投資情報共有サイトTIPHERETH
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ

今までの上昇下降3銘柄

カスタム検索

今までの上昇下降3銘柄
6月30日 上昇トップ3銘柄
☆6171 (株)土木管理総合試験所
 5月15日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益1.7%増、経常利益0.5%増、
 四半期純利益9.0%増となっていました。
 平成29年7月1日を効力発生日(予定)として、
 100%出資連結子会社である株式会社日新企画設計を吸収合併するとのことです。
 23日に「土木管理総合試験所、道路強度の診断技術を開発 東大と」と
 報道されたことにより、ストップ高まで買われています。
 地質調査の土木管理総合試験所が
 3Dレーダーを使ってコンクリートや
 橋の強度を自動で分析する技術を東大と共同で開発したとのことです。
 これが評価され株価が右肩上がりに買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆2351 (株)ASJ
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高49.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月17日にASJグループ、「ランダムネットワークコーディング」に関する
 新技術の論文がIEEE(国際電子技術者学会)に承認とプレスリリースがでてました。
 株式会社ASJの現地法人である、
 ASUSA Corporation CEO 工学博士 西田博史と
 オレゴン州立大学で共同研究の
 「Random Network Coded Distributed Data System」が、
 IEEE(国際電子技術者学会)に承認され、
 香港で開催される ICME2017 にて
 同論文に関する基調講演を行うことが決定したとのことです。
 これが評価され500円以下だった株価が2000円を超えていました。
 29日の売買分から信用取引の増担保解除により、
 本日はストップ高まで買われています。
 3000円辺りも期待できるでしょう。

☆4769 (株)インフォメーションクリエーティブ
 5月12日に平成29年9月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 第2四半期の業績は売上高37億9300万円、
 営業利益1億9300万円、経常利益2億500万円、
 四半期純利益8600万円となっていました。
 本日はどこかで推奨されお昼から買いが集まっているようです。
 ただ、ここは普段の出来高があまり多くないので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

6月30日 下降トップ3銘柄
★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月22日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 資本金および資本準備金の額の減少
 ならびに剰余金の処分に関するお知らせのIR等が出てました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.2%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想でていませんでした。
 ここは超低位株で、現在は8〜9円で推移しており、
 本日は8円で終わったのでしょう。

★6550 Fringe81(株)
 6月27日に東京証券取引所マザーズへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 30年3月期の業績予想は今期と比べ、売上高24.4%増、
 営業利益220.0%増、経常利益230.4%増、
 当期純利益136.9%増の予想でした。
 ここは6月27日に上場し、
 公開価格2600円の2.33倍となる6060円で初値をつけました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後4日連続で大きく売られていました。
 6月22日の9時30分に本日の一部報道についてのIRがでており、
 23日か26日に民事再生法の適用申請すると朝日新聞に報じられたとのことです。
 「自動車メーカー各社が資金繰り支援」と報道されたことにより、
 ストップ高へ切り替えしましたが、
 26日に民事再生法の適用申請により、
 26に取引停止となり、前日もストップ安まで売られ、
 28日も大きく売られていました。
 本日も売られています。
 整理銘柄ですので手を出すのはお奨めできません。

6月29日 上昇トップ3銘柄
☆3209 カネヨウ(株)
 5月2日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.4%増、
 営業利益262.0%増、
 経常利益、当期純利益は大幅増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高4.4%減、
 営業利益2.5%増、経常利益2.8%増、
 当期純利益3.9%増の予想でした。
 業績が良くなっていることもあり、
 低位株物色の流れから買われているようです。
 180円辺りも期待できるでしょう。

☆5721 (株)エス・サイエンス
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 平成29年3月期 通期業績予想数値と実績値との差異、
 営業外収益、特別損失の計上並びに
 剰余金の配当に関するお知らせがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高34.5%減、
 営業利益は赤字転落、経常利益88.8%減、
 当期純利益76.7%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高8.1%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 さらに配当が50銭と復配しており、
 これがきっかけとなり、
 40円ほどだった株価が右肩上がりに買われており、
 本日も大きく買われています。
 ただ、大きく上がりすぎているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆3160 (株)大光
 6月5日に株式分割及び定款一部変更並びに
 株主優待制度の拡充に関するお知らせのIRがでてました。
 6月30日を基準日として、2分割するとのことです。
 6月13日に平成30年1月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.6%増、
 営業利益38.6%減、経常利益59.7%減、
 四半期純利益34.0%減となっていました。
 前日に分割したことにより、
 買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

6月29日 下降トップ3銘柄
★9635 武蔵野興業(株)
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高14.2%減、
 営業利益67.3%減、経常利益63.7%減、
 当期純利益27.1%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高9.6%増、
 営業利益84.2%増、経常利益50.0%増、
 当期純利益29.5%減の予想でした。
 5月26日に単元株式数の変更、株式併合および
 定款の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 10月1日を基準日とし、単元を1000から100へ変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 ここは普段の出来高が少ない銘柄で、
 前日、誰かの仕掛けで大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4597 ソレイジア・ファーマ(株)
 5月15日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上収益98.2%減、
 営業利益、税引前利益、四半期利益の赤字幅は拡大していました。
 6月28日に主要株主の異動の予定に関するお知らせのIRがでてました。
 主要株主であるJapanBridge (Ireland) Limitedより、
 同社が保有する当社株式850万株を、
 野村證券株式会社へ譲渡する予定である旨の連絡があったとのことです。
 これが原因で売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3940 (株)ノムラシステムコーポレーション
 5月8日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
 平成29年12月期第2四半期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高6億3900万円、
 営業利益1億800万円、経常利益1億800万円、
 四半期純利益6900万円となっていました。
 第2四半期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高5.8%増、
 営業利益75.4%増、経常利益75.4%増、
 四半期純利益77.7%増と上方修正していました。
 5月31日に株式分割及び株式分割に伴う
 定款の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 6月30日を基準日とし、3分割するとのことです。
 前日に3分割しました。
 分割に向け株価が大きく上がっていただけに、
 利確売りに押されているのでしょう。

6月28日 上昇トップ3銘柄
☆9635 武蔵野興業(株)
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高14.2%減、
 営業利益67.3%減、経常利益63.7%減、
 当期純利益27.1%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高9.6%増、
 営業利益84.2%増、経常利益50.0%増、
 当期純利益29.5%減の予想でした。
 5月26日に単元株式数の変更、株式併合および
 定款の一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 10月1日を基準日とし、単元を1000から100へ変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 ここは普段の出来高が少ない銘柄で、
 本日は誰かが仕掛けたようです。
 大きく上がっているだけに利確売りには注意が必要でしょう。

☆7746 岡本硝子(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高9.6%増、
 営業利益13.8%増、経常利益19.9%減、
 当期純利益16.9%減の予想でした。
 低位株物色の流れから買われているようです。
 本日は発行済株式数以上の売買がありますし、
 250円辺りも期待できるでしょう。

☆2397 (株)DNAチップ研究所
 4月20日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高14.2%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高50.9%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 本日は厚生労働省が、がんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる
 一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと伝わったことにより、
 ストップ高まで買われています。
 2018年度中の実現を目指すとのことです。
 800円以上も期待できるでしょう。

6月28日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後4日連続で大きく売られていました。
 6月22日の9時30分に本日の一部報道についてのIRがでており、
 23日か26日に民事再生法の適用申請すると朝日新聞に報じられたとのことです。
 「自動車メーカー各社が資金繰り支援」と報道されたことにより、
 ストップ高へ切り替えしましたが、
 26日に民事再生法の適用申請により、
 26に取引停止となり、前日もストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られています。
 整理銘柄ですので手を出すのはお奨めできません。

★2144 (株)やまねメディカル
 6月27日の13時40分に債務超過解消による
 猶予期間の解除に関するお知らせのIRがでてました。
 平成28年3月期において債務超過の状況に陥り、
 株式会社東京証券取引所における
 上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となりましたが、
 本日、第15期有価証券報告書を関東財務局に提出しました結果、
 平成29年3月期において債務超過を解消したことにより、
 猶予期間入り銘柄から解除されたとのことです。
 これが評価され大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3810 サイバーステップ(株)
 4月7日に業績予想の上方修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高27.4%増、
 営業利益775.0%増、経常利益650.0%増、
 当期純利益1300.0%増と上方修正していました。
 4月14日に平成29年5月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高63.9%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月23日に「【日本経済新聞】にて
 企業の成長力ランキングに関する記事が
 掲載されました。」とニュースがでてました。
 総合ランキング10位にランクインしているとのことで、
 これが評価され5500円ほどだった株価が7900円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月27日 上昇トップ3銘柄
☆3323 レカム(株)
 6月26日に連結当社子会社の会社形態の変更並びに
 商号の変更についてのお知らせのIRがでてました。
 連結子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司は、
 会社形態を「有限公司」より「株式有限公司」へ変更することについて、
 中国当局の認可が本日得られたため、
 本日、社名をレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司に
 変更したとのことです。
 これにより中国新興市場への株式上場準備は最終段階に入ったとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 150円辺りも期待できるでしょう。

