投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
8月31日 上昇トップ3銘柄
☆8927 (株)明豊エンタープライズ
 8月30日に販売用不動産の譲渡に関するお知らせのIRがでてました。
 東京都武蔵野市吉祥寺の「ミハス吉祥寺東町」を譲渡したとのことです。
 売却益は連結経常利益の30%未満とのことです。
 これによる上方修正への期待からストップ高まで買われています。
 250円以上も期待できるでしょう。

☆3157 ジューテックホールディングス(株)
 8月29日に東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせのIRがでてました。
 9月5日をもち東京証券取引所市場第一部に指定されるとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1500〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆2901 石垣食品(株)
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 資本提携への思惑から買われているようです。
 300円辺りも期待できるでしょう。

8月31日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2315 (株)カイカ
 8月29日に株式会社フィスコとの資本業務提携に関するお知らせのIRと、
 営業外収益の計上見込みに関するお知らせのIRがでてました。
 貸倒引当金戻入益約7700万円および
 受取遅延損害金約500万円を営業外収益として計上するとの事です。
 株式会社フィスコとの間で、資本業務提携を行うことを決議したとのことです。
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2706 (株)ブロッコリー
 7月14日に平成30年2月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 8月28日に『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』
 配信開始のお知らせのお知らせがでてました。
 「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」の配信が
 28日よりスタートし、材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月30日 上昇トップ3銘柄
☆3441 (株)山王
 6月14日に平成29年7月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月24日に導電性微粒子に関しての特許取得のお知らせのIRがでてました。
 「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」につきまして、
 特許を取得したとのことです。
 「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術の特許取得とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 1000円ほどだった株価が1680円を付けていました。
 前日は利確売りに押されていましたが、
 また上に動き出したのでしょう。

☆7781 (株)平山ホールディングス
 8月28日に剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
 期末の配当額が前回予想より2円増配の22円に決定したとのことです。
 来期も配当予想が30円と言うこともあり、
 これ等が評価され買われているのでしょう。

☆2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され3日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が990円を超えていました。
 8月10日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前値円同期と比べ、売上高63.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 リミックスポイントが29日の取引終了後、
 連結子会社ビットポイントジャパンが
 貸金業者登録を完了したと発表したことを受けて、
 仮想通貨を使った資金調達が活発になるとの見方から、
 思惑買いが入っているようです。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

8月30日 下降トップ3銘柄
★2706 (株)ブロッコリー
 7月14日に平成30年2月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.4%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 8月28日に『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』
 配信開始のお知らせのお知らせがでてました。
 「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」の配信が
 28日よりスタートし、材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★2338 (株)ファステップス
 7月10日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高74.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 8月25日に子会社の異動(株式譲渡)及び
 特別損益の発生並びに
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社である株式会社ピーアール・ライフの
 全株式を譲渡することを決議したとのことです。
 それにより、第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高41.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高45.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 8月30日に子会社ビットワンにおける
 採掘(マイニング)技術検証に関するお知らせのIRがでてました。
 子会社である株式会社ビットワンは、
 仮想通貨取引所開設に向けた準備作業を順調に行っておりますが、
 それと並行し技術検証を行うことといたしましたとのことです。
 数日で株価が大きく上がっていることもあり、
 利確売りに押されているのでしょう。

★3845 (株)アイフリークモバイル
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高38.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 30日のUUUM上場に向けて思惑買いが入っていました。
 UUUM上場により材料出尽くしで売られているのでしょう。

8月29日 上昇トップ3銘柄
☆5698 (株)エンビプロ・ホールディングス
 8月10日に平成29年6月期決算短信のIRと、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年6月期の業績は前年と比べ、売上高0.0%減、
 営業利益9.0%増、経常利益17.3%増、
 当期純利益22.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高8.4%増、
 営業利益11.0%増、経常利益7.8%増、
 当期純利益4.2%増の予想でした。
 さらに期末の配当予想を修正しており、
 前回予想より5円増配し、30円の予想になっていました。
 25日付の日本経済新聞が、
 電炉の主原料である鉄スクラップの価格が上昇していると報道したことにより、
 資源リサイクル事業を手掛けるここに資金が集まっており、
 右肩上がりに買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆4238 ミライアル(株)
 8月28日に業績予想値の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高20.4%、
 営業利益137.5%増、経常利益93.2%増、
 四半期純利益113.3%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3168 黒谷(株)
 8月10日に平成29年8月期通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高9.4%増、
 営業利益42.1%増、経常利益62.9%増、
 当期純利益62.7%増と上方修正していました。
 銅価格の上昇いより、ここも買われているようです。
 さらにEV関連銘柄としても注目されているようです。
 1500円以上も期待できるでしょう。

8月29日 下降トップ3銘柄
★4563 アンジェス(株)
 7月31日に平成29年12月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.3%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 今年10月をメドに国内初となる
 遺伝子治療薬の製造販売承認を申請すると
 一部メディアで報じられたことにより、
 250円ほどだった株価が、840円を超えていました。
 8月28日に第31回新株予約権(第三者割当て)
 (行使価額修正条項付)の募集に関するお知らせのIRがでてました。
 リーディング証券株式会社に対する第三者割当方式により、
 12万個の新株予約権を発行するとのことです。
 潜在株式数が1200万株となり、
 これによる希薄化懸念から売られているのでしょう。

★2872 (株)セイヒョー
 7月14日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日単元を1000から100に変更し、
 10株を1株に併合したことや、優待の落日により、
 大きく売られているのでしょう。

★3441 (株)山王
 6月14日に平成29年7月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月24日に導電性微粒子に関しての特許取得のお知らせのIRがでてました。
 「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」につきまして、
 特許を取得したとのことです。
 「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術の特許取得とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われ、
 1000円ほどだった株価が1680円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月28日 上昇トップ3銘柄
☆3441 (株)山王
 6月14日に平成29年7月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高16.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月24日に導電性微粒子に関しての特許取得のお知らせのIRがでてました。
 「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」につきまして、
 特許を取得したとのことです。
 「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術の特許取得とのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1500円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆9519 (株)レノバ
 8月28日に一部報道についてのIRがでてました。
 日本経済新聞の朝刊にて、
 「再生エネ発電のレノバ、年内に東証 1 部申請」
 との記事が掲載されましたとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆3845 (株)アイフリークモバイル
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高38.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 30日のUUUM上場に向けて思惑買いが入っているようです。
 550円以上も期待できるでしょう。

8月28日 下降トップ3銘柄
★8107 (株)キムラタン
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★6659 (株)メディアリンクス
 7月27日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 8月23日に住友電気工業株式会社が
 ケーブルテレビの多チャンネル放送設備を
 省スペース・省電力化する「IP-QAMエキサイタ」を発売とニュースを出し、
 当社は、株式会社メディアリンクスと共同で多チャンネル放送素材受信装置と
 トランスモジュレータを一体構造とした装置
 「IP-QAMエキサイタ」を開発し、ケーブルテレビ局向けに発売しましたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4707 (株)キタック
 8月26日に平成29年10月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%増、
 営業利益4.4%減、経常利益29.0%増、
 四半期純利益35.8%増となっていました。
 第3四半期の数字があまり良くなかったことが原因で、
 大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月25日 上昇トップ3銘柄
☆9658 (株)ビジネスブレイン太田昭和
 8月24日に業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 当社連結子会社と兼松エレクトロニクス株式会社との
 資本業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.5%増、
 営業利益358.3%増、経常利益316.7%増、
 四半期純利益371.4%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.2%増、
 営業利益20.0%増、経常利益20.0%増、
 当期純利益20.0%増と上方修正していました。
 さらに連結子会社グローバルセキュリティエキスパート株式会社と
 兼松エレクトロニクス株式会社との間で
 資本業務提携を行うことを決議したとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆6659 (株)メディアリンクス
 7月27日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 8月23日に住友電気工業株式会社が
 ケーブルテレビの多チャンネル放送設備を
 省スペース・省電力化する「IP-QAMエキサイタ」を発売とニュースを出し、
 当社は、株式会社メディアリンクスと共同で多チャンネル放送素材受信装置と
 トランスモジュレータを一体構造とした装置
 「IP-QAMエキサイタ」を開発し、ケーブルテレビ局向けに発売しましたとのことで、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 750円辺りも期待できるでしょう。

☆5698 (株)エンビプロ・ホールディングス
 8月10日に平成29年6月期決算短信のIRと、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年6月期の業績は前年と比べ、売上高0.0%減、
 営業利益9.0%増、経常利益17.3%増、
 当期純利益22.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高8.4%増、
 営業利益11.0%増、経常利益7.8%増、
 当期純利益4.2%増の予想でした。
 さらに期末の配当予想を修正しており、
 前回予想より5円増配し、30円の予想になっていました。
 本日は25日付の日本経済新聞が、
 電炉の主原料である鉄スクラップの価格が上昇していると報道したことにより、
 資源リサイクル事業を手掛けるここに資金が集まっており、
 ストップ高まで買われています。
 1100円辺りも期待できるでしょう。

8月25日 下降トップ3銘柄
★4274 細谷火工(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮がグアム攻撃の具体案を出したことや、
 米韓の合同演習などで、
 地政学的リスク回避から防衛関連銘柄が買われており、
 1500円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9888 (株)UEX
 8月2日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.2%増、
 営業利益、経常利益は大幅増、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 前日に大きく買われておりましたので、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★7448 (株)ジーンズメイト
 8月7日に特別利益の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期で9100万円の特別利益を計上するとのことです。
 8月22日に平成30年3月期月次速報を出していました。
 8月度の既存店では売上高109.0%、
 客数111.4%、客単価97.8%となっており、
 これが評価され2日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が920円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

8月24日 上昇トップ3銘柄
☆8023 大興電子通信(株)
 8月9日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.7%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 10月からのAppGuard出荷に向けて買われているようです。
 500円辺りも期待できるでしょう。

☆1848 (株)富士ピー・エス
 8月23日に株主優待制度の導入に関するお知らせのIRがでてました。
 株主優待制度を導入することを決定したとのことです。
 9月30日の100株以上保有している株主に対し、
 オリジナルQUOカード500円分が贈呈するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 500円以上も期待できるでしょう。

☆7519 五洋インテックス(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高10.7%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日は東証が24日売買分から信用取引の臨時措置を
 解除すると発表したことが買い材料となり
 ストップ高まで買われています。
 700円辺りも期待できるでしょう。

8月24日 下降トップ3銘柄
★5277 (株)スパンクリートコーポレーション
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高162.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月15日の11時50分に株主による株主総会の招集の請求に関するお知らせのIRと、
 臨時株主総会の開催に関するお知らせのIRがでてました。
 建設業の許可再取得のため、
 建設業法上の経営業務の管理責任者の
 経歴資格を有する取締役の増員が必要となったためとのことです。
 これによる思惑から大きく買われ
 300円ほどだった株価が680円を付けていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★5381 Mipox(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRと、
 平成30年3月期第2四半期累計期間の
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高83.5%増、
 営業利益は大幅増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.2%増、
 営業利益134.2%増、経常利益121.3%増、
 四半期純利益167.5%増と上方修正していました。
 日経ヴェリタスで株価が10倍に上昇する
 「テンバガー」の候補銘柄として紹介されたようで、
 それが評価され430円ほどだった株価が710円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

8月23日 上昇トップ3銘柄
☆4336 (株)クリエアナブキ
 8月9日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益88.7%増、経常利益91.5%増、
 四半期純利益128.0%増となっていました。
 本日はクリエアナブキ、マッチング強化へ大阪に新拠点
 中四国へのUIターン転職支援と報じられたことにより、
 ストップ高まで買われています。
 1000円以上も期待できるでしょう。

☆4770 図研エルミック(株)
 図研エルミックが機械設備にCC-Link協会の
 機能安全に関連する規格を実装させる
 ソフトウェア開発環境をリリースとニュースがでてました。
 機械設備に安全性を向上する制御機能を持たせ、
 作業者や資産を守ることを目的とした機能安全規格に対応した機械類を、
 FAネットワーク上で相互に通信させるための
 ソフトウェア開発環境
 「Ze-PRO CC-Link IE Safety SDK」の販売を、8月より開始するとの事です。
 これが評価され4日連続で大きく買われ、
 400円ほどだった株価が770円を超えていました。
 8月7日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高33.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 図研エルミックのFA向け機能安全通信用開発環境が
 ルネサスの機能安全ソリューションに対応とニュースがでてました。
 FAにおける機能安全を考慮したフィールドネットワーク規格
 「CC-Link IE Safety」に対応するソフトウェア開発環境
 「Ze-PRO CC-Link IE Safety SDK」に、
 ルネサス エレクトロニクス株式会社が発売している
 産業機器向け機能安全ソリューションに最適化した
 サンプルアプリケーションを同梱した上で発売しますとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 700円以上も期待できるでしょう。

☆4319 TAC(株)
 8月3日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益5.2%減、経常利益7.8%減、
 四半期純利益16.8%減となっていました。
 8月22日に一般社団法人
 「日本金融人材育成協会」設立のお知らせのIRがでてました。
 9月1日付で一般社団法人、日本金融人材育成協会を
 設立することについて決議したとのことです。
 これが評価され大きく買われています。
 300円以上も期待できるでしょう。

8月23日 下降トップ3銘柄
★8107 (株)キムラタン
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★6149 (株)小田原エンジニアリング
 8月10日に平成29年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績予想は前年同期と比べ、売上高22.5%減、
 営業利益90.7%減、経常利益87.9%減、
 四半期純利益134.5%増となっていました。
 配当予想を修正しており、
 前回予想と比べ、15円増配し30円の予想となっていました。
 これが評価され1640円ほどだった株価が3650円を付けていました。
 本日は東証による信用規制により売られているのでしょう。
 株価が大きく上がっているだけに、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6864 (株)エヌエフ回路設計ブロック
 7月27日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%増、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益104.0%増となっていました。
 文部科学省が量子コンピューター実用化に向け
 約300億円を投じると報じられたことで、
 超低雑音増幅器は量子コンピューターにおける
 超伝導デバイスの信号増幅にも用いられるため思惑から買われているようで、
 760円ほどだった株価が1980円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

8月22日 上昇トップ3銘柄
☆6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込みとのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 本日もマネーゲームから買われているのでしょう。
 ただ整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

☆6912 菊水電子工業(株)
 7月28日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高7.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 本日はEV関連として注目を集めているようです。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

☆5381 Mipox(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRと、
 平成30年3月期第2四半期累計期間の
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高83.5%増、
 営業利益は大幅増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.2%増、
 営業利益134.2%増、経常利益121.3%増、
 四半期純利益167.5%増と上方修正していました。
 日経ヴェリタスで株価が10倍に上昇する
 「テンバガー」の候補銘柄として紹介されたようで、
 それが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 700円以上も期待できるでしょう。

8月22日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4736 日本ラッド(株)
 8月7日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.3%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 8月17日に日本ラッドとアドバンテックが
 インダストリアルIoT分野での協業を発表とプレスリリースがでてました。
 産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック株式会社と、
 日本ラッド株式会社は、
 インダストリアル IoT分野における
 ソリューションの販売において協業することを発表するとのことです。
 これが評価され800円ほどだった株価が1500円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3624 アクセルマーク(株)
 7月28日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高4.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大予想でした。
 7月28日に新作タイトル『ディアホライゾン』の
 事前登録を開始!とプレスリリースがでてました。
 完全子会社であるアクセルゲームスタジオ株式会社は、
 開発中の新作タイトル『ディアホライゾン』が
 事前登録を開始したことを発表いたします。
 本タイトルの配信会社は
 株式会社スクウェア・エニックスとなるとのことです。
 8月15日には総合エンターテインメント・プロジェクト
 『ディアホライゾン』 スマホゲーム事前登録
 10万人突破!とお知らせがでてました。
 これ等が評価され1400円ほどだった株価が2340円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

8月21日 上昇トップ3銘柄
☆6864 (株)エヌエフ回路設計ブロック
 7月27日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%増、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益104.0%増となっていました。
 文部科学省が量子コンピューター実用化に向け
 約300億円を投じると報じられたことで、
 超低雑音増幅器は量子コンピューターにおける
 超伝導デバイスの信号増幅にも用いられるため思惑から買われているようです。
 1500円も超えましたし、
 さらなる高値も期待できるでしょう。

☆3452 (株)ビーロット
 8月18日に株主優待制度の導入に関するお知らせのIRと、
 株式の立会外分売に関するお知らせのIRがでてました。
 12月31日に100株以上保有の株主に対し
 1000円分のクオカードを贈呈するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 2500円以上も期待できるでしょう。

☆4287 (株)ジャストプランニング
 6月13日に平成30年1月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高14.8%増、
 営業利益12.7%減、経常利益13.5%減、
 四半期純利益12.1%減となっていました。
 8月18日に自己株式の消却に関するお知らせのIRがでてました。
 193万9954株を消却するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

8月21日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8107 (株)キムラタン
 8月1日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 現在は売られているのでしょう。
 整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

8月18日 上昇トップ3銘柄
☆4736 日本ラッド(株)
 8月7日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.3%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益は赤字転落していました。
 8月17日に日本ラッドとアドバンテックが
 インダストリアルIoT分野での協業を発表とプレスリリースがでてました。
 産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック株式会社と、
 日本ラッド株式会社は、
 インダストリアル IoT分野における
 ソリューションの販売において協業することを発表するとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1500円辺りも期待できるでしょう。

☆6864 (株)エヌエフ回路設計ブロック
 7月27日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.3%増、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益104.0%増となっていました。
 文部科学省が量子コンピューター実用化に向け
 約300億円を投じると報じられたことで、
 超低雑音増幅器は量子コンピューターにおける
 超伝導デバイスの信号増幅にも用いられるため思惑から買われているようです。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期業績予想の公表および中期経営計画の策定に関するお知らせのIR等がでてました。
 第1四半期の業績は前年と比べ、売上高80.0%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想が出ており、売上高10億3000万円、
 営業利益-3億6200万円、経常利益-3億8600万円となっていました。
 中期経営計画で数値目標がでており、
 平成31年以降営業利益、経常利益は黒字転換予想となっており、
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 ただ、大きく買われているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

8月18日 下降トップ3銘柄
★7515 (株)マルヨシセンター
 7月12日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.5%減、
 営業利益83.6%減、
 経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 ここは普段の出来高の少ない銘柄で、
 本日は誰かが無理に売ったのでしょう。
 本日の出来高は1単元1000株だけでした。

★2656 (株)ベクター
 7月21日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、21.0%減、
 営業利益の赤字幅は微減、
 経常利益、四半期純利益の赤字幅は微増していました。
 中国のInitialWorldとGAMEMOONから日本における独占配信権を取得した
 『侵攻のオトメギアス』のティザーサイトを公開したことが材料視され、
 前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 現在は売られているのでしょう。
 ただ整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

8月17日 上昇トップ3銘柄
☆3557 ユナイテッド&コレクティブ(株)
 7月14日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高15億5000万円、
 営業利益8000万円、経常利益6700万円、
 四半期純利益4300万円となっていました。
 四季報オンラインの更新により数字が良くなっているようで、
 それがきっかけとなり大きく買われています。
 4000円以上も期待できるでしょう。

☆4406 新日本理化(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高10.7%増、
 営業利益581.9%増、経常利益809.9%増、
 四半期純利益499.2%増と良いものでした。
 さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高変わらず、
 営業利益76.5%増、経常利益76.2%増、
 四半期純利益218.2%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高変わらず、
 営業利益30.6%増、経常利益27.9%増、
 四半期純利益73.9%増と上方修正していました。
 これが評価され大きく買われています。
 350円〜400円辺りも期待できるでしょう。

☆5724 (株)アサカ理研
 8月4日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.6%増、
 営業利益20.3%減、経常利益17.3%減、
 四半期純利益0.9%減となっていました。
 8月8日に主要株主の異動(予定)に関するお知らせのIRがでてました。
 主要株主である株式会社M&Fから、
 保有する当社全株式を、当社の筆頭株主である
 有限会社モラル・コーポレーションに
 譲渡する予定である旨の報告を受けたとのことです。
 レアメタル関連として買われているようです。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

8月17日 下降トップ3銘柄
★8107 (株)キムラタン
 8月1日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★3323 レカム(株)
 6月26日に連結当社子会社の会社形態の変更並びに
 商号の変更についてのお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司は、
 会社形態を「有限公司」より「株式有限公司」へ変更することについて、
 中国当局の認可が本日得られたため、
 本日、社名をレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司に
 変更したとのことです。
 これにより中国新興市場への株式上場準備は最終段階に入ったとのことです。
 8月10日に平成29年9月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月16日に募集新株予約権(業績連動型新株予約権)の
 発行に関するお知らせのIRがでてました。
 最大4.99%の希薄化が生じる可能性があるとのことで、
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 現在は売られているのでしょう。
 ただ整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

8月16日 上昇トップ3銘柄
☆2721 (株)ジェイホールディングス
 8月14日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 繰延税金資産の計上に関するお知らせのIR、
 「継続企業の前提に関する重要事象等」の
 解消に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高546.6%増、
 営業利益363.2%増、経常利益588.3%増、
 四半期純利益256.9%増と良いものでした。
 さらに継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は
 状況が存在しないものと判断し、
 「継続企業の前提に関する重要事象等」、及び
 「継続企業の前提に関する注記」に関する記載を
 いずれも解消する旨決議したとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1000円以上も期待できるでしょう。

☆5277 (株)スパンクリートコーポレーション
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高162.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 8月15日の11時50分に株主による株主総会の招集の請求に関するお知らせのIRと、
 臨時株主総会の開催に関するお知らせのIRがでてました。
 建設業の許可再取得のため、
 建設業法上の経営業務の管理責任者の
 経歴資格を有する取締役の増員が必要となったためとのことです。
 これによる思惑から大きく買われています。
 450円辺りも期待できるでしょう。

☆3810 サイバーステップ(株)
 6月23日に「【日本経済新聞】にて
 企業の成長力ランキングに関する記事が
 掲載されました。」とニュースがでてました。
 総合ランキング10位にランクインしているとのことで、
 これが評価され5500円ほどだった株価が7900円を超えていました。
 7月14日に平成29年5月期決算短信のIRと、
 「継続企業の前提に関する重要事象等」の
 記載解消に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年5月期の業績は前年と比べ、売上高76.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高22.9%増、
 営業利益73.1%減、経常利益76.4%減、
 当期純利益91.2%減の予想でした。
 これが原因で4日連続で売られていました。
 売られすぎからの反発で買われているのでしょう。
 ただ、大きく反発しているだけに利確売りには注意が必要でしょう。

8月16日 下降トップ3銘柄
★3224 (株)ゼネラル・オイスター
 8月14日に平成30年3月期第1四半期報告書の提出遅延及び
 監理銘柄(確認中)への指定見込みに関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期報告書を提出できる見込みがないとのことで、
 監理銘柄(確認中)への指定見込みとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★7870 福島印刷(株)
 6月23日に平成29年8月期 第3四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第3四半期の業績は前年同期と比べ、売上高0.9%増、
 営業利益19.2%減、経常利益18.7%減、
 四半期純利益16.6%増となっていました。
 さらに通期の個別業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.5%減、
 営業利益122.3%増、経常利益115.5%増、
 当期純利益112.5%増と上方修正していました。
 本日は優待の落日で売られているのでしょう。

★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 22円まで売られた後マネーゲームが起こり43円まで買われていました。
 現在は売られているのでしょう。
 ただ整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

8月15日 上昇トップ3銘柄
☆6628 オンキヨー(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 前年同期と比べ、売上高18.1%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 8月14日にAI につながるヒアラブルデバイス市場への
 参入に向けた共同開発に関する基本合意のお知らせのPRがでてました。
 株式会社ネインとAIにつながる
 ヒアラブル市場への商品共同開発について、基本合意したとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 300円辺りも期待できるでしょう。

☆3845 (株)アイフリークモバイル
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高38.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 前日に大きく売られすぎていたため、反発しています。
 大きく戻し過ぎているため、利確売りには注意が必要でしょう。

☆4772 (株)デジタルアドベンチャー
 7月1日に単元を1000から100に変更し、
 10株を1株に併合しました。
 8月10日平成29年12月期 第2四半期決算短信にのIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高36億4100万円、
 営業利益1億6100万円、経常利益1億6300万円、
 四半期純利益1億5600万円となっていました。
 本日は特に材料なくストップ高まで買われているようです。
 特に材料がないだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

8月15日 下降トップ3銘柄
★3224 (株)ゼネラル・オイスター
 8月14日に平成30年3月期第1四半期報告書の提出遅延及び
 監理銘柄(確認中)への指定見込みに関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期報告書を提出できる見込みがないとのことで、
 監理銘柄(確認中)への指定見込みとのことです。
 これが原因でストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★4274 細谷火工(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮がグアム攻撃の具体案を出したことにより、
 地政学的リスク回避から防衛関連銘柄が買われており、
 前日にここもストップ高まで買われていました。
 本日は戦争リスクが一歩後退したとのことで、
 大きく売られています。
 ただ、地政学的リスクは未だなくなっていませんので、
 状況によれば買われる可能性も高いでしょう。

★6786 (株)RVH
 8月14日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 通期連結業績予想に関するお知らせが出てました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高23.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 さらに出ていなかった通期の業績予想を出しており、
 売上高520億〜537億円、営業利益17億3000万〜24億6000万円、
 経常利益18億5000万〜26億1000万円、
 当期純利益6億3000万〜8億9000万の予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。

8月14日 上昇トップ3銘柄
☆6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことです。
 さらに10日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 本日はマネーゲームで買われているのでしょう。
 ただ整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

☆6433 ヒーハイスト精工(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高68.5%増、
 営業利益441.1%増、経常利益540.7%増、
 四半期純利益573.9%増と良いものでした。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4274 細谷火工(株)
 8月9日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高22.0%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 北朝鮮がグアム攻撃の具体案を出したことにより、
 地政学的リスク回避から防衛関連銘柄が買われており、
 ここもストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

8月14日 下降トップ3銘柄
★3782 (株)ディー・ディー・エス
 8月10日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高31.3%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 これが原因となりストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6696 (株)トランザス
 8月9日に東京証券取引所への上場に伴う
 決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 30年1月期の業績予想は浦井下高12億5200万円、
 営業利益2億5600万円、経常利益2億4300万円、
 当期純利益1億6600万円の予想でした。
 ここは8月9日に上場し、
 8月10日に公開価格1300円の2.7倍となる3510円で初値をつけました。
 本日は地政学的リスク等もあり、利確売りに押されているのでしょう。
 ただ、初値が高かったこともあり、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3443 川田テクノロジーズ(株)
 8月10日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.2%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月10日 上昇トップ3銘柄
☆2311 (株)エプコ
 8月9日に住まいの省エネ会社
 「TEPCOホームテック」の設立についてとニュースリリースがでてました。
 東京電力エナジーパートナー株式会社と株式会社エプコは、
 住宅の省エネ化を目的とした共同出資会社の設立に向けて
 検討を進めてまいりましたが、
 本日、「TEPCOホームテック株式会社」を設立いたしましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 さらに本日の後場終了後に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでており、
 これの評価次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆5184 (株)ニチリン
 8月9日に連結業績予想の修正および
 個別業績予想と前期実績との差異ならびに
 期末配当予想の修正に関するお知らせのIRと、
 平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高15.9%増、
 営業利益22.5%増、経常利益48.4%増、
 四半期純利益57.8%増となっていました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.0%増、
 営業利益25.8%増、経常利益25.8%増、
 当期純利益36.8%増と上方修正していました。
 通期の配当予想を修正しており、
 前回予想より6円増配し24円の予想になっていました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 3500円辺りも期待できるでしょう。

☆2454 (株)オールアバウト
 8月9日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIR、
 株主優待制度の新設に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高48.9%増、
 営業利益931.4%増、経常利益大幅増、
 四半期純利益129.9%増と良いものでした。
 さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高10.3%増、
 営業利益125.0%増、経常利益160.0%増、
 四半期純利益666.7%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.6%増、
 営業利益20.0%増、経常利益23.4%増、
 当期純利益50.0%増と上方修正していました。
 株主優待制度を新設しており、
 300株以上の保有で、2000円相当のポイントがもらえます。
 これ等が評価され大きく買われています。
 1300〜1500円辺りも期待できるでしょう。

8月10日 下降トップ3銘柄
★6397 (株)郷鉄工所
 8月9日に有価証券報告書の期限内提出見込等についてのお知らせのIRがでてました。
 「不適切な会計処理が発覚した場合の留意事項」等を参考にして、
 過年度決算訂正作業に取り掛かるとのことで、
 8月10日までに有価証券報告書の提出ができない見込身とのことです。
 その場合、東京証券取引所及び
 名古屋証券取引所の上場廃止基準により、
 当社株式は整理銘柄に指定された後、上場廃止となりますとのことで、
 これが原因でストップ安まで売られています。
 さらに本日の後場終了後平成29年3月期有価証券報告書提出未了及び
 上場廃止の見込みに関するお知らせのIRがでており、
 整理銘柄指定により、9月11日に上場廃止となるとのことです。
 (最終売買日は9月8日)
 整理銘柄のため、手を出すのはお奨めできません。

★3776 (株)ブロードバンドタワー
 8月9日に平成29年6月期 決算短信のIRと、
 特別損失の計上及び繰延税金資産の取崩し並びに
 通期業績予想と実績との差異に関するお知らせのIR、
 簡易新設分割による子会社設立(予定)に関するお知らせのIR等がでてました。
 特別損失の計上により、通期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高9.8%増、
 営業利益5.9%減、経常利益14.8%減、
 当期純利益48.4%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高73.8%減、
 営業利益88.2%減、帰依上利益73.9%減、
 当期純利益79.7%減の予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3242 (株)アーバネットコーポレーション
 8月9日に平成29年6月期 決算短信のIRと、
 設立20周年記念配当に関するお知らせのIRがでてました。
 29年6月期の業績は前年と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益20.6%増、経常利益25.5%増、
 当期純利益28.6%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.1%減、
 営業利益38.0%減、経常利益42.1%減、
 当期純利益42.0%減の予想でした。
 来期の配当は中間配当に1円の記念配当がつくものの、
 年間では中間7円、期末6円の13円の配当予想でした。
 これ等が原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月9日 上昇トップ3銘柄
☆4109 ステラ ケミファ(株)
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益7.4%減、経常利益150.4%増、
 四半期純利益99.4%増と良いものでした。
 さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高10.8%増。
 営業利益76.8%増、経常利益69.8%増、
 四半期純利益28.1%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高9.3%増。
 営業利益40.3%増、経常利益41.4%増、
 当期純利益32.2%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 4000円以上も期待できるでしょう。

☆6164 (株)太陽工機
 8月8日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益8.5%減、経常利益8.7%減、
 四半期純利益3.8%減となっていました。
 さらに通期の個別業績予想と配当予想を修正しており、
 通期の個別業績予想を前回予想と比べ、売上高4.3%増、
 営業利益10.3%増、経常利益10.5%増、
 当期純利益10.5%増と上方修正していました。
 配当予想は30円増配し70円の予想となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6177 AppBank(株)
 5月12日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高23.0%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 人気YouTuberのHikaru氏が自身のチャンネルで、
 AppBank取締役の村井智建(マックスむらい)氏と対談し、
 コラボレーション企画を発表したのが評価され、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

8月9日 下降トップ3銘柄
★6624 田淵電機(株)
 「Nintendo Switch」の販売が好調で、
 部品を供給する関西の電子部品メーカー各社の
 業績に追い風が吹いていると一部メディアが報じたことにより、
 ここにも資金が集まっていおり400円を超えていました。
 8月8日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.6%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 国内太陽光発電市場での改正FIT法における認証手続きの想定外の遅れや、
 これに伴うパワーコンディショナの販売価格の
 下落等収益への影響が生じているため、
 追加抜本対策につきまして鋭意検討中とのことで、
 第2四半期と通期の業績予想が未定に変更していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★5852 (株)アーレスティ
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.6%増、
 営業利益46.4%減、経常利益41.5%減、
 四半期純利益69.1%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月8日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高18.0%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに第2四半期と通期の個別業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高6.0%減、
 営業利益、経常利益は赤字転落、
 四半期純利益は黒字予想でした。
 通期の業績予想は前回予想とほぼ変わらず、
 当期純利益は黒字予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月8日 上昇トップ3銘柄
☆8029 (株)ルック
 8月7日に平成29年12月期 第2四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高1.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高0.5%増、
 営業利益55.6%増、経常利益60.0%増、
 当期純利益71.4%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 500円辺りも期待できるでしょう。

☆2694 (株)ジー・テイスト
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.1%減、
 営業利益29.4%減、経常利益31.9%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高1.3%減、
 営業利益10.9%増、経常利益17.1%増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 前日に大きく売られたことからの反発でもどった可能性と、
 低位株ですので、低位株物色の流れから買われている可能性があります。
 ただここから手を出すなら注意が必要でしょう。

☆3359 (株)タイセイ
 8月8日の11時30分に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.8%増、
 営業利益70.5%増、経常利益54.7%増、
 当期純利益52.7%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 900円〜1000円辺りも期待できるでしょう。

8月8日 下降トップ3銘柄
★2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高52.8%増、
 営業利益は赤字転落、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高30.3%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され3日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が990円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4625 アトミクス(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高6.5%減、
 営業利益40.2%増、経常利益45.9%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.1%増、
 営業利益0.7%減、経常利益0.6%増、
 当期純利益54.2%減の予想でした。
 化学工業日報が1日付で
 「アトミクスは、高速道路橋などに向けた
  コンクリートの剥落防止工法『ライフテックス』シリーズから、
  各工程の材料をすべて水性で統一した新製品を開発した」と報じたことにより、
 5日連続で大きく買われ、
 600円ほどだった株価が1880円を超えていました。
 8月7日の14時に特別利益の計上及び
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 特別利益(関係会社清算益)1億1200万円を計上したことにより、
 第2四半期と通期の業績予想を修正していました。
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高2.0%増、
 営業利益88.9%増、経常利益112.5%増、
 四半期純利益320.0%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高は変わらず、
 営業利益17l0%増、経常利益18.9%増、
 当期純利益48.6%増と上方修正していました。
 ただ株価が大きく上がりすぎていることもあり、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6414 川重冷熱工業(株)
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高2.4%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 ここは普段の出来高が少ない銘柄で、
 本日は誰かが無理に売ったのでしょう。
 本日の出来高は1単元1000株だけでした。

8月7日 上昇トップ3銘柄
☆6396 (株)宇野澤組鐵工所
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高16.8%増、
 営業利益102.3%増、経常利益116.5%増、
 当期純利益634.4%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益66.7%増、経常利益66.7%増、
 当期純利益10.7%減の予想でした
 本日は第1四半期への期待からストップ高まで買われているのでしょう。
 第1四半期の業績次第ではさらなる高値も期待できるでしょう。

☆2776 (株)クリムゾン
 8月4日に新たな事業開始計画に関するお知らせのIRがでてました。
 新たな事業として不動産関連サービス事業の計画を決議したとのことで、
 これが評価され大きく買われています。
 120〜140円辺りも期待できるでしょう。

☆6777 santec(株)
 8月4日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高38.4%増、
 営業利益522.3%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 さらに第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高2.1%増、
 営業利益50.0%増、経常利益47.1%増、
 四半期純利益73.9%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 1300円〜1500円辺りも期待できるでしょう。

8月7日 下降トップ3銘柄
★6532 (株)ベイカレント・コンサルティング
 7月14日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高15.0%増、
 営業利益18.0%増、税引前利益20.7%増、
 四半期利益26.7%増となっていました。
 フューチャー株式会社及び同社子会社が、
 ベイカレント及びフューチャー元従業員に対し、
 不正競争防止法等に基づき損害賠償等を求める民事訴訟を
 東京地方裁判所に提訴したと報道されたことにより、
 ストップ安まで売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6619 ダブル・スコープ(株)
 8月4日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高10.2%減、
 営業利益64.4%減、経常利益81.7%減、
 四半期純利益76.8%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高16.7%減、
 営業利益58.3%減、経常利益63.6%減、
 当期純利益64.7%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3810 サイバーステップ(株)
 6月23日に「【日本経済新聞】にて
 企業の成長力ランキングに関する記事が
 掲載されました。」とニュースがでてました。
 総合ランキング10位にランクインしているとのことで、
 これが評価され5500円ほどだった株価が7900円を超えていました。
 7月14日に平成29年5月期決算短信のIRと、
 「継続企業の前提に関する重要事象等」の
 記載解消に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年5月期の業績は前年と比べ、売上高76.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高22.9%増、
 営業利益73.1%減、経常利益76.4%減、
 当期純利益91.2%減の予想でした。
 これが原因で4日連続で売られていました。
 引き続きこの材料がきっかけで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

8月4日 上昇トップ3銘柄
☆4625 アトミクス(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高6.5%減、
 営業利益40.2%増、経常利益45.9%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.1%増、
 営業利益0.7%減、経常利益0.6%増、
 当期純利益54.2%減の予想でした。
 化学工業日報が1日付で
 「アトミクスは、高速道路橋などに向けた
  コンクリートの剥落防止工法『ライフテックス』シリーズから、
  各工程の材料をすべて水性で統一した新製品を開発した」と報じたことにより、
 4日連続でストップ高まで買われています。
 ここは浮動株が少ない銘柄ですので、
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆4241 (株)アテクト
 5月12日に2017年3月期決算短信のIRがでてました。
 2017年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.4%増、
 営業利益23.0%減、経常利益2.2%減、
 当期純利益32.8%減となっていました。
 来期予想はでていませんでした。
 8月4日にターボチャージャー部品における
 基本合意書締結についてのお知らせとニュースリリースがでてました。
 2017 年 8 月 1 日、世界最大手のターボチャージャーメーカーである
 ボルグワーナー社を主要取引先とするMMT社と
 ターボチャージャー部品供給における基本合意書を締結したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 2000円以上も期待できるでしょう。

☆2588 (株)プレミアムウォーターホールディングス
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高52.8%増、
 営業利益は赤字転落、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高30.3%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 8月3日に当社グループとテックビューロ株式会社との間の
 トークンの発行に向けた検討についてのIRがでてました。
 当社子会社のプレミアムウォーター株式会社での、
 フィンテック時代における新たな事業価値の創造・サービス設計を企図して、
 本報道発表に記載のとおり
 プレミアムウォーターによるトークンの発行を検討しているとのことです。
 これに期待され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

8月4日 下降トップ3銘柄
★3661 (株)エムアップ
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益7.3%増、経常利益26.0%増、
 当期純利益37.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.8%減
 営業利益10.3%増、経常利益0.6%増、
 当期純利益はほぼ変わらずの予想でした。
 5月24日に『乃木坂46』とのコラボレーション公式アプリ
  『乃木坂46 〜always with you〜』、
 事前登録者数10 万人突破に関するお知らせのプレスリリースがでてました。
 連結子会社である株式会社WEAREより発表した
 『乃木坂 46』とのコラボレーション公式アプリ
 『乃木坂 46 〜always with you〜』の事前登録サイトにおいて、
 事前登録者数が 10 万人を突破したとのことです。
 これが評価され1700円ほどだった株価が4000円を超えていました。
 8月3日に『乃木坂46』とのコラボレーション公式アプリ
  『乃木坂46〜always with you〜』、
 本日8月3日(木)より配信開始とプレスリリースがでてました。
 これが評価され前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★7587 (株)PALTEK
 8月3日に平成29年12月期第2四半期決算短信のIRと、
 平成29年12月期第2四半期(累計)連結業績予想値と
 決算値との差異および
 平成29年12月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は予想値と実績値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高3.7%減、
 営業利益11.2%減、経常利益12.0%減、
 四半期純利益11.8%減となっていました。
 さらに通期の業績予想も修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.0%減、
 営業利益20.5%減、経常利益17.2%減、
 当期純利益16.7%減と下方修正していました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★6997 日本ケミコン(株)
 8月3日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高8.8%増、
 営業利益281.8%増、
 経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 営業利益等の進捗率で売られているようです。
 ただ数字は悪くないようですし、
 下げ止まれば反発も期待できるでしょう。

8月3日 上昇トップ3銘柄
☆6016 (株)ジャパンエンジンコーポレーション
 8月2日に主要株主である筆頭株主及び
 その他の関係会社の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 三菱重工業株式会社が筆頭株主になったとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 250円辺りも期待できるでしょう。

☆5358 イソライト工業(株)
 8月2日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高12.2%増、
 営業利益58.2%増、経常利益53.4%増、
 四半期純利益72.7%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 700円辺りも期待できるでしょう。

☆4824 (株)メディアシーク
 6月7日に平成29年7月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高9.4%増、
 営業利益は大幅増、経常利益33.6%減、
 四半期純利益97.8%減となっていました。
 7月24日に早稲田大学の新規事業「WASEDA NEO」に
 「マイクラス」クラウドパッケージが採用されましたとプレスリリースがでてました。
 これが評価され株価が590円を超えていました。
 その後はしばらく利確売りに押されていました。
 8月2日にメディアシークの「バーコードリーダー/アイコニット TM」
 累計2,500万ダウンロード達成とプレスリリースがでてました。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 550円辺りも期待できるでしょう。

8月3日 下降トップ3銘柄
★7923 トーイン(株)
 7月28日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高13.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 営業利益、経常利益、四半期純利益は通期予想よりも良く、
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★8107 (株)キムラタン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 株式併合、単元株式数の変更及び
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.9%減
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★3758 (株)アエリア
 7月31日に平成 29 年 12 月期第 2 四半期
 連結累計期間の業績見込みに関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績見込みは売上高56億4200万円、
 営業利益14億6400万円、経常利益14億8400万円、
 四半期純利益8億8900万円となっていました。
 材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月2日 上昇トップ3銘柄
☆9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月22日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 資本金および資本準備金の額の減少
 ならびに剰余金の処分に関するお知らせのIR等が出てました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.2%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想でていませんでした。
 マネーゲームが起こっているようで、
 9円ほどだった株価が25円をつけていました。
 利確売りに押されていましたが、
 また上に動き出しています。

☆5697 (株)サンユウ
 8月2日の14時に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 繰延税金資産の計上及び業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高12.5%増、
 営業利益198.1%増、経常利益162.8%増、
 四半期純利益830.7%増と良いものでした。
 繰延税金資産の計上により、
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、
 売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
 四半期純利益141.7%増と上方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、
 売上高、営業利益、経常利益は変わらずですが、
 当期純利益70.8%増と上方修正していました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 500円以上も期待できるでしょう。

☆2351 (株)ASJ
 5月17日にASJグループ、「ランダムネットワークコーディング」に関する
 新技術の論文がIEEE(国際電子技術者学会)に承認とプレスリリースがでてました。
 株式会社ASJの現地法人である、
 ASUSA Corporation CEO 工学博士 西田博史と
 オレゴン州立大学で共同研究の
 「Random Network Coded Distributed Data System」が、
 IEEE(国際電子技術者学会)に承認され、
 香港で開催される ICME2017 にて
 同論文に関する基調講演を行うことが決定したとのことです。
 7月10日にASJ、新技術「RNCDDS」に関する特許を国際出願とプレスリリースがでてました。
 「Random Network Coded Distributed Data System」に関して、
 特許協力条約に基づく国際出願を行いましたとのことです。
 7月24日に平成30年3月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.5%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 引き続き新技術に期待され買われているのでしょう。
 2500円以上も期待できるでしょう。

8月2日 下降トップ3銘柄
★6181 (株)パートナーエージェント
 7月31日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRと、
 平成30年3月期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高2.9%増、
 営業利益91.7%減、経常利益90.1%減、
 四半期純利益90.8%減となっていました。
 さらに第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績は前回予想と比べ、
 売上高5.3%減、営業利益83.3%減、
 経常利益80.4%減、四半期純利益82.3%減と下方修正していました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、
 売上高6.8%減、営業利益49.4%減、
 経常利益37.1%減 当期純利益43.2%減と下方修正していました。
 これが原因で前日にストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★8925 (株)アルデプロ
 8月2日の9時10分に通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高84.2%減、
 営業利益90.4%減、
 経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★3738 (株)ティーガイア
 8月1日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.4%減、
 営業利益6.3%減、経常利益6.3%減、
 四半期純利益13.2%減となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

8月1日 上昇トップ3銘柄
☆6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 450円を超えていました。
 7月14日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高48.2%減、
 営業利益26.3%減、経常利益9.0%減、
 当期純利益20.0%減と下方修正していました。
 7月31日に民泊向けIoT サービスが
 総務省のIoT サービス創出支援事業の委託先に採択のIRと、
 IoT プラットフォーム開発新規受注に関するお知らせ のIRがでてました。
 IoTサービスの普及展開を図る事を目的とした総務省の公募
 「IoT サービス創出支援事業」に対し、
 「爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業」を
 代表提案し、委託先の一つに採択され、総務省と契約締結したとのことです。
 これが評価され2日連続で大きく買われています。
 350円以上も期待できるでしょう。

☆7819 SHO-BI(株)
 5月12日に平成29年9月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高5.2%減、
 営業利益50.0%増、経常利益182.8%増、
 四半期純利益116.9%増となっていました。
 7月31日にコスメコンタクト(R)が越境EC市場に初参入
 アリババグループ傘下の阿里健康を通じて
 日本メーカー初のコスメコンタクト
 越境EC販売を開始と商品情報がでてました。
 中国最大の通販サイト「天猫国際(Tmall Global)」にて、
 アリババグループ傘下の阿里健康が運営する
 「阿里健康海外旗艦店」を通じ、
 日本メーカーとして初めてコスメコンタクト
 (カラーコンタクトレンズ)の
 越境EC販売を本格的に始動致しましたとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 550円から600円辺りも期待できるでしょう。

☆7923 トーイン(株)
 7月28日に平成30年3月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高13.8%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 営業利益、経常利益、四半期純利益は通期予想よりも良く、
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 700円以上も期待できるでしょう。

8月1日 下降トップ3銘柄
★3758 (株)アエリア
 7月31日に平成 29 年 12 月期第 2 四半期
 連結累計期間の業績見込みに関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績見込みは売上高56億4200万円、
 営業利益14億6400万円、経常利益14億8400万円、
 四半期純利益8億8900万円となっていました。
 材料出尽くし感から売られているようです。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★4770 図研エルミック(株)
 5月8日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高19.8%減、
 営業利益55.0%減、経常利益59.0%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.1%増、
 営業利益155.7%増、経常利益168.3%増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 図研エルミックが機械設備にCC-Link協会の
 機能安全に関連する規格を実装させる
 ソフトウェア開発環境をリリースとニュースがでてました。
 機械設備に安全性を向上する制御機能を持たせ、
 作業者や資産を守ることを目的とした機能安全規格に対応した機械類を、
 FAネットワーク上で相互に通信させるための
 ソフトウェア開発環境
 「Ze-PRO CC-Link IE Safety SDK」の販売を、8月より開始するとの事です。
 これが評価され4日連続で大きく買われ、
 400円ほどだった株価が770円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月22日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 資本金および資本準備金の額の減少
 ならびに剰余金の処分に関するお知らせのIR等が出てました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.2%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想でていませんでした。
 マネーゲームが起こっているようで、
 9円ほどだった株価が25円をつけていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2017/1
2017/2
2017/3
2017/4
2017/5
2017/6
2017/7
2017/8
2017/9
2017/10


Copyright ©2011-2017 まねきねこ。 All Rights Reserved.