝子関連検査の薬事承認に向けて、
 このたび第二種医療機器製造販売業許可を東京都より取得しましたとのことです。
 これが評価され前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

9月21日 上昇トップ3銘柄
☆2480 システム・ロケーション(株)
 9月20日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、売上高3.8%増、
 営業利益52.3%増、経常利益55.8%増、
 四半期純利益61.3%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益21.7%増、経常利益25.0%増、
 当期純利益31.3%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆6864 (株)エヌエフ回路設計ブロック
 7月27日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%増、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益104.0%増となっていました。
 文部科学省が量子コンピューター実用化に向け
 約300億円を投じると報じられたことで、
 超低雑音増幅器は量子コンピューターにおける
 超伝導デバイスの信号増幅にも用いられるため思惑から買われているようで、
 760円ほどだった株価が1980円を超えていました。
 しばらくは確売りに押されていましたが、
 本日は量子コンピューター関連が注目を集めていますので、
 ここも買われているのでしょう。
 2000円以上も期待できるでしょう。

☆9967 堺商事(株)
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.7%増、
 営業利益43.4%増、経常利益144.7%増、
 四半期純利益181.0増となっていました。
 本日は科学情報サービス会社の米クラリベイト・アナリティクスが
 20日にノーベル賞候補者を発表し、
 日本人では化学賞に桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授を挙げたとのことです。
 「ペロブスカイト型」と呼ぶ
 薄くて軽い太陽電池を考案したことが評価されたようで、
 MLCC(積層セラミックコンデンサー)や燃料電池向けに
 ペロブスカイト化合物を取り扱う堺商事も
 関連銘柄として買われているようです。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

9月21日 下降トップ3銘柄
★3955 (株)イムラ封筒
 9月8日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益12.7%減、経常利益7.5%減、
 四半期純利益9.0%減となっていました。
 安倍晋三首相が衆議院を解散する意向を固めたと報じられたことで、
 2日連続で大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3991 ウォンテッドリー(株)
 9月14日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 決算情報等のお知らせのIR等がでてました。
 30年8月期の業績予想は前年と比べ、営業収益30.2%増、
 営業利益3781.2%増経常利益3466.8%増、
 当期純利益3466.5%増の予想でした。
 ここは9月14日に上場し、
 公開価格1000円の5倍となる5010円で初値をつけました。
 その後は6300円を超えましたが、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2136 (株)ヒップ
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高12億6400万円、
 営業利益9600万円、経常利益9600万円、
 四半期純利益1億9100万円となっていました。
 技術者の派遣料金が上がっていることで
 株価が右肩上がりに上がっており、
 1300円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

9月20日 上昇トップ3銘柄
☆2778 パレモ・ホールディングス(株)
 9月19日に業績予想および配当予想の修正(復配)に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.8%増、
 営業利益11.2%増、経常利益13.1%増、
 四半期純利益70.0%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.7%増、
 営業利益7.1%増、経常利益7.0%増、
 当期純利益73.1%増と上方修正していました。
 さらに配当予想を修正しており、
 期末の配当が3円と復配予想でした。
 これ等が評価されストップ高まで買われています。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆4316 (株)ビーマップ
 7月3日に株式会社ジェイアール東日本企画、
 株式会社Y&N Brothers、
 株式会社ビーマップでMMS新会社を設立のIRがでてました。
 株式会社ジェイアール東日本企画、
 株式会社 Y&N Brothers と M2M2S(Media to Mobile to Store)を事業とする
 新会社を平成 29 年 7 月 25 日(予定)に設立するとのことです。
 これが評価され500円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 2400円近くまで買われていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 7月18日に株式会社ジェイアール東日本企画、
 株式会社Y&N Brothers、株式会社ビーマップで
 MMS新会社を設立(追加情報)のIRがでており、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 株価が3000円を超えていました。
 本日は特に材料なく買われているようで、
 ストップ高まで買われています。
 ただ、材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7519 五洋インテックス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日に子会社の「先端医療検査に関わるサービス事業の途中経過」及び
 メディカルツーリズムサービスに関するお知らせのIRがでてました。
 子会社が、国立研究開発法人理化学研究所発ベンチャー企業である
 株式会社理研免疫再生医学が開発した
 NKT細胞を用いた治療法を行う医療機関への
 メディカルツーリズムサービスの独占的提携を行うことになりましたとのことです。
 このIRにより、3日連続で利確売りに押されていました。
 本日は売られすぎからの反発で買われているのでしょう。