☆2144 (株)やまねメディカル
 6月27日の13時40分に債務超過解消による
 猶予期間の解除に関するお知らせのIRがでてました。
 平成28年3月期において債務超過の状況に陥り、
 株式会社東京証券取引所における
 上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となりましたが、
 本日、第15期有価証券報告書を関東財務局に提出しました結果、
 平成29年3月期において債務超過を解消したことにより、
 猶予期間入り銘柄から解除されたとのことです。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆7624 (株)NaITO
 6月26日に平成30年2月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高6.1%増、
 営業利益61.8%増、経常利益45.7%増、
 四半期純利益70.6%増となっていました。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 250円辺りも期待できるでしょう。

6月27日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後4日連続で大きく売られていました。
 6月22日の9時30分に本日の一部報道についてのIRがでており、
 23日か26日に民事再生法の適用申請すると朝日新聞に報じられたとのことです。
 「自動車メーカー各社が資金繰り支援」と報道されたことにより、
 ストップ高へ切り替えしましたが、
 26日に民事再生法の適用申請により、
 前日に取引停止となり、本日もストップ安まで売られています。
 整理銘柄ですので手を出すのはお奨めできません。

★8105 堀田丸正(株)
 5月23日に資本業務提携、第三者割当による
 新株式の発行、主要株主、主要株主である筆頭株主及び
 親会社の異動に関するお知らせのIRと、
 取締役候補者内定及び代表取締役の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 RIZAPグループ株式会社との間での
 資本業務提携契約の締結、
 及び同社に対する第三者割当による
 新株式発行を行うことを決議したとのことです。
 これが評価され120円ほどだった株価が300円を超えていました。
 24日のRIZAPグループの株主総会にて、
 海外展開の方針についての言及もあり、
 成長戦略、グループシナジーへの期待から
 前日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★9980 マルコ(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRと、
 株主優待制度の変更に関するお知らせのIR、
 継続企業の前提に関する重要事象等の記載解消についてのお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高11.9%増、
 営業利益785.9%増、経常利益917.5%増、
 当期純利益310.2%増の予想でした。
 さらに株主優待はRIZAPグループ商品( 2,000 円相当) 及び
 マルコ20%割引券1枚に大幅拡充していました。
 継続企業の前提に関する重要事象等の記載解消とのことです。
 6月2日に本格的な「RIZAP型マーケティング」の
 展開強化に関するRIZAPグループとの協業方針のお知らせのIRと、
 RIZAPグループとの新商品・サービスの共同開発および
 相互送客等に関する協業方針のお知らせのIRがでてました。
 中長期的な成長に向けた具体的施策の一環として、
 親会社である RIZAP グループ株式会社との間で、
 新商品・サービスの共同開発および
 相互送客等に関する協業方針について決議したとのことです。
 23日に東証が26日売買分から
 信用取引の臨時措置解除すると発表したことや、
 24日のRIZAPグループの株主総会にて、
 海外展開の方針についての言及もあり、
 成長戦略、グループシナジーへの期待から  26日に大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月26日 上昇トップ3銘柄
☆4772 (株)デジタルアドベンチャー
 5月10日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高10億400万円、
 営業利益4600万円、経常利益4100万円、
 四半期純利益5800万円となっていました。
 防弾少年団の人気で買われているようです。
 ただ、株価が大きく上がっているだけに、
 ここから手を出すなら注意が必要でしょう。

☆2330 (株)フォーサイド
 4月24日にマレーシア政府通信マルチメディア委員会との
 情報通信分野での相互協力に関する協議開始と、
 NASA Space Apps Challenge KL 2017 Malaysiaへの
 協賛参加のお知らせのニュースがでてました。
 マレーシア政府の中でマルチメディア業界を管轄する規制機関である
  Malaysian Communications and Multimedia Commissionと、
 情報通信分野で相互協力を推進する為の協議を正式に開始するとのことです。
 5月12日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高26.8%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 5月17日に営業損失の計上および
 非支配株主に帰属する当期純利益の計上ならびに
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高17.8%増、
 営業利益57.3%増、経常利益65.9%増、
 当期純利益27.2%減の予想でした。
 本日は日本国内での「アリペイ」拡大による思惑買いが入っているようです。
 450円辺りも期待できるでしょう。

☆3667 (株)enish
 4月20日にみんなで×つなげるバトルRPG
 『12オーディンズ』中国に配信決定!とプレスリリースがでてました。
 みんなで×つなげるバトルRPG
 『12オーディンズ(トゥエルブ オーディンズ)』を
 中国にて配信することを決定したとのことです。
 4月27日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 4月27日に占いで運命の出会い、恋活・婚活アプリ『metune』
 iOS版Android版を同時に配信開始とニュースがでてました。
 恋活・婚活アプリ『metune(ミーチュン)』のiOS版およびAndroid版を、
 2017年4月26日(水)より
 App StoreとGoogle Play上でそれぞれ配信開始したとのことです。
 これ等が評価され800円ほどだった株価が、
 1350円を超えていました。
 6月26日に欅坂46公式ゲームアプリ
 『欅のキセキ』制作に関するお知らせのIRがでてました。
 欅坂 46 の公式ゲームアプリとなる『欅のキセキ』を
 正式に開発することについて、決議したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 2500円〜3000円辺りも期待できるでしょう。

6月26日 下降トップ3銘柄
★4585 (株)UMNファーマ
 3月31日にアピ株式会社及び株式会社ヤクルト本社との
 共同事業契約解約合意書締結に関するお知らせのIRと、
 債務超過の猶予期間入りに関するお知らせのIRがでてました。
 アピ株式会社及び株式会社ヤクルト本社との間での
 共同事業契約について、本日付で解約に合意したとのことです。
 平成28年12月期において、
 債務超過となったことから、
 株式会社東京証券取引所が本日発表したとおり、
 有価証券上場規程第 603 条第1項第3号本文の規程に基づき、
 上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となったとのことです。
 4月28日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 第1四半期の業績は売上高200万円、
 営業利益-1億4100万円、経常利益2億600万円、
 四半期純利益2億600万円となっていました。
 UMN-0501の希少疾病用医薬品等試験研究助成金を
 助成金収入として営業外収益に計上したとのことです。
 バイオ株物色の流れから340円ほどだった株価が520円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。
 ただ、6月26日に国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所との
 新規アジュバントに関する
 共同研究契約締結に関するお知らせのプレスリリースがでており、
 これの評価次第では上に動くことも期待できるでしょう。

★3987 エコモット(株)
 6月21日に札幌証券取引所アンビシャスへの上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 30年3月期の業績予想は前年と比べ、売上高9.4%増、
 営業利益29.3%増、経常利益6.8%増、
 当期純利益1.6%増の予想でした。
 ここは6月21日に上場し、
 公開価格2730円の1.53倍となる4195円で初値をつけました。
 その後は右肩上がりに買われ、6400円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3907 シリコンスタジオ(株)
 4月7日に平成29年11月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 6月15日にシリコンスタジオ、高度な予測データ分析を可能とする
 データ分析プラットフォーム『YOKOZUNA data』の
 サービスを開始とニュースリリースがでてました。
 最新のディープラーニングおよびアンサンブル技術を基礎とし、
 自動の離脱予測や高度なゲームデータ分析を可能とする
 新しい予測データ分析プラットフォーム、
 『YOKOZUNA data』のサービスを開始したとのことです。
 6月16日にはシリコンスタジオ、第25回3D&バーチャル リアリティ展(IVR)に出展
 グローバルイルミネーション技術の業界最高峰レベル
 『Enlighten』を当社ブースにて初展示とニュースリリースがでてました。
 6月21日にはシリコンスタジオが開発を継続する
 グローバルイルミネーション技術の業界最高水準『Enlighten』が
 『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』に対応と
 ニュースリリースがでてました。
 6月23日にはシリコンスタジオ、コンテンツ東京2017に出展
 当社ミドルウェアの最新VRデモと
 海外の先端CGソリューションを展示とニュースリリースがでてました。
 これ等が評価され、3600円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 6900円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月23日 上昇トップ3銘柄
☆7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後4日連続で大きく売られていました。
 6月22日の9時30分に本日の一部報道についてのIRがでており、
 23日か26日に民事再生法の適用申請すると朝日新聞に報じられたとのことです。
 本日は「自動車メーカー各社が資金繰り支援」と報道されたことにより、
 ストップ高へ切り替えしています。
 ただ、民事再生法の適用申請の事もありますし、
 手を出すなら注意が必要でしょう。

☆8105 堀田丸正(株)
 5月23日に資本業務提携、第三者割当による
 新株式の発行、主要株主、主要株主である筆頭株主及び
 親会社の異動に関するお知らせのIRと、
 取締役候補者内定及び代表取締役の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 RIZAPグループ株式会社との間での
 資本業務提携契約の締結、
 及び同社に対する第三者割当による
 新株式発行を行うことを決議したとのことです。
 これが評価され120円ほどだった株価が300円を超えていました。
 本日は株主総会に期待され買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆6171 (株)土木管理総合試験所
 5月15日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高13.5%増、
 営業利益1.7%増、経常利益0.5%増、
 四半期純利益9.0%増となっていました。
 平成29年7月1日を効力発生日(予定)として、
 100%出資連結子会社である株式会社日新企画設計を吸収合併するとのことです。
 本日は「土木管理総合試験所、道路強度の診断技術を開発 東大と」と
 報道されたことにより、ストップ高まで買われています。
 地質調査の土木管理総合試験所が
 3Dレーダーを使ってコンクリートや
 橋の強度を自動で分析する技術を東大と共同で開発したとのことです。
 1000円辺りも期待できるでしょう。

6月23日 下降トップ3銘柄
★4814 ネクストウェア(株)
 6月16日の11時30分にブロックチェーン技術開発の
 シビラ株式会社との資本業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
 シビラ株式会社との間で
 資本業務提携契約の締結を決議したとのことです。
 これが評価され240円ほどだった株価が550円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3825 (株)リミックスポイン
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は売上高55億6100万円、
 営業利益3200万円、経常利益600万円、
 当期純利益-4200万円となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高56.0%増、
 営業利益371.0%増、
 経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月18日にBITPointがリクイディティ・プール機能を有する
 新取引所システムをリリース
 −大口注文の取引環境の強化、
 取引コストの低廉化を図る−とプレスリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 5月28日(日)より、
 リクイディティ・プール機能を有した
 新取引所システムを順次リリースするとの事です。
 5月22日にBITPointがPeachと業務提携
 −フライトから現地の買い物・宿泊・飲食までを
 ビットコインでする旅を企画−とプレリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社との間で、
 PeachとBITPointとのコラボレーションで
 Peachの利用客向けへの
 仮想通貨決済サービスの展開をはじめとする
 業務提携について合意したとのことです。
 5月24日に連結子会社に対する債権の株式化
 (デット・エクイティ・スワップ)に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社の株式会社ビットポイントジャパンに対する
 短期貸付金2億円について、
 デット・エクイティ・スワップを実施し、
 新たに発行する株式の100%をリミックスポイントに割り当てるとのことです。
 6月2日に当社株主に対する仮想通貨
 「ビットコイン」配布に関するお知らせのIRがでてました。
 1単元につき10円相当のビットコインを配布するとのことです。
 これ等が評価され330円ほどだった株価が1800円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4579 ラクオリア創薬(株)
 5月23日に選択的ナトリウムチャネル遮断薬(アミド誘導体)の
 米国における特許査定のお知らせのIRと、
 選択的ナトリウムチャネル遮断薬(ピラゾロピリジン誘導体)の
 欧州における特許査定のお知らせのIRがでてました。
 創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許のうちの一つ
 ピラゾロピリジン誘導体(出願番号13851886.5)は、
 これまで欧州で審査中でありましたが、
 本日、特許査定の連絡を受けたとのことです。
 5月24日に選択的ナトリウムチャネル遮断薬
 (ピロロピリジノン誘導体)の日本における特許査定のお知らせのIRがでてました。
 創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の
 物質特許のうちの一つである
 ピロロピリジノン誘導体(出願番号 特願2014-551356)は、
 これまで日本で審査中でありましたが、
 本日、特許査定の連絡を受けたとのことです。
 これ等が評価され、800円ほどだった株価が1100円を超えていました。
 さらに各種パイプラインへの期待と、
 再動意狙いの買いで1460円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月22日 上昇トップ3銘柄
☆8704 トレイダーズホールディングス(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、営業収益2.2%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は拡大、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、営業収益43.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 6月22日の後場終了後にみんなのビットコイン株式会社による
 株式会社deBitとの仮想通貨を用いた
 資金決済サービスに関する業務提携の
 基本合意書締結のお知らせのIRがでてました。
 IRのタイミング的にこのIRが漏れていた可能性があります。
 200円以上も期待できるでしょう。

☆6628 オンキヨー(株)
 5月30日に平成29年3月期通期連結業績予想と
 実績の差異に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高2.1%減、
 営業利益40.7%減、経常利益は赤字転落、
 純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日の10時辺りに世界初、Lightning 接続の
 パイオニアブランドのスピーカーフォン“RAYZ RallyTM”
 本日より全国の Apple Store にて取り扱いを開始とプレスリリースがでてました。
 Siri に対応し、Lightning 端子から給電、
 バッテリー不要でポケットサイズに収まる
 パイオニアブランドのスピーカーフォン
 “RAYZ Rally”の Apple Store 限定色を採用したモデルを発売し、
 本日より全国の Apple Store にて取り扱いを開始したとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 300円辺りも期待できるでしょう。

☆7612 (株)Nuts
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の個別業績は前年と比べ、売上高335.3%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 株主総会が近いことや、
 新浪日本総合ネットワークグループ株式会社、
 新浪日本微博株式会社、新浪日本不動産株式会社、
 新浪日本旅行株式会社の新浪グループと業務提携契約を締結していることや、
 定款で医療に関する事業、ホテル等の宿泊施設の運営を追加するなどに期待され
 大きく買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

6月22日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後3日連続でストップ安まで売られ、
 本日も大きく売られています。
 6月22日の9時30分に本日の一部報道についてのIRがでており、
 23日か26日に民事再生法の適用申請すると朝日新聞に報じられたとのことです。
 さらに売られることも考えられますし、
 報道の事もありますので、手を出すのはお奨めできません。

★3346 21LADY(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高8.4%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益56.0%増、経常利益34.3%増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 発行株式数の少なさや、
 リンクトラスト・ペイ株式会社との
 資本業務提携等に期待され、買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6658 シライ電子工業(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高4.5%増、
 営業利益23.0%減、経常利益18.3%減、
 当期純利益230.7%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益3.6%増、経常利益3.0%増、
 当期純利益11.5%増となっていました。
 「Nintendo Switch」の販売が好調で、
 部品を供給する関西の電子部品メーカー各社の
 業績に追い風が吹いていると一部メディアが報じたことにより、
 ここにも資金が集まり、
 270円ほどだった株価が420円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月21日 上昇トップ3銘柄
☆6628 オンキヨー(株)
 5月30日に平成29年3月期通期連結業績予想と
 実績の差異に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高2.1%減、
 営業利益40.7%減、経常利益は赤字転落、
 純利益の赤字幅は拡大していました。
 本日の10時辺りに世界初、Lightning 接続の
 パイオニアブランドのスピーカーフォン“RAYZ RallyTM”
 本日より全国の Apple Store にて取り扱いを開始とプレスリリースがでてました。
 Siri に対応し、Lightning 端子から給電、
 バッテリー不要でポケットサイズに収まる
 パイオニアブランドのスピーカーフォン
 “RAYZ Rally”の Apple Store 限定色を採用したモデルを発売し、
 本日より全国の Apple Store にて取り扱いを開始したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 250円辺りも期待できるでしょう。

☆6669 シーシーエス(株)
 6月20日に通期業績予想の修正及び
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高1.9%増、
 営業利益32.3%増、経常利益33.0%増、
 当期純利益30.6%増と上方修正していました。
 さらに配当予想も修正しており、
 前回予想より8円増配し30円の予想になっていました。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

☆6901 澤藤電機(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 単元株式数の変更、株式併合及び
 定款一部変更に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高6.0%減、
 営業利益17.3%増、経常利益59.8%増、
 当期純利益28.7%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高4.2%増、
 営業利益21.1%増、経常利益6.9%増、
 当期純利益0.1%増の予想でした。
 10月1日をもち単元を1000から100へ変更するとのことです。
 さらに5株を1株に併合するとのことです。
 岐阜大学が沢藤電との共同研究で、
 アンモニアを原料する水素製造装置の
 試作機を開発したと明らかにしたとのことです。
 水素の純度は99.999%を達成し、
 燃料電池に用いて発電を確認したとのことで、
 これが評価され6日連続でストップ高まで買われ、
 250円ほどだった株価が1050円をつけていました。
 本日はテレビで取り上げられた事がきっかけとなり、
 水素関連として注目されているようです。
 800円辺りも期待できるでしょう。

6月21日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後3日連続でストップ安まで売られています。
 さらに売られることもありますし、
 報道の事もありますので、手を出すのはお奨めできません。

★4657 (株)環境管理センター
 4月28日に平成29年6月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.0%減、
 営業利益30.1%増、経常利益115.8%増、
 四半期純利益43.0%増となっていました。
 前日に東京都の小池百合子知事が
 午後3時30分から臨時の記者会見を開き、
 豊洲移転の基本方針を表明すると報じられていることから、
 前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2173 (株)博展
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高14.6%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高9.0%増
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月20日に当社グループのアイアクトがソフトバンク株式会社と
 コグニティブ検索サービス『Cogmo Search (コグモ・サーチ) 』の
 販売パートナー契約を締結とニュースがでてました。
 当社グループの株式会社アイアクトは、
 ソフトバンク株式会社と、2017年4月より提供を開始しております
 「IBM Watson 日本語版」を活用した
 コグニティブ検索サービス『Cogmo Search (コグモ・サーチ) 』の
 販売パートナーとなる契約を締結したとのことです。
 これが評価され前日にストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月20日 上昇トップ3銘柄
☆6658 シライ電子工業(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高4.5%増、
 営業利益23.0%減、経常利益18.3%減、
 当期純利益230.7%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益3.6%増、経常利益3.0%増、
 当期純利益11.5%増となっていました。
 「Nintendo Switch」の販売が好調で、
 部品を供給する関西の電子部品メーカー各社の
 業績に追い風が吹いていると一部メディアが報じたことにより、
 ここにも資金が集まっています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆6624 田淵電機(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高33.1%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高22.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 「Nintendo Switch」の販売が好調で、
 部品を供給する関西の電子部品メーカー各社の
 業績に追い風が吹いていると一部メディアが報じたことにより、
 ここにも資金が集まっています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4814 ネクストウェア(株)
 6月16日の11時30分にブロックチェーン技術開発の
 シビラ株式会社との資本業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
 シビラ株式会社との間で
 資本業務提携契約の締結を決議したとのことです。
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われています。
 500円以上も期待できるでしょう。

6月20日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 その後2日連続でストップ安まで売られています。
 さらに売られることもありますし、
 報道の事もありますので、手を出すのはお奨めできません。

★5856 (株)東理ホールディングス
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別損失等の計上、
 平成29年3月期通期業績予想数値と実績値との差異並びに
 剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高10.9%減、
 営業利益82.6%減、経常利益83.5%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高3.3%減、
 営業利益321.4%増、経常利益319.1%増、
 当期純利益は黒字転換の予想でした。
 前日に1500万株を保有するエス・サイエンスの株価上昇を受け、
 ここも大きく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★4563 アンジェス MG(株)
 4月24日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 今年10月をメドに国内初となる
 遺伝子治療薬の製造販売承認を申請すると
 一部メディアで報じられたことにより、
 250円ほどだった株価が、840円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月19日 上昇トップ3銘柄
☆5721 (株)エス・サイエンス
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 平成29年3月期 通期業績予想数値と実績値との差異、
 営業外収益、特別損失の計上並びに
 剰余金の配当に関するお知らせがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高34.5%減、
 営業利益は赤字転落、経常利益88.8%減、
 当期純利益76.7%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高8.1%減、
 営業利益の赤字幅は縮小、
 経常利益、当期純利益は赤字転落予想でした。
 さらに配当が50銭と復配しており、
 これがきっかけとなり、
 40円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 ただ、大きく上がりすぎているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆5856 (株)東理ホールディングス
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別損失等の計上、
 平成29年3月期通期業績予想数値と実績値との差異並びに
 剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高10.9%減、
 営業利益82.6%減、経常利益83.5%減、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高3.3%減、
 営業利益321.4%増、経常利益319.1%増、
 当期純利益は黒字転換の予想でした。
 1500万株を保有するエス・サイエンスの株価上昇を受け、
 ここも大きく買われています。
 エス・サイエンスの株価次第では、
 さらなる高値も期待できるでしょう。

☆3854 (株)アイル
 6月16日にシビラ株式会社への出資及び資本業務提携のお知らせのIRがでてました。
 シビラ株式会社との株式引受及び業務提携契約を締結したとのことです。
 ブロックチェーン技術の開発を行うシビラへ出資し、資本業務提携するとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われています。
 1500円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

6月19日 下降トップ3銘柄
★7312 タカタ(株)
 5月10日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせのIR、
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.7%減、
 営業利益7.5%減、経常利益22.1%増、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高6.4%減、
 営業利益44.8%減、経常利益51.2%減、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 6月16日に本日の一部報道についてのIRがでてました。
 法的手続の申し立てに関する報道があったとのことです。
 6月16日に日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じた事により、
 16日は取引停止となっており、
 本日ストップ安まで売られています。
 さらに売られることもありますし、
 報道の事もありますので、手を出すのはお奨めできません。

★3986 (株)ビーブレイクシステムズ
 6月15日に東京証券取引所マザーズ市場上場に伴う
 当社決算情報等のお知らせのIRがでてました。
 29年6月期の業績予想は前年と比べ、売上高6.8%増、
 営業利益63.7%増、経常利益48.5%増、
 当期純利益36.6%増の予想でした。
 ここは6月15日に上場し、
 公開価格1670円の4.6倍となる7700円で初値をつけました。
 その後は8300円まで買われましたが、
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3231 野村不動産ホールディングス(株)
 4月27日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.0%増、
 営業利益4.5%減、経常利益5.1%減、
 当期純利益0.4%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.4%増、
 営業利益1.6%減、経常利益2.8%減、
 当期純利益6.4%減の予想でした。
 本日の8時45分に当社の株式取得に関する一部報道についてのIRがでてました。
 一部の報道機関において、
 日本郵政株式会社が検討していた
 当社の買収交渉が中止になる見通しとなった旨の報道がされたとのことです。
 さらに企業価値の維持向上の観点から、
 日本郵政による当社株式の取得について、
 検討を中止するとのことです。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

6月16日 上昇トップ3銘柄
☆4814 ネクストウェア(株)
 6月16日の11時30分にブロックチェーン技術開発の
 シビラ株式会社との資本業務提携に関するお知らせのIRがでてました。
 シビラ株式会社との間で
 資本業務提携契約の締結を決議したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

☆3526 芦森工業(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 単元株式数の変更、株式併合および
 定款の一部変更のお知らせのIR等ががでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高2.0%減、
 営業利益27.1%減、経常利益19.9%減、
 当期純利益25.1%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高12.3%増、
 営業利益58.9%増、経常利益68.8%増、
 当期純利益66.8%増の予想でした。
 2017年10月1日をもち単元を1000から100株に変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 欠陥エアバッグの異常破裂問題で経営が悪化していたタカタについて、
 本日の日本経済新聞が
 「民事再生法の適用申請に向け最終調整に入った」と報じており、
 これを受けてここに代替需要が増えるのではないかとの
 思惑から買われているようです。
 300円辺りも期待できるでしょう。

☆6092 (株)エンバイオ・ホールディングス
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高95.7%増、
 営業利益13.9%減、経常利益60.5%減、
 当期純利益85.5%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高41.2%増、
 営業利益161.8%増、経常利益465.0%増、
 当期純利益大幅増の予想でした。
 本日は五輪水泳会場予定地で土壌汚染と伝わったことを受け
 思惑買いが入っているようです。
 1500円以上も期待できるでしょう。

6月16日 下降トップ3銘柄
★3840 パス(株)
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高55.8%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高5.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 前日にOak関連銘柄の思惑から買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 450円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★7748 (株)ホロン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高36.3%減、
 営業利益34.4%減、経常利益30.8%減、
 当期純利益18.87%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高25.1%増、
 営業利益29.1%増、経常利益23.5%増、
 当期純利益18.6%増の予想でした。
 6月9日に2017年定時株主総会招集通知のIRがでてました。
 世界最大手の米アプライズマテリアルズとの販売代理店契約や、
 株主総会への期待から右肩上がりに買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月15日 上昇トップ3銘柄
☆3840 パス(株)
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高55.8%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高5.8%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小予想でした。
 Oak関連銘柄の思惑から買われているようです。
 200円辺りも期待できるでしょう。

☆7748 (株)ホロン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高36.3%減、
 営業利益34.4%減、経常利益30.8%減、
 当期純利益18.87%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高25.1%増、
 営業利益29.1%増、経常利益23.5%増、
 当期純利益18.6%増の予想でした。
 6月9日に2017年定時株主総会招集通知のIRがでてました。
 世界最大手の米アプライズマテリアルズとの販売代理店契約や、
 株主総会への期待から右肩上がりに買われています。
 1000円以上も期待できるでしょう。

☆6192 ハイアス・アンド・カンパニー(株)
 6月14日に平成29年4月期 決算短信のIRと、
 当社取締役及び監査役に対する
 新たな株式報酬制度の導入に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年4月期の業績は前年と比べ、売上高24.4%増、
 営業利益23.6%増、経常利益32.8%増、
 当期純利益29.1%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高25.5%増、
 営業利益23.8%増、経常利益15.4%増、
 当期純利益19.0%増の予想でした。
 さらに来期は中間配当4円、期末配当4円の復配予想でした。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 800円以上も期待できるでしょう。

6月15日 下降トップ3銘柄
★6342 (株)太平製作所
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高2.5%減、
 営業利益75.5%増、経常利益78.6%増、
 当期純利益126.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益15.4%減、経常利益12.0%減、
 当期純利益19.6%減の予想でした。
 前日に特に材料なく買われていました。
 本日は利確売りには注意が必要でしょう。

★3661 (株)エムアップ
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益7.3%増、経常利益26.0%増、
 当期純利益37.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.8%減
 営業利益10.3%増、経常利益0.6%増、
 当期純利益はほぼ変わらずの予想でした。
 5月24日に『乃木坂46』とのコラボレーション公式アプリ
  『乃木坂46 〜always with you〜』、
 事前登録者数10 万人突破に関するお知らせのプレスリリースがでてました。
 連結子会社である株式会社WEAREより発表した
 『乃木坂 46』とのコラボレーション公式アプリ
 『乃木坂 46 〜always with you〜』の事前登録サイトにおいて、
 事前登録者数が 10 万人を突破したとのことです。
 これが評価され1700円ほどだった株価が4000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2351 (株)ASJ
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高49.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月17日にASJグループ、「ランダムネットワークコーディング」に関する
 新技術の論文がIEEE(国際電子技術者学会)に承認とプレスリリースがでてました。
 株式会社ASJの現地法人である、
 ASUSA Corporation CEO 工学博士 西田博史と
 オレゴン州立大学で共同研究の
 「Random Network Coded Distributed Data System」が、
 IEEE(国際電子技術者学会)に承認され、
 香港で開催される ICME2017 にて
 同論文に関する基調講演を行うことが決定したとのことです。
 これが評価され500円以下だった株価が2000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月14日 上昇トップ3銘柄
☆6218 エンシュウ(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高21.2%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高19.9%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 本日はエンシュウが日星電気、トヨタ自動車、トヨタ学園と共同で
 「レーザ発振器の冷却構造、
 およびこれを使用したファイバレーザ装置」を開発し
 特許を取得したことが材料となりストップ高まで買われています。
 150円以上も期待できるでしょう。

☆6342 (株)太平製作所
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高2.5%減、
 営業利益75.5%増、経常利益78.6%増、
 当期純利益126.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高5.7%増、
 営業利益15.4%減、経常利益12.0%減、
 当期純利益19.6%減の予想でした。
 本日は特に材料なく買われているようです。
 特に材料がないだけに、利確売りには注意が必要でしょう。

☆6962 (株)大真空
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 連結業績予想との差異および減損損失(特別損失)の計上、
 ならびに剰余金の配当に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.8%減、
 営業利益101.3%増、経常利益122.6%増、
 当期純利益397.5%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高9.8%増、
 営業利益3.2%増、経常利益7.2%減、
 当期純利益6.4%増の予想でした。
 6月13日に従来品比1/2以下の製品厚みを実現した
 世界最小最薄※水晶タイミングデバイスの製品化と新着情報がでてました。
 従来とは異なる構造により圧倒的な薄型化を実現した
 水晶タイミングデバイス「Arch.3G」シリーズを製品化したとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 2000円以上も期待できるでしょう。

6月14日 下降トップ3銘柄
★6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 450円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★6666 リバーエレテック(株)
 5月12日に平成29年3月期決算短信のIRと、
 個別業績の前期実績値との差異及び
 配当予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高13.2%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高7.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 29年3月期の配当予想を修正しており、
 無配転落してました。
 6月5日に『TFX-05』32.768kHz音叉型水晶振動子として、
 世界最小寸法を実現 金属間直接接合による
 革新的なクリスタルケースを採用と新着情報がでてました。
 32.768kHz の音叉型水晶振動子において
 世界最小サイズの『TFX-05』を開発しました。
 すでにサンプル対応を開始し、量産対応を予定しているとのことです。
 これが評価され400円ほどだった株価が850円を超えていました。
 東証が信用規制したこともあり、
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2156 セーラー広告(株)
 6月12日に配当予想の修正
 (記念配当の実施)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式上場10周年の記念に中間配当にて5円の記念配当を実施するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

6月13日 上昇トップ3銘柄
☆6852 (株)テクノ・セブン
 5月19日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高1.4%増、
 営業利益1.9%増、経常利益3.9%増、
 当期純利益12.5%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高11.3%増、
 営業利益、11.5%増、経常利益8.7%増、
 当期純利益31.2%増の予想でした。
 本日は特に材料なく買われているようです。
 材料が不明なだけに、手を出すなら注意が必要でしょう。

☆2156 セーラー広告(株)
 6月12日に配当予想の修正
 (記念配当の実施)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式上場10周年の記念に中間配当にて5円の記念配当を実施するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われています。
 400円以上も期待できるでしょう。

☆4728 (株)トーセ
 4月6日に平成29年8月期 第2四半期決算短信のIRと、
 特別損失の計上、平成29年8月期第2四半期連結累計期間の
 業績予想値と実績値との差異および
 通期業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は前年同期と比べ、売上高21.1%減、
 営業利益は赤字転落、経常利益34.2%増、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高17.8%減、
 営業利益68.0%減、経常利益56.6%減、
 当期純利益79.3%減の予想でした。
 スクウェア・エニックス・ホールディングスが
 年内に配信を予定した「ドラゴンクエストライバルズ」の開発を
 トーセが担当していることが材料となり
 1000円ほどだった株価が4日連続でストップ高まで買われています。
 2500円以上も期待できるでしょう。

6月13日 下降トップ3銘柄
★6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 450円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3113 Oak キャピタル(株)
 6月7日に当社投資先企業である
 株式会社ピクセラ(東証2部6731)の
 事業進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 成長支援を目的に、2回に渡り
 総額34億円のエクイティファイナンス引受を実施した
 株式会社ピクセラの成長戦略の一つである
 次世代テレビ事業についての進捗をお知らせしますとのことです。
 投資先のピクセラの株価が4倍近くになっていることもあり、
 前日にここもストップ高まで買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3672 (株)オルトプラス
 5月11日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高11.7%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 12月22日の株主説明会資料にて、
 「KADOKAWAとの協業タイトルを開発中であること」や
 「中国向けタイトルを中国のKingNet社と共同開発中であること」を明らかにしていました。
 さらに3月6日にオルトプラスがKADOKAWAと共同開発中の
 新作タイトルのカウントダウンティザーサイトを公開ととトピックスがでてました。
 6月8日に『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』
 新たなる勇者たちの物語がスマートフォンゲームに!とトピックスが出てました。
 6月9日に勇者きらめきRPG
 『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』
  40万ダウンロード突破記念キャンペーン開催!とトピックスがでてました。
 配信開始1日で40万ダウンロードとのことで、
 これが評価され1300円ほどだった株価が1750円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月12日 上昇トップ3銘柄
☆3113 Oak キャピタル(株)
 6月7日に当社投資先企業である
 株式会社ピクセラ(東証2部6731)の
 事業進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 成長支援を目的に、2回に渡り
 総額34億円のエクイティファイナンス引受を実施した
 株式会社ピクセラの成長戦略の一つである
 次世代テレビ事業についての進捗をお知らせしますとのことです。
 投資先のピクセラの株価が4倍近くになっていることもあり、
 ここも買われているのでしょう。
 300円以上も期待できるでしょう。

☆3246 (株)コーセーアールイー
 6月8日に平成30年1月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高188.0%増、
 営業利益378.1%増、経常利益397.9%増、
 四半期純利益457.6%増となっていました。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 1500円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 3日連続でストップ高まで買われています。
 株価も4倍になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

6月12日 下降トップ3銘柄
★3664 (株)モブキャスト
 5月11日に平成29年12月期 第1四半期決算短信のIRと、
 非連結決算への移行に関するお知らせのIR等がでてました。
 mobcast Korea inc.の清算が平成28年12月に結了したことから、
 個別決算へと移行しており、
 第1四半期の業績は売上高6億7600万円、
 営業利益-2億4900万円、経常利益-2億5800万円、
 四半期純利益-2億3700万円となっていました。
 6月5日に『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』
 中国版「豪門足球風云」TVCM放映開始!のプレスリリースがでてました。
 株式会社モブキャストは、
 スマートフォン向けアプリ『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』の
 中国版「豪門足球風云」において、
 現地時間2017年6月4日(日)より、TVCMの放映を開始するとのことです。
 これが評価され1000円以下だった株価が1400円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★1436 (株)フィット
 6月9日に平成29年4月期決算短信のIRがでてました。
 29年4月期の業績は売上高71億9800万円、
 営業利益11億3500万円、経常利益11億2500万円、
 当期純利益6億4600万円となっていました。
 来期予想は売上高75億500万円、
 営業利益12億600万円、経常利益12億円、
 当期純利益7億5900万円となっていました。
 業績期待から株価が上がっていた事もあり、
 材料出尽くし感から売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★3976 (株)シャノン
 6月9日に平成29年10月期 第2四半期決算短信のIRと、
 平成29年10月期第2四半期連結累計期間の
 業績予想値と実績値との差異及び
 通期連結業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 第2四半期の業績は実績値と予想値に差異があり、
 実績値は予想値と比べ、売上高12.2%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は赤字転落していました。
 さらに通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.2%減、
 営業利益75.4%減、経常利益89.8%減、
 月純利益99.3%減と下方修正していました。
 これが原因でストップ安まで売られているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

6月9日 上昇トップ3銘柄
☆6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われ、
 2日連続でストップ高まで買われています。
 株価も3倍になっていますので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4728 (株)トーセ
 4月6日に平成29年8月期 第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高21.1%減、
 営業利益は赤字転落、
 経常利益34.2%増、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 『ドラゴンクエストライバルズ』を開発していることを材料に
 2日連続でストップまで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3825 (株)リミックスポイント
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は売上高55億6100万円、
 営業利益3200万円、経常利益600万円、
 当期純利益-4200万円となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高56.0%増、
 営業利益371.0%増、
 経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月18日にBITPointがリクイディティ・プール機能を有する
 新取引所システムをリリース
 −大口注文の取引環境の強化、
 取引コストの低廉化を図る−とプレスリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 5月28日(日)より、
 リクイディティ・プール機能を有した
 新取引所システムを順次リリースするとの事です。
 5月22日にBITPointがPeachと業務提携
 −フライトから現地の買い物・宿泊・飲食までを
 ビットコインでする旅を企画−とプレリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社との間で、
 PeachとBITPointとのコラボレーションで
 Peachの利用客向けへの
 仮想通貨決済サービスの展開をはじめとする
 業務提携について合意したとのことです。
 5月24日に連結子会社に対する債権の株式化
 (デット・エクイティ・スワップ)に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社の株式会社ビットポイントジャパンに対する
 短期貸付金2億円について、
 デット・エクイティ・スワップを実施し、
 新たに発行する株式の100%をリミックスポイントに割り当てるとのことです。
 6月2日に当社株主に対する仮想通貨
 「ビットコイン」配布に関するお知らせのIRがでてました。
 1単元につき10円相当のビットコインを配布するとのことです。
 これ等が評価され330円ほどだった株価が1000円を超えていました。
 その後は利確売りに押されていましたが、
 また上に動き出しており、
 4日連続で大きく買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

6月9日 下降トップ3銘柄
★9867 ソレキア(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高1.6%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高5.6%増、
 営業利益8.1%増、経常利益11.5%増、
 当期純利益13.1%増の予想でした。
 5月23日に富士通株式会社による
 当社株券に対する公開買付けの結果に関するお知らせのIRがでてました。
 公開買付けが5月22日に終了し、
 買付け予定数の下限に満たなかったため、
 応募株券等の全部の買付け等を行いませんとの事です。
 5月24日の14時半に佐々木ベジ氏による
 当社株券に対する公開買付けの結果並びに
 主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 佐々木ベジ時が筆頭株主になったとのことです。
 5月30日に主要株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 5月30日付で吉田 知広氏が第2位の大株主になったとのことです。
 これが評価されたのか4000円ほどだった株価が8100円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは様子見している方が良いでしょう。

★9692 (株)シーイーシー
 6月8日に平成30年1月期 第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高3.8%減、
 営業利益14.1%減、経常利益15.5%減、
 四半期純利益19.0%増となっていました。
 これが原因で大きく売られているのでしょう。
 2000円以下になることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★6264 (株)マルマエ
 5月11日に業績予想の修正に関するお知らせのIRがでてました。
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高13.9%増、
 営業利益37.7%増、経常利益37.8%増、
 当期純利益40.2%増と上方修正していました。
 受注残高や東証1部への昇格等に期待され、
 1100円ほどだった株価が1740円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月8日 上昇トップ3銘柄
☆6731 (株)ピクセラ
 5月15日に平成29年9月期第2四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高20.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益は黒字転換していました。
 6月2日にIoT事業戦略の進捗に関するお知らせのIRがでてました。
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催する
 AWS Summit Tokyo 2017に出展したとのことです。
 2017年5月17日に米国で開催されたGoogle社主催の
 開発者向けの権威あるイベントである
 Google I/O (Google Innovation in the Open)において、
 Google社が展開する新しいテレビ事業において、
 世界的に著名なLG社やHuawei社と並んで、
 ピクセラ社はGoogleパートナー10社のうちの
 1社として紹介されていることが評価され、
 98円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 250円以上も期待できるでしょう。

☆3346 21LADY(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高8.4%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益56.0%増、経常利益34.3%増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 発行株式数の少なさや、
 リンクトラスト・ペイ株式会社との
 資本業務提携等に期待され、
 2日連続でストップ高まで買われているようです。
 ただ、大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4579 ラクオリア創薬(株)
 5月23日に選択的ナトリウムチャネル遮断薬(アミド誘導体)の
 米国における特許査定のお知らせのIRと、
 選択的ナトリウムチャネル遮断薬(ピラゾロピリジン誘導体)の
 欧州における特許査定のお知らせのIRがでてました。
 創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許のうちの一つ
 ピラゾロピリジン誘導体(出願番号13851886.5)は、
 これまで欧州で審査中でありましたが、
 本日、特許査定の連絡を受けたとのことです。
 5月24日に選択的ナトリウムチャネル遮断薬
 (ピロロピリジノン誘導体)の日本における特許査定のお知らせのIRがでてました。
 創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の
 物質特許のうちの一つである
 ピロロピリジノン誘導体(出願番号 特願2014-551356)は、
 これまで日本で審査中でありましたが、
 本日、特許査定の連絡を受けたとのことです。
 これ等が評価され、800円ほどだった株価が1100円を超えていました。
 各種パイプラインへの期待と、再動意狙いの買いが入っているようです。
 1500円辺りも期待っできるでしょう。

6月8日 下降トップ3銘柄
★9685 KYCOMホールディングス(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高19.2%増、
 営業利益16.4%増、経常利益16.4%増、
 当期純利益77.3%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.6%増、
 営業利益51.4%増、経常利益58.8%増、
 当期純利益212.2%増の予想でした。
 iPhone8に指紋認証機能が搭載されるとのことで、
 指紋認証関連のここに資金が集まっており、
 300円ほどだった株価が500円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★3719 (株)ジェクシード
 6月7日にTCSホールディングス株式会社に対する
 第三者割当による新株式発行並びに
 主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせのIRがでてました。
 TCSホールディングス株式会社を割当予定先とする
 第三者割当による新株式発行を行うことを決議したとのことです。
 350万株を105円で発行するとのことです。
 これによりTCSホールディングスが筆頭株主になるとのことです。
 これによる希薄化懸念により大きく売られているのでしょう。

★9318 アジア開発キャピタル(株)
 5月22日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 資本金および資本準備金の額の減少
 ならびに剰余金の処分に関するお知らせのIR等が出てました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高3.2%減、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想でていませんでした。
 ここは超低位株で、現在は8〜10円で推移しており、
 本日は8円で終わったのでしょう。

6月7日 上昇トップ3銘柄
☆3346 21LADY(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高8.4%減、
 営業利益、経常利益は黒字転換、
 当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.3%増、
 営業利益56.0%増、経常利益34.3%増、
 当期純利益は黒字転換予想でした。
 発行株式数の少なさや、
 リンクトラスト・ペイ株式会社との
 資本業務提携等に期待され買われているようです。
 ただ、大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6966 (株)三井ハイテック
 6月6日に平成30年1月期第1四半期決算短信のIRと、
 業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせのIR、
 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせのIRがでてました。
 第1四半期の業績は前年同期と比べ、売上高16.3%増、
 営業利益43.4%増、経常利益84.2%増、
 四半期純利益126.2%増と良いものでした。
 第2四半期と通期の業績予想を修正しており、
 第2四半期の業績予想は前回予想と比べ、売上高8.8%増、
 営業利益42.9%増、経常利益42.9%増、
 四半期純利益180.0%増となっていました。
 通期の業績予想は前回予想と比べ、売上高4.1%増、
 営業利益13.0%増、経常利益13.0%増、
 当期純利益47.4%増と上方修正していました。
 さらに中間配当を1円増配し、6円に増配していました。
 自己株式取得を決議しており、
 50万株を上限とし5億円(上限)で自己株式取得するとのことです。
 これ等が評価されストップ高まで買われています。
 2000円辺りも期待できるでしょう。

☆3937 (株)AWSホールディングス
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高2.2%増、
 営業利益22.5%増、経常利益24.2%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高17.9%増、
 営業利益50.2%増、経常利益21.7%増、
 当期純利益142.4%増の予想でした。
 5月31日に日本最大級のグループ医療機関
 (100を超える医療機関を運営)にて
 レセプト点検専用ソフトウェアマイティーチェッカーを導入とニュースがでてました。
 子会社の株式会社エーアイエスが、
 日本最大級のグループ医療機関にて、
 「医療データ分析ツール」を導入していただいたとのことです。
 これが評価され1500円ほどだった株価が右肩上がりに買われています。
 3000円以上も期待できるでしょう。

6月7日 下降トップ3銘柄
★8107 (株)キムラタン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 株式併合、単元株式数の変更及び
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.9%減
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★1719 安藤ハザマ
 5月10日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高7.6%増、
 営業利益45.4%増、経常利益55.5%増、
 当期純利益75.4%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高0.0%増、
 営業利益16.0%減、経常利益17.5%減、
 当期純利益23.9%減の予想でした。
 本日は産経新聞が朝刊で
 「東京電力福島第1原発事故をめぐり、
 複数の自治体が発注した除染事業で領収書を改ざんし、
 除染費を不正に取得した疑いがある」と報道したことにより、
 大きく売られています。
 さらに売られることも考えられますので、
 しばらくは手を出さないほうが良いでしょう。

★9627 (株)アインホールディングス
 6月6日に平成29年4月期決算短信のIRがでてました。
 29年4月期の業績は前年と比べ、売上高5.6%増、
 営業利益0.4%減、経常利益0.5%減、
 当期純利益0.4%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高7.8%増、
 営業利益14.0%増、経常利益12.7%増、
 当期純利益12.0%増の予想でした。
 市場予想より良くなかったことが原因で大きく売られているようです。
 ただ、大手証券会社のレーディングは強気に据え置かれており、
 目標株価も10800円へと引き上げられていますので、
 売りが落ち着けば反発も期待できるでしょう。

6月6日 上昇トップ3銘柄
☆3160 (株)大光
 6月5日に株式分割及び定款一部変更並びに
 株主優待制度の拡充に関するお知らせのIRがでてました。
 6月30日を基準日として、2分割するとのことです。
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円〜2000円辺りも期待できるでしょう。

☆9685 KYCOMホールディングス(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高19.2%増、
 営業利益16.4%増、経常利益16.4%増、
 当期純利益77.3%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.6%増、
 営業利益51.4%増、経常利益58.8%増、
 当期純利益212.2%増の予想でした。
 iPhone8に指紋認証機能が搭載されるとのことで、
 指紋認証関連のここに2日連続で資金が集まっているのでしょう。
 ただ、ここは普段の出来高が少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆4563 アンジェス MG(株)
 4月24日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高0.1%増、
 営業利益、経常利益の赤字幅は縮小、
 四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 とある投資家がツイッターで推したのがきっかけで買われているようです。
 遺伝子治療薬申請への期待はありますが、
 大きく上がっているだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

6月6日 下降トップ3銘柄
★3661 (株)エムアップ
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益7.3%増、経常利益26.0%増、
 当期純利益37.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.8%減
 営業利益10.3%増、経常利益0.6%増、
 当期純利益はほぼ変わらずの予想でした。
 5月24日に『乃木坂46』とのコラボレーション公式アプリ
  『乃木坂46 〜always with you〜』、
 事前登録者数10 万人突破に関するお知らせのプレスリリースがでてました。
 連結子会社である株式会社WEAREより発表した
 『乃木坂 46』とのコラボレーション公式アプリ
 『乃木坂 46 〜always with you〜』の事前登録サイトにおいて、
 事前登録者数が 10 万人を突破したとのことです。
 これが評価され1700円ほどだった株価が4000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★4777 (株)ガーラ
 5月12日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高56.0%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は縮小していました。
 来期予想はでていませんでした。
 5月30日にオーストラリア・ニュージーランド及び
 東南アジアにおけるスマートフォンゲームアプリ
 「Flyff Legacy」(フリフレガシー)英語版の
 ダウンロード配信開始についてのお知らせがでてました。
 連結子会社である Gala Lab Corp. が開発いたしました
 スマートフォンゲームアプリ
 「Flyff Legacy」(フリフレガシー)英語版を
 オーストラリア・ニュージーランド及び
 東南アジアにてダウンロード配信を開始したとのことで、
 これに期待され300円ほどだった株価が640円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★3645 (株)メディカルネット
 3月31日に平成29年5月期第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1.8%減、
 営業利益14.6%増、経常利益15.4%増、
 四半期純利益37.3%増となっていました。
 5月26日にデンタルトリビューンインターナショナルとの
 業務提携に関するお知らせとプレスリリースがでてました。
 世界最大規模の歯科メディアである
 デンタルトリビューンインターナショナル社との間で、
 業務提携を行うことについて合意し、
 DTI 本社のあるドイツ・ライプツィヒで調印したとのことで、
 これが評価され550円ほどだった株価が1080円を付けていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月5日 上昇トップ3銘柄
☆9322 川西倉庫(株)
 6月2日に東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせのIRが出てました。
 平成29年6月9日をもって、
 東京証券取引所市場第一部に指定されるとのことです。
 これ評価されストップ高まで買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆9685 KYCOMホールディングス(株)
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高19.2%増、
 営業利益16.4%増、経常利益16.4%増、
 当期純利益77.3%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.6%増、
 営業利益51.4%増、経常利益58.8%増、
 当期純利益212.2%増の予想でした。
 iPhone8に指紋認証機能が搭載されるとのことで、
 指紋認証関連のここに資金が集まっているのでしょう。
 ただ、ここは普段の出来高が少ない銘柄ですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆9980 マルコ(株)
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRと、
 株主優待制度の変更に関するお知らせのIR、
 継続企業の前提に関する重要事象等の記載解消についてのお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.6%減、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高11.9%増、
 営業利益785.9%増、経常利益917.5%増、
 当期純利益310.2%増の予想でした。
 さらに株主優待はRIZAPグループ商品( 2,000 円相当) 及び
 マルコ20%割引券1枚に大幅拡充していました。
 継続企業の前提に関する重要事象等の記載解消とのことです。
 6月2日に本格的な「RIZAP型マーケティング」の
 展開強化に関するRIZAPグループとの協業方針のお知らせのIRと、
 RIZAPグループとの新商品・サービスの共同開発および
 相互送客等に関する協業方針のお知らせのIRがでてました。
 中長期的な成長に向けた具体的施策の一環として、
 親会社である RIZAP グループ株式会社との間で、
 新商品・サービスの共同開発および
 相互送客等に関する協業方針について決議したとのことです。
 これが評価され大きく買われているのでしょう。
 400円辺りも期待できるでしょう。

6月5日 下降トップ3銘柄
★3661 (株)エムアップ
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.7%減、
 営業利益7.3%増、経常利益26.0%増、
 当期純利益37.2%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高13.8%減
 営業利益10.3%増、経常利益0.6%増、
 当期純利益はほぼ変わらずの予想でした。
 5月24日に『乃木坂46』とのコラボレーション公式アプリ
  『乃木坂46 〜always with you〜』、
 事前登録者数10 万人突破に関するお知らせのプレスリリースがでてました。
 連結子会社である株式会社WEAREより発表した
 『乃木坂 46』とのコラボレーション公式アプリ
 『乃木坂 46 〜always with you〜』の事前登録サイトにおいて、
 事前登録者数が 10 万人を突破したとのことです。
 これが評価され1700円ほどだった株価が4000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★8107 (株)キムラタン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 株式併合、単元株式数の変更及び
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.9%減
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★3825 (株)リミックスポイント
 5月15日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は売上高55億6100万円、
 営業利益3200万円、経常利益600万円、
 当期純利益-4200万円となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高56.0%増、
 営業利益371.0%増、
 経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月18日にBITPointがリクイディティ・プール機能を有する
 新取引所システムをリリース
 −大口注文の取引環境の強化、
 取引コストの低廉化を図る−とプレスリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 5月28日(日)より、
 リクイディティ・プール機能を有した
 新取引所システムを順次リリースするとの事です。
 5月22日にBITPointがPeachと業務提携
 −フライトから現地の買い物・宿泊・飲食までを
 ビットコインでする旅を企画−とプレリリースがでてました。
 子会社である株式会社ビットポイントジャパンは、
 日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社との間で、
 PeachとBITPointとのコラボレーションで
 Peachの利用客向けへの
 仮想通貨決済サービスの展開をはじめとする
 業務提携について合意したとのことです。
 5月24日に連結子会社に対する債権の株式化
 (デット・エクイティ・スワップ)に関するお知らせのIRがでてました。
 連結子会社の株式会社ビットポイントジャパンに対する
 短期貸付金2億円について、
 デット・エクイティ・スワップを実施し、
 新たに発行する株式の100%をリミックスポイントに割り当てるとのことです。
 これ等が評価され330円ほどだった株価が1000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月2日 上昇トップ3銘柄
☆8225 (株)タカチホ
 5月15日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 株式併合、単元株式数の変更及び
 発行可能株式総数の変更に関するお知らせのIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高5.8%減、
 営業利益21.0%減、経常利益20.0%減、
 当期純利益3.2%減となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高3.4%増、
 営業利益8.8%増、経常利益15.5%増、
 当期純利益11.7%増の予想でした。
 10月1日をもって単元を1000から100へ変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 本日は特に材料なく買われているようです。
 材料が見当たらないだけに、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆6239 (株)ナガオカ
 5月10日に平成29年6月期 第3四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高24.1%増、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は縮小していました。
 ここは水処理関連として注目を集め、
 3日連続で大きく買われています。
 1500円以上も期待できるでしょう。

☆3937 (株)AWSホールディングス
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高2.2%増、
 営業利益22.5%増、経常利益24.2%増、
 当期純利益は黒字転換していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高17.9%増、
 営業利益50.2%増、経常利益21.7%増、
 当期純利益142.4%増の予想でした。
 5月31日に日本最大級のグループ医療機関
 (100を超える医療機関を運営)にて
 レセプト点検専用ソフトウェアマイティーチェッカーを導入とニュースがでてました。
 子会社の株式会社エーアイエスが、
 日本最大級のグループ医療機関にて、
 「医療データ分析ツール」を導入していただいたとのことです。
 これが評価され2日連続でストップ高まで買われています。
 2500円辺りも期待できるでしょう。

6月2日 下降トップ3銘柄
★9895 (株)コンセック
 5月12日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.3%増、
 営業利益24.9%減、経常利益13.1%減、
 当期純利益31.7%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.1%増、
 営業利益76.5%増、経常利益45.6%増、
 当期純利益43.2%増と良い予想でした。
 早稲田大学と共同で出願、
 5月12日に登録していた電解質膜、膜電極接合体、
 燃料電池に関する特許が本日31日に発行日を迎えたとのことで、
 これが評価され2日連続ストップ高まで買われていいました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★1400 ルーデン・ホールディングス(株)
 5月26日に株式の取得(子会社化)に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社P2P BANKの株式を取得し、
 子会社化することについて決議したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われていました。
 さらに29日に子会社の異動(株式譲渡)および
 特別損失の計上に関するお知らせのIRがでてました。
 株式会社エルトレードの株式を譲渡することについて決議したとのことです。
 あまり業績の良くない会社の株式譲渡と言うことで、
 これらが評価され3日連続でストップ高まで買われていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

★2351 (株)ASJ
 5月11日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 特別損失の計上に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高49.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は赤字転落していました。
 来期予想は今期と比べ、売上高10.5%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は黒字転換予想でした。
 5月17日にASJグループ、「ランダムネットワークコーディング」に関する
 新技術の論文がIEEE(国際電子技術者学会)に承認とプレスリリースがでてました。
 株式会社ASJの現地法人である、
 ASUSA Corporation CEO 工学博士 西田博史と
 オレゴン州立大学で共同研究の
 「Random Network Coded Distributed Data System」が、
 IEEE(国際電子技術者学会)に承認され、
 香港で開催される ICME2017 にて
 同論文に関する基調講演を行うことが決定したとのことです。
 これが評価され500円以下だった株価が2000円を超えていました。
 現在は利確売りに押されているのでしょう。

6月1日 上昇トップ3銘柄
☆9895 (株)コンセック
 5月12日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.3%増、
 営業利益24.9%減、経常利益13.1%減、
 当期純利益31.7%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高2.1%増、
 営業利益76.5%増、経常利益45.6%増、
 当期純利益43.2%増と良い予想でした。
 早稲田大学と共同で出願、
 5月12日に登録していた電解質膜、膜電極接合体、
 燃料電池に関する特許が本日31日に発行日を迎えたとのことで、
 これが評価され2日連続ストップ高まで買われているようです。
 ここは普段の出来高が少ない銘柄ですのですので、
 利確売りには注意が必要でしょう。

☆7859 (株)アルメディオ
 5月29日に業績予想の修正に関するお知らせのIRと、
 株式会社グローバルサーチが運営する
 不動産総合比較サイト「イエカレ」の
 事業譲受けに関する契約締結のお知らせのIR等が出てました。
 不動産総合比較サイト「イエカレ」の事業譲受けにより、
 通期の業績予想を修正しており、
 前回予想と比べ、売上高7.1%増、
 営業利益、経常利益、当期純利益は変わらずと上方修正していました。
 これが評価され3日連続でストップ高まで買われているのでしょう。
 350円以上も期待できるでしょう。

☆3667 (株)enish
 4月20日にみんなで×つなげるバトルRPG
 『12オーディンズ』中国に配信決定!とプレスリリースがでてました。
 みんなで×つなげるバトルRPG
 『12オーディンズ(トゥエルブ オーディンズ)』を
 中国にて配信することを決定したとのことです。
 4月27日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高17.9%減、
 営業利益、経常利益、四半期純利益の赤字幅は拡大していました。
 4月27日に占いで運命の出会い、恋活・婚活アプリ『metune』
 iOS版Android版を同時に配信開始とニュースがでてました。
 恋活・婚活アプリ『metune(ミーチュン)』のiOS版およびAndroid版を、
 2017年4月26日(水)より
 App StoreとGoogle Play上でそれぞれ配信開始したとのことです。
 これ等が評価され800円ほどだった株価が、
 1350円を超えていました。
 本日は東証が信用規制解除したとのことで、
 これが評価されストップ高まで買われているのでしょう。
 1500円以上も期待できるでしょう。

6月1日 下降トップ3銘柄
★8107 (株)キムラタン
 5月12日に平成29年3月期 決算短信のIRと、
 株式併合、単元株式数の変更及び
 定款の一部変更に関するお知らせのIR等がでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高0.9%減
 営業利益、経常利益、当期純利益の赤字幅は拡大していました。
 10月1日に単元を1000から100へと変更し、
 10株を1株に併合するとのことです。
 現在は6〜7円で推移しており、
 本日は6円で終わったのでしょう。

★2345 アイスタディ(株)
 4月28日に平成29年12月期第1四半期決算短信のIRがでてました。
 前年同期と比べ、売上高1億3300万円、
 営業利益-1400万円、経常利益-1400万円、
 四半期純利益-1400万円となっていました。
 前日に特に材料なく買われていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。

★2209 井村屋グループ(株)
 5月11日に平成29年3月期決算短信のIRがでてました。
 29年3月期の業績は前年と比べ、売上高8.7%増、
 営業利益65.9%増、経常利益77.0%増、
 四半期純利益60.9%増となっていました。
 来期予想は今期と比べ、売上高4.8%増、
 営業利益13.6%増、経常利益11.0%増、
 当期純利益39.5%増の予想でした。
 2017年の7月から稼働する新工場に期待され、
 1700円ほどだった株価が2950円を超えていました。
 本日は利確売りに押されているのでしょう。


メインメニュー
\$ 初心者のための株式投資
\$ 株用語
\$ 何故今株なのか?
\$ 時を味方につける?
\$ 株主優待、配当
\$ 株の選び方
\$ 今までの上昇下降3銘柄     →→→→
\$ 株の戦略
\$ 信用取引
\$ まねきねこ。の保有銘柄
\$ 情報共有掲示板
\$ リンク
\$ サイトマップ
2017/1
2017/2
2017/3
2017/4
2017/5
2017/6
2017/7
2017/8
2017/9
2017/10


Copyright ©2011-2017 まねきねこ。 All Rights Reserved.