9月20日 下降トップ3銘柄
★6618 (株)大泉製作所
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.6%増、
 営業利益29.3%増、経常利益311.9%増、
 四半期純利益661.8%増となっていました。
 9月12日付けの日本経済新聞が
 「中国政府はガソリン車やディーゼル車の
  製造・販売を禁止する方針だ」と報じたことを受け、
 電気自動車(EV)の普及が加速するとの思惑から
 EV関連銘柄に資金が集まっており、
 800円以下だった株価が1390円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9307 (株)杉村倉庫
 7月28日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%増、
 営業利益8.1%減、経常利益10.7%減、
 四半期純利益179.8%増となっていました。
 次の国会でカジノを含む
 統合型リゾート法の実施法案が審議される可能性に期待され
 450円以下だった株価が680円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★8101 (株)GSIクレオス
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 株式併合に伴う配当予想の修正に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.5%減、
 営業利益61.7%増、経常利益543.4%増、
 四半期純利益は大幅増となっていました。
 10月1日を基準日とし単元を1000から100に変更し、
 10株を1株に併合することで、
 配当予想を修正しており、期末の配当予想が30円になっていました。
 ノーベル賞候補にもなっているカーボンナノチューブに注目があつまり、
 160円をほどだった株価が220円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

9月19日 上昇トップ3銘柄
☆3747 (株)インタートレード
 8月14日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日にパシフィコ横浜で開催される
 『Yogafest Yokohama 2017』に出展しますとニュースがでてました。
 9月16日〜18日の3日間ハナビラタケを出展するとのことで、
 これがRIZAPでも使われるかも?との思惑から買われているようです。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6384 (株)昭和真空
 9月14日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高3.1%減、
 営業利益44.4%増、経常利益42.4%増、
 四半期純利益9.9%増となっていました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高8.7%増、
 営業利益57.1%増、経常利益58.1%増、
 四半期純利益46.4%増と上方修正していました。
 これが評価され2日連続で大きく買われています。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆5609 日本鋳造(株)
 9月15日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益50.0%増、経常利益50.0%増、
 四半期純利益42.9%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高13.6%増、
 営業利益42.9%増、経常利益42.9%増、
 四半期純利益33.3%増と上方修正していました。
 これが評価され大きく買われています。
 200円辺りも期待できるでしょう。

9月19日 下降トップ3銘柄
★7519 五洋インテックス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日に子会社の「先端医療検査に関わるサービス事業の途中経過」及び
 メディカルツーリズムサービスに関するお知らせのIRがでてました。
 子会社が、国立研究開発法人理化学研究所発ベンチャー企業である
 株式会社理研免疫再生医学が開発した
 NKT細胞を用いた治療法を行う医療機関への
 メディカルツーリズムサービスの独占的提携を行うことになりましたとのことです。
 このIRにより、3日連続で利確売りに押されているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★8107 (株)キムラタン
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 200円ほどだった株価が5日連続で大きく買われ600円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

9月15日 上昇トップ3銘柄
☆8927 (株)明豊エンタープライズ
 9月14日に平成29年7月期 決算短信のIR等がでてました。
 29年7月期の業績は前年と比べ、売上高29.8%増、
 営業利益47.2%増、経常利益31.8%増、
 当期純利益137.9%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高100.1%増、
 営業利益221.5%増、経常利益273.1%増、
 当期純利益141.0%増の予想でした。
 さらに来期は復配予想で、配当予想は5円となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆6618 (株)大泉製作所
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.6%増、
 営業利益29.3%増、経常利益311.9%増、
 四半期純利益661.8%増となっていました。
 9月12日付けの日本経済新聞が
 「中国政府はガソリン車やディーゼル車の
  製造・販売を禁止する方針だ」と報じたことを受け、
 電気自動車(EV)の普及が加速するとの思惑から
 EV関連銘柄に資金が集まっており、
 ここにも資金が集まり大きく買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆5218 (株)オハラ
 9月14日に平成29年10月期第3四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.9%増、
 営業利益804.4%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.2%増、
 営業利益61.1%増、経常利益62.4%増、
 当期純利益53.4%増と上方修正していました。
 これ等が評価されストップ高まで買われています。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

9月15日 下降トップ3銘柄
★9969 (株)ショクブン
 9月14日に業績予想の修正及び
 配当予想の修正(無配)に関するお知らせのIRと、
 株主優待制度の休止に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 さらに無配転落し、優待制度も休止となりました。
 これが原因でストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7519 五洋インテックス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日に子会社の「先端医療検査に関わるサービス事業の途中経過」及び
 メディカルツーリズムサービスに関するお知らせのIRがでてました。
 子会社が、国立研究開発法人理化学研究所発ベンチャー企業である
 株式会社理研免疫再生医学が開発した
 NKT細胞を用いた治療法を行う医療機関への
 メディカルツーリズムサービスの独占的提携を行うことになりましたとのことです。
 このIRにより、2日連続で利確売りに押されているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 200円ほどだった株価が5日連続で大きく買われ600円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

9月14日 上昇トップ3銘柄
☆3551 ダイニック(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.7%増、
 営業利益36.3%増、経常利益18.0%増、
 四半期純利益10.9%増となっていました。
 米アップルの新製品発表により、
 有機EL関連に注目が集まっており、
 ここに資金が集まっています。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆6336 (株)石井表記
 9月13日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRと、
 平成30年1月期第2四半期累計期間業績予想との差異ならびに
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高32.1%増、
 営業利益158.9%増、経常利益458.2%増、
 四半期純利益836.0%増と良いものでした。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.4%増、
 営業利益21.9%増、経常利益37.8%増、
 当期純利益50.7%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高手前まで買われているのでしょう。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4824 (株)メディアシーク
 9月8日に平成29年7月期 決算短信のIRがでてました。
 29年7月期の業績は前年と比べ、売上高12.1%増、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益58.8%増、
 当期純利益29.4%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.8%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益70.2%減、当期純利益73.3%減の予想でした。
 9月14日にメディアシーク、BrainTech(脳神経科学)を活用した
 新たなソリューションサービスを開始!のお知らせがでてました。
 イスラエルをはじめ世界中で研究開発が進められている
 BrainTech (脳神経科学)を活用した
 新たなソリューションサービスの開発・提供を開始しましたとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 550円〜600円辺りも期待できるでしょう。

9月14日 下降トップ3銘柄
★7519 五洋インテックス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 9月13日に子会社の「先端医療検査に関わるサービス事業の途中経過」及び
 メディカルツーリズムサービスに関するお知らせのIRがでてました。
 子会社が、国立研究開発法人理化学研究所発ベンチャー企業である
 株式会社理研免疫再生医学が開発した
 NKT細胞を用いた治療法を行う医療機関への
 メディカルツーリズムサービスの独占的提携を行うことになりましたとのことです。
 このIRにより、利確売りに押されているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3665 (株)エニグモ
 9月13日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRと、
 連結業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 韓国における当社連結子会社の解散に関するお知らせのIR等がでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益16.9%減、経常利益18.5%減、
 四半期純利益17.3%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高11.2%減、
 営業利益27.6%減、経常利益27.4%減、
 当期純利益59.8%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8927 (株)明豊エンタープライズ
 8月30日に販売用不動産の譲渡に関するお知らせのIRがでてました。
 東京都武蔵野市吉祥寺の「ミハス吉祥寺東町」を譲渡したとのことです。
 売却益は連結経常利益の30%未満とのことです。
 9月8日に新規事業用地購入のお知らせのIRがでてました。
 東京都板橋区東山町において、
 賃貸アパートメントブランド
 「MIJAS(ミハス)」事業の用地を取得したとのことです。
 これが評価され3日連続で買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。
 ただ、本日の後場終了後、
 平成29年7月期 決算短信のIRがでており、
 来期予想はとても良く、復配予想でしたので、
 明日以降は大きく買われる可能性が高いでしょう。

9月13日 上昇トップ3銘柄
☆2321 (株)ソフトフロントホールディングス
 9月12日に株式会社光通信との合弁会社(子会社)設立及び
 子会社における新たな事業の開始のお知らせのIRがでてました。
 株式会社光通信と各種製品・サービスの
 媒介販売を目的とした合弁会社を設立すること、
 及び当社子会社となる当該合弁会社において
 電力等の媒介販売事業を新たに開始することについて決議したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 250円〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆3105 日清紡ホールディングス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.5%減、
 営業利益の赤字幅は拡大、
 経常利益34.6%増、四半期純利益852.9%増となっていました。
 9月13日に固体高分子形燃料電池の電極に用いる
 カーボンアロイ触媒の実用化に関するお知らせのプレスリリースがでてました。
 白金大体触媒「カーボンアロイ触媒」が、
 Ballard Power Systems Inc.の燃料電池スタックに採用されたとのことです。
 固体高分子形燃料電池の電極に「非白金触媒」が実用化されるのは世界初とのことです。
 本日は「白金を使わない燃料電池用の
 触媒の実用化に世界で初めて成功した」と
 13日付の日本経済新聞朝刊が報じたことにより、
 ストップ高まで買われています。
 1500円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6912 菊水電子工業(株)
 7月28日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 9月12日付けの日本経済新聞が
 「中国政府はガソリン車やディーゼル車の
  製造・販売を禁止する方針だ」と報じたことを受け、
 電気自動車(EV)の普及が加速するとの思惑から
 リチウムイオン電池関連銘柄に資金が集まっており、
 ここにも資金が集まり連日大きく買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

9月13日 下降トップ3銘柄
★3930 (株)はてな
 9月12日に平成29年7月期 決算短信のIRがでてました。
 29年7月期の業績は前年と比べ、売上高21.2%増、
 営業利益39.2%増、経常利益49.6%増、
 当期純利益61.5%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高16.8%増、
 営業利益36.8%減、経常利益37.0%減、
 当期純利益39.6%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3770 (株)ザッパラス
 9月12日に平成30年4月期第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の開示に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高7.7%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想がでており、
 売上高48億円、営業利益-6億5000万円となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4026 神島化学工業(株)
 9月12日に平成30年4月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%減、
 営業利益9.4%減、経常利益11.4%減、
 四半期純利益11.7%減となっていました。
 第1四半期への期待から前日に大きく買われており、
 第1四半期があまり良くなかったことから、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

9月12日 上昇トップ3銘柄
☆6969 松尾電機(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 今日付けの日本経済新聞が
 「中国政府はガソリン車やディーゼル車の
  製造・販売を禁止する方針だ」と報じたことを受け、
 電気自動車(EV)の普及が加速するとの思惑から
 リチウムイオン電池関連銘柄に資金が集まっており、
 ここにも資金が集まり大きく買われています。
 130円〜150円辺りも期待できるでしょう。

☆4098 チタン工業(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.8%増、
 営業利益60.3%減、経常利益77.6%減、
 四半期純利益91.9%減となっていました。
 リチウムイオン電池関連の出遅れ銘柄として、
 2日連続でストップ高まで買われているようです。
 10月2日からのノーベル賞関連で買われている可能性もあるようです。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4080 (株)田中化学研究所
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高22.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 今日付けの日本経済新聞が
 「中国政府はガソリン車やディーゼル車の
  製造・販売を禁止する方針だ」と報じたことを受け、
 電気自動車(EV)の普及が加速するとの思惑から
 リチウムイオン電池関連銘柄に資金が集まっており、
 ここにも資金が集まりストップ高まで買われています。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

9月12日 下降トップ3銘柄
★2901 石垣食品(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 9月11日に第三者割当による行使価額修正条項付
 第1回新株予約権の発行に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社アドバンテッジアドバイザーズを割当予定先とする
 第三者割当による第1回新株予約権の発行を決議したとのことです。
 発行新株予約権数33663で、
 潜在株式数336万6300株とのことで、
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。

★3688 (株)VOYAGE GROUP
 7月26日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRと、
 アドプラットフォーム事業における事業再編
 (当社連結子会社間の吸収合併)及び
 のれんの減損損失(特別損失)の計上に関するお知らせがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高29.6%増、
 営業利益20.9%増、経常利益46.7%増、
 四半期純利益5.0%増となっていました。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を
 「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げ、
 目標株価も3100円から1600円にまで引き下げたことにより、
 大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3976 (株)シャノン
 9月11日に平成29年10月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.5%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。

9月11日 上昇トップ3銘柄
☆4098 チタン工業(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.8%増、
 営業利益60.3%減、経常利益77.6%減、
 四半期純利益91.9%減となっていました。
 リチウムイオン電池関連の出遅れ銘柄として買われているようです。
 10月2日からのノーベル賞関連で買われている可能性もあるようです。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆6696 (株)トランザス
 8月9日に東京証券取引所への上場に伴う
 決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 30年1月期の業績予想は浦井下高12億5200万円、
 営業利益2億5600万円、経常利益2億4300万円、
 当期純利益1億6600万円の予想でした。
 ここは8月9日に上場し、
 8月10日に公開価格1300円の2.7倍となる3510円で初値をつけました。
 9月8日に平成30年1月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 売上高5億9300万円、営業利益1億2200万円、
 経常利益1億1800万円、四半期純利益8000万円となっていました。
 9月8日にトランザス、世界的電子機器メーカー
 Qisda CorporationとCygnusの世界展開を開始のお知らせがでてました。
 世界的モニターブランドであるBenQブランドを展開する
 Qisda CorporationとCygnusの
 世界展開に向けた販売協力に関して、合意したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 3500円辺りも期待できるでしょう。

☆7271 (株)安永
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高21.8%増、
 営業利益417.0%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 「リチウムイオン電池の寿命を12倍に」との
 同社の独自技術に対する特集記事が一部で掲載されたことで、
 リチウムイオン電池関連として2日連続でストップ高まで買われています。
 3500円辺りも期待できるでしょう。

9月11日 下降トップ3銘柄
★3896 阿波製紙(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.1%減、
 営業利益21.0%減、経常利益5.1%増、
 四半期純利益134.3%増となっていました。
 北朝鮮がEMP(核電磁パルス)攻撃に言及したことで
 電磁波シールドシートを手掛る同社がEMP対策関連銘柄として注目され、
 600円ほどだった株価が4日連続で大きく買われ980円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 200円ほどだった株価が5日連続で大きく買われ560円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9678 (株)カナモト
 9月8日に平成29年10月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高13.0%増、
 営業利益14.4%増、経常利益23.9%増、
 四半期純利益33.3%増となっていました。
 これによる材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

9月8日 上昇トップ3銘柄
☆6077 (株)N・フィールド
 8月8日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.5%増、
 営業利益31.8%減、経常利益32.2%減、
 四半期純利益55.8%減となっていました。
 ゴールドマン・サックス証券が8日付で新規に「買い」で、
 目標株価を3600円にしたことからストップ高まで買われています。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 200円ほどだった株価が5日連続で大きく買われています。
 北朝鮮の脅威がまだまだあることから、
 さらなる高値も期待できるでしょう。

☆3896 阿波製紙(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.1%減、
 営業利益21.0%減、経常利益5.1%増、
 四半期純利益134.3%増となっていました。
 北朝鮮がEMP(核電磁パルス)攻撃に言及したことで
 電磁波シールドシートを手掛る同社がEMP対策関連銘柄として注目され、
 600円ほどだった株価が4日連続で大きく買われています。
 1000〜1500円辺りも期待できるでしょう。

9月8日 下降トップ3銘柄
★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込みとのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 9月1日に当社振出しの約束手形の不渡り(第2回)に関するお知らせのIRがでてました。
 2回目の不渡りを出したことにより、銀行との取引停止となり、
 倒産濃厚ですし、本日が売買最終日のために売られているのでしょう。

★5979 カネソウ(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.5%%増、
 営業利益は黒字転換、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄で、
 前日に大きく買われていたため、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2695 (株)くらコーポレーション
 9月7日に平成29年10月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.4%増、
 営業利益12.3%減、経常利益1.0%減、
 四半期純利益4.6%増となっていました。
 営業利益が良くないことで売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

9月7日 上昇トップ3銘柄
☆5986 モリテック スチール(株)
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.9%増、
 営業利益109.7%増、経常利益196.3%増、
 四半期純利益188.6%増となっていました。
 電気自動車関連の出遅れ銘柄として買われているようです。
 450円〜500円辺りも期待できるでしょう。

☆6513 オリジン電気(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRが出てました。
 前年同期と比べ、売上高18.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 充放電兼用のリチウムイオン電池電源システムなどを手掛けており、
 6日に日産自動車が電気自動車(EV)「リーフ」の新型を
 10月2日に国内で発売すると発表したことにより、
 リチウムイオン電池関連銘柄として買われています。
 さらに高圧直流給電システムなどにも注目が集まっているようです。
 450円〜500円辺りも期待できるでしょう。

☆7271 (株)安永
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高21.8%増、
 営業利益417.0%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 「リチウムイオン電池の寿命を12倍に」との
 同社の独自技術に対する特集記事が一部で掲載されたことで、
 リチウムイオン電池関連として買われています。
 3000円以上も期待できるでしょう。

9月7日 下降トップ3銘柄
★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込みとのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 9月1日に当社振出しの約束手形の不渡り(第2回)に関するお知らせのIRがでてました。
 2回目の不渡りを出したことにより、銀行との取引停止となり、
 倒産濃厚とのことで売られているのでしょう。
 整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

★6092 (株)エンバイオ・ホールディングス
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高307.7%増、
 営業利益961.8%増、
 経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 川崎市中原区の等々力硬式野球場改築工事の建設地で、
 廃棄物混じりの土が見つかり工事が中断している問題で、
 廃棄物処理や汚染土壌・軟弱地盤対策に三十五億円以上かかる見通しとのことです。
 このニュースや五輪水泳会場予定地で土壌汚染の問題などで、
 1100円ほどだった株価が1960円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4274 細谷火工(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮が核実験をしたことや、
 4日午後に一部韓国メディアが
 北朝鮮に弾道ミサイル発射準備の動きがあると報じたことにより、
 地政学的リスクから防衛関連銘柄が買われており、
 1100円ほどだった株価が2220円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

9月6日 上昇トップ3銘柄
☆9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 3日連続でストップ高まで買われています。
 北朝鮮の脅威がまだまだあることから、
 さらなる高値も期待できるでしょう。

☆2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され3日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が990円を超えていました。
 8月10日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前値円同期と比べ、売上高63.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 リミックスポイントが29日の取引終了後、
 連結子会社ビットポイントジャパンが
 貸金業者登録を完了したと発表したことを受けて、
 仮想通貨を使った資金調達が活発になるとの見方から、
 思惑買いが入り800円ほどだった株価が1580円を付けていました。
 2日連続で利確売りに押されていましたが、
 また上に動き出したのでしょう。

☆3556 リネットジャパングループ(株)
 8月10日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.6%減、
 営業利益66.5%減、経常利益68.2%減、
 四半期純利益65.2%減となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高13.9%減、
 営業利益86.3%減、経常利益84.9%減、
 当期純利益83.6%減と下方修正していました。
 9月6日にビックカメラへ、小型家電リサイクルの宅配回収を提供開始のPRがでてました。
 子会社であるリネットジャパン株式会社は、
 株式会社ビックカメラと提携し、
 ビックカメラのインターネットショッピングサイト
 「ビックカメラ・ドットコム」で小型家電リサイクル法に基づく
 使用済小型家電の宅配回収サービスを9月6日から提供開始するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 600円以上も期待できるでしょう。

9月6日 下降トップ3銘柄
★7488 (株)ヤガミ
 8月22日に平成30年4月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.1%増、
 営業利益0.6%減、経常利益0.5%減、
 四半期純利益8.7%減となっていました。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄で、
 本日は誰かが無理に売ったのでしょう。
 本日の出来高は2単元2000株だけでした。

★2901 石垣食品(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 資本提携への思惑から前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込みとのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 9月1日に当社振出しの約束手形の不渡り(第2回)に関するお知らせのIRがでてました。
 2回目の不渡りを出したことにより、銀行との取引停止となり、
 倒産濃厚とのことで売られているのでしょう。
 整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

9月5日 上昇トップ3銘柄
☆9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4274 細谷火工(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮が核実験をしたことや、
 4日午後に一部韓国メディアが
 北朝鮮に弾道ミサイル発射準備の動きがあると報じたことにより、
 地政学的リスクから防衛関連銘柄が買われており、
 ストップ高まで買われています。
 2000円以上も期待できるでしょう。

☆7531 清和中央ホールディングス(株)
 8月9日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益78.4%増、経常利益69.5%増、
 四半期純利益57.9%増となっていました。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄で、
 本日は誰かが買い上げたのでしょう。
 本日の出来高は7単元700株だけでした。
 ただ、戦争等になると鉄鋼などの需要があることから、
 それを見越した買いが入っている可能性もあります。

9月5日 下降トップ3銘柄
★4772 (株)デジタルアドベンチャー
 7月1日に単元を1000から100に変更し、
 10株を1株に併合しました。
 8月10日平成29年12月期 第2四半期決算短信にのIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高36億4100万円、
 営業利益1億6100万円、経常利益1億6300万円、
 四半期純利益1億5600万円となっていました。
 併合や業績等に期待されたのか、
 550円ほどだった株価が940円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され3日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が990円を超えていました。
 8月10日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前値円同期と比べ、売上高63.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 リミックスポイントが29日の取引終了後、
 連結子会社ビットポイントジャパンが
 貸金業者登録を完了したと発表したことを受けて、
 仮想通貨を使った資金調達が活発になるとの見方から、
 思惑買いが入り800円ほどだった株価が1580円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4579 ラクオリア創薬(株)
 9月4日に胃食道逆流症治療薬tegoprazanの
 韓国における製造販売承認申請のお知らせのIRがでてました。
 当社の導出先であるCJヘルスケア株式会社は、
 胃食道逆流症治療薬として開発中の
 tegoprazan(RQ-00000004/CJ-12420)につきまして、
 韓国において製造販売承認申請を行ったことを発表したとのことです。
 ただ、地合いが悪い事や、
 IRでの材料出尽くし感から売られているのでしょう。

9月4日 上昇トップ3銘柄
☆9827 リリカラ(株)
 7月28日に平成29年12月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 個人投資家の平松 裕将氏が4日付で
 同社株にかかる大量保有報告書を
 中国財務局に提出したことが判明したことにより買われているようです。
 時価総額の倍以上の現金を保有しているが、
 無配を続けていることから、
 経営陣に配当の必要性を訴えるために保有したと報告しているとのことです。
 200円以上も期待できるでしょう。

☆9764 技研興業(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮による3日の核実験を受け、
 放射線遮蔽ボード等を扱うここに思惑買いが入っているようで、
 ストップ高まで買われています。
 250円〜300円辺りも期待できるでしょう。

☆3766 システムズ・デザイン(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高18.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 8月31日に当社子会社と共同で、
 国内輸送およびロジスティクス事業を展開する
 近鉄ロジスティクス・システムズの
 新基幹システム受託開発を受注のIRがでてました。
 当社子会社であるシェアードシステム株式会社と共同で、
 株式会社近鉄ロジスティクス・システムズの
 新基幹システム受託開発を受注したとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1000円以上も期待できるでしょう。

9月4日 下降トップ3銘柄
★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込みとのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 9月1日に当社振出しの約束手形の不渡り(第2回)に関するお知らせのIRがでてました。
 2回目の不渡りを出したことにより、銀行との取引停止となり、
 倒産濃厚とのことで売られているのでしょう。
 整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

★2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され3日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が990円を超えていました。
 8月10日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前値円同期と比べ、売上高63.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 リミックスポイントが29日の取引終了後、
 連結子会社ビットポイントジャパンが
 貸金業者登録を完了したと発表したことを受けて、
 仮想通貨を使った資金調達が活発になるとの見方から、
 思惑買いが入り800円ほどだった株価が1580円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7612 (株)Nuts
 9月1日に前受金の一部返金に関するお知らせのIRがでてました。
 前受金として処理しておりました
 最低保証許諾料(16億円)について
 一部(6億円)返金するとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

9月1日 上昇トップ3銘柄
☆3521 エコナックホールディングス(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 当社株式の所属業種変更のお知らせのIRがでてました。
 温浴事業の売上高が拡大したことに伴い、
 証券コード協議会が設定した
 「業種別分類に関する取扱い要領」の所属業種変更基準に該当したとのことで、
 不動産業からサービス業に変更されたとのことです。
 温浴事業の売上高が拡大していることが評価され
 大きく買われているのでしょう。

☆8927 (株)明豊エンタープライズ
 8月30日に販売用不動産の譲渡に関するお知らせのIRがでてました。
 東京都武蔵野市吉祥寺の「ミハス吉祥寺東町」を譲渡したとのことです。
 売却益は連結経常利益の30%未満とのことです。
 これによる上方修正への期待から2日連続で大きく買われています。
 ただ300円辺りで下がっていることから
 300円をあっさり超えられない場合は利確売りに注意が必要でしょう。

☆6092 (株)エンバイオ・ホールディングス
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高307.7%増、
 営業利益961.8%増、
 経常利益、四半期純利益は大幅増となっていました。
 川崎市中原区の等々力硬式野球場改築工事の建設地で、
 廃棄物混じりの土が見つかり工事が中断している問題で、
 廃棄物処理や汚染土壌・軟弱地盤対策に三十五億円以上かかる見通しとのことで、
 これが原因でここに資金が集まっているのでしょう。
 五輪水泳会場予定地で土壌汚染の問題もありますし、
 2000円以上も期待できるでしょう。

9月1日 下降トップ3銘柄
★3441 (株)山王
 6月14日に平成29年7月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月24日に導電性微粒子に関しての特許取得のお知らせのIRがでてました。
 「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」につきまして、
 特許を取得したとのことです。
 「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術の特許取得とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 1000円ほどだった株価が1970円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2703 日本ライトン(株)
 8月10日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.9%減、
 営業利益82.3%増、経常利益104.7%増、
 四半期純利益140.0%増となっていました。
 業績等が評価され、250円ほどだった株価が400円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3607 (株)クラウディアホールディングス
 6月30日に平成29年8月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高4.3%減、
 営業利益10.0%増、経常利益14.5%増、
 四半期純利益187.7%増となっていました。
 8月30日にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社との
 ライセンス契約締結および
 ディズニー ウエディングドレスコレクション発表のお知らせと
 プレスリリースがでてました。
 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社とライセンス契約を締結し、
 ディズニーキャラクターデザインの
 ウエディングドレスコレクションを発表するとのことで、
 これが評価され2日連続で大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2017/1
2017/2
2017/3
2017/4
2017/5
2017/6
2017/7
2017/8
2017/9
2017/10


Copyright ©2011-2017 まねきねこ。 All Rights Reserved